【乗り換え必須】bitbank(ビットバンク)の評判、投資家も激推しの理由は?

カワグチカンキ
どうも!2017年11月からメインの取引所をビットバンクに乗り換えたANGO(@ango_key)メンバーの、カワグチカンキです。

この記事にたどり着いたということは、

「ビットバンクが良いって聞いたんだけど、どんな所がいいの?」
「他の取引所と比べてどうなんだろう・・・?」

そんな疑問や悩みを持っているのではないでしょうか?

やっぱり仮想通貨投資をしようと思ったら評判がよくて、なおかつ「安全で稼ぎやすい取引所」を開設したいですもんね。

それならば、結論から言ってその理想にあった取引所は、ビットバンクで間違いありません。

そうですね、根拠が気になりますよね。

そこで今回は、ビットバンクの詳しい情報の紹介と、投資家・有識者、さらには一般のユーザーがどんな評価をしているのか、様々な目線からの評判をかき集めてきました!

もちろん中には悪い評判もあるんですけど、他の取引所の評判と比べたら断然!高評価です。

「開設しようと思ってるけど、他の取引所で通貨保有してるし面倒なんだよな・・・」

そんなことを思ってるあなたも、もしかしたら来週にはビットバンクユーザーになってるかもしれません。

それほどに乗り換える価値がある取引所ですので、期待して読んでみてください。

それではどうぞ!

bitbank(ビットバンク)の基本情報

会社名ビットバンク株式会社
住所〒141-0031 東京都品川区五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
設立2014年5月
代表取締役廣松紀之
資本金11億3100万円
業務内容 仮想通貨関連事業
関東財務局長(仮想通貨交換事業者)登録番号 第0004号
公式HPbitbank.ccbitbank TRADE

ビットバンクは設立が2014年と結構な歴史があります。実はこれって大手取引所のビットフライヤーと同じぐらいなんです。

また、国内最大のビットコインニュースメディア【BTCN】の運営元でもあります。

BTCNでは仮想通貨関連のニュースやチャート分析で価格予想をしたりと、情報発信もとても活発です。

とても有益な情報を発信してるので、最新情報をいち早くキャッチしたい人はブックマークしておくといいですよ。

そして、株式会社ビットバンクは「bitbank.cc」と「bitbank TRADE」という2つの取引所があります。

一体なにが違うんじゃと。

簡単に言ったらこれは「仮想通貨を現物で保有」するか、「レバレッジ取引で売買」するかの違いです。

ビットバンクトレードはガチのトレーダー向けの取引所となってますのでレバレッジ取引をしたいって人だけ開設しておきましょう。

今回は主にユーザー数の多い「bitbank.cc」の方に関して紹介していきます。

bitbank.ccの特徴

ビットバンクの評判を紹介する前に、まずビットバンクの特徴を抑えておきましょう。

大きな特徴はこの5つ。

  • 手数料無料
  • 取り扱い通貨のセンス◯
  • 会社の信用度・安全性が高い
  • チャート分析ができる
  • スマホアプリ対応←New!!

ちょっと内容が多いので一つずつ簡単に説明していきますね。

取引手数料無料

ビットバンクでは取り扱い通貨すべての取引手数料が無料です。

さらにビットバンクには販売所がなく、すべて板取引となっているため、基本的に通貨を安く購入できます。

「販売所と板取引の違いがちょっとよく分からない・・・。」

そんなあなたは以下の記事に目を通しておきましょう。

仮想通貨をお得に売買する上で、「板取引できるかどうか」は割と基本的なところになってくるので必須項目ですよ。

ビットコイン取引所と販売所の違いとは?コインチェックを例に解説

2017.05.08

他の取引所でも、「ビットコインだけの取引手数料が無料」ということはありますが、「全通貨で無料」というサービスをしている取引所は珍しいです。

仮に全部無料だったとしても、それは販売所形式だったりして、そもそも割高になってるところがほとんどです。(ビットフライヤーとかコインチェックはまさにそれ。)

