仮想通貨リスク(LISK)が購入できる取引所9社からおすすめ2社を厳選!

アライカズマ
スマートコントラクトとサイドチェーンが実装されてるリスク、絶対いつか価格が暴騰すると信じてるANGOメンバーの、アライカズマです。

「リスクを購入してみようかと思うけど、どこの取引所がいいんだろう?」

「むしろリスクってどこで取り扱ってるんだろう・・?」

あなたはきっとそんなことを思ってるんじゃないでしょうか?

まず、結論から言ってしまうと国内でリスクを購入できる取引所はビットフライヤーだけです。

コインチェックでも取り扱いはされていますが、現在サービス停止中なので今は実質的にビットフライヤー1社だけと思ってもらって良いです。

「コインチェックがまた復活したらどっちがいいの・・・?」

「他におすすめは本当に無いの・・・?」

きっとそんな素朴な疑問も浮かんでくるでしょう。

ということで、今回は仮想通貨LISK(リスク)を購入するのにおすすめな取引所を紹介します。

  • 「安く買いたい」
  • 「簡単に買いたい」
  • 「自分で吟味するから取り扱ってる取引所の一覧を見せて欲しい」

などなど人それぞれ違った意見がある思いますが、あなたの今の状況に合った取引所が一目で分かるようにまとめました。

目次の気になるところをポチッと押して一気に飛んじゃってください。

それではどうぞ!

初心者にもおすすめ!安全・安心に購入するならココ!

ビットフライヤーは金融庁からの業務改善命令により、2018年6月22日より新規顧客の受け入れを一時的に停止しています。

改善命令に基づく体制見直しが完了し次第、受け入れを再開する見込みです。

7月23日に最初の改善計画書の提出があるので、おそらく7月末まではどんなに早くても口座開設できないと思われます。

なので、どうしても今すぐにリスクを購入したい人はこちらまでスキップしてください。

「仮想通貨にあんまり慣れてないし、できるだけ簡単に買いたい・・・。」

そんな初心者の方にもおすすめなのは、日本最大手のビットフライヤーです。

「コインチェックが復帰したらどうなの・・?」

それでも答えは、しばらくの間はビットフライヤーで購入するのが良いでしょう。(コインチェックの信用とサービス内容によって更新します。)

コインチェックはハッキング事件で取引所への信頼がだいぶ落ちてしまいました。

そうすると必然的に取引する人が少なくなります。

取引する人が少なくなると取引量が減ってしまって、最終的に通貨を購入する際に割高になったり注文が通らなくなったりしちゃうんです。

なので簡単に購入できて、安全性も高く、なるべく安くって考えるとビットフライヤーがおすすめです。

(なぜ取引量が減ると割高になってしまうのか、詳しくはこちら

ビットフライヤーも業務改善命令は金融庁から受けてますが、この改善命令は国内ほとんどの仮想通貨取引所が受けてますので特に取引量が減ってしまうということは考えにくいです。

ただ、ビットフライヤーもコインチェックもアルトコインは販売所形式でしか購入することができません。

つまり言ってしまえば板取引できない分、そもそも割高なんです。

この時、1LSK=648円ほどの価格なんですけど、販売所だと画像のように購入しようとすると1LSK=20~30円ほど手数料として取られてしまうんです。

およそ3~5%ほど手数料がかかってしまうってことになります。

なのでビットフライヤーは「安くはないけど簡単に思考停止でなんとなくリスクを購入しておきたい」って場合におすすめです。

【ビットフライヤー】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.01.28

ビットフライヤーの特徴はこちら↓

  • アプリも見やすく使いやすい
  • 日本円で簡単に売買ができる
  • ビットフライヤーはセキュリティの高さが世界一詳細
  • そもそも販売所形式なので割高

中・上級者向け!とにかく安く購入したいならココ!


URL:https://www.binance.com/

「買い方なんて簡単だし、なるべく安くて安全なところがいいぜ!」

仮想通貨の売買にも慣れてきたら、やっぱり少しでも稼ぎに繋げるためにお得さを求めたいんじゃないでしょうか?

そんな人は海外の取引所になりますが、バイナンスで購入するといいでしょう。

バイナンスは世界最大級の仮想通貨取引所です。

また、LISK(リスク)に限らず、どの通貨を購入するのであっても板取引が可能なのでとても安く購入できます。

先ほど、ビットフライヤーでは手数料が3~5%ほどかかってしまうと紹介しましたが、それに比べてバイナンスでは手数料が一律で0.1%です。

さらにバイナンスの使い方に慣れて、BNBトークンでの購入なんかを覚えたら手数料はさらに0.05%まで抑えることができます。

単純計算でもビットフライヤーで購入するより50倍はお得ですね。

ですが、やっぱり海外取引所というだけで「面倒臭い・・・」って思ってしまいますよね。

以前は日本語対応もあって使いやすさも完璧だったんですが、日本の金融庁からの命令で日本語対応はなくなってしまいましたし。

でも、ぶっちゃけ取引するのは別に難しくありません、慣れれば国内の取引所とさほど変わりませんよ。

Binanceの詳しい使い方に関してはこちらの記事で紹介してるので、これならいけそうだわって思った方は開設してみてください。

【超便利】バイナンス(binance)の使い方は?特徴/手数料/入出金(送金)/も紹介

2018.02.14

バイナンスの特徴はこちら↓

  • 板取引ができる為、とてもお得に購入できる
  • 海外取引所の中では使いやすさもピカイチ
  • スマホアプリも対応
  • 世界一人気な取引所
  • 日本語対応がない

