発展途上国で高まる仮想通貨への期待感。理由は?

サタヒコ君
どうも!ANGOのサタヒコです。最新ニュースをお届けします!

3月末から停滞していた仮想通貨市場もやっと上昇してきましたね。

ビットコインは70万円台から一気に90万円台にまで回復し(4/16時点)、仮想通貨市場にも春が到来って感じですね。

そんな小春日和を迎えている仮想通貨ですが、実は意外な場所で真夏のフェスのように盛り上がりを見せているんです。

その意外な場所とは、ベネズエラです。

原文はコチラ↓
https://www.newsbtc.com

全訳を読みたい方はコチラ↓

ベネズエラのBitcoinに対する需要が経済混乱の中で依然として高まっている
ベネズエラは、暗号通貨に関して他とは異なる姿勢を常に見せてきた国家でした。地方自治体は、長年にわたってBitcoinや他の暗号通貨に大きな関心を示してきました。需要は今後も増加の一途をたどると考えられます。これは、ペトロとして知られている国独自の暗号通貨を有しているにもかかわらずです。

ベネズエラとBitcoin
ビットコイン取引所LocalBitcoinsのチャートからは、ベネズエラの動向がはっきりと見て取れます。長い立ち上がり期間を経て、Bitcoinの需要は急増しています。高値と低値があったにもかかわらず、全体的な傾向は上向き傾向を継続しています。ちょうど先週、Bitcoinの取引高の新記録を更新しました。BTCの価値は1兆ボリバル(ベネズエラの通貨単位)以上に達しており、ベネズエラにおけるBitcoinの将来は明るいと言えます。

ベネズエラでは今なお、高インフレに悩まされていることに留意しなければなりません。 1ボリバル(ベネズエラの通貨)当たりの価値が実質的に毎週低下しているため、この数は今後数週間上がるこ​​とになるでしょう。 LocalBitcoinsの取引量だけが暗号通貨の成功の指標ではありませんが、BTCに対する需要はベネズエラで非常に強く、おそらくすぐに減速することはないでしょう。

驚くべきことは、独自の暗号通貨ペトロがあるにもかかわらずBTCの需要が急上昇していることです。これまでのところ、ベネズエラ独自の暗号通貨にはかなりの批判と懸念がありました。その合法性は未だにはっきりしておらず、この状態はしばらく続くでしょう。ただし、Bitcoinはベネズエラ国内で公式に認められているわけではありません。 このことからBTCの利益は減少するという予測もありましたが、そうではありません。両方の通貨が大きな問題なしに共存できているようです。

ベネズエラにおいてBitcoinの次に注目されるものとは?
ベネズエラにおいてBitcoin取引が急増していることから、何かこの需要を満たすものが必要だと言えます。マドゥロ大統領は、国としてBitcoinのマイニングを推進することを明らかにしました。Bitcoinへの関心向上に対して、大統領によるこの決定事項が効果的に働くかどうかは不明です。しかしながら、ベネズエラがこの通貨(Bitcoin)に対してオープンな姿勢を維持することを示しており、このことは良いことであるとしか考えらません。

Bitcoinの規制がその国で行われるかどうかはまだ分かりません。今、政府が規制検討しているという公式の兆候はありません。暗号通貨に対する関心の高まりは、最終的にはいくつかの法的枠組みの確立を必要とするでしょう。現在、他の国々も暗号通貨に対して似たアプローチを取っています。

Bitcoinの需要が急増しているのはベネズエラだけではありません。カナダ、ヨーロッパ(一般的に)、香港、インドネシアにおいて現在Bitcoinの需要が非常に大きくなっています。これらの傾向はすべて、現在のBTCの下向き傾向が最終的に逆転することを示しています。BTCが実際に上向きになるのか、どの程度成功するかは、まったく別の問題です。今のところ、「ペトロとの競合」があるにもかかわらず、ベネズエラにおけるBitcoinの未来は明るいといえます。

ベネズエラではビットコイン取引高が新記録を更新

Looking at the LocalBitcoins chart, the trend in Venezuela is quite apparent. After a lengthy ramp-up period, the demand for Bitcoin is spiking. Even though there have been highs and lows, the overall trend is still in place. Just last week, a new record was set for Bitcoin trading in the country. With a total value of over 1 trillion Bolivares worth of BTC changing hands, things are looking rather promising.

和訳:

ビットコイン取引所LocalBitcoinsのチャートからは、ベネズエラの動向がはっきりと見て取れます。

長い立ち上がり期間を経て、Bitcoinの需要は急増しています。

高値と低値があったにもかかわらず、全体的な傾向は上向き傾向を継続しています。

ちょうど先週、Bitcoinの取引高の新記録を更新しました。

BTCの価値は1兆ボリバル(ベネズエラの通貨単位)以上に達しており、ベネズエラにおけるBitcoinの将来は明るいと言えます。

サタヒコ君
実はベネズエラでは、政府がペトロと言われる仮想通貨を発行するなど、国家レベルで仮想通貨を発行し流通させようとしているんだ。

また、ビットコインのマイニングを国をあげて行うことを大統領が発表するぐらい、仮想通貨に対して積極的なんだ。

考察・まとめ

クリピッピ
どうしてベネズエラで仮想通貨が盛り上がっているの?
サタヒコ君
実はベネズエラでは紙幣が不足するほどの超インフレが起きているんだ。

毎週物価が上がっていくのが日常だから、それじゃあ自国の通貨に信頼が持てないよね?

自国の通貨に信用が持てないから、通貨としてビットコインに注目がされているんだよ。

ベネズエラの他にも、アフリカの発展途上国でも同じような理由で仮想通貨に注目されているよ。

クリピッピ
へーそうなんだ。

ビットコイン自体がインフレすることってないの?

サタヒコ君
ビットコインはインフレになることはないよ。

というのもビットコインは紙幣と違って発行限度枚数が2100万枚って決まっているからね。

金も埋蔵量が決まってるから価値が保たれているだろ?

それと同じだよ。

クリピッピ
なるほどね。

意外な理由で仮想通貨って注目されるんだね、知らなかったよ。

ANGOではこのような海外の最新情報を分かりやすく翻訳し、LINE@で提供しています。

仮想通貨の最新情報をキャッチして、価格の変動についていきたいと思う方はこちらからお友達登録しましょう。

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

4.「この仮想通貨を買うならどこの取引所がおすすめ?」を図解

5. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

6. 一攫千金?!ネムコインとは?

7. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

8. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

9. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

10. 仮想通貨歴3年の僕が意識する15の投資ルール

気合い入れてまとめた記事です。

ビットコインで月3万円稼ぐ方法

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

■ Facebook



■ Twitter & Line@

コメントを残す