これだけは知っておこう!投資でのリスクを抑える分析方法

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

どうも!ちょいブル(@choibour)の管理人、ヒカルです。

「投資をやってみたいけど負けるのが怖いな…」
「なるべくリスクを減らしたいな…」

きっと皆さんそう思っていますよね?

まず大前提として、投資をするにあたってリスクをなくすことは出来ません。投資の世界ではリスクは付きものです。そもそもリスクをとりたくないのであればリターンなど見込めません。

ただ、リスクを無くすことは出来なくても、リスクを最小限に抑えることはできます。

リスクをなるべく抑えることを、リスクを回避するという意味で「リスクヘッジ」といいます。

リスクヘッジをする方法は色々とありますが、今回はリスクヘッジをしてさらにリターンを追求するためには、最低限知っておくべき分析方法に関して書いていきたいと思います。

分析方法ってなに?

まず、投資においての分析方法といってもそりゃもう山ほどあるので、今回はかなり大まかに書いていきたいとおもいます。

まず分析方法は大きく2つに分けられます。

1. ファンダメンタル分析

まず1つ目は「ファンダメンタル分析」です。

「ファンダメンタル」とは日本語で「経済の基礎的条件」という意味です。

…良く分かりませんね。ちょっと例を出してみましょう。

例えばあなたがある企業の業績をみているとします。

そこであなたが、

「この企業は去年はこれだけ利益をあげていたのか…このままいくと今年はもっと業績が伸びそうだな。よし、この企業の株を買ってみるか!」

この一連の流れがファンダメンタル分析です。意味分かりますか?(笑)

まあ要はすごく簡単にいったら「今の経済状況やら企業状況から今後株価がどうなっていくかを予想する」分析です。

まあファンダメンタル分析は一言で定義するのはちょっと難しいので、なんとなくイメージできれば全然オッケーだと思います。

それと対比して使われているのがテクニカル分析です。

2. テクニカル分析

2つ目は「テクニカル分析」です。

テクニカル分析とは簡単にいったら「株価の過去の値動きパターンから将来の値動きを予想する」分析方法です。

皆さん今までこういうの見たことありませんか?

D100638F-C94D-4003-BD43-E1AA6F7423F1-1-2048x1536-oriented

チャートってやつです。テクニカル分析とは要はこういったチャートなどから今後の株価がどうなっていくかを予想する分析方法です。

メチャクチャ簡単に定義しましたが、間違ってはいません。

どちらの分析方法も深く掘り下げていくとめちゃめちゃ膨大な量になるので今回はオススメのテクニカル分析だけちょろっと紹介したいと思います。

オススメテクニカル分析

ローソク足

まずはローソク足です。これはもはや分析方法というよりも投資をやっている人でローソク足を知らない人はいないほど、当たり前に知らないといけない分析方法です。

まずこれから投資をやろうと考えている人は最低限これくらいは理解しておきましょう。

詳しくはこちらを参照ください。

※ローソク足の見方、使い方
http://www.sevendata.co.jp/shihyou/technical/rosoku01.html

移動平均線

続いては移動平均線です。これも知らない人はいないというほどメジャーなテクニカル分析方法です。

というかこれを知らないと他のテクニカル分析も理解できないと思うので、ローソク足と同様最低限理解しておきましょう。

詳しくはこちらを参照下さい。

※移動平均線の見方、使い方
http://www.sevendata.co.jp/shihyou/technical/idouheikin01.html 

MACD

続いてはMACDです。これは私的にはかなりオススメのテクニカル分析です。

僕の知り合いで某大手外資系証券会社に勤められていた方もこの分析方法はオススメしていました。

分かりやすいかつ、信頼度○。この分析法を極めるだけである程度の利益、リスクヘッジは見込めるんじゃないでしょうか?

詳しくはこちらを参照下さい。

※MACDの見方使い方
http://www.sevendata.co.jp/shihyou/technical/macd.html 

エリオット波動

最後はこちら。エリオット波動です。これは簡単ではありません。極めようと思ったらメチャクチャ時間かかります。もはやオカルトの領域です(笑)

ただ、僕の知り合いでこの分析方法をとことん追求して極め、数千万の利益を叩いている人間もいるのであなどってはいけません。

勉強大好き。オカルト大好き。そんな方は是非極めてみたらいかがでしょうか?

リターンはメチャクチャ大きいかもしれないですよ。

詳しくはこちらを参照下さい

※エリオット波動理論
http://www.kabudream.com/technical/elliott.html 

結局どの分析方法がいいの?

さらっといくつかの分析方法を紹介しましたが、結局どの分析方法がいいんだろう?

そう思いますよね。

結論から言わせてもらうとどれがいいとは一概には言えません。

そもそも分析方法なんて今日紹介したもの以外にもゴマンとあります。今日はその中でも最低限知っておかなければならないも、僕が私的にオススメするものを羅列しただけです。

それぞれに特徴、メリット、デメリットがあるので、一概にこれ!とはいえないのです。

ただ、これだけはいえます。

色々な分析方法をかいつまむよりは、一つを極めろ。

何故なら、色々な分析方法を中途半端に多用すると、「こっちの分析方法では株価は上がるっていってるのに、こっちの分析方法では下がるって言ってる…どっちなの??」

という現象が起きるからです。

もちろん多くの分析方法を極めてあるなら話は別ですが、中途半端に学ぶくらいであれば1つの分析方法を徹底的に極めて運用に生かした方が絶対にいいです。

これは僕の経験談でもありますし、僕の周りの投資で成功している人の共通項なので間違いありません。

どの分析方法を選ぶかはあなた次第ですが、いくつもかいつまむのではなく、まずは1つの分析方法を極めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はリスクヘッジのために知っておいた方がいい最低限の分析方法を紹介してみました。

ただ今回紹介した分析方法はあくまでほんの一握りです。

さらに言えば、分析方法を勉強しただけで投資で儲ける事ができるほど、投資というものは甘くありません。

ただ分析方法を勉強しておく事は、投資で利益をあげるため、リスクを減らすために必要不可欠なのは間違いありません。

これを機に分析方法を勉強して、投資で勝つための第一歩を踏み出していただければと思います。

この記事のあとによく読まれてます

個人投資家の僕が参考にしてる「投資家ブログ」おすすめ9選

2016.04.23

5分でわかる!投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

2016.05.15

いまさら聞けない!ビットコインとは何か?わかりやすく解説

2017.01.07

ご案内。

500円で販売中、「ビットコインで月3万円稼ぐまでの道

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

またTwitterでは仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。ブログよりTwitterの方が回数は多いです。

ヒカルのTwitter

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

ビットコインに惚れて3年。今まで学んだ知識をまとめました。

0. ビットコイン完全攻略

bitcoin

1. ビットコインって何?

2147

2. ビットコインの仕組みってどんな?

2167

3. ビットコインを買うメリットって何?

2203

4. ビットコイン取引所のオススメをまとめてみた

2287

5. 口座開設からビットコイン購入までの全行程をまとめてみた

2250

6. ビットコインのウォレットって?

2396

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です