【次世代型の仮想通貨取引所】分散型取引所(DEX)とは何か徹底解説

カワグチカンキ
どうも!ANGO(@ango_key)メンバーの、カワグチカンキです。

あなたは2018年1月末に約580億円分ものNEMが盗まれた大事件を覚えてますか?

コインチェック事件なんて言われたりもして、日本中が大騒ぎになりましたね。

ちょうど仮想通貨市場も盛り上がってた時に起こった事件で、仮想通貨というものが不安になった人もいるんじゃないでしょうか?

仮想通貨はブロックチェーンで安全なんじゃないのか?

仮想通貨取引所に通貨を預けるのは危険なの・・・?

などなど、色んな疑問や不安を抱いたりしたと思います。

正直言って、今の主流になっている仮想通貨取引所はどうしてもそれなりにハッキングのリスクが伴ってしまいます。

なぜなら、そこに資金が集まっているとハッカー達から分かってしまうから。

「そのリスクをなんとかして無くしたい・・・。」

そこで注目されているのが、分散型取引所(DEX)です。

ということで、今回はそんな次世代型の仮想通貨取引所であるDEXについて徹底解説していきます。

  • 分散型取引所(DEX)の仕組み
  • 今の仮想通貨取引所との違い
  • DEXのメリット・デメリット
  • なぜDEXが必要なのか

このあたりを初心者でも分かるよう、丁寧に説明していきますので最後まで要チェックですよ〜。

分散型取引所(DEX)とは


DEX(Decentralized Exchange)とは運営主体を介さずに、個人間で仮想通貨のやりとりができる取引所のことです。

運営主体ってのはbitFlyerだったら「株式会社bitFlyer」で、Zaifだったら「テックビューロ株式会社」のことです。

あと、これは豆知識ぐらいに思っといてもらえればいいんですけど、厳密に言ったらDEXは第三者を信頼することなくトラストレスにトークンを交換する「仕組み」って感じなんです。

なので必ずしも「取引所」と呼ぶのが適切ではないのかなって、、、。

まあでもその辺りを詳しく話しても混乱しちゃうので、DEXは「取引所」だと思ってもらえればオッケーです。

今の仮想通貨取引所(CEX)との違い


引用:coinpost.jp/

現段階では仮想通貨における取引の大半が、運営主体がいる取引所を介して行われています。

さっき説明した「株式会社bitFlyer」とかのことですね。

これらは法人が運営主体となり、取引所の意思決定において中央集権的な手法を用いることから、CEX(Centralized Exchanges)と呼ばれたりしています。

  • CEX=中央集権型取引所
  • DEX=分散型取引所

って覚えておいてください。

CEXの仕組みについてはこちらの記事で紹介してますので参考にしてみてください。

仮想通貨取引所の仕組みを徹底解説!オススメ取引所も紹介!

2018.04.18

DEXの仕組み・特徴


引用:coinpost.jp/
CEXと比べてDEXが提供するのは、取引板を表示したり取引板を生成できるようなシステムを維持することだけです。

僕たちがDEXで仮想通貨を売買するときは取引板だけを借りて、自分自身のウォレットから資金を出すことになります。

【5分でわかる】ビットコインのウォレットとは?種類や特徴まで簡単解説!

2017.02.02

なので自分の資産を取引所に預け入れする必要がなく、仮想通貨の取引ができます。

まあ、分かりやすく言うとフリーマーケットみたいな感じですね。

資金が1ヶ所に集中する事がなく、安全性も高められて、さらに仲介手数料的なのもなくなるって事でとても期待されています。

これから次世代型の取引所として注目されているので、もちろんメリットはありますが、まだまだ課題も存在します。

DEXのメリット

大きなメリットを挙げるとしたらこのぐらいですね。

  • 取引所がハッキングされて自分の資産が無くなる事がない
  • 運営主体に支払う手数料がない
  • 本人確認が不要

一番のメリットとしては、やっぱりハッキングによる被害がなくなるってところですかね。

自分の資産を預け入れするという事がなくなるので、資産は常に自分が保管する事になります。

ハッカーとしても資産が集まってもないところにハッキングしても意味がないですからね。笑

そしてbitFlyerなどのCEXは、そういったハッキングのリスクを抑えるために人を雇ったりしてお金をかけています。

なので、僕たちのようなユーザーから手数料を多く取って運営しなければいけません。

しかし、DEXは運営主体がない分、無駄な手数料がかからないといった感じです。

あとは本人確認も必要ありません、開設するのにハガキを受け取って〜などの手間がかからないので即日で取引を開始することができます。

DEXのデメリット

デメリットというか現状の課題って言った方が正しいかもしれませんが、既存DEXの欠点はこちら。

  • コストが高い
  • 取引スピードが遅い
  • 流動性が低い(取引量が少ない)

DEXは、CEXとくらべてユーザーのコストが高く、さらに遅いといえます。

買い注文・売り注文・キャンセルなど、すべてブロックチェーン上で行われるため、ブロックチェーンを使うための手数料が必要になります。

【猿でもわかる】ビットコイン、ブロックチェーンの仕組みとは?

