【稼ぎたい人必見】DMM Bitcoinとは?特徴、評判を解説!

ハヤカワヒロアキ
どうも!週一の里帰りが欠かせないANGOメンバーの、ハヤカワヒロアキ(@hayahirooo)です。

さて、この記事にたどりついたあなたは、最近DMM BitcoinのCM見て、

  • DMM ビットコインって実際どうなの?
  • 他の取引所との違いはあるのかな?
  • メリット・デメリットを知りたい!

などなど、気になっていませんか?

結論から言うと、DMM ビットコインはリスクを犯してもとにかく稼ぎたい!っていう人におすすめの取引所です。

はっきり言って、とてつもなく稼げる可能性はあります。

この記事では、

  • DMM ビットコインの最大の特徴
  • 実際に使っているユーザーの感想
  • どんな人が開くべきなのか

などを解説していきます。

今回はとても刺激的な内容ですよ。

それではどうぞ!

DMMビットコインの概要


DMM Bitcoinは、DMM.comが2016年11月に設立した仮想通貨取引所です。

概要としては、

DMM Bitcoin 
設立日 2016年11月7日
仮想通貨交換業者 登録済み
取引方法 現物取引、レバレッジ取引
現物 取り扱い銘柄BTC,ETH
レバレッジ 取り扱い銘柄BTC,ETH,ETC,XEM.XRP,LTC,BCH
取引手数料無料
現物取引とレバレッジ取引の違い
現物取引・・・実物の取引のことです。普通に購入する場合はこの現物取引になります。

レバレッジ取引・・・自分の投資した原資に倍率をかけて、実際の投資額よりも大きなお金で取引が出来る仕組みで、とてもハイリスクハイリターンです。

DMM ビットコインの特徴

DMM Bitcoinの最大の特徴は、「7種の通貨でレバレッジ取引できるので、とてつもなく稼げる可能性がある」ことです。

他の取引所でもアルトコインのレバレッジ取引は出来るのですが、ほとんどの取引所では1.2種類しか扱っていないんですよね。

DMM Bitcoinでは、ビットコイン以外にイーサリアム、ネム、リップルなど6種類のアルトコインを扱っています。


引用:https://bitcoin.dmm.com/service

DMM Bitcoinの場合は5倍のレバレッジなので、仮に10万円手元にあった場合、5倍の50万円分の取引ができます。

仮に1ETH=100万円の時に10万円分買った場合、5倍の50万円で0.5ETHを買うことが出来ます。

ETHの価格が100万円→120万円にアップしたら、保有している0.5ETH=60万円になるので、60万-50万円=10万円が利益になります。

アルトコインは価格の動きがかなり激しく、1~2時間で価格が1.5倍になったりすることもあります。

10万円から25万円、20万円から50万円の利益を出すことも可能です。

とにかく稼ぎたい!という方にはまじで向いてますね。

“そんなにハイリターンだったらリスクも高いんじゃないの?”なんて気になると思うので、リスクの管理の仕方についてこれから解説していきます。

リスクを最小にするロスカット機能

レバレッジ取引はめちゃくちゃハイリスク・ハイリターンなので、万が一資産がマイナスにになって破産などにならないように、「ロスカット」という機能がついています。

ロスカット機能は、損失が一定数を上回った場合に取引所が強制的に保有している仮想通貨を決済してくれる機能です。


引用:http://www.uedaharlowfx.jp/

DMM Bitcoinでは証拠金維持率が80%を切った時にロスカットが発動します。

例えば、10万円の資金があって、1BTC=100万円の時に0.5BTC買ったとします。

1BTCの価格が95万2200円で証拠金維持率が79.9%になるので、ロスカットになります。

簡単にいうと10万円の証拠金が8万円を切った場合に強制的に決済されるということです。

詳しい計算の仕方は下記に載せますが難しいので、理解出来なくても大丈夫です。

証拠金維持率の計算方法
証拠金維持率=(純資産-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100

DMMビットコインの他取引所と比べたメリットは?

