仮想通貨リスク(LISK)が買える取引所9社から厳選2社を紹介!

アライカズマ
どうも!ANGOメンバーの、アライカズマです。

突然ですが、仮想通貨の「LISK(リスク)」って、あまりいいイメージしないのは僕だけでしょうか?笑

リスクって日本語だと「危険」って訳されますよね。

なんか名前がなんか危なそう…って思いません?

そんな理由で、僕は最初リスクコインに手を出していませんでした。笑

ただ、調べてみると、リスクって名前とは裏腹にかなりすごい!!

今まで勘違いしていてすみませんでした。って感じです。

そこで、いざリスクを買おう!ってなったのですが、「リスクってどこで買えるんだ?」っ思いました。

きっと、この記事を見ているあなたも、

リスクを買いたい!けど、どの取引所がいいのかよく分からない。

って思っていることでしょう。

そんなあなたの為に、仮想通貨「リスク」のおすすめ取引所を紹介していきます。

いくつかある取引所の中から2つに厳選して、あなたの投資スタイルに合う取引所をおすすめするので、ぜひ参考にしてみてください。

それではどうぞ〜。

仮想通貨リスク(LISK)ってなに?

リスクは、イーサリアムと同じで「スマートコントラクト」という技術を用いている仮想通貨です。

特徴は、

  • サイドチェーンを利用している
  • マイニングではなくフォージング
  • 発行上限が決まっていない
  • JavaScriptが採用されている

などなど。

詳しくはこちらで説明しています↓

【将来性あり!?】仮想通貨リスクコインとは?4つの特徴や今後の可能性

2017.08.23

リスクは2016年5月24日に運用が開始された仮想通貨で、現在のリスクの時価総額ランキングは第20位価格は1LSK=約2,000円となっています。


引用:coinmarketcap.com

そんなリスクのチャートについては、こちらでおすすめのサイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨リスクコインのチャートを簡単・便利にみれるサイトまとめ

2017.09.25

リスクの買う上での注意点

一般的な仮想通貨の入手方法は、

です。

その中でももっとも早く簡単に入手できるのが、「取引所で購入」する方法

ただ、とっても簡単ですが、注意すべきポイントがいくつかあります。

取引所を選ぶとき

取引所を選ぶときに注意すべきポイントは、

  • 安全性はどうか
  • 使いやすいか
  • 手数料は安いか
  • スプレッド(買値と売値の差)は小さいか

などです。

これら全てが揃っていい取引所はなかなかないです。

でも、例えば「安全性」を第一に考えるならセキュリティが高いビットフライヤーを選んだり、「手数料」の安さを優先するならZaifを選んだりと自分の好みに合った取引所を選ぶ必要があります。

億り人が徹底比較!仮想通貨・ビットコイン取引所31社おすすめランキング

2017.02.16

ただ、取引所の開設はどこもタダなので、一個だけよりも複数の取引所を開設して、用途に合わせて使い分けるのがベストですね。

ちなみに、僕は5、6個開設していますよ。笑

買った後

取引所でリスクを買った後に注意すべきポイントは、

  • リスクの保管方法

です。

具体的に言うと、

  • 取引所のウォレットに置きっぱなしにするのか
  • 自分のウォレットに移すのか

ということ。

【5分でわかる】ビットコインのウォレットとは?種類や特徴まで簡単解説!

2017.02.02

取引所に置いておくのは、ハッキングや破綻などで資産を失う危険性がありますが、その代わりにすぐに取引できるっていう利便性はあります。

一方、自分のウォレットに移しておけばすぐに取引することはできませんが、ハッキングされる危険性は少なくなります。

個人的には自分のウォレットに移しておいた方がいいと思いますが、「頻繁に売買する人や少額だけ買っておこうって人は取引所のウォレット」「長期的に保管する人や大金をリスクに交換しようって人は自分のウォレット」って感じでいいでしょう。

取引所のウォレットで一番安全性が高いのは、セキュリティが世界一になったビットフライヤーです。

まだ開設していない人はぜひしといてください。

ちなみにリスクのウォレットは、「Lisk nano wallet」っていう公式のものがあるので、そちらを使うのがいいです。

リスクの取引所一覧

それでは、リスクを取り扱っている取引所を紹介します。

取引所日本語対応手数料安全性 ※1公式サイト
ビットフライヤー無料 ※2詳細はこちら
コインチェック無料 ※2詳細はこちら ※3
Binance×0.05~0.1%詳細はこちら
Bit z×0.1%詳細はこちら
bittrex×0.25%詳細はこちら
bitbay×0.17~0.43%詳細はこちら
poloniex×0~0.25%詳細はこちら
Huobi0.2%詳細はこちら
Hitbtc×0.1%×詳細はこちら
※1 セキュリティに関してはこちらのサイトを参考にしています。
※2 ビットフライヤーとコインチェックは販売所購入となるため、多少割高購入になります。
※3 コインチェックは現在サービスを停止しています。

国内取引所だとコインチェックとビットフライヤーだけですね。

今まではコインチェックだけだったのですが、2018年1月31日にビットフライヤーでリスクを取り扱うという発表がありました。

その時、一時的にリスクの価格が高騰しましたね。


coinmarketcap.com

今後も他の取引所でリスクを扱うところが出てくるとまた価格が上昇するので、今のうちに買っておくと利益が出せるかもですよ。

リスクのおすすめ取引所を2つに絞ったよ

さっきの表で紹介した取引所の中から、取引所を選ぶ上での注意点を踏まえて、おすすめを2つ厳選しました。

ぶっちゃけこの2つを開設しておけば十分です。

Binance


URL:https://www.binance.com/

1つ目は香港の取引所、Binanceです。

【超便利】バイナンス(binance)の使い方は?特徴や手数料も紹介

2018.02.14

アルトコインに興味がある人はもう知ってるかもしれませんね。

バイナンスは2017年7月にできた取引所ですが、もうすでに世界最大級の取引所の仲間入りをしています。

その特徴は、手数料の安さを取り扱い銘柄数の多さ!

手数料は一律0.1%で、バイナンスが発行している「BNBトークン」を使って取引すると0.05%にできちゃいます。

そして、銘柄数は約100種類

リスクだけでなく、他のいろんなアルトコインの購入が可能です。

また、バイナンスはリスクの取引量を約20%も占めています


引用:coingecko.com

なので、流動性が高く、スプレッドが小さくなりやすいですね。

【メリット】

  • 手数料が安い
  • 取引量が多いのでスプレッドが小さい
  • 英語だけどPCサイトもスマホアプリも使いやすい
  • セキュリティも意外としっかりしている

【デメリット】

  • 日本語対応していない
  • 日本円での直接購入ができない

【こんな人におすすめ】

  • 頻繁にリスクの売買をしたい人
  • 今後はリスクだけじゃなく他のアルトコインも買うかもしれない人

bitFlyer

スクリーンショット 2017-01-28 17.21.38
URL:https://bitflyer.jp

2つ目は国内取引所である、ビットフライヤー。

ビットフライヤーの最大の特徴は、なんといってもセキュリティの高さですね。

仮想通貨取引所の中で、セキュリティの高さが世界一になっています。

なので、リスクを買ってそのまま取引所のウォレットに置いておこうって思っている人にはイチオシの取引所です。

また、国内の取引所の中でも1、2を争うくらいの使いやすさがあります。

PCサイト画面↓

スマホアプリ画面↓

リスクを取り扱っている取引所の中では、「セキュリティ」と「使いやすさ」はぶっちぎりの1位ですよ。

ただ、ビットフライヤーは販売所での購入しかできないので、スプレッド=買値と売値の価格差に関しては割高です。

ビットコイン取引所と販売所の違いとは?コインチェックを例に解説

2017.05.08

だいたいスプレッドが300円くらいあるので、その分利益が出しにくくなってしまいますね。

【メリット】

  • セキュリティの高さが世界一
  • 使いやすさも(個人的には)世界一
  • 日本円で直接購入ができる
  • 取引手数料は今のところ無料

【デメリット】

  • スプレッドが多少大きい

【こんな人におすすめ】

  • 購入したリスクをそのまま取引所に保管しておこうって人
  • とにかく簡単にリスクを購入したい人

リスクが注目されているワケとは?

リスクが注目されているワケ、それは、マイクロソフトやグーグルといった超大手企業との提携が発表されているからです。(グーグルに関してはまだ正式ではなく噂ですけど)

え、グーグルと提携すんの?それってすごいことよね?

って思いますよね。

企業が提携するってことはそれだけリスクに将来性があるということ。

今後も価格が上がる可能性は十分にあります。

実際に、グーグルはリップルと提携をしていて、その時(2017年5月くらい)からリップルを長期保有している人は勝っていますしね。

リップル・ラボはこれまでにグーグル・ベンチャーズの他、米投資会社のアンドリーセン・ホロウィッツやファウンダーズ・ファンド、中国のIDGキャピタルパートナーズなどから合計650万ドル(約6億5000万ドル)を調達した。

引用:日経ビジネスオンライン

なので、リスクも長期保有をおすすめします。

しかも、現在は1LSK=2,000円くらいなので、まだまだ価格が安い

今のうちに購入しておけば価格が10倍、100倍になった時に大きな利益が出せますね。

【10円以下!?】価格が安すぎるオススメ仮想通貨7選とその特徴

2018.02.02

口コミ・評判

リスクは価格がまだまだ安いので、上がることを予想して今のうちに買っておこうって人が多いみたいですね。

仮想通貨の格付けではビットコインよりも上!?

WeissRatingsの仮想通貨格付けの最新版では、リスクの評価が「B」に上がっています。

ビットコインや、ライトコインネムよりも高い評価ですので、期待大ですね。

この格付けを完全に信用するのはやめた方がいいかもですが、ある程度の指標にはなるでしょう。

リスクを今のうちに買っておきたい人はこちらからどうぞ。

まとめ

いかがでしたか?

今回は仮想通貨「リスク」の取引所について紹介しました。

まだまだ価格も安く、国内取引所では取り扱いされているところが少ないので、今後の期待が高い仮想通貨ですね。

今回紹介したBinanceビットフライヤーを開設して、今のうちにリスクを買っておきましょう。

わからないところあればコメントをこちらからどうぞ!

この記事の後によく読まれてます

徹底比較!ホントにおすすめしたいライトコイン取引所ランキングTop3

2017.07.14

【徹底比較】モナコインのおすすめ取引所ランキングTop3を発表!

2017.11.25

【おすすめはどこ?】仮想通貨オーガー(Augur)の取引所ベスト3

2018.01.07

【2018年最新版】ジーキャッシュの取引所ランキングトップ3

2018.01.16

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

4.「この仮想通貨を買うならどこの取引所がおすすめ?」を図解

5. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

6. 一攫千金?!ネムコインとは?

7. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

8. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

9. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

10. 仮想通貨歴3年の僕が意識する15の投資ルール

気合い入れてまとめた記事です。

ビットコインで月3万円稼ぐ方法

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

■ Facebook



■ Twitter & Line@

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。