【2018年最新版】仮想通貨リップルに関するおすすめツイッター発言まとめ!

カイドウユウキ
どうも!ANGOメンバーの、カイドウユウキです。

この記事にたどり着いたあなたは、

リップルに興味があるけど今買っていいかわからないなぁ…

とりあえず情報収集しよっかなー

なんて考えていませんか?

でも実際にリップルの情報を知ろうにも、おおくの情報が飛び交いすぎてなかなか正確な情報を取りいれることが難しかったりしますよね。

そこで今回は、最新で正確なリップル関連の情報をまとめ、「ぶっちゃけこれから、リップルってどーなの?」にお答えします。

きっとこの記事を読み終える頃には、「今リップルを買うべきかどうか?」が自分で判断できるぐらいになれていますよ!

リップルに関しての有識者の意見なんかも載せていきますので是非、参考にしてみてください。

オススメのツイッターアカウントもご紹介するので、今後の動きが気になる方はしっかりフォローしておきましょうね。

リップル関連ツイートまとめ

リップルと言えば、ブリッジ通貨としてゆくゆくの決済システムに革命をもたらすのでは!?と期待されていますね。

リップルの決済スピードはなんとビットコインの1300倍、送金手数料は1円以下!!

日本の金融機関とも提携して、アルトコインの中でもずば抜けた存在感を発揮してますよね。

その利便性と将来性から…

なんとXRPが10000円に行くまでガチホしようって方も多くいるようです。笑
(4月2日時点で54円ほどです)

それだけ伸び代があって期待されている通貨であるってことですよね。

まず「そもそもブリッジ通貨って何?リップルについて実は詳しく知ってません・・。」って方はこちらの記事をどうぞ。

【億万長者も!?】Googleが出資した仮想通貨リップル(XRP)とは?

2017.05.22

リップルの最新情報

サンタンデール銀行、リップルの国際決済アプリを今春リリース

スペイン本拠の銀行グループ、サンタンデールはリップルと提携し、リップルのブロックチェーンxCurrentと、プラットフォームのRippleNetを採用した国際送金アプリをリリースする。ビジネスインサイダーが24日に伝えた。

3月23日に開かれた、国際フィンテック会議でスペインのサンタンデール銀行がリップルの国際決済アプリを春にリリースすることを発表しました。

引用:https://jp.cointelegraph.com

今回のサンタンデール銀行のように、実際にリップルの提供するプロダクトを活用する企業や銀行が増えていけば、ゆくゆくXRPも広く浸透していくでしょう。

このアプリで用いられるのはリップルのxCurrentで、残念ながらXRPは採用されませんが、近々XRP対応の決済アプリが登場するかもしれませんね。

(もしそうなったらXRP爆上げしそうです…)

xCurrentとは

リップル社が提供する取引ネットワークの1つです。

xCurrentを導入することで、銀行による即時国際送金の決済を可能にし、銀行間の送金と着金の前後に、双方がリアルタイムでお金の流れを確認できます。

オランダの中央銀行がリップルを評価

リップル社CEOであるガーリングハウス氏は

ブロックチェーン企業であるリップル社は銀行にRipple(リップル)の導入を促進し、次の5年間で世界の半数の銀行に送金サービスを採用していただくという目標を掲げています

引用:https://coinonline.net/

と発言する通り、世界の銀行がリップルと提携して行くことになれば、XRP価格も上昇していきますね。

ちなみに現在のリップル提携先中央銀行はこちら。

リップル提携先中央銀行
イングランド銀行
タイ銀行
インドネシア銀行
連邦準備制度
シンガポール金融管理局
インド準備銀行
サウジアラビア金融局

Global Blockchain社の会長が大手銀行とリップルの今後の関係について発言

オランダの中央銀行がリップルを評価するニュースが流れた一方

リップルは強い味方になるが、現状の銀行は導入を様子見している段階が多いようです。

Global Blockchain社の会長兼COOのシダン・ガウラン氏は

その最たる理由は、銀行にとってRipple(リップル)が直接のライバルであることが挙げられます。

Ripple(リップル)は通貨というよりも取引ネットワークとして機能するため、銀行が生き残るために競合と認定する可能性が非常に高いのです。

Bitcoin(ビットコイン)は通貨に近いものなので、Ripple(リップル)と同じ脅威をもたらすことはありません

引用:https://coinonline.net

と発言しています。

どうやらリップルは、その利便性と将来性から銀行の競合として見なされ、受け入れを様子見している銀行が多いです。

最新情報をまとめると、

  • リップルの技術を使った決済アプリが今春に発表される予定
  • オランダの中央銀行から高い評価
  • 現状ではまだ多くの銀行にリップルが受け入れられているわけではない

リップルが広く普及し拡大していくにはまだ時間がかかりそうですが、時間の問題のような気もしますね!

リップル関連オススメツイッターアカウントまとめ

与沢翼

メディアなどでも大きく取り上げられて知る人ぞ知る実業家であり、実は凄腕の投資家です。

リップルガチホを度々Twitterで公言されてますね。

実際にリップルで20億円ほどの含み益を出した結果もあります!

20億の利益!?与沢翼のタメになる仮想通貨ツイッター発言まとめ

2018.02.12

XRP億りっぷるん(リップル)@仮想通貨モンスター

リップル愛がとんでもなく強い方です。

自身でもリップルに関する情報を逐次発信し、さらにリップル関連の記事やニュースもリンクをつけて紹介してくれるので、間違いなくフォロー推奨です!

