【民主化されるべきではない!?】ブロックチェーンの未来と将来性

サタヒコ君
どうも!僕、サタヒコがお送りする海外ニュースコーナーです。英文の仮想通貨関連情報を和訳し、噛み砕いてお送りします。LINE@に登録してない方はこちら
クリピッピ
今日もよろしくだっぴ!今日はどんな内容だっぴ?
サタヒコ君
ブロックチェーンが民主化されるべきかどうかに関して考察をまとめた記事があったから、今日はそれを翻訳してみたよ!

今後、ブロックチェーンがどのようにして使われていくのか、ブロックチェーン自体の将来性なんかも紹介していくね!

原文サイトはこちら↓
hackernoon.com

全訳はこちら↓

ブロックチェーンは民主化されるべきではない

ブロックチェーンは民主化されるべきではない

あなたはブロックチェーンをどのように統治しますか?

この問いに対して奇妙に感じられるかもしれません。理論的には、ブロックチェーンは何ら管理をされるべきではありません。ブロックチェーンは「無許可の分散型元帳」であると考えられています。

しかしブロックチェーンは単なる元帳ではありません。それは、ソフトウェアのエコシステムであり、商人、企業、取引所の経済であり、開発者、マイナー、ユーザーのコミュニティでもあるのです。

終日、ブロックチェーンは、人間とその喧嘩の乱雑な世界に生きなければなりません。さもなければ、元帳のデータは現実の世界に揺れ動くことはありません。

ブロックチェーンの進化の過程には、多くの重要な決定が下されることになります。そして、ブロックチェーンは統治されなければなりません。ブロックチェーンの当事者は必然的に人間となります。唯一の疑問は、誰が決定を下し、どのようにその決定を強制していくのかということです。

ブロックチェーンを統治するアプローチ
大まかな流れとして、ブロックチェーンを管理するには2つの方法があります。

第1のアプローチはオフ・チェーン・ガバナンスです。個人運営の機関はほぼこの方法で統治されています。コミュニティによって信頼されている個人が集まり、ブロックチェーンの運営と安泰を担うグループを形成します。このグループには、バグやセキュリティの脆弱性の修正、機能の追加、スケーラビリティの向上、公開された議論に対してブロックチェーン代表者として応えること、ユーザー・企業・マイナーの間で適切な力関係を維持することなどが含まれます。

一見したところ、これはかなり集権化しているように見えます。しかし、常に反乱の可能性があります。十分なユーザーがプロトコルガバナンスに同意しない場合、ハードフォークを開始して、ビットコイン・キャッシュや イーサリアム・クラシックで起こったことと全く同じようにサイドチェーンを作成できます。ハードフォークの脅威は、コアチームによるガバナンスが適切かチェックする強力な力となります。

主要なブロックチェーンのほとんどは、このようなソフト面でのガバナンスプロセスによって管理されています。 Bitcoin、Ethereum、Litecoin、Monero、ZCashはすべてこのモデルに従います。

しかし、オン・チェーン・ガバナンスと呼ばれる第2の種類のガバナンス・モデルが急速に普及しています。オン・チェーン・ガバナンスは、オフ・チェーン・モデル特有の集権化を排除します。オン・チェーン・ガバナンス・モデルでは、ブロックチェーン内のユーザーの直接投票により決定が下されます。投票結果に応じて、ブロックチェーンは自動的にその決定を強制執行します。これはすべてイントラプロトコルで発生します。

オン・チェーン・ガバナンスは、Tezos、DFINITY、Cosmosなど、多くの “ブロックチェーン3.0″プロジェクトの中心です。 0xやMakerなどの他の企業は、緩やかな移行期間を経て最終的にはオン・チェーン・ガバナンスを実装する予定です。

オン・チェーン・ガバナンスは根本的な提案です。それは、古典的な組織でよくある人間ドラマを回避しようとするものです。そして、代わりに、ブロックチェーンを自治、機械主義的な民主主義に変えたいと考えています。

