【徹底比較】仮想通貨の有名トークン11種類からおすすめTOP5をランキング

カワグチカンキ
どうも!ANGO(@ango_key)メンバーの、カワグチカンキです。

この記事にたどり着いたということは、

もう仮想通貨のことは色々わかったから、おすすめのトークンが知りたい!

一攫千金が狙えるトークンを教えてえええ!

という考えを持っている方多いんじゃないでしょうか?

トークンはマジで一攫千金も夢じゃありませんからね。

ちなみに僕の大好きなイーサリアムも元々はトークンなんですよ、イーサリアムは市場公開した時点で1ETH=120円程度だったんですけど、現在は1ETH=約90000円ぐらいになっちゃってます。

単純計算で750倍ですね。

もし当初、10万円をイーサリアムにぶっこんでたら今頃それは7500万円と、そんな世界です。

仮想通貨のトークンにはそれほどの夢があるんですが、裏を返せば無価値に消えていくトークンもたくさん。。。

だからトークンを選ぶのってすごい難しいんです。

トークン買ってみたいけど、どのトークンが良いのか分からない・・・

なんて悩んでる方もきっと多いはず!

ということで今回は、僕の知識を全部さらけ出しておすすめのトークンをランキングにして紹介していきます。

「一攫千金を狙ってみたい・・!」という方は最後まで要チェックですよ〜!

そもそもトークンとは?


トークンは簡単に言ってしまえば、個人や企業が簡単に発行できる仮想通貨です。

従来のビットコインなどの仮想通貨との違いは、トークンはその発行した企業の中でしか価値を持たないってことですね。

分かりやすくいうと、ポイントカードみたいな感じです。

例えば、ユニクロに行ってTポイントカード出しても「は?」って顔されますよね、そんな感じです。

お金として使えるけど、一定の場所でしか使えない、、みたいな。

でもトークンは、それ自体に価値があるので価格が毎日動きます。

毎日ポイントが変動しちゃうよ〜ってことですね。

そしてトークンの価値は基本的に発行した企業の価値に左右されます。

その企業が倒産すればトークンの価値は全くないものになりますし、逆にその企業が素晴らしいサービスを開始したとなれば、そのトークンの価値も上がります。

なので株式に似た性質も持ってるんですね。

これ以上説明すると長くなっちゃうので、トークンについてもっと詳しく知りたいって方はこちらの記事を参考にしてください。

【5分でわかる】トークンとは?仮想通貨との違いも分かりやすく解説

2018.02.04

トークンを選ぶ時に気をつけるべき注意事項


今説明した通りトークンは株式のような役割も持ってるわけですから、それなりのリスクがあります。

なのでトークンを購入する際は、気をつけなきゃいけない点が3つだけあります。

それは、

  • トークンが上場しているか
  • 発行元の信頼性
  • そのトークンの使い道(将来性)

これだけはしっかり注意してみる必要があります。

それだけだと「どう具体的に見れば良いんだよ!!」って言われちゃいそうなんで具体的にどう注意するか説明しますね。

トークンが上場しているかどうか

トークンへの投資で成功するか失敗するかは、ほとんどこれで決まります。

最近ICOがとても流行っているので、トークンというものは世の中にはめっちゃあります。

そんなときに何も考えずに、

めっちゃ安いからこのトークンいっぱい買っとこー

このトークンが値上がりしたら爆益だぜー

とテキトーに買ったら「ICO失敗して全額無くなりましたー」とか「トンズラされて全額持っていかれましたー」なんてことになりかねません。

というか、そもそも上場していないトークンはその時点では全くの無価値ですからね。

「値上がりしたら」という考えでなく「価値がついたら」利益がでるってことになります。

【バブル必須】ウワサの仮想通貨「ICO」とは?を完全網羅!

2017.08.06

なのでリスクを減らすなら、なるべく上場しているトークンを購入しましょう。

上場していればコインマーケットキャプというサイトに登録されていますので、このサイトで検索かけても出てこなかったらそれは上場してないトークンです。

発行元の信頼性


当たり前ですけど、有名な仮想通貨のように投資すれば価格が上がるだろうなんて安易な考えはアウトです。

これはもう投資じゃなくて博打になってるんですが、実際これはトークン投資でやってしまう事あるあるです。

上場してれば大丈夫っしょ!って気持ちでやったら痛い目に合うんでマジで気をつけてください。

じゃあどんなトークンなら安心なの?

といった疑問もでてきちゃいますよね。

最低限として現段階で買うとするならば、「世界的に有名な取引所」が発行してるトークンが一番リスクを抑えられ、リターンも見込めます。

ですが、ぶっちゃけ言うと完全に安心できるトークンはありません。

上場してるトークンでも詐欺コインなんてのがありますからね。

【初心者は必読!】仮想通貨の詐欺コイン一覧と騙されない対策を紹介

2018.01.31

詐欺コインに該当してるかどうかを上の記事を読みながら判断してもらえれば、発行元が不安でもリスクは減らすことができますよ。

トークンの将来性

どこでトークンが発行されているか分かったら、今度はそのトークンが将来どんなことに使えるのか知ることが大切になってきます。

どの企業がトークンを発行しようとするにも、まずはホワイトペーパーというものが用意されます。

そのホワイトペーパーにトークンについての概要や用途が長々と書いてあるので、それを読んで将来性があるかどうか判断する必要があります、めんどくさいですね。

2017年11月にQUOINEXが発行したトークンのホワイトーペーパーがこちらから見れるので、どれほど長々と書いてあるのか気になる方は参考にどうぞ。

まあ一つ言えることは、どこもそうですが綺麗事を並べてます。

企業としてはトークンを買ってもらって資金調達をするのが第一の目的なので、書いてあることを全部鵜呑みにしないようにはしないといけません。

どんな将来性があるのか、どんな使い道があるのか考えて、それなりの判断力が必要になってきます。

有名なトークン一覧

銘柄時価総額取扱取引所
Zaif(ザイフ)トークン約0.8円Zaif
XCP(カウンタートークン)約2900円Zaif
PEPECASH(ぺぺキャッシュ)約5円Zaif
SJCX(ストレージコインエックス)約117円Zaif
NCXC(ネクスコイン)約116円Zaif
COMSA(コムサ)約125円Zaif
BNB(バイナンスコイン)約900円Binance
KCS(クーコインシェアーズ)約550円KuCoin
QASH(キャッシュ)トークン約86円QUOINEX
HT(Houbi)トークン約159円Huobi
TRIG(トリガース)トークン約184円Binance

数え切れないぐらいある中でも有名なトークンを選んでみました。

少なくともすでにコインマーケットキャプに登録されている上場したトークンです。

ですが、この一覧にあるトークン全部に将来性があるかと言ったらそれはYESではありません。

上場しても結局は使い道がなくなって無価値になってしまったトークンや仮想通貨もたくさんありますので、これらも現在有名であるというだけです。

おすすめトークンTOP5をランキング

それでもやっぱり一攫千金を狙いたい!

という僕のような人もたくさんいると思うので、そんなあなたの為に鉄板のトークン5つをランキングで紹介していきます。

リスクは伴いますが、どうしても一発狙いたいって方は保有するならまずはこの5つから始めてみましょう。

第5位:COMSAトークン


URL:https://comsa.io/ja/

COMSAは2017年の10月からたった2ヶ月で109億円もの資金調達を成功させたICOです。

当時はまだICOというものは流行り始めたばかりだったので、この調達額は世界7位ということで話題になり、あのホリエモンがこんな発言をしたこともあって価格が2日で4倍になったりと大注目でした。

また、COMSAのは開発元はテックビューロ社です。

ということはそう、Zaifとも関わってくるわけですね。

そして、ICOのプラットフォームとしての役割をもつCOMSAは、誰でも簡単にICOにチャレンジできるようにしてくれました。

なのでZaifの事業が拡大していくだけでCOMSAの価値も上がっていくかもしれませんし、個人や企業がCOMSAを使ったICOで成功しても価値があがるかもしれないというチャンスがいっぱいのトークンです。

COMSAトークンを取り扱っている取引所:Zaif

【徹底解説】Zaif(ザイフ)とは?評判、メリット、使ってみた結果も紹介

2018.02.02

【話題の激アツICO】COMSAとは?評判や買い方、NEMとの関係も解説

2017.09.22

第4位:QASHトークン

URL:https://liquid.plus

QASHトークンは2017年11月にQUOINE LIQUIDが発行したトークンです。

言っちゃえば、国内取引所のQUOINEX取引所が開発したようなもんです。

第5位のCOMSAがICOとして資金調達に成功したこともあり、秒速で資金調達が終了したことで有名です。

速さを数字で表すと、これぐらい。

  • COMSA:1ヶ月で109億
  • QASH:1日で85億

まあすんごい。

QUOINE LIQUIDは超ざっくりいうと「仮想通貨を両替(交換)するプラットフォーム」を理想にしてたんですが、これって他にも同じサービスをしてるところがあるんですよね。

Changellyっていうんですけど、ここは両替所としてめちゃめちゃ有名です。

なので同じ役割してるし、「両替所でいいんじゃねー?」としばしば言われてるところもあります。

まあでもそれ以上に資金調達の速さから見てもQASHトークンが期待されてることに間違いはないです。

Changellyよりもいいサービスを提供できるならQASHトークンの価値も爆上がりするはずなので要チェックですね。

QASHトークンを取り扱っている取引所:QUOINEX

【QUOINEX】口座開設完了までの全4ステップを実演で解説!

2017.10.10

【めちゃ簡単】ビットコインを他の仮想通貨に変換できるChangellyとは?

2018.02.03

第3位:KCS(KuCoin Shares)


URL:https://www.kucoin.com/

KCSは中国取引所のKuCoinが発行しているトークンです。

すごいのは何と言ってもそのサービス内容。

なんとKCSは保有しているだけで毎日ボーナスがもらえます。

ボーナスの内容は、ビットコインを始めとした仮想通貨だったり、KCSがもらえたりとランダムですが息してるだけでお金が入ってきます。

さらにはKCSを保有してるとクーコインで仮想通貨を買うときに手数料の割引も最大で30%受けられます。

ただでさえ手数料0.1%の取引所なんですけど、さらに安くなります。

いろんな仮想通貨を貰ってみたいって方は是非買ってみてください。

KCSを取り扱っている取引所:KuCoin

KuCoin(クーコイン)の登録・口座開設完了から取引方法を実演解説

2018.01.31

第2位:BNB(バイナンスコイン)


URL:https://www.binance.com/

こちらは中国取引所Binanceが発行してるトークンです。

トークンとしての機能は第2位のKCSと結構似ていて、BNBで仮想通貨を購入すると最大で50%の手数料割引を受けられます。

そして注目すべきは時価総額28位という強さ。

そこらへんの仮想通貨より全然価値ありますからね、安心感が違います。

さらにBinanceは今、世界でもっとも取引量が多い取引所でもあります。

日本人のユーザーも多く、初心者の方も口座開設してるほど。

余談ですけど、この前髪を切りに行ったときにカットしてくれたお兄さんが仮想通貨歴2ヶ月でBinanceを開設してるって聞いた時はさすがにビックリしました。笑

今後もどんどん発展に期待ができる取引所が発行してるトークンなのでとても期待できますね。

BNBを取り扱っている取引所:Binance

Binance(バイナンス)の登録・口座開設完了から取引方法までを実演解説

2018.01.25

第1位:Zaifトークン


URL:https://zaif.jp/

注目の第1位は取引所でおなじみのZaifが発行しているトークンです。

ぶっちゃけ言うと、今はZaifトークンに価値はほとんどありません。

トークンは上場していても、企業独自のサービスを展開して初めて価値がついてくるものなんですが、Zaifトークンはそのようなサービスも特別にやってないので。

ちょっと待ってくれー・・・・・・・はぁ??

と、キレ気味のあなた、安心してください。

例えば、Zaifトークンを使ったサービスをして盛り上がってトークンに価値がついてきたら、一番得するのはそのトークンの発行元(テックビューロ社)です。

そんなことはテックビューロ社が一番わかってるはずです。

すでにBNBKCSのようにトークンを使ったサービスで上手くいってる事例も出てきてるので、このままZaifトークンを使わずに何もしないってのは到底考えにくい。。

しかも今、Zaifは日本の仮想通貨取引所で取引量がNo.2。(ちなみにNo.1はビットフライヤー)

きっと取引量No.1を狙ってそろそろ何かしてくるんじゃないですか?

これでもしZaifトークンを使って手数料割引や、ボーナス配布なんてことをやり始めたら、少なくとも日本中の仮想通貨ユーザーは飛びつきます。

そうなれば当然、Zaifトークンの価格はバチ上げです。

このようなサービスを今すぐしてもおかしくないってところが1位の決定的な理由です。

それに仮に何もしなかったところで、仮想通貨市場が盛り上がってる今はZaifへの口座開設もどんどん増えてます。

トークンをなんとなく買っておこうと思った人が買っていくだけでも価値は上がっていきますから、チャンスの塊です。

少し個人的な意見も混ざってしまいましたが、今後の発展と値上がり益を期待してみたら持っておいて間違いないですね。

Zaifは現在、開設の申請が多すぎて追いついてない状態みたいです。

口座開設が完了するまで2週間はかかるということですのでZaifトークンを買っておきたい人は早めに開設の申請をしましょう。

Zaifトークンを取り扱っている取引所:Zaif

【徹底解説】Zaif(ザイフ)とは?評判、メリット、使ってみた結果も紹介

2018.02.02

【ザイフ】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.11.16

まとめ

いかがでしたか?

今回はおすすめのトークンについて解説しました。

一攫千金を狙える分、リスクも伴うトークンですがしっかり選べばチャンスの方が断然大きいです。

今後もいろんなトークンが出てくるとは思いますが、そんな時はしっかり情報を集めてから購入を考えましょう。

この記事の後によく読まれています

【徹底比較】海外の仮想通貨取引所14社から厳選TOP3をランキング!

2018.01.18

【将来性抜群!】絶対持っておくべき3つのアルトコインを徹底解説!

2017.11.23

億り人が徹底比較!仮想通貨・ビットコイン取引所31社をランキング紹介

2017.02.16

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

またFacebookページやTwitter、LINE@では仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

LINE友だち追加

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

LINE@はじめました。

初心者におすすめの
仮想通貨ランキング

1位"キングオブ仮想通貨"こと
「ビットコイン」

言わずと知れた仮想通貨の中でもナンバーワンの認知度と時価総額を誇るビットコイン。
よく『ビットコインは高いから買えない』と言っている人がいるが、国内の取引所では0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。
個人的には一生上がり続けると思うので、ちょっとでも買っとくことをお勧めしてます。

2位"IQ2万の優等生"こと
「イーサリアム」

イーサリアムは常にビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っている仮想通貨です。
当時19歳だった天才少年に生み出され、マイクロソフトやIBM、トヨタなどにも支援されているほどの逸材。
ブロックチェーン上に、取引履歴だけでなく「契約」まで自動で記録してくれる「スマートコントラクト」という技術はあのホリエモンも投資するほどのポテンシャルを秘めています。

3位"仮想通貨界のバックパッカー"こと「リップル」

リップルは、あの天下の大企業「Google」様が出資していることで有名な仮想通貨です。
ブリッジ通貨という性質でとにかくスピーディに、安い手数料で国際送金ができることが特徴です。
2017年12月の1カ月で価格が約8倍に高騰した今まさに億り人を輩出しているコインです。

4位"中国からの刺客"こと
「ビットコインキャッシュ」

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。
ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインよりもビットコインに近いと巷では噂が。
ビットコインを超える可能性に少額でも賭けてみると良いでしょう。

5位"スピードスター"こと
「ライトコイン」

ビットコインを元に作られた通貨で、ビットコインが金ならライトコインは銀がコンセプト。
ビットコインよりも送金スピードが速くなっているので、実用性に優れています。
その性能から中長期的にも上昇が見込めますし、2017年12月の1カ月で価格が2.5倍高騰したことで短期的にも上昇をしているコインです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

カワグチ カンキ

ANGOメンバーのカンキです。前職は外食上場企業に勤め、社会の闇をさまよっていました。そんな中で仮想通貨に出会い心を奪われ、頭の中は毎日スケーラビリティ問題。思い切って仕事を辞め、現在はフルタイムビットコイナーです。(好きなのはイーサリアム) 「役立つ情報を分かりやすく」をモットーに記事書いてます。