Ripple

リップルの公式アカウントですね。

以前ツイートされたこのカウントダウンによってXRPが大きく変動しました。

ツイート1つでXRP価格が変動する影響力を持ちますので、必ずチェックしましょう。

北尾吉孝

SBIホールディングス代表取締役社長の北尾さんです。

SBIはリップル社の株(XRP)を11.05%保有しており、SBI Ripple Asiaを設立するなどその発言力と影響力はとっても大きいです。

リップルの口コミまとめ


引用:https://coinmarketcap.com/
XRPは1月に最高値400円をつけたあとに急落し、現在は54円で停滞しています。(4月2日段階)

大きく下がったから今が買い時なのか、それともまだまだ下がり続けるのか…。

将来的には今より大きく上昇しているだろうが、短期的にこの下落がどこで止まるかわからない…

といった感じでしょうか。

短期的下落のメドが立たない現状、リップルを短期売買するのは非常に難しそうです。

もしリップルを買うとしたらガチホで長期保有でしょう。

ガチホなら、むしろ価格が下がっている今、買い時と見ていいでしょう!

リップルを購入するなら

取引所名取引手数料安全性取引量
bitbank.cc無料☆☆☆日本
BITPOINT無料日本
GMOコイン※無料※☆☆日本
Bit Trade0.25%〜0.45%日本
Binance0.1%☆☆☆中国
Huobi0.2%☆☆中国
Bithumb0.15%☆☆☆韓国
Upbit0.2%☆☆☆韓国
BITTREX
0.25%アメリカ
リップルを購入できる取引所は様々ありますが、その中でもおすすめはビットバンクですね。

ビットバンク手数料が無料である上にリップルの取引量も日本一多いです。

取引量が多いということは「買い」と「売り」の価格差も小さくなって、よりお得に購入することが可能になります。

また全ての通貨をコールドウォレットで管理をしているということで安全性も抜群ですし、「BTCN」という仮想通貨のニュースサイトの配信元でもあります。

【ビットコイン ニュース】なんかでググると一番上に表示されるぐらい有名なサイトで、正確性と信頼性もあるのでビットバンクはとても信用が置ける取引所です。

なので、もしリップルを購入したいと思ったらビットバンクを開設しておきましょう。

【実はすごい】ビットバンク(bitbank)の特徴と手数料、登録方法まとめ

2018.02.08

まとめ

いかがでしたでしょうか?

リップルの決済システムは広く評価され、もしかしたら遠くない将来、XRPを使っての決済システムが導入されるかもしれませんね。

しかしまだまだ現状では多くの銀行がリップル導入を悩んでいる状態なので、銀行とリップルとの提携がニュースに上がればXRP価格も上昇していくはずです!

オススメにあげたツイッターアカウントをフォローすれば、こういった情報もすぐに取り入れられるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

結論として「今リップルを買うべきかどうか」という面に関しては、現時点(4月2日)でXRP価格が下落しているので、短期売買は控えた方がいいです。

逆に、長期保有でガチホなら今買っても全然ありです。

リップル自体、金融機関の決済ソリューションを解決するとっても大きな力を秘めていますから、長期的目線で見守りましょう。

この記事の後によく読まれています

億り人が徹底比較!仮想通貨・ビットコイン取引所31社おすすめランキング

2017.02.16

仮想通貨リップルの価値は今後どうなるのか?特徴を元に考察してみた

2017.06.27

専門家「大石哲之」のビットコインに関するツイッター重要発言まとめ

2018.02.19

【必須事項】最低限やっておくべき仮想通貨のセキュリティ対策7つ!

2018.01.26

今すぐ買い!?ホリエモンがオススメする仮想通貨をまとめてみた

2018.03.19

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

またFacebookページやTwitter、LINE@では仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

LINE友だち追加

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

LINE@はじめました。

初心者におすすめの
仮想通貨ランキング

1位"キングオブ仮想通貨"こと
「ビットコイン」

言わずと知れた仮想通貨の中でもナンバーワンの認知度と時価総額を誇るビットコイン。
よく『ビットコインは高いから買えない』と言っている人がいるが、国内の取引所では0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。
個人的には一生上がり続けると思うので、ちょっとでも買っとくことをお勧めしてます。

2位"IQ2万の優等生"こと
「イーサリアム」

イーサリアムは常にビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っている仮想通貨です。
当時19歳だった天才少年に生み出され、マイクロソフトやIBM、トヨタなどにも支援されているほどの逸材。
ブロックチェーン上に、取引履歴だけでなく「契約」まで自動で記録してくれる「スマートコントラクト」という技術はあのホリエモンも投資するほどのポテンシャルを秘めています。

3位"仮想通貨界のバックパッカー"こと「リップル」

リップルは、あの天下の大企業「Google」様が出資していることで有名な仮想通貨です。
ブリッジ通貨という性質でとにかくスピーディに、安い手数料で国際送金ができることが特徴です。
2017年12月の1カ月で価格が約8倍に高騰した今まさに億り人を輩出しているコインです。

4位"中国からの刺客"こと
「ビットコインキャッシュ」

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。
ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインよりもビットコインに近いと巷では噂が。
ビットコインを超える可能性に少額でも賭けてみると良いでしょう。

5位"スピードスター"こと
「ライトコイン」

ビットコインを元に作られた通貨で、ビットコインが金ならライトコインは銀がコンセプト。
ビットコインよりも送金スピードが速くなっているので、実用性に優れています。
その性能から中長期的にも上昇が見込めますし、2017年12月の1カ月で価格が2.5倍高騰したことで短期的にも上昇をしているコインです。

コメントを残す