ビットコインがユーザーに主権を与えることを許可したのと同じように、オン・チェーン・ガバナンスはユーザーが金融システム全体を管理できるようにします。それは啓蒙主義とフランス革命の魅力的な理想を彷彿させるものです。抽象的な考えとして、壮大な響きに聞こえることでしょう。

しかし、オン・チェーン・ガバナンスは危険性も持っており、悲惨な結果につながること心配しています。ブロックチェーンは民主主義であってはならないのです。その理由は繊細なものであり、反直感的なものとなります。

ブロックチェーンでは、あなたが誰であるかを誰も知らない

民主主義は「一人、一票」という原則の下にありますが、ブロックチェーンは匿名です。暗号鍵によってのみ個人を示すことができます。つまり、新しい鍵を生成することによって誰でも簡単に新しいアイデンティティを作成できることを意味します。

このことは問題提起をもたらしています:ブロックチェーンに民主主義を作り出すには、一人が複数のアカウントを持ちうるという問題(多重人格性)を解決する必要があります。つまり、利用者の現実のアイデンティティを知る必要があります。これには国際的な規模で信頼することのできるアイデンティティブローカーが必要です。これまでのところ、そのようなブローカーは存在していませんし、そのようなものがすぐに登場することも期待できません。

したがって、国際的なアイデンティティ・システムがないことを考えると、ブロックチェーン上の拘束力としては実際には1人1票の投票ルールを強制するものにはなりません。代わりに、ステークの証拠を通じて「1コイン1票」ルールを実施します。

これは、コインが希少であり、簡単には生成することができないため、民主主義を実行する上での大まかな代理の役目を果たしうることを意図しています。しかし、プルーフ・オブ・ステークの仕組み上、より多くのコインを持っている人がより多くの票を得ているということになります。これは明らかに民主主義ではありません。 – せいぜい、金権政治(プルトクラシー)といったところでしょう。

おそらくこれでいいのです。あなたは、それが有権者にゲームの中でより多くの肌を持たせることを強いられていると主張することができます。そして、おそらく大規模なコインホルダーは、プロトコルガバナンスにおいて、

一方で、大企業が政府の法律に影響を与えるべきであるというのと同様の議論をすることができます。大企業はは平均的な市民よりも財政的に大きな影響力を持っています。
この議論には重要なことが欠如していることは明らかです。プルトクラシーは高い財力を持つものに強力な権力を与え、財力のないものを食い物にする危険性をはらんでいます。

しかし、他にどうしたらよいというのでしょうか?デベロッパーチームの皆さん、大事な決定に関与してきましたか?これまでどんな政府が多くの開発者によって運営されてきたのでしょうか?

ブロックチェーンと国を混同しないでください
プルトクラシー問題を回避し「1コイン1票」が民主主義の効果的な代替方法であると主張することにしましょう。

民主主義は国家を統治するための素晴らしい制度だと私自身認めるところです。しかし、ブロックチェーンは国家ではなく、ほとんどのガバナンスは民主的ではありません。
企業は民主主義ではなく、軍隊は民主主義ではなく、非営利団体は民主主義ではなく、オープンソースのソフトウェアプロジェクトも民主主義ではありません。これには大きな理由があります。

ブロックチェーンはそもそも実験的なソフトウェアであることを忘れないでください。ブロックチェーンは急速に進化しており、未解決の技術的な課題が数多くあります。たとえば、Ethereumのロードマップでは、コンセンサスプロトコルをプルーフ・オブ・ステークに変え、仮想マシンを完全に書き換え、シャーディングスキームを実装することになります。そして、その合間にはもっと沢山のものが関わってきます。

ブロックチェーンは綿密で技術的なものです。国を管理するよりもCERN(欧州原子核研究機構)を管理する方に似ています。綿密で技術的なプロジェクトを管理するための良いモデルがあるのです。Linux FoundationやIETFに類似しているのでそれらを参照にできるでしょう。これらの組織は大衆が率いる民主的機関のようには見えません。