リスク(LISK)を購入できる取引所一覧

「ビットフライヤーもバイナンスも口座開設はしてあるけど、他におすすめは本当にないの・・・?」

そんなあなたのために、リスクを購入できる取引所の一覧も用意しましたのでよかったら参考にどうぞ。

取引所日本語対応手数料安全性 公式サイト
ビットフライヤー無料詳細はこちら
コインチェック無料 詳細はこちら
Binance×0.05~0.1%詳細はこちら
Bit z×0.1%詳細はこちら
bittrex×0.25%詳細はこちら
bitbay×0.17~0.43%詳細はこちら
poloniex×0~0.25%詳細はこちら
Huobi0.2%詳細はこちら
Hitbtc×0.1%×詳細はこちら

※安全性なんてどうやって測ってるんだよ!!って気になるかもしれませんが、こちらのサイトを参考にセキュティレベルなどのデータを取って分類しています。

今はHuobi、HitBtcなんかは日本人の受け入れを停止しているので口座開設できませんが、ぶっちゃけ個人的には海外取引所はBinanceだけでいいと思います。

現にリスクの取引量であればBinanceは世界で2番目ですし、トップともそんなに変わらないです。


引用:coingecko.com

なので、この一覧はあくまで参考程度にしてもらえればと思います。笑

そもそも取引所を選ぶ基準って?

「取引所を自分で選ぶときはどうしたらいいんだろう・・・?」

今回はリスクを購入するおすすめ取引所としてビットフライヤーとバイナンスをおすすめしましたが、通貨ごとにおすすめの取引所は変わってきますし、通貨を購入したいと思ったらいろんな観点から取引所を選ぶ必要があります。

そんな時に役立つ取引所の選び方もまとめましたので、よかったら参考にしてみてください。

取引所を選ぶ際に見るべき5つのポイント
手数料の安さ
これは字の通りですが、「仮想通貨を取引する際にかかる手数料がどれだけ安いか」ですね。

各社そこまで大きな開きはないので、”たった数十円、数百円くらい・・”と思う方も多いと思いますが、

手数料が100円上下する場合、一日に3回取引をしたとしたら、年間で「約11万円」変わってきますからね!

塵も積もればなんとやらですよ。

最もお得な仮想通貨取引所はどこ?取引手数料を下げる方法も紹介

2018.04.19
セキュリティの高さ
最近のコインチェックハッキング事件の影響で、「仮想通貨やりたいけどセキュリティ面がかなり気になっている…」という方はとっても多いんじゃないでしょうか?

取引所がどのような体制で顧客の資産を管理しているのか?というのはユーザー(あなたや僕たち)にとってめちゃくちゃ大事なポイントですよね。

  • コールドウォレットに保管してるか?
  • マルチシグに対応しているか?
  • 万が一の補償体制はどうか?

などなどの項目をしっかり調査しました。

もし「安全性の高さだけを考えた取引所ランキングを知りたい!」と思った人は以下の記事を読んでみてください。

ビットコイン(仮想通貨)に投資して分かった一番安全な取引所を発表!

2017.08.26

ただ、あなたに一つ知っておいてもらいたいのは、「どれだけセキュリティの強い取引所であっても、100%安全ではない」ということです。

【必須事項】最低限やっておくべき仮想通貨のセキュリティ対策7つ!

2018.01.26

取引所というのは、多くの資産が集まっているが故、ハッカーに狙われやすいのも事実。

なので優秀な取引所だからといって安心して資産を放置せず、自分のウォレットに移して自分で管理することが望ましいです。

ウォレットに関して詳しく知りたい人はこちらをさらっと読んでみてください。

「自分の資産は自分で管理」ですね。

使いやすさ
皆さんは大体スマホを持っていますよね?で、仮想通貨を取引するのもPCでやるというよりもスマホでサクサクっとやりたいでしょう。

ほとんどの取引所は、仮想通貨を取引するためのスマホアプリを出していますが、その中でもユーザーにとって”使いやすい〜〜〜”ってのとそうじゃないのがあります。

なので、サクっとスマートに仮想通貨を取引するためには外せないポイントです。

例えば大手取引所であるビットフライヤーはこんな感じ↓

見やすく、分かりやすいですよね。

【必須アプリ】仮想通貨ビットコイン取引にはコレ!ランキングTOP5

2018.02.18
取引銘柄の豊富さ
仮想通貨と聞くと、「ビットコイン」がまず最初に思い浮かぶと思いますが、他にも「イーサリアム」「リップル」「ネム」など様々な種類があります。

