【5分でわかる】ビットコインのウォレットとは?種類や特徴まで簡単解説!

カノウコウスケ
どうも!ANGOの編集長、カノウコウスケです。

ビットコインを買ってみようかなーと考えているそこのあなた!

もしくはすでにビットコインを買っているそこのあなた!

もしかして、こんな事に困ってはいませんか?

「ウォレットって聞いた事あるけど一体なんなんだろう…」
「なんの為に、どうやって使うんだろう…」
「作り方とかオススメとか知りたい!」

分かります。調べても初心者ではいまいち理解しきれませんよね。

今回はそんなあなたの為に、ウォレットとはなにか?その全てを分かりやすく解説しました。

種類や特徴、オススメまで解説しているので、ウォレットとは?が理解できるのはもちろん、あなたにピッタリのウォレットが見つかるはずです。

ぜひ参考にしてみてください。

それでは、ではどうぞ。

そもそも、ウォレットとはなにか?

shutterstock_567327025

ウォレットとは簡単に言うと「ビットコインを保管しておくためのお財布」です。

普通のお金と同じで、ビットコインもむき出しで保管はしません。

専用の「お財布」=「ウォレット」をつくるわけですね。

例えばZaifなどの取引所で購入したビットコイン。

それをそのまま取引所の口座に置いておくのではなく、セキュリティ面を考えると自分専用のウォレットに移す事が好ましいです。

ただ、一言「ウォレット」と言っても色んな種類や形があります。

種類や形を細かく分けるとかなり多くなってしまうのですが、大きく分けるとまず3つに分類できます。

  • デスクトップウォレット
  • ウェブウォレット
  • ハードウェアウォレット

の3つです。

それぞれに特徴やメリット、デメリットがあるのでそれを解説していきましょう。

デスクトップウォレットとは?

shutterstock_569186083

自分のデスクトップ(パソコン)にウォレットを使用するためのソフトをインストールして使用するウォレットです。

「クライアントウォレット」とか「ソフトウェアウォレット」って言ったりもします。(別に覚えなくていいです。笑)

デスクトップウォレットという名前ですけど、最近ではデスクトップ(パソコン)上のものだけではなく、アイフォンなどの端末で使えるモバイルウォレットというものも登場しています。

特徴は?

このウォレットの特徴はオンラインでもオフラインでもつかえることができることです。

オフラインにしておけばハッキングなどの心配がなくなるので、セキュリティが強固になります。

利用したいときはオンラインにすればいいだけなので便利なんですが、オンライン状態の場合はセキュリティが弱まってしまいます。

なので自分でセキュリティ設定を工夫する必要がありますね。

モバイル版なら持ち運びも簡単にできます。

豆知識
オンラインのウォレット(ネット接続あり)のことをホットウォレット、オフラインのウォレット(ネット接続なし)のことをコールドウォレットといいます。
覚えておきましょう。

メリットは?

  • オフラインで管理すればセキュリティに優れている
  • 自分でバックアップやセキュリティなどの設定ができる

デメリットは?

  • ダウンロードにすごい時間がかかる
  • ソフトをインストールしたPCでしか使えない
  • PCが壊れると永遠にそのビットコインを使えない可能性あり

こんな人におすすめ

  • セキュリティ面を自分で管理したい人
  • ビットコインやウォレットに関して多少知識がある人

メジャーどころは?

スクリーンショット 2017-02-03 13.14.52 スクリーンショット 2017-02-03 13.17.36

などがあります。

作り方や使用方法はこちらを参考にしてみてください。

参照:Bitcoin Core(旧Bitcoin-Qt)の使い方(基礎編)

ウェブウォレット

shutterstock_555405259

インターネット上のウォレットで、どこかの(サイトの)口座を開設して利用します。

インターネットバンキングに近いイメージですね。

ホットウォレットに属します。

スマホのアプリで使えるサイトもありますよ。

特徴は?