技術的な堅牢性と現実的な懸念とのバランスをとることができる有能な技術者の専門知識に基づいて、優れた技術ガバナンスプロセスを構築する必要があります。技術ロードマップを計画して提供する必要があります。要するに、彼らはパパっとしなければならないのです。

民主主義は逆の方向性を持っています。民主主義はキャンペーンをし、宣伝し、リスク回避のために派閥に分かれます。このシステムでは、コンセンサスのないものはすべて破棄され、膨大なエネルギーが費やして平均的な有権者に政策やその他の点に納得してもらうということになります。

誤解しないでください:あらゆる摩擦関係の存在にもかかわらず、民主主義は国家を統治する上では正しい種類のプロセスです!しかし、民主主義は実験的な技術を統治するには明らかに間違ったモデルです。

正直に言いましょう:ブロックチェーンの問題はまだ非常に初期段階です。私は祖母にブロックチェーンを使ってもらって欲しくはないですし、プロトコルのアップグレードに投票して欲しくもありません。

しかし、ブロックチェーンと国家間の類似性を語ろうとした際に破綻してしまう二つ目の理由があります。それは、ブロックチェーンからはいつでも手を引けるということです。

自由、分岐点、出口
国外に出るのは難しいです。自国の統治の仕方が気に入らなくても、別の場所に移住する資格は必ずしもないかもしれません。たとえあなたが国外に出ようとしても、政府はあなたが離れることを許さないかもしれませんし、近隣の国からは歓迎されないかもしれません。

出生地は自分で選べるものではありません。どこで生まれたのかということだけに基づいて自動的に決まるものです。したがって、市民権を有しているからといって実際に投票に足を運べるとは限らず、国栄が市民によって守られていると主張することができます。

ブロックチェーンは異なっています。ブロックチェーンの選択が気に入らなければ、コインを売却して別のブロックチェーンに移行することができます。さらに、昨年ビットコインでいくつかの例があったように、フォークのサポートを強化したり、冒険好きな人ならば新しいフォークを自分で管理したりすることもできます。

誤解のないように言うと、フォークは無料ではありません。しかし、国を移住することに比べればかなり安いです。誰もがウォレットからで投票できるエコシステムでは、ガバナンスモデルとして民主主義ほど市民を抱き込むことができるかは不明です。

民主主義の極致
さらに、民主主義は正しく行うのが非常に難しいです。

例えばDFINITYを例に取り上げてみましょう。DFINITYは、 “ブロックチェーン神経システム”を使用すればチェーンの書き換えが可能になると主張しています。DFINITYブロックチェーン内で誰かがコインを盗んだとしましょう。盗まれた被害者は取引の無効化をネットワークに提案することができるのです。被害者からの証拠を精査の上で同意が得られれば、取引は元に戻り、コインが返却されます。元帳は、有権者から規定数以上の同意があれば事実上は書き直すことができます。

一見すると、これは他の多くのブロックチェーンが悩まされている仮想通貨詐欺に対する巧妙な解決策のように思えます。しかし、注意深く見れば、DFINITY(分散型クラウドコンピューティングプラットフォーム)には悪い側面が隠されていることに気付くでしょう:暴民政治。

ジェームズ・マディソンとトーマス・ジェファーソンは、民主主義に潜む危険を深く理解していました。連邦主義者に関する論文では、米国は直接的な民主主義を実行すべきではないとはっきり書いており、チェックと残高の細かい格子を持つ共和制のモデルを主張していました。歴史を振り返ってみても直接的な民主主義が通常とんでもない方向に進むことを示しています。

「民主主義とは二匹のオオカミと一匹の仔羊が夕食に何を食べるか投票で決めるようなもの」ということわざがあります。これをより一般的に説明すると、51%の過半数が、残りの49%を常に否認することができるということになります。この問題は数の暴力として知られており、民主主義ではよく知られた失敗状況です。これがブロックチェーン上で起こらないようにするにはどうすればよいでしょうか?