このような、ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と言いますね。

【一攫千金?!】アルトコインとは?将来性のある12銘柄からおすすめを紹介

2017.05.15

中にはビットコインの爆昇に勝るとも劣らないものもありますし、今後も新たなものが出てくるでしょう。

なので、ビットコインだけでなく他の仮想通貨も取引できるかというのは注目したいポイントです。

アルトコインに焦点を当てた取引所ランキングを知りたい人はこちら、ビットコインだけに焦点を当てた取引所ランキング知りたい人はこちらからどうぞ。

割安な価格で購入できるか
取引所によって購入できる通貨の種類が違うのはもちろんなのですが、割安で購入できるかどうか?も変わってきます。

具体的にいうと、お目当の通貨を「取引所購入=板取引できるかどうか?」という事ですね。(取引所購入と販売所購入では、取引所購入の方が割安で購入できるよというのは、さっき解説しましたね。)

さらにいうと、同じ板取引ができる取引所でも、取引量の多さによって「スプレッド=価格差」も変わってきます。

【実は重要】仮想通貨取引所の取引量ランキング!ユーザーへの影響も解説

2018.04.20
スプレッドとは?

買値と売値の差額のこと。スプレッドが小さいほどお得に取引ができます。

スプレッドに関してより詳しく知りたい人はこちらからどうぞ。

少し難しい話かもしれませんが、まとめると「より多くの通貨を板取引でき、取引量も多い取引所が最強」ということになります。

ただ、現状では通貨によって割安で購入できる取引所は変わってくるので、少しでもお得にいろんな通貨を売買したいと考えている人は、取引所を複数利用した方がいいと言えるでしょう。

知らなきゃ損!仮想通貨の取引所は複数開設すべき7つの理由

2018.04.18

仮想通貨大国の格付けではリスクの評価がNo.1!?

仮想通貨大国って言ったらどこを思い浮かべますか?

「日本?中国?それとも、アメリカ・・・?」

などなど思い浮かべるかとも思いますが、やっぱり仮想通貨といえば中国でしょう。

中国は色々と規制されてるイメージがありますが、マイニングのシェア率も世界一ですし、国が率先してブロックチェーン技術を普及させようともしてるぐらいです。(詳細)

まあ間違いなく世界で一番の仮想通貨大国だと思います。

そんな中国が仮想通貨の格付けを行ったんですが、そこでトップの評価を得たのが実はリスクです。


引用:mp.weixin.qq.com/

中国は基本的に自分の国が作った通貨(EOS、ADA、NEOなど)を評価する傾向があるんですが、その通貨たちを退けて1位になったリスク。

相当な将来性があると予想されています。

一部では2018年末には1LSK=30,000円もの価値になるとも予想されていますし、個人的には持っていて間違いない通貨だと思います。

【2018年版】仮想通貨LISK(リスク)の価格予想!1LSK=30,000円の噂も?

2018.03.06

今はビットフライヤーが口座開設できない状況ですので、もし購入したいと思ったら頑張ってバイナンスで購入してみましょう。

バイナンスでの口座開設の手順を分かりやすく説明してある記事も用意してあるので良かったら参考にしてみてください。

Binance(バイナンス)の登録・口座開設完了から取引方法までを実演解説

2018.01.25

まとめ

いかがでしたか?

今回は仮想通貨LISK(リスク)が購入できる取引所を紹介しました。

おさらいしておくと、

  • 国内取引所で簡単に購入するなら→bitFlyer
  • 海外取引所でお得に購入するなら→Binance

と言った結果でした。

リスクはとても将来性が期待されている通貨ということも分かったと思います。

もっとリスクに関してどんな通貨か詳しく知りたいって人はこちらの記事を参考にどうぞ。

【将来性あり!?】仮想通貨リスクコインとは?4つの特徴や今後の可能性

2017.08.23

無料で3000円分のビットコインプレゼント!

ビットポイントさんでお得なキャンペーンが始まりました。

9月30日までの期間限定にはなりますが、新規口座開設で「3000円相当のビットコイン」キャッシュバックです。

すでに口座開設をしてしまっている筆者は恩恵を受けられません。笑

詳しくは下記の記事でご紹介しています!

【徹底解説】ビットポイントとは?メリット・デメリット、評判まとめ

2018.04.27

Zaif積立、ぶっちゃけどうなん?

仮想通貨の投資方法は何種類かありますが、「ザイフの積立って実際どうなの?お金増えんの?」と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの度、ANGO代表のハナキに「Zaif積立を利用して実際にお金が増えるのか?」の被験体になってもらうべく交渉してきました。本人も驚く意外な結果になりました。笑

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損していた...

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

コインチェックの事件を経て、仮想通貨取引所が『ぼろ儲け』していることは世間に明るみになりました。では仮想通貨取引所はどのように儲けているのでしょうか?そのカラクリに気づき取引所を選定し直した人は少なくありません。

しかし、調べるのも一苦労です。国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう。ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。

コメントを残す