簡単に利用でき(口座開設が簡単)、自分のパソコンからだけじゃなくても外出先のパソコンなどからでもアクセスすることができます。

ただ常にネットを経由しているウォレットなので、セキュリティ面は少し弱いです。(ハッキングとか)

なので難しいパスワードを設定するなどの工夫や、信頼できるサイトを選ぶ必要があります。

たくさんのビットコインを保有することは避けたほうがいいですね。

メリットは?

  • 簡単で初心者でも使いやすい
  • 別のPCからでもアクセスできる

デメリットは?

  • セキュリティ面は使っているサイトに依存してしまう
  • 常にハッキングされるリスクがある
  • 一時的にサイトに接続できなくなる可能性もある(サイトに依存)

こんな人におすすめ

  • 簡単にビットコインを管理したい初心者の人
  • 小額のビットコインを管理したい人

メジャーどころは?

誰がなんと言おうと、最王手はここ、「Blockchain.info」で決まりでしょう。日本語対応もしていますし、とにかくシンプルで使いやすいのが特徴です。僕も使ってるので、オススメですよ。

スクリーンショット 2017-01-31 15.38.56

URL:Blockchain.info

それ以外で言えば、「Coinbase」もメジャーどころです。

スクリーンショット 2017-02-03 13.22.36

URL:Coinbase

実際の細かいウォレットの作り方は下記の記事を参考にしてみてください。

参照:ブロックチェーンウォレット(Block Chain wallet)の作成(開設)方法について

とりあえずはじめてビットコインを購入する人は、ZaifbitFlyerで購入して、Blockchain.infoに移すのが一番無難なんじゃないかなぁと思います。

僕も最初はそうでした。無難好きな方は是非。

ハードウェアウォレット

shutterstock_566481691

「紙」や、「専用端末」など形あるものにビットコインを保管するウォレットです。

コールドウォレットに属します。

特徴は?

オフラインで使用するものなので、セキュリティがとにかく抜群です。

ただこの場合、普通の財布と同じように紛失してしまうなどの物理的なリスクもついてきます。

専用端末はまだ日本では販売していません。

大量のビットコインを長期間保管するのに向いている形ですね。

メリットは?

  • とにかくセキュリティが強固
  • 普通の財布や紙幣のように保管できる

デメリットは?

  • 紛失してしまう可能性がある
  • 専用端末は日本にはまだ導入されていないから、使用するまでに時間やコストがかかる
  • 紙上のウォレットは、一度ビットコインを引き出すともう使えない

こんな人におすすめ

  • 大量のビットコインを買いたい人
  • 長期間保有しようと思ってる人

メジャーなものは?

ペーパーウォレットは、

スクリーンショット 2017-02-03 13.25.45

が代表的な提供元です。

詳しくはこちらを参考にしてください。
参照:ビットコインウォレット紹介「bitaddress.org」

専用端末だと、

あたりが有名ですね。

ただ一つ注意点があります。

それは、トレザーLedger Nano Sなどのハードウェアウォレットは、必ず公式サイトから購入する」ということです。

理由はこちらに詳しく書いてありますが、アマゾンとかメルカリから買うと、コインがハッキングされるような細工が仕掛けられている可能性があるからですね。
参考:【注意喚起】ハードウェアウォレットをAMAZONで買う危険性

怖すぎです(笑)

ハードウェアウォレットを購入する際は、必ず公式サイトから購入するようにしましょう!

トレザーの公式サイトはこちら
Ledger Nano Sの公式サイトはこちら

で、結局どれがいいの?

