騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング【31社比較】/2018年7月11日更新

「最近話題の仮想通貨をやってたいけど、どこの取引所を使うのがいいんだろう?」
「たくさんあるみたいだけど、何が違うの?結局どこが一番なの?」

この記事にたどり着いたあなたは、そんなことを思っているんじゃないでしょうか?
特に「初めて仮想通貨を買う!」という人は、そんな疑問や不安はより大きいですよね。

ハナキノボル
どうも!ビットコインが30万になった時、最高値だと思って5BTC決済したことを100万回後悔している、ANGO(@ango_coin)代表のハナキノボルです。笑

今となっては2年以上仮想通貨をトレードしていますが、最初はどこの取引所がいいのかも分からず、とりあえず有名そうな取引所を開設し、利用していました。

しかし、僕の経験上それはよくありません。

なぜなら、「有名っぽいし、なんとなく良さそう」という理由だけで取引所を選ぶと、

「なんか…めっちゃ手数料取られてない??」
「あれ?買いたい通貨がないんだけど…」
「なんかめっちゃ使いづらいぞ!」

ということになり、他の取引所を探し直さないといけなくなりますからね。

ましてや、「セキュリティが弱く、ハッキングされた…」なんてことになったら最悪です。

そこで今回は、僕を含めトレード歴2年以上の仮想通貨マニアが8人揃うANGO編集部が、全31社を徹底比較し、本当にオススメできる仮想通貨取引所Top5をランキング形式で紹介していきたいと思います。

実は、仮想通貨取引所は大きく分けて2つのタイプに分けられ、その違いを知らないと損するという事を知っていましたか?

また、他にも取引所を選ぶときには5つほどチェックすべき項目があったります。

それらの項目を基に、もちろん実際に使ってみた結果でランキングにしました。

他にも、

  • 海外取引所ランキング
  • 通貨ごとのおすすめ取引所
  • 購入→売却した後の税金について

などなど知って得する情報も載せていますので、ぜひ参考にしてください。

↓時間がない人は以下からどうぞ↓

取引所と販売所の違いを知らないと損する!?

まず、あなたに知っておいてもらいたいことがあります。

それは仮想通貨取引所には、【取引所形式】【販売所形式】という二つの形式があるということです。

どちらも仮想通貨を売買できる場所なのですが、両者には以下のような違いがあります。

つまり、「取引所形式」は仮想通貨取引所を仲介役として、「ユーザー同士」でやりとりが行われるということです。

一方「販売所」は、

いわゆる「仮想通貨取引所」と呼ばれる会社から直接コインを売買する形式です。

どっちがいいの??

じゃあ一体どっちがいいのでしょうか?

結論から言わせてもらえば、「取引所形式を使える仮想通貨取引所がオススメ」です。

なぜなら、取引所形式の方が割安で購入できるからです。

なぜ取引所形式の方が割安で買えるんででしょうか?

それは取引所の方が【スプレッド=買値と売値の価格差】が小さいからです。

「スプレッド?はぁ?」という方はこちらの記事を読んでいただければ理解できるはずです。

実際に例として、「取引所形式のビットバンク」と「販売所形式のDMM Bitcoin」を比べてみると…


※同時刻のビットコイン価格です

この場合、「1BTCあたり2600円分」、ビットバンクの方がお得に購入できるという事です。

ここからわかる通り、僕たちユーザーにとっては「取引所形式を利用して売買した方がお得」であるということですね。

もちろん、購入するビットコインの額が増えたり、売買の回数が増えればさらに差は広がります。

まずはこれだけでも知っておくと、「無駄な損」を減らすことができますよ。

お得に購入したい!という方は、取引所形式で購入するようにしましょう。

取引所を選ぶ時にチェックすべき5つポイント

では、前提知識を理解したところで、ここからは仮想通貨取引所を選ぶ時に気をつけるポインを紹介していきたいと思います。

もちろん、今回のランキングもこのポイントを元に作られていますよ。

※重要度を★の数で表しています。(3点満点)

押さえておくべき5つのポイント
安全性の高さ ★★★
最近のコインチェックハッキング事件の影響で、「仮想通貨やりたいけどセキュリティ面がかなり気になっている…」という方はとっても多いんじゃないでしょうか?

取引所がどのような体制で顧客の資産を管理しているのか?というのはユーザー(あなたや僕たち)にとってめちゃくちゃ大事なポイントですよね。

安全性は、

  • コールドウォレットに保管してるか?
  • マルチシグに対応しているか?
  • 万が一の補償体制はどうか?