それではレバレッジ取引を含めて、DMM Bitcoinのメリットを他取引所と比較してみていきましょう。

  • 7種の通貨でレバレッジ取引できる
  • 入出金・取引手数料が無料
  • 分析を使った本格的なトレードが可能

7種の通貨でレバレッジ取引できる

先ほど最大の特徴であると言いましたが、DMMビットコインDMM Bitcoinレバレッジ取引のできるアルトコインの種類が7種類でダントツで1位なんです。

取り扱っている通貨はBTC,ETH,XEM,XRP,LTC,ETC,BCHなのですが、他の取引所ではこの表のようになっています。

取引所レバレッジ取り扱い銘柄
bitFlyerBTC,ETH,BCH
GMOコイン
BTC
BITPOINTBTC
bitbank.ccBTC
ZaifBTC,MONA
QUOINEXBTC,ETH,QASH
コインチェック
BTC
みんなのビットコインBTC,ETH

他取引所では1.2種類しか扱っていないので、DMM Bitcoinの取り扱うコインの豊富さがよくわかりますよね。

DMM Bitcoinのレバレッジは5倍までなのですが、アルトコインの価格変動の激しさからしたら十分といえそうです。

入出金・取引手数料が無料

DMM Bitcoinでは、日本円の入金や出金、取引する際の手数料まで無料でやっています。

出金する時の手数料が無料な取引所は珍しいので、利益をすぐに日本円に換金して下ろしたい方は手数料気にせずに出金が出来ます。

また、入金したお金を即日で反映するクイック入金の手数料も無料なので、すぐに取引を開始したい時でも気兼ねなく入金することが出来ます。


引用:https://bitcoin.dmm.com/service

他社の場合200円〜500円ほどかかるところがほとんどなので、その点DMMビットコインはかなりお得です。

太っ腹な取引所ですね。笑

取引所 入金出金取引
DMM Bitcoin
無料 無料 無料
bitFlyer0~324円 216~756円0~0.2%
コインチェック0~1000円 400円無料
Zaif0~594円 350~756円 一部-0.01%
bitbank.cc無料 540~756円無料

※入金時の振り込み手数料はかかります。
※出金は日本円の出金の価格です。

分析を使った本格的なトレードが可能

DMMビットコインではアプリ内で経済指標のカレンダーが見れてかつ、ローソク足を基本として移動平均線やMACDなどのテクニカル分析も豊富に揃っています。

短・中期的に売買を繰り返して利益を追求したい方にはとても助かる機能ですね。

ちなみに他取引所では、ファンダメンタルやテクニカル分析の機能はついていないので、分析を駆使してトレードしたい方DMM Bitcoinでのトレードが必須となります。

すでに魅力をバンバン感じちゃってる方はこちらから口座開設をどうぞ。

DMMビットコインのデメリットは?

デメリットは知らないでいると損になるので、要注意です。

  • 現物取引できる通貨が少ない
  • 現物取引の場合は販売所形式でしか買えない
  • レバレッジ取引のスプレッドが高い

現物取引できる通貨が少ない

DMM Bitcoinで現物取引する場合は、ビットコインとイーサリアムしか購入が出来ません。

例えば、コインチェックZaifbitFlyerではリップル、ネム、ビットコインキャッシュ、ライトコインなどなど色々な通貨の現物取引が出来ます。

現物取引の場合は販売所形式でしか買えない

仮想通貨を購入する場合は販売所か取引所で購入するのですが、販売所はDMM Bitcoinから直接購入する形なので、DMM Bitcoin側で価格が設定されています。

この形式は取引所に比べると割高になるので、手数料は無料と言えども、手数料を少し払っているようなものなんです。

同じ販売所でもDMM Bitcoinが一番高いとのことです。


もし現物のビットコインを割安で購入するならbitFlyerの取引所(販売所は割高です)、アルトコインならZaifbitbankあたりが割安で購入できますよ。

この3つを開設しておけば現物取引に困ることはないはずです。

レバレッジ取引のスプレッドが高い

スプレッドとは、「買値」と「売値」の価格の差のことで、この差が小さければ小さいほど簡単に儲けることができます。

DMM Bitcoinの場合は、この差がとても大きく、利益を出しづらい仕組みになっているんです。

スプレッドは価格の上下によって都度変わるのですが、

通貨スプレッド
ビットコイン約40000円
イーサリアム約5000円
ネム約8円
リップル約23円
ライトコイン約3円

とかなり大きくなっています。

スプレッドが小さいことで有名なZaifは、ビットコインだと100~300円(約0.03%)なので、DMM Bitcoinに比べるとかなり利益が出しやすいです。

スプレッドが小さい以外にもZaifは良いところがたくさんあるので、まだ開設していない人はこちらからどうぞ。

Zaifで口座開設するメリットの詳しくはこちらからチェックしてみてください。

【徹底解説】Zaif(ザイフ)とは?評判、メリット、使ってみた結果も紹介

2018.02.02

DMMビットコインを使ったユーザーの本音の感想をチェック!