利他主義と慣性はおそらくそれを起こさないでしょうが、私たちは以前に似たようなことを経験しています。派閥、魔女の狩り、大ブロッカーと小ブロッカーの戦いを想像することができます。最初の1発目が発射されれば、ゼロサム政治闘争をはじめとしたあらゆる部族主義が出てくる可能性があります。

しかし、DFINITYだけが提案されたモデルではありません。これらの連鎖的ガバナンスモデルの多くは、代わりに流動的な民主主義を採用し、有権者は代わりに投票することができる代議員に自身の投票権を委ねることができます。これらの代議員は、投票活動に対して見返りをもらえます。

すべての民主主義国は投票率の低さという問題に苦しんでいます(イーサリアムのDAO Carbonvoteでも4.5%の投票率しかありませんでした)。流動的な民主主義では、コインの保持者がより知識に長けた有権者に投票権を委譲させることによって、この問題に巧みに対処します。

これは現代の代表的な民主主義に近いものであり、感覚としてはDPoS(delegated proof of stake)に似ています。しかし、委任制の投票制度は、それ自体の問題を抱えています。

これらのネットワークのほとんどはまだ生きていません。しかし、利益を求める投票者の間で現在競争があることを考えれば、あなたは何を予想するでしょうか?

キャンペーン、贈収賄、プロパガンダ、その他の政治的な癒着を推測しているかもしれません。無意識のうちに議定書を改善することではなく、懇願や無党派層を引き入れることにエネルギーの大部分が費やされてしまうのです。

では、なぜそれは起こり得ないのでしょうか?代議員が投票に対して報酬を受け取る場合であれば、これらはすべてインセンティブへの自然な応答です。現実世界の民主主義がなぜお金の動きを厳しく監視する複雑なシステムであるのかには理由があります。堕落してしまうと、民主主義は容易に縁故主義に変わる恐れがあるのです。

民主主義は敗者のためにある
結局のところ、より良い意思決定が民主主義の主目的ということではありません。おそらく民主主義は、論争の分裂に直面して平和を維持する方法において最も価値があります。言い換えれば、民主主義機関を守ることによって、内戦に発展するであろう紛争を仮想化することができます。

それは劇的な主張なので、仮説を立てましょう。

いくつかの立法案に異議を唱える2つの派閥があるとしましょう – 宗教的な法律としましょう。ホッブズの政治哲学の中では対反する2つの宗派が戦争を宣言し、勝者が決まるまでお互いを殺します。勝利したグループは、生き残った少数派にその決定事項を押しつけることになるでしょう。

しかし、民主主義はこれを完全に避けています。民主主義では、双方が投票ブースに行き、紛争の両側に何人現れるかを集計します。少数票を投じた側は、暴動を試みても、それは少数派であると自分で想像できるでしょう。したがって、少数派は敗北を認め、反抗もせず、貴重な資源(例えば自分たちの命)を節約することになるのです。

これは、ある意味では、民主主義をエレガントで効率的なものにしています。投票という仕組みは、勝利側に正当性を提供し、負けた少数派が損失に対して血も流さなくてもよいことを保証します。このようにして、民主主義は国家を暴力から保護するのに役立ちます。

しかし、議論の余地がある議案書に55:45票がある場合、ブロックチェーンではどうなるでしょうか? 45%の人はどのように損失を受け入れ、残り過半数の55%による治世の下で継続するのでしょうか?変更が意味を持ち、選挙区が十分に異なる方向に進むことを望むならば、議定書のフォークを期待するべきです。

オン・チェーン・ガバナンスが上手くいかないとすれば、民主的なグループの主たる価値は何となるのでしょうか -私たちにとってどのような結果をもたらすのでしょうか?