2017.01.14

さらにこれを処理をするのには、ブロックの承認時間が必要なので、オフチェーン(ブロックチェーンを使わないこと)と比べるとどうしても時間がかかります。

CEXは資金を預けてる分、オフチェーンで資金を動かせるから即座に購入や売却ができる仕組みになってるんです。

DEXはこのようにまだまだ課題が多く、使用者が少ないので流動性が低くなり、より利用されづらくなっています。

流動性のない市場だとスプレッドが広くなってしまい、価格が高くついたり、ボラティリティが高かったり、そもそも交換すらできないという可能性と隣合わせです。

実際、今のDEX取引量は暗号通貨全体の1%に満たないようですからね。

DEXが必要な理由

じゃあ別に今の取引所のままでいいんじゃないの?

って思う人も多いかもしれないんですけどDEXは今後、絶対に必要になってくるはずです。

現在主流の仮想通貨取引所(CEX)は特徴として、巨額の量の通貨・トークンを所有していてユーザーが取引をする際は、この取引所に通貨を預け入れるという流れになっています。

これはつまりユーザーが保持するのウォレットから、取引所が保持するウォレットへ資産を送って、資産自体は取引所が保持するということになります。

なので取引所を完全に信頼する必要がでてくるため、万が一この取引所が保持している資産を持ち逃げしたり、ハッキングされたときには預けた通貨はもう戻ってこないという結末になっちゃいます。

コインチェック事件の時はハッキングの際、取引所が全額補償してくれましたが補償サービスを提供してない限り、資産が補償されなくても文句は言えませんからね。

資産を安全に守るという面においてDEXは必ず今後浸透していくことでしょう。

DEXプロジェクト一覧


DEXは基本的にスマートコントラクト(プログラム)で実行される取引所です。

なのでイーサリアムリスクなどのスマートコントラクト機能を持った通貨を軸として、プロジェクトは開発されています。

その中でも今回はイーサリアム上で開発が進んでるプロジェクトの紹介です。

プロジェクト名特徴オーダーブックの有無利用手数料扱うトークン規格
0xproject分散型・取引所プロトコルZRXをリレーヤーへ支払うERC20・ERC721
Gnosis DutchX分散型ダッチオークション取引トークンで払うERC20
AirSwap分散型・P2P交換所無料ERC20
KyberNetwork分散型・販売所無料(隠れたスプレッド有)ETH・ERC20
Bancor Protocol分散型・流動性ネットワーク無料Smart Tokens
Republic Protocol分散型ダークプール取引トークンで払うBTC・ETH・ERC20

様々なプロジェクトが生まれていますが、DEXにおけるネットワーク効果の影響は大きく、ユーザーが多いほど流動性が増し、ユーザーにとって有利な取引ができるようになってきます。

なので1度DEXが広まれば、どんどん世界に広まって行くのも目に見えます。

特に、この中でも「0x project」様々なアプリや開発者が携わっていて、DEXを世界に広める中心になろうとしています。

それでも技術はまだまだ進歩していってるので、新しく注目されてくるDEXが誕生してくるかもしれないんですけどね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は分散型取引所(DEX)について徹底解説しました。

現行のCEXのデメリットを埋めるために存在するのがDEXです。

DEXにもまだまだデメリットというか、課題はたくさんありますが、今後どんどん浸透していき、やがては分散型が主流になっていくかもしれません。

詳しい内容になってくるとめちゃくちゃ難しいものになってきますが、ANGOではこれからそれぞれの分散型取引所についても分かりやすく解説してく記事を配信していきます。

もっと詳しく知りたいという方はもうちょっと待っててくださいね。

この記事の後によく読まれています

【2017年最新版】イーサリアムの今後を予想、考察してみた

2017.06.21

【2018年版】仮想通貨LISK(リスク)の価格予想!1LSK=30,000円の噂も?

2018.03.06

【知らないと損!】イーサリアムとICOとの深いつながりとは?

2017.09.25

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

4.「この仮想通貨を買うならどこの取引所がおすすめ?」を図解

5. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

6. 一攫千金?!ネムコインとは?

7. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

8. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

9. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

10. 仮想通貨歴3年の僕が意識する15の投資ルール

気合い入れてまとめた記事です。

ビットコインで月3万円稼ぐ方法

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

■ Facebook



■ Twitter & Line@

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

カワグチ カンキ

ANGOメンバーのカンキです。前職は外食上場企業に勤め、社会の闇をさまよっていました。そんな中で仮想通貨に出会い心を奪われ、頭の中は毎日スケーラビリティ問題。思い切って仕事を辞め、現在はフルタイムビットコイナーです。(好きなのはイーサリアム) 「役立つ情報を分かりやすく」をモットーに記事書いてます。