ビットバンクの公式サイトには、「手数料無料キャンペーンは2018年9月30日まで」と書かれていますが、これ去年から何回も延長してるんですよね。笑

なので、おそらく今後もキャンペーンは延長すると思います。

取り扱い通貨のセンス◯

  • BTC(ビットコイン)
  • BCC(ビットコインキャッシュ)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • MONA(モナコイン)

ビットバンクでは以上6つの通貨を取り扱っていて、ほとんどが時価総額も高く、いわゆる『人気』な通貨たちです。

先ほど紹介したように、ビットバンクは手数料が無料なのでこれらを「全て安く購入」することができます。

また特に、日本人に人気なリップルに関しては、取引量が世界でNo.1だったりします。

取引量が多いということは、ちょっと難しい言葉を使うと【スプレッド】が狭くなるということです。

まあ要は、「よりお得に売買しやすくなるよ」って覚えておけばおっけーです。

つまり、リップルを世界で一番お得に購入できるのは、実はビットバンクなんですね。

他の通貨に関しても最近はビットバンクを使うユーザーがドシドシ増えているので、総合的にみても国内で最もお得に人気通貨を購入できるのはビットバンクで間違いないでしょう。

会社の信用・安全性が高い


公式サイト:blockchaindaigakko.jp

株式会社ビットバンクは子会社として【ブロックチェーン大学校】というブロックチェーン技術を学ぶ施設まで用意しています。

ブロックチェーン技術を人に教えられるほどの優れたエンジニアさんも取り揃えていて、取引所のセキュリティに関しても体制がバッチリです。

実際、ビットバンクが不正アクセスなどの被害にあったという言葉は聞いたことがありません。

もちろん安全に資産を管理するには自分のウォレットに預けておくのが一番なんですけど、正直言ってそんなことをするのは面倒だと思う人がほとんどだと思います。

その気持ちはとってもわかります、僕もそうでしたから。笑

しかし、そんなめんどくさがり屋であっても、セキュリティ体制が万全なビットバンクには比較的安心して通貨を預けられます。

ちなみに仮想通貨の情報発信者として有名な墨汁うまいさんや東さんも、ビットバンクのセキュリティには一目置いてるぐらいです。

セキュリティ面が心配な方にもおすすめできる取引所と言えますね。

チャート分析ができる


チャート画面:TradingView

ビットバンクではテクニカル分析が使える【TradingView】を採用しています、なんと分析方法は100を超えるほどの万能さ。

投資をかじったことがある人は分かるかもしれませんが、「トレンドライン」「MACD」「ボリンジャーバンド」「移動平均線」などなど、当たり前のように使えます。

しかもそのような分析ツールを使っても動作は全然軽いです。

自分でちょっと分析してみたいって人にもしっかり対応してて素晴らしいですね。

スマホアプリ対応

以前まで「ビットバンクはスマホアプリが無いからな〜」と言われていましたが、2018年4月にスマホ対応アプリがリリースしました。

これでスマホでもサクサク売買ができるようになったので、ストレスフリーです。

もちろん、TradingViewを採用しているのでスマホでテクニカル分析ができちゃいます。

このアプリがリリースしてからはやっぱり登録者数も増えてきてる感じがありますね。

bitbankの評判・口コミまとめ

ここまでビットバンクの特徴を紹介しましたが、なかなか素晴らしくないですか?