それでは、実際にDMM Bitcoinを使っている人の感想を見てみましょう。

価格の更新はリアルタイムでされるのいいですね!

チャートの見やすさは好評のようです。

実際にレバレッジ取引で利益を出している方でも、チャートは見やすいけどスプレッドの大きさには不満を持っているみたいです。

DMMビットコインを開設するべき人はこんな人!

メリット・デメリットありますが、下記に一つでも当てはまる方はDMM Bitcoinで口座開設した方が良いです。

  • アルトコインを豊富に使ってレバレッジ取引をしたい方
  • 分析を駆使した本格的なトレードをしたい方
  • リスクを犯しても稼ぎたい方

今はビットコインとアルトコインはほぼ連動して価格が動いていますが、今後、通貨の価格が安定してきて、通貨ごとに独立した価格の動きになってくると、各仮想通貨にテクニカル分析が通用するようになってきます。

その時を見据えて本格的に仮想通貨で稼いで行きたい人はDMM Bitcoinで口座開設しましょう。

口座開設の方法はこちらで解説しているので、みてみてください。

【DMM Bitcoin】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2018.03.03

まとめ

いかがでしたでしょうか?

DMM Bitcoin

  • 7種の通貨でレバレッジ取引できる
  • 入出金・取引手数料が無料
  • 分析を使った本格的なトレードが可能

などのメリットにより、

一言でまとめると、「アルトコインのレバレッジ取引を分析を使って本格的に稼ぎたい人はDMMビットコインを開こうね」という内容でした。

上記にあてはまらない人は無難にbitFlyerZaifbitbank.ccあたりがオススメですよ。

この記事のあとによく読まれています

【DMM Bitcoin】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2018.03.03

資産230億!!有名投資家cisのビットコインに関する発言まとめ

2018.03.30

【年利80000%!】驚愕の高騰モナコイン!その理由と今後の展開は?

2018.02.26

次はあのコイン!?これから大手取引所に上場する仮想通貨を予想してみた

2018.02.21

【2018年は10倍!?】NEM(ネム)の価格予想!ハッキングの影響は?

2018.02.19

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

またFacebookページやTwitter、LINE@では仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

LINE友だち追加

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

LINE@はじめました。

初心者におすすめの
仮想通貨ランキング

1位"キングオブ仮想通貨"こと
「ビットコイン」

言わずと知れた仮想通貨の中でもナンバーワンの認知度と時価総額を誇るビットコイン。
よく『ビットコインは高いから買えない』と言っている人がいるが、国内の取引所では0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。
個人的には一生上がり続けると思うので、ちょっとでも買っとくことをお勧めしてます。

2位"IQ2万の優等生"こと
「イーサリアム」

イーサリアムは常にビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っている仮想通貨です。
当時19歳だった天才少年に生み出され、マイクロソフトやIBM、トヨタなどにも支援されているほどの逸材。
ブロックチェーン上に、取引履歴だけでなく「契約」まで自動で記録してくれる「スマートコントラクト」という技術はあのホリエモンも投資するほどのポテンシャルを秘めています。

3位"仮想通貨界のバックパッカー"こと「リップル」

リップルは、あの天下の大企業「Google」様が出資していることで有名な仮想通貨です。
ブリッジ通貨という性質でとにかくスピーディに、安い手数料で国際送金ができることが特徴です。
2017年12月の1カ月で価格が約8倍に高騰した今まさに億り人を輩出しているコインです。

4位"中国からの刺客"こと
「ビットコインキャッシュ」

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。
ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインよりもビットコインに近いと巷では噂が。
ビットコインを超える可能性に少額でも賭けてみると良いでしょう。

5位"スピードスター"こと
「ライトコイン」

ビットコインを元に作られた通貨で、ビットコインが金ならライトコインは銀がコンセプト。
ビットコインよりも送金スピードが速くなっているので、実用性に優れています。
その性能から中長期的にも上昇が見込めますし、2017年12月の1カ月で価格が2.5倍高騰したことで短期的にも上昇をしているコインです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ハヤカワヒロアキ

『ANGO』ライターのハヤカワヒロアキです。22歳の新卒でエンジニアになり、毎日が終電帰宅の会社の奴隷に。1年後、運良くITベンチャーに拾ってもらい、同じタイミングで仮想通貨をビビりながらも購入。投資初心者でも仮想通貨なら利益が出ることに日々感動中。笑「初めて読んだ人でも分かる」を意識して記事を書いています。