などの項目が大事になってくるので、その部分を徹底的に調査しました。

もし「安全性の高さだけを考えた取引所ランキングを知りたい!」と思った人はこちらの記事を読んでみてください。

ただ、あなたに一つ知っておいてもらいたいのは、「どれだけセキュリティの強い取引所であっても、100%安全ではない」ということです。

取引所というのは、多くの資産が集まっているが故、ハッカーに狙われやすいのも事実。

なので優秀な取引所だからといって安心して資産を放置せず、自分のウォレットに移して自分で管理することが望ましいです。

ウォレットに関して詳しく知りたい人はこちらをさらっと読んでみてください。

「自分の資産は自分で管理」ですね。

自分でやっておくべきセキュリティ対策は以下の記事にまとめてありますよ。

【必須事項】最低限やっておくべき仮想通貨のセキュリティ対策7つ!

2018.01.26
手数料、スプレッドの安さ ★★★
仮想通貨を取引する際、かかってくる手数料としては、

  • 取引手数料
  • スプレッド

という二種類があります。この二つの合計で、「いかに安く買えるか?」が決まってくるということですね。

取引手数料は各社そこまで大きな開きはないので、「たった数十円、数百円くらい・・」と思う方も多いと思いますが、

手数料が100円上下する場合、一日に3回取引をしたとしたら、年間で「約11万円」変わってきますからね!

塵も積もればなんとやらですよ。

最もお得な仮想通貨取引所はどこ?取引手数料を下げる方法も紹介

2018.04.19

スプレッドに関しては、冒頭でもお話ししましたね。

買値と売値の価格差のことを指します。

スプレッドとは?
買値と売値の差額のこと。スプレッドが小さいほどお得に取引ができます。

スプレッドに関してより詳しく知りたい人はこちらからどうぞ。

スプレッドは取引所形式の方が安く買えるので、「自分の買いたい通貨が取引所形式で購入できるかどうか?」をチェックすることが大事になってきます。

ただ、現状では通貨によって「最も割安」に購入できる取引所は変わってくるので、少しでもお得にいろんな通貨を売買したいと考えている人は、取引所を複数利用した方がいいと言えるでしょう。

知らなきゃ損!仮想通貨の取引所は複数開設すべき7つの理由

2018.04.18
取り扱い通貨の量 ★★★
仮想通貨と聞くと、「ビットコイン」がまず最初に思い浮かぶと思いますが、他にも「イーサリアム」や「リップル」、「ネム」など様々な種類があります。
このような、ビットコイン以外の仮想通貨を「アルトコイン」と言いますね。

取引所によって、何種類のコインを扱っているのか?は全然違います。

自分が購入したい通貨を取り扱っているかどうか?の確認はもちろんですし、将来性のあるコインをたくさん扱っている取引所を利用する方が、チャンスの幅は広がりますよね。

ただたくさんの種類のコインを扱っていればいいというわけではなく、将来性のあるコインを数多く扱っているか?が一番大事になってきます。

なので、ビットコインだけでなく他の将来性のある仮想通貨も豊富に取引できるかというのは注目したいポイントです。

使いやすさ ★★☆
「ん?これってどうやって買えばいいの?なんかわかりづらい!」
「あれ、なんか間違えて他の通貨買っちゃった!」

こんなことが起きないためにも、使いやすさはとっても大事です。

また、最近はスマホを利用する人もとっても多いと思うので、スマホアプリが使いやすいかどうか?もめちゃくちゃ大事になってくるでしょう。

これ、実は取引所によって全然使い勝手が違いますし、注文のしやすさも違います。

例えば大手取引所であるビットフライヤーはこんな感じ↓

みやすく分かりやすいですよね。

経験者の方は多少使いづらくても大丈夫かもしれませんが、初めて仮想通貨を売買する人にとっては重要なので、初心者の方は着目すべきポイントになります。

会社の規模、信頼性 ★☆☆
「取引所にハッキングがあって倒産した…!」

万が一こんなことが起こった時に、ユーザーへの返金があるかどうか?や一定の保証があるかどうか?などは、やはり会社の規模や信頼性によって変わります。

例えば「マウントゴックス破綻事件」の時は、ハッキングにより仮想通貨取引所であるマウントゴックスは破綻し、さらにユーザーに返金もありませんでした…。

もちろん、「大きな会社なら万が一の時に必ず返金がある」とは言い切れません。

しかし、少なくとも資本金も大きく信頼性も高い大手企業の方が、保証をしてくれる可能性は高いと考えられるでしょう。

また、大手取引所の方が利用しているユーザーの数も多いので、分からないことがあった時にネットや周りの友達にも聞きやすいという利点もありますよね。

「ええーこんなあるの…?」と思ったかもしれませんが、要は「安全に・割安に・簡単に・いろんな通貨」を買える取引所が最高ということです。

上記5つでチェックポイントは十分なんですが、「これでもまだ不安!」という心配性なあなたは、以下の記事でより詳しく「取引所の選び方」を解説しているので、よかったらどうぞ。

【心配性なあなたへ】仮想通貨取引所の選び方!13のポイントを紹介

2018.04.19

本当にオススメしたい仮想通貨取引所ランキングTop5

では、ANGO編集部が厳選に厳選を重ねた本当にオススメしたい仮想通貨取引所ランキングを発表したいと思います。

先ほど挙げた「取引所を選ぶ5つの各ポイント」をそれぞれ10点満点で評価し、合計50点満点でランキングを決めました。

徹底調査はもちろんの事、「実際に使い倒して」点数をつけているので、参考になるかと思います。

ではどうぞ!

第1位 bitbank

ビットバンクの概要と評価
評価軸点数コメント
安全性 8点業界最高峰のセキュリティ
手数料・スプレッド 10点全通貨手数料無料。全通貨を取引所で買えるので割安。
取扱通貨8点BTC/ETH/XRP/MONA/LTC/BCH
使いやすさ9点スマホ、PC共に非常に使いやすい
信頼性9点資本金「3億8100万円」
合計44点初心者にも玄人にもおすすめできる万能取引所
ビットバンクの詳細をもっと見る

ビットバンクはビットコイン以外にイーサリアムやモナコイン、ライトコイン、リップルなどなど多くのアルトコインを板取引できるのが魅力です。

通貨ペアに注意
ビットバンクでは、イーサリアムとライトコインは日本円では買えず、ビットコイン建でしか買えません。

なので一度ビットコインを購入してから、そのビットコインでイーサリアムやライトコインを購入する必要があります。

そのほかの通貨は日本円で購入可能です。

中でも人気通貨であるリップルを唯一板取引できる取引所なので、お得にリップルを購入したい人は開設しておくべき取引所といえますね。

セキュリティにおいてもかなり力を入れている取引所なので、安全性を重視したいユーザーにとってもおすすめの取引所と言えるでしょう。

もともとスマホアプリがなかったのがデメリットだったのですが、2018年4月からアプリも使えるようになりました!

使い心地も抜群。これにより、大きなデメリットはなくなり、全ての要素において最高レベルな取引所になりましたよ。

また、ビットバンクはビットコインFXができるbitbank Tradeも運営していて、ビットコインFXトレード(BTCUSDのみ)がレバレッジ最大20倍で利用できたりもします。

【初心者でも簡単!】ビットコインFXのやり方を5ステップで実践

2017.11.28

まとめると、「ビットコインFXをやりたい方はbitbank trade」「現物やアルトコインを取引したい方はbitbank.cc」という認識でおっけーです。

FXも大きなレバレッジできて、アルトコインも板取引できて(割安で購入できて)、セキュリティも高いという三拍子揃った万能型取引所ですね!

ちなみに、ビットバンクは「BTCN」というニュースサイトも運営しているのですが、けっこー信頼性の高いメディアなので、情報収集にチェックすることをおすすめしますよ。

ビットバンクの口コミはこちら


【ビットバンク】口座開設完了までの全4ステップを実演で解説!

2017.12.08

第2位 bitFlyer

新規口座開設停止中
現在新規口座開設を一時停止しています。
詳しくは公式HPをご覧ください。
ビットフライヤーの概要と評価
評価軸点数コメント
安全性 8点業界最高峰のセキュリティ
手数料・スプレッド 10点全通貨手数料無料。全通貨を取引所で買えるので割安。
取扱通貨8点BTC/ETH/XRP/MONA/LTC/BCH
使いやすさ9点スマホ、PC共に非常に使いやすい
信頼性9点資本金「3億8100万円」
合計44点初心者にも玄人にもおすすめできる万能取引所
ビットフライヤーの詳細をもっと見る

ビットフライヤーは2014年1月に日本で初めて設立されたビットコインの取引所です。

つまり、日本では一番歴史のある取引所ですね。

リクルート、GMOインターネットなど、様々な大手企業が出資していることで有名で、日本の取引所の中ではトップクラスの資本力。

セキュリティに関しても、最近なんと「世界No.1」に輝きました!

世界No.1は素晴らしいですね。「安心して仮想通貨を売買したい人」にとっては間違いない取引所でしょう。

さらにセキュリティが高いだけでなく、万が一不正ログインによるハッキングがあった時には補償をしてくれる
のです。←国内初!

補償内容についての注意点!

  • 「日本円」が盗まれた時のみ対象(仮想通貨のハッキングは対象外です)
  • 2段階認証を実施しているユーザーが対象
  • 預り金が円換算で合計100万円以上なら500万円まで補償
  • 預り金が円換算で合計100万円以内なら10万円まで補償

また、ビットフライヤーでは【bitFlyer Ligtning】というサービスで現物売買の他、FXのようにレバレッジをかけた売買ができます。(レバレッジは5倍)

スクリーンショット_2017-01-26_14_50_03

本格的にトレードしたい人にも嬉しいサービスです。

スマホアプリに関しても間違いなく一番使いやすいので、とにかく簡単に仮想通貨を売買したいという人もビットフライヤーで間違い無いでしょう。

また、昔はビットコインとイーサリアムしか取り扱っていなかったのですが、最近ではモナコインやライトコイン、リスクなどなど、色んなアルトコインにも対応してきました(合計7通貨の売買が可能です!)

販売所形式なので多少割高にはなってしまいますが、簡単に購入できるので初心者にとってはいいかもしれませんね!

ビットフライヤーの口コミはこちら


【ビットフライヤー】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.01.28

第3位 Zaif

ザイフの概要と評価
安全性分別管理、コールドウォレット、マルチシグ対応
手数料BTC手数料無料、アルトコイン0%~0.3%
スプレッド全通貨を取引所で買えるので割安
取扱通貨BTC/ETH/MONA/XEM/BCH+トークン10種
使いやすさPCはいいが、スマホアプリはイマイチ
信頼性資本金「27億5,513万円」
その他特徴人気の仮想通貨積立が可能

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24
ザイフの詳細をもっと見る

テックビューロ株式会社が運営している取引所で、実はあの【ホリエモン】が監修しているのがこのザイフ

ホリエモンはテックビューロの社長である朝山さんについても賞賛していますね。

なんでしょう。ホリエモンも関わっているとなると変な安心感や将来性を感じてしまいます。(僕だけでしょうか笑)

そんなザイフの一つ目の魅力は取引手数料がマイナスになるところです。

2018年7月2日より手数料が変更になりマイナス手数料のキャンペーンは終了しました。

詳しくは公式HPをご覧ください。

また、ザイフはアルトコインも取引所売買=板取引できるので、割安に購入することもできます。ネムやモナコイン、イーサリアムあたりを購入したい人は間違いなくザイフ一択ですね。

次の特徴もザイフならでは。銀行口座から毎月固定額を自動引き落とすかたちで、希望の金額を積み立てすることができる「Zaifコイン積立」というサービスです。

ビットコイン(仮想通貨)積立はbitFlyerよりもZaifが絶対オススメな理由

2017.12.05

買付けは自動的なのでタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はかかりません。

ガンガン投資するってよりも徐々に増えていくと嬉しい・・・ムフフ・・

って人は積立をオススメしますよ!

2018年7月現在、ビットコイン、イーサリアム、ネム、モナコインの積立ができるようになっています。

さらに、zaifでしか買えない独自トークンも多数あります。


引用:Zaif

これらのオリジナルトークンは、まだまだ価格が安いが故に、今後爆発的な価格上昇が見込めるかもしれません。

【徹底比較】仮想通貨の有名トークン11種類からおすすめTOP5をランキング

2018.02.15

まだアカウントを持っていない人は、最低限開設しておくべき取引所といえるでしょう。

ザイフの口コミはこちら

【ザイフ】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.11.16

第4位 GMOコイン

GMOコインの概要と評価
安全性ハッキング、内部不正対策を徹底
手数料取引手数料、入出金手数料、全て無料
スプレッド販売所形式のみなので割高
取扱通貨BTC/ETH/XRP/LTC/BCH
使いやすさFX専用スマホアプリ「ビットレ君」が非常に使いやすい
信頼性資本金「17.58億円」、大手GMOグループ
その他特徴ETH/XRP/LTC/BCHでもレバレッジ取引可能
GMOコインの詳細をもっと見る

日本のネット企業大手「GMOインターネットグループ」が運営しているのがGMOコイン

2017年5月31日から運営が開始されたかなり新しい仮想通貨取引所です。

アルトコインでもレバレッジ取引ができるのが特徴的な取引所になります。

レバレッジに関しては、ビットコインは「5倍」or「10倍」で選択可能、アルトコインは「一律5倍」となっています。

【夢がある!?】ビットコインFXとは?魅力やリスクを徹底解説

2017.07.24

ただ、本格的なビットコインFXができるスマホアプリであるビットレ君がめちゃくちゃ使いやすく、ビットコインFXにはかなり定評があります。

「PCでがっつりやるほどの時間はない..でもでも!スマホでも本格的にビットコインFXがやりたい…」なんて思ってた人にはぴったりですね。

一方、現物取引においては「販売所形式」でしか購入できないので割高になりやすいです。

また、取り扱い銘柄に関しても、ビットコイン以外はイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ライトコインと、ここでしか購入できない通貨がある訳ではないので、現物取引を考えている人にとっては微妙かもしれません。(今後新たな通貨の取り扱いを始めたら話は別ですが。)

GMOコインの口コミはこちら

【GMOコイン】簡単!口座開設完了までの全4ステップを実演で解説

2017.10.27

第5位 QUOINEX

QUOINEX公式サイトへ

QUOINEXの概要と評価
安全性マルチシグ対応、100%コールドウォレット保管
手数料BTC取引手数料無料、ETH0.1%、他0.25%
スプレッド全通通貨を取引所売買できるので割安
取扱通貨BTC/ETH/XRP/BCH+QUSH
使いやすさスマホアプリ「QUOINEXライト版」が使いやすい
信頼性資本金「約20億円」
その他特徴独自トークンQUSHの購入可能
コインエクスチェンジの詳細をもっと見る

アジア最大級の取引所なのがこのQUOINEX(コインエクスチェンジ)。

もともと安全性にも力を入れていて、いい取引所だったのですが、アプリの使いづらいさがずーっと難点でした…。

しかし!

なんと「QUOINEXライト版」という使いやすいアプリが登場し、弱点を克服しました。

かなり直感的になりましたね。

レバレッジ取引に関しては、ビットコインの他にリップルやイーサリアムを取引することもできます。

さらに、【最大25倍】のレバレッジで取引ができます。これは唯一QUOINEXのみ。(もちろんリスクは考慮しましょう)

また、ICOで爆発的な人気だった独自トークンである【QUSH】を唯一売買できる取引所でもあります。

デメリットとしては、「取引開始できるまでが遅い」ということと、「取り扱い通貨が少ない」ということでしょうかね。

取引開始まで、10日間ほどかかる場合もありえます。

ただこれは、セキュリティ強化のために入念に審査を行なっているためなので、「それだけセキュリティに力を入れている」ということの裏付けとも言えるでしょう。

コインエクスチェンジの口コミはこちら

【QUOINEX】口座開設完了までの全4ステップを実演で解説!

2017.10.10

玄人編!海外仮想通貨取引所14社からTop3ランキング

「え、わざわざ海外の取引所を使う人っているの?」

そう思う人もいるかもしれませんね。

海外の取引所を利用するメリットは主に以下の2つです。

  • 取り扱い通貨がめちゃくちゃ多い→100種以上なんて当たり前レベル
  • 全て取引所形式で売買できる→ぜーんぶ割安に購入できます

すごいですよね。

初心者には少し使いづらいさもあるかもしれませんが、経験者は積極的に使うといいでしょう。

海外取引所をもっと詳しく見たい!という人はこちらからどうぞ。

第1位 BINANCE

バイナンスの概要と評価
安全性海外取引所では最高レベル
手数料0.1%、業界最安レベル
取扱通貨120種以上
日本語対応無し
使いやすさアプリもあるが、ブラウザからが使いやすい
その他特徴取引量世界No.1、独自トークンあり
バイナンスの詳細をもっと見る

海外取引所は腐る程ありますが、ここで間違いありません。

バイナンスはなんと、2018年7月現在、「取引量世界No.1」の取引所です。


引用:coinmarketcap.com

まさに世界最大の取引所です。

で、もちろんNo.1であることには、それだけの理由があります。

数ある海外取引所から僕がここをおすすめする理由は、

  • 取り扱い通貨が半端じゃなく多い
  • 日本語対応している
  • 手数料も安い
  • フォークコインの付与も早い

他にもありますが、ざっくりこんな感じですね。

中でも特筆すべきところはやはり扱っている銘柄の数でしょう。

こちらから確認してもらえればわかるとは思いますが、100種類は超えています。(笑)

もはや仮想通貨のスーパーマーケット状態。

価格が安いマイナーなアルトコインも多いので、一攫千金のチャンスはあるかもしれません。

↓実際、1日で50%以上も上昇しているコインが結構あります。

引用:Binance

ただ、マイナーなコインは消える可能性もあるので、要注意ですよ。

ちなみにフォークコインもすぐに付与されるので