フェンスに気をつけましょう
全ての不安をもってしても、オン・チェーン・ガバナンス厳しすぎる態度を取ることはできません。それは魅力的な考えであり、その背後にある動機は本物です。しかし、それは最終的にブロックチェーンの多くを苦しめる同じ傲慢から生まれます。

1929年、G.K.チェスタートンは現在チェスタートンのフェンスとして知られている原則を明言しています:

ここに何かの慣例や法があります。 簡単にするために、それを、道をさえぎって立てられたフェンスか門だとしましょう。 進歩的な改革者がそこにやってきて、「私にはこれの使い道が分からない。撤去してしまおう」と大々的に宣言します。そこにもっと知性のある改革者がいれば、このように答えるだろう。 「利用価値が分からないものの撤去を許すわけにはいきません。一度この場を去って、考えなさい。使い道が分かったら、戻ってきて言いなさい。そうすれば破壊することを許すかもしれません」

すべてが民主主義でなければならないわけではありません。事実、多くの物事は民主主義的であるべきではありません。ここにはフェンスがあり、それを撤去するのは賢明ではないということです。

おそらくブロックチェーンは将来的に、能力のある技術者の指導的な手を必要としなくなるほど頑強で安定したものになるでしょう。しかし、私はすぐにその状態になるとは思いません。この技術は非常に速いペースで変化しており、ガバナンス戦争に陥っているブロックチェーンはただ取り残されてしまうでしょう。

とはいえ、実際には、これらのガバナンスシステムが試されていることに反対しているわけではありません。私自身が完全に間違っている可能性もあり、ブロックチェーンの良さは、国と違って、実験を安価で簡単に実行できるということです。だから何が起こるか見てみましょう。私は注意して見守っており、成功を望んでいます。

少なくとも、素晴らしい花火がいくつか打ちあがることは期待出来るでしょう。

参考文献
ブロックチェーンガバナンスの話題に興味を持たれた方にお勧めの資料があります:
Fred Ehrsamはガバナンスモデルの概要をこちらで紹介しています
medium.com/@FEhrsam/

Vlad Zamfirは、上記のFredのポストに対して、オン・チェーン・ガバナンスに強く反対しています。
medium.com/@Vlad_Zamfir/

Vitalik Buterinは、オンチェーン投票の落とし穴に重点的話しています。
vitalik.ca/general

ハセブ

ブロックチェーンは民主化されるべきではない

In theory, blockchains aren’t supposed to be governed at all — they’re supposed to be “permissionless decentralized ledgers.”

和訳:

理論的には、ブロックチェーンは何ら管理をされるべきではありません。

ブロックチェーンは「無許可の分散型元帳」であると考えられています。

There are many important decisions to make in how a blockchain evolves. And so blockchains must be governed. Their governors are inevitably humans. The only question is: which humans, and how are those humans’ decisions enforced?

和訳:

ブロックチェーンの進化の過程には、多くの重要な決定が下されることになります。

そして、ブロックチェーンは統治されなければなりません。

ブロックチェーンの当事者は必然的に人間となります。

唯一の疑問は、誰が決定を下し、どのようにその決定を強制していくのかということです。

クリピッピ
なんだかすごい矛盾してないっぴ??
サタヒコ君
そうなんだよ。ブロックチェーンは本来、不正や改ざんがない為にも誰かの承認なんてものがなく機能するべきだと考えられてるんだ。

でも、ブロックチェーンはそれを使ってるユーザーやマイナーのコミュニティでもあるから、結局人間の支配下におかれてしまうのは仕方ない。。。

そこで問題になってくるのが、ブロックの承認は「誰が決定を下し、どのようにその決定を強制していくのか」ということ。

クリピッピ
それはもちろん「みんなで管理」がブロックチェーンだから、みんなで決めるべきだよね!?
サタヒコ君
さて、本当にそれが正しいことなのかな?

ブロックチェーンはまだ完璧なものじゃないからね、意外と落とし穴があったりするんだよ。

クリピッピ
どういうことだっぴ!?!?
サタヒコ君
それはこれから紹介するいろんな問題があるからなんだけど、、

まあじゃあ、今のブロックチェーンの状況から順を追って説明していこうか。

ブロックチェーンの2種類の管理方法

The first approach is off-chain governance. This is basically the way most private institutions are governed — individuals who are trusted by the community come together and form a group, which is responsible for blockchain’s governance and well-being.That group is tasked with fixing bugs and security vulnerabilities, adding features and improving scalability, representing the blockchain in public discussions, and maintaining the right balance of power among users, companies, and miners.

和訳:

第1のアプローチはオフ・チェーン・ガバナンスです。

個人運営の機関はほぼこの方法で統治されています。

コミュニティによって信頼されている個人が集まり、ブロックチェーンの運営と安泰を担うグループを形成します。

このグループには、バグやセキュリティの脆弱性の修正、機能の追加、スケーラビリティの向上、公開された議論に対してブロックチェーン代表者として応えること、ユーザー・企業・マイナーの間で適切な力関係を維持することなどが含まれます。

クリピッピ
ガバナンスって何だっぴ?
サタヒコ君
ガバナンスというのは、組織や社会に関与するメンバーが主体的に関与を行なう、意思決定や合意形成のシステムのことだよ。

コンセンサスアルゴリズムみたいなもので、一言でいうと「仕組み」って感じかな。

クリピッピ
ふむふむ、じゃあこれってつまり中央集権ってことだっぴ?

ブロックチェーンなのにそんなことできるの??

サタヒコ君
中央集権に近いように見えるけど、クリッピッピの言う通り、ブロックチェーンの集権化は難しくて、常に反乱の危険性が伴ってるんだ。

賛同が得られなかった場合、ハードフォークを起こせたりするからね。

だから中央集権とは言えないかな!

ちなみに現状の主要なブロックチェーン(ビットコインやイーサリアム)は、ほとんどこのオフチェーン・ガバナンスだよ。

これがブロックチェーンの一つ目の管理方法だね。

クリピッピ
なるほどっぴ!じゃあもう一つの管理方法はどうなってるんだっぴ?
サタヒコ君
もう一つは、オン・チェーン・ガバナンスって呼ばれる第2の種類のガバナンス・モデルが急速に普及しているよ。

こっちだとブロックチェーン内のユーザーの直接投票で統治されてるんだ!


引用:hackernoon.com

サタヒコ君
今、今、ブロックチェーン3.0というプロジェクトが世に広まってきているんだけど、その中心となってるのがこのオン・チェーン・ガバナンスだよ。
クリピッピ
ブロックチェーン3.0ってなんだっぴ???
サタヒコ君
ブロックチェーンの進化の過程だよ、ちなみに1.0〜3.0の内容はこんな感じだね。

  • ブロックチェーン1.0:単なる通貨としての役割。 例)ビットコイン
  • ブロックチェーン2.0:金融機関関連の役割を担う。 例)イーサリアム
  • ブロックチェーン3.0:ブロックチェーン2.0をベースに金融や製造、科学技術、医療関係などに幅広く応用させていくもの。
クリピッピ
知らなかったっぴ。。

みんなからの直接投票ってことで民主化もされてるし、これがブロックチェーンの理想の形だよね?

サタヒコ君
でもこのオン・チェーン・ガバナンスには危険性もあって、悲惨な結果に繋がる可能性もあるんだ。

さらに言うと、この記事では「ブロックチェーンは民主主義であってはならない」とまで書いてあるよ。

クリピッピ
ピーー!!なんでだっぴ!?!?

ブロックチェーンでは誰が誰だか分からない

サタヒコ君
ブロックチェーンは特徴として「匿名性」という所があるんだ。

つまり、投票ってなった時に誰が誰だか分からないんだよね。

クリピッピ
ふむふむ。

でも、それの何が問題なんだっぴ??

サタヒコ君
これは大きな問題だよ。

民主主義って言ったら「一人一票」というのが原則なんだけど、ブロックチェーンでは暗号鍵さえ作ってしまえば、1人でいくつもアカウントを持ててしまうんだ。

だから投票をした際に1人で何票も入れることができちゃう問題が発生するんだよね。

クリピッピ
なるほどー・・。

ブロックチェーンでそれを防ぐ仕組みを作ることはできないんだっぴ?

サタヒコ君
んー、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)っていうコンセンサスアルゴリズムを組み込めば「一コイン一票」ってことはできるから、ある程度は制限できるよ。

でもこれは結局お金持ちの人が多くの票を持つことができるから民主主義とは言えないけどね。

クリピッピ
そうだっぴね・・。

もっと簡単なものかと思ってたけど、意外と難しいのかー・・・。

民主主義の極致

There’s an old saying: “democracy is two wolves and a lamb voting on what to have for lunch.” More generally, any 51% majority can always disenfranchise the remaining 49% (a political analogue of the 51% attack). This problem is known as the tyranny of the majority, and it’s a well-known failure mode in a democracy.

「民主主義とは二匹のオオカミと一匹の仔羊が夕食に何を食べるか投票で決めるようなもの」ということわざがあります。

これをより一般的に説明すると、51%の過半数が、残りの49%を常に否認することができるということになります。

この問題は数の暴力として知られており、民主主義ではよく知られた失敗状況です。

サタヒコ君
さらに言うと民主主義はできたとしても正しく行うのが難しいんだ。
クリピッピ
どういうことだっぴ?
サタヒコ君
ブロックチェーンで民主主義の仕組みが仮にできたとしても、2つほど問題があるんだ。

1つは過半数(51%)の票さえ集めることができれば(グルになれば)好きなようにブロックの内容を書き換えられてしまうということ。

仮に正しい取引をしたとしてもそれを不正に変えることさえできちゃんだ。

クリピッピ
でも過半数がグルになるなんてできないっぴ!

たくさんの人を巻き込まなきゃいけないわけだし・・

サタヒコ君
いや、できてしまうかもしれないんだ。

それが2つ目の問題として言われている投票率の低さ。

THE DAO事件っていうイーサリアムがハードフォークするきっかけになった事件があるのは知ってる?

クリピッピ
知ってるっぴよ!

イーサリアムクラシックが誕生した時のことだっぴね!

サタヒコ君
そう、実はその時ハードフォークするかどうかを投票で決めたんだけど、この時の投票率は4.5%だけだったんだ。

例えばこれは、200人の投票できる人がいたとしたらそのうちの9人しか投票してないってことね。

こんな状況だったら過半数を集めるのが簡単になってしまうんだよ。

まとめ・考察

クリピッピ
じゃあブロックチェーンって結局は資本主義でしか成り立たないってことになるっぴ??
サタヒコ君
どうだろうね。

今回はブロックチェーンの課題点と言われる部分を紹介したけど、必ずしも資本主義だけになるとは限らないかな。

現にブロックチェーンは3.0までバージョンアップを重ねて課題点をどんどん克服してきているからね。

技術はどんどん進歩してるから、もしかしたら今後、本当に民主主義として成り立つコンセンサスアルゴリズムもできるかもしれないよ。

クリピッピ
そうなんだっぴね。

僕はブロックチェーンは民主主義であるべきだと思うっぴ!

サタヒコ君
それはちょっとオーバーだと思うよ!

ブロックチェーンには色んな使い道があるし、必ずしも民主主義であるべきではない場合もあるからね。

色んな形のブロックチェーンが存在するべきじゃないかな。

例えば、医療で患者の履歴をブロックチェーンで管理するってなった時にそれが民主的に他の人がいじれるようになったらまずいでしょ?

クリピッピ
たしかに・・・。
サタヒコ君
まあブロックチェーン技術はインターネット技術以来の発明とも言われてるほど世界から注目されてるのは間違いないし、今後の発展に期待だね。

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

4.「この仮想通貨を買うならどこの取引所がおすすめ?」を図解

5. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

6. 一攫千金?!ネムコインとは?

7. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

8. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

9. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

10. 仮想通貨歴3年の僕が意識する15の投資ルール

気合い入れてまとめた記事です。

ビットコインで月3万円稼ぐ方法

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

■ Facebook



■ Twitter & Line@

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

カワグチ カンキ

ANGOメンバーのカンキです。前職は外食上場企業に勤め、社会の闇をさまよっていました。そんな中で仮想通貨に出会い心を奪われ、頭の中は毎日スケーラビリティ問題。思い切って仕事を辞め、現在はフルタイムビットコイナーです。(好きなのはイーサリアム) 「役立つ情報を分かりやすく」をモットーに記事書いてます。