「色々紹介してきたけど、結局どれがいいの?」

まあそうなりますよね。(笑)

結論から言います。

どれがいいと一概には言えません。(笑)

えー!と文句が湧いてきそうですが、しょうがないんです。

大体想像がつくとは思うんですが、購入するビットコインの量や保有する期間など、人によってオススメのウォレットは変わってくるんです。

例えば、

  • 購入量→少
  • 保有期間→短

だったらウェブウォレットがおすすめですし、

  • 購入量→多
  • 保有期間→長

だったらハードウォレットがおすすめになってきます。

なので自分の目的や資産に応じて使い分けるのがベストです。

また、ビットコイン以外の仮想通貨を保管したい場合、ウォレットによっては自分の保有している通貨に対応していない場合もあります。

どの通貨がどのウォレットに対応しているか?は以下の記事を参考にしてみてください。

【全13種】仮想通貨(ビットコイン)の対応おすすめウォレット一覧表

2018.01.23

決められないよ!という人は…

どうしても決められない初心者のあなた。

そんなあなたは、取引所であるbitFlyerを使うのがいいかもしれません。

理由は二つ。

  • ウォレットは初心者の人にとって使うのが少しハードルが高い
  • bitFlyerは取引所の中でセキュリティが世界一

だからです。

まず冒頭でも、取引所にビットコインを置いておくのはリスクがあると話しましたが、ウォレットを使いこなすのは初心者の方にとっては少しハードルが高いのも事実。

また、頻繁に売買したいという人にとってはいちいちウォレットに移すのは面倒に感じることもあるでしょう。

じゃあ、セキュリティが一番高いウォレットに置いておくのも選択肢の一つとしてはありだよね。ということです。

で、セキュリティが世界一と言われているのがbitFlyerさんなんですね。

もちろん、取引所に置いておくことを勧めるわけではありませんが、

  • ウォレットの使い方が全然分からない初心者の方
  • 頻繁に売買を繰り返す方

などは、選択肢の一つとしてbitFlyerを利用するというのも頭に入れておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はビットコインのウォレットに関してまとめてみました。

あなたにピッタリのウォレットは見つかりましたか?

この記事を参考に、良いビットコインライフを送っていただければ幸いです。

未来が楽しみですね!

ではまた。

この記事のあとによく読まれてます

ビットコインっていくらから購入できるの?そんな疑問を調査してみた

2017.04.05

ビットコインの安全性ってどうなの?5つの観点から徹底解明

2017.04.04

【完全保存版】ビットコインの使い方、入手方法、保管の仕方は?

2017.03.26

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

またFacebookページやTwitter、LINE@では仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

LINE友だち追加

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

LINE@はじめました。

初心者におすすめの
仮想通貨ランキング

1位"キングオブ仮想通貨"こと
「ビットコイン」

言わずと知れた仮想通貨の中でもナンバーワンの認知度と時価総額を誇るビットコイン。
よく『ビットコインは高いから買えない』と言っている人がいるが、国内の取引所では0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。
個人的には一生上がり続けると思うので、ちょっとでも買っとくことをお勧めしてます。

2位"IQ2万の優等生"こと
「イーサリアム」

イーサリアムは常にビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っている仮想通貨です。
当時19歳だった天才少年に生み出され、マイクロソフトやIBM、トヨタなどにも支援されているほどの逸材。
ブロックチェーン上に、取引履歴だけでなく「契約」まで自動で記録してくれる「スマートコントラクト」という技術はあのホリエモンも投資するほどのポテンシャルを秘めています。

3位"仮想通貨界のバックパッカー"こと「リップル」

リップルは、あの天下の大企業「Google」様が出資していることで有名な仮想通貨です。
ブリッジ通貨という性質でとにかくスピーディに、安い手数料で国際送金ができることが特徴です。
2017年12月の1カ月で価格が約8倍に高騰した今まさに億り人を輩出しているコインです。

4位"中国からの刺客"こと
「ビットコインキャッシュ」

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。
ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインよりもビットコインに近いと巷では噂が。
ビットコインを超える可能性に少額でも賭けてみると良いでしょう。

5位"スピードスター"こと
「ライトコイン」

ビットコインを元に作られた通貨で、ビットコインが金ならライトコインは銀がコンセプト。
ビットコインよりも送金スピードが速くなっているので、実用性に優れています。
その性能から中長期的にも上昇が見込めますし、2017年12月の1カ月で価格が2.5倍高騰したことで短期的にも上昇をしているコインです。

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。