僕みたいな素直な人間だったら、「あ、もうビットバンクにするわ」ってなるかもしれませんが、

そんな声が聞こえてきますね。

ですが、本当にビットバンクの悪い評判はなかなか見当たりません。

試しにツイッターで「ビットバンク カス」「ビットバンク ゴミ」「ビットバンク 悪い」とか検索してみてもらえれば分かります。

大体の人が、他の取引所をディスってビットバンクを良いと言ってるものばっかりです。笑

と、まあこんな感じで、有名投資家の与沢翼さんもめちゃくちゃ良いって言ってるぐらいです。

そんな中でもビットバンクの悪い評判も頑張って集めてきたので参考にしたい人はどうぞ。

ビットバンクの悪い評判

  • 取り扱い通貨が少ない
  • 出金手数料が高い
  • イーサリアムとライトコインが円で買えない

僕が探しまくった中で、納得できるビットバンクの良くないと思う部分はこの3つぐらいです。

他にも「入金が遅い」って意見もありましたが、除外しました。

「ビットバンクは営業時間内であれば基本的に即入金される」というのは僕が身を持って体験してますからね。

銀行で入金して帰ってくるまでの10分間で、すでに入金されていたことを確認してるので。

あと、取り扱い通貨の量に関しては、ビットバンクの6種類というのは国内では多い方ですので、海外取引所を開設する気がないのであれば全然無視しておっけーです。

入出金手数料も高めですが、取引手数料が無料という点をみたら全然安いと思います。

他の取引所は取引手数料でガシガシ搾取してますからね。

ですが、「イーサリアムとライトコインが円で買えない」というのはぶっちゃけ結構デメリットです。

この一言では意味が分からない人もいるかもしれないので、どういうことか丁寧に説明しますね。

bitbankの隠れたデメリットとは

もしビットバンクで売買を考えるのであれば、これだけは注意して欲しいって点がこの問題です。

なぜか、ビットバンクではイーサリアムとライトコインを購入する際は「ビットコイン建て」でしか購入することができません。

つまり、ビットバンクでETHかLTCを購入しようと思ったら、まずは一旦BTCを購入する必要があるんです。

それで、そのBTCでETHを購入って流れになります。

なんだかやたら面倒なんですよね・・・。笑

しかもこの通り、BTC建てになると、パッと見ただけじゃ「現在、日本円でいくらの損益になってるのかがわからない」というじれったい感じ・・・。

ですが、とりわけて損をするって訳ではありません。

手数料は無料ですし、「ビットコインもいくらかは購入するつもりだよ」って人は特に気にすることもないかもしれませんね。

総論・なぜbitbankは国内で最も人気な取引所なのか?

ビットバンクがなぜここまで人気なのかをまとめると、こんな感じですね。

  • 投資家・有識者もベタ褒めの安全性と使いやすさ
  • 国内で最もお得に通貨を購入できる
  • トレーダー向けのチャート分析機能がある
  • 一般ユーザーからも高評価を得ている
  • リップルの取引量に至っては世界一

もう一度言いますが、試しに他の取引所の名前を入れて、「〇〇 だめ」「〇〇 ゴミ」「〇〇 カス」(〇〇は取引所名)とかでツイッターの検索をかけて見てください。笑

基本的に酷評が多いツイッターですが、そんな中でもビットバンクだけは褒められているのが事実です。

他の取引所で売買してる人も多いかとは思いますが、取引手数料を考えたら後々、「あの時、ビットバンクにしておけば・・・」なんてことにもなりかねません。

個人的には乗り換えるべきだと思いますけど、最終的な判断は自分でしてください。

では、ここまで読んで「ビットバンクすげー!」と思った人のために、ビットバンクの口座開設〜他の取引所からビットバンクへの送金方法まで簡単に紹介していきます。

口座開設方法

それではビットバンクの口座開設完了までの流れを解説していきましょう。

大まかなステップは

  • 公式サイトへアクセス
  • メール認証、パスワードの設定
  • 基本情報を入力
  • 本人確認書類の提出

これぐらいです。

時間がかかりそうな「基本情報を入力」ってのも5分もあればできるので、すらすら〜っと進めていきましょう!

1.公式サイトへアクセス

まずは公式サイトへいきます。

白枠の中にメールアドレスを入力したら「無料口座開設」のボタンをポチッと押しましょう。

すると上のようにメールを送信しましたって画面に移りますので自分の登録したアドレスの受信ボックスにいってください。

自分のアドレスが間違っていたり、受信拒否設定をしていたりするとうまく届かないことがあるのでそれだけは注意しましょう。

2.メール認証、パスワードの設定

メールの指示の通りリンクをクリックすると、パスワード設定画面に移ります。

パスワードを決定し、利用規約にチェックしたら次は「基本情報を入力」をします。

3.基本情報を入力

ここは名前や住所などの本当に基本的な情報を入力するだけです。

一番最後まで入力して「次へ進む」と残り少しの基本情報の入力です。

ここもそんな難しいところはないです。

「外国の重要な公人」って欄がありますけど、僕みたいな日本生まれで日本育ちの凡人は特に関係ありません。

そしたらもう最後のステップです。

4.本人確認書類の提出

最後は本人確認書類の提出です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード

いずれか一つあれば大丈夫です。

注意事項にも書いてあるんですが両面の写真が必要なので、それぞれの写真を撮ってそれをアップロードしたらそれで終了です。


最後に自分のアカウント登録情報をみて「本人確認書類」が「審査中」になっていたらおっけーです。

これでやることは終わったんですが、審査が終わって承認されたら自宅にハガキが届きます。

これを受け取らないと審査は承認にはならないのでそれだけは注意して、送られてきたら早めに受け取ってしまいましょう。

そしたら晴れて仮想通貨の取引が可能になります。

ビットバンクへの送金方法

自分の使用している他の取引所からビットバンクへ通貨を移す場合は「送金」が必要になってきます。

その際、ビットバンクでの受け取り方法はいたって簡単です。

メニューの「入金」をクリックして、自分のアドレスを取得し、相手方に渡すだけです。

この時に注意するべきは通貨の種類を間違えないこと!

それぞれの通貨によってアドレスは変わってきますので、しっかりどの通貨を送金してもらうか確認して、その通貨のアドレスを取得しましょう。

受け取りには最短で1時間、最長でも1日あれば完了するはずですのでトラブルの無いように気をつけてください。

また、取引所ごとに送金方法は少し異なってきますので、他社の「送金の仕方」に関して分からなかったらググりましょう。

一応ビットフライヤーとザイフでの送金方法については書いてある記事があるので、送金したい人は参考にどうぞ。

まとめ・bitbankを使ってみた感想

いかがでしたか?

今回はビットバンク株式会社の基本的な情報〜評判まで徹底的に調べて書いてみました。

結論としてまとめると、ビットバンクはサービス内容も充実した「日本で最もお得に通貨を購入できる安全な取引所」という感じですかね。

有識者や投資家からも評価が高く、一般ユーザーからの信頼も厚い取引所ということが分かったかと思います。

僕自身もビットバンクを使って、特に不自由を感じた記憶はありません。

たまに自分なりにテクニカル分析してみたりと、遊ぶこともできますし。笑

最近ではビットバンクも「貸仮想通貨」という、いわゆる銀行の定期預金的なサービスをはじめました。

何十万円と資金力が必要ですが、結構お得なサービス内容ともなってますので、長期保有を考えている人はこちらの記事も参考にしてみてください。

噂の貸し仮想通貨!ビットバンクに貸付してみた感想と結果を告白

2018.07.30

Zaif積立、ぶっちゃけどうなん?

仮想通貨の投資方法は何種類かありますが、「ザイフの積立って実際どうなの?お金増えんの?」と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの度、ANGO代表のハナキに「Zaif積立を利用して実際にお金が増えるのか?」の被験体になってもらうべく交渉してきました。本人も驚く意外な結果になりました。笑

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損していた...

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

コインチェックの事件を経て、仮想通貨取引所が『ぼろ儲け』していることは世間に明るみになりました。では仮想通貨取引所はどのように儲けているのでしょうか?そのカラクリに気づき取引所を選定し直した人は少なくありません。

しかし、調べるのも一苦労です。国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう。ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。

コメントを残す