投資歴6年の僕が考える初心者が用意すべき最低投資金額とは

どうも!ANGO(@ango_coin)の管理人、ヒカルです。

僕、昔、資産運用のコンサルタントをやっていたんですね。

で、その時によくされていた質問をランキングするとしたら、TOP3に確実に入ってくるのは、間違いなくこれですね。

投資って最初いくらくらいお金を用意すればいんですか?

ほんとこの質問多いです。

嫌という程聞きました。まぁ普通わからないんで、見当もつかないのもしょうがないんですが。

最初に結論言っとくと、「何の投資をやるかによって用意する金額は違う」ということ。

だから一概にいくらってのは言えないんですよ。

でも、目安はあります。その目安を教えますね。

なぜ、何の投資をするかによって金額が違うのか

それは簡単な話で、やる投資、選んだ投資先によってかかる金額がちゃうからです。

投資って言っても幅広いですからねぇ。

  • FX
  • 先物
  • 信託
  • 不動産

サクッと有名どころをあげてもこんなにあります。

わかりやすく言えば、不動産なら、めちゃお金かかりますよね。ピンキリっちゃピンキリですが。

FXだったら10万以内で出来るでしょう。

最近僕はビットコインという仮想通貨にめっちゃ投資しているのですが、これとかは「100円」とかから始められます。

ちょっと余談になっちゃうんですけど、僕は約2年ほど前からビットコインに投資し始めました。

そこから価格はうなぎのぼりに上昇していて、2017年3月現在、最高値を更新し続けています。

これからもどんどん上昇していくことが予想されるので、今のうちに始めておくことをオススメしますよ。

ちなみに僕はビットフライヤーでビットコインを購入しています。

仮想通貨の取引所では日本1の取引所なのでここが無難です。

【宇宙イチ簡単】ビットコインとは何か?仕組みからわかりやすく解説

2017.01.07

ちょっと話がそれちゃいましたが、まあそんな感じでやる投資で金額が変わってくるんです。

黄金目安、知ってますか?

やる投資によって金額が変わると言いましたが、実はどんな投資をやるにしても最初に用意すべき投資額の目安にできる「黄金目安」があるんです。

それは「最低投資額の3倍の金額」です。

『用意する金額 = 最低投資額 × 3』

です。

例えば、株なら?

数ある投資の中で一番メジャーになってくる「株」を例にしていきましょう。

スクリーンショット 2016-03-11 21.16.28

イメージしやすいように、オリエンタルランドを例に出します。そうです、ディズニーランドです。

ご覧の通り、2016年3月11日現在、オリエンタルランドは「7940円」をつけています。

株の場合、この株価、つまり「7940円」あれば買えるわけというわけではありません。ここがちょっと厄介なんですが、「1単元」から購入することができるのです。

単元というのは、「株主の権利を得るために最低限必要な株式の数」です。

言い換えると、「この株を買いたければ、最低これくらいの数の株を買ってくださいね」という最低ラインを用意されてるということですね。なんとなくでいいので、覚えておいてください。

オリエンタルランドの場合、「1単元 = 100株」なので、「7940円 × 100株」で「794000円」を用意できれば、買うことができます。

これが「最低投資額」になるので、その3倍を用意するとなると、

794000円 × 3 = 2382000円

つまり、「238万2千円」を用意しましょう。

ということになります。

例えば、FXなら?

shutterstock_393027829
先ほど10万円以内と適当に言い放ちましたが、FXの場合、さっきの株とはまたちょっと違うんですよ。

違うっていうのは、そもそも取引の仕組みが違うんです。根本的に仕組みが違うので、同じ説明は通用しなくなっちゃいます。

FXの場合、「証拠金取引」を採用しているので、ちょいと説明が面倒です。

FXの仕組みに関して詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてくだい。

【図解】FXとは何かをゆる〜く簡単に解説してみた

2016.05.30

でも、黄金目安の考え方はそのまま使えますし、全く同じです。

なので、最低投資額の3倍を用意する。これを忘れなければ、おっけいです。

例えば、ビットコインなら?

shutterstock_320379275
メジャーな取引ではないのですが、21世紀最大の革命とも言われている仮想通貨ですし、何より僕自身やってみてとっても魅力的だったので一応紹介しておきます。

仮想通貨と一言いっても様々な種類がありますが(全部で750種類以上と言われています)、やはり一番有名なのは「ビットコイン」なので、ビットコインを例に出しましょう。

ほかの仮想通貨に関して知りたい人はこちらで。

そもそも仮想通貨とは?仕組みや種類は?その全てにお答えします

2017.02.13

冒頭でも言いましたが、僕はビットフライヤーという取引所でビットコインを購入しています。

ここでは0.001BTCからビットコインを購入することができます。(BTCとはビットコインの単位です)

2017年3月現在、「1BTC=約14万円」なので、「0.001BTC=約140円」です。

つまり約140円からビットコインの投資を始められるということになりますね。

これならできない人はいないんじゃないでしょうか?

こちらから10秒ほどでアカウント開設もできるので、興味がある人は是非。

もちろんたくさんのビットコインを購入しようと思っている人は、黄金目安を忘れずに。

最後に

と、まぁこんな感じで、あなたが最初に用意する資金の金額を決めてみてください。

「用意する金額 = 最低投資額 × 3」の黄金目安です。お忘れなく^^

この記事のあとによく読まれてます

【実体験】仮想通貨に投資してみた。方法やメリットを解説

2017.02.21

億り人が徹底比較!仮想通貨・ビットコイン取引所31社をランキング紹介

2017.02.16

【5分でわかる】投資とは何か?簡単にまとめてみた

2016.05.07

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

またFacebookページやTwitter、LINE@では仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

LINE友だち追加

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

LINE@はじめました。

初心者におすすめの
仮想通貨ランキング

1位"キングオブ仮想通貨"こと
「ビットコイン」

言わずと知れた仮想通貨の中でもナンバーワンの認知度と時価総額を誇るビットコイン。
よく『ビットコインは高いから買えない』と言っている人がいるが、国内の取引所では0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。
個人的には一生上がり続けると思うので、ちょっとでも買っとくことをお勧めしてます。

2位"IQ2万の優等生"こと
「イーサリアム」

イーサリアムは常にビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っている仮想通貨です。
当時19歳だった天才少年に生み出され、マイクロソフトやIBM、トヨタなどにも支援されているほどの逸材。
ブロックチェーン上に、取引履歴だけでなく「契約」まで自動で記録してくれる「スマートコントラクト」という技術はあのホリエモンも投資するほどのポテンシャルを秘めています。

3位"仮想通貨界のバックパッカー"こと「リップル」

リップルは、あの天下の大企業「Google」様が出資していることで有名な仮想通貨です。
ブリッジ通貨という性質でとにかくスピーディに、安い手数料で国際送金ができることが特徴です。
2017年12月の1カ月で価格が約8倍に高騰した今まさに億り人を輩出しているコインです。

4位"中国からの刺客"こと
「ビットコインキャッシュ」

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。
ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインよりもビットコインに近いと巷では噂が。
ビットコインを超える可能性に少額でも賭けてみると良いでしょう。

5位"スピードスター"こと
「ライトコイン」

ビットコインを元に作られた通貨で、ビットコインが金ならライトコインは銀がコンセプト。
ビットコインよりも送金スピードが速くなっているので、実用性に優れています。
その性能から中長期的にも上昇が見込めますし、2017年12月の1カ月で価格が2.5倍高騰したことで短期的にも上昇をしているコインです。

ABOUTこの記事をかいた人

ハナキノボル

『ANGO』代表のハナキノボルです。ハタチで投資スタート、日経225、FXなど経験。3.11の大暴落で150万失う。死を覚悟する(笑)。その後、24歳で半年間フリーターになり、IT教育のスタートアップに拾われる。同タイミングで当メディアをスタート。2016年8月に仮想通貨と出会い、どハマりする。現在は上記スタートアップで役員を勤めつつ、ANGOの代表を勤める。「日本一わかりやすくて面白い仮想通貨メディア」を目指し日々邁進しております。どうぞよろしくです。 ツイッター個人ブログ僕の仮想通貨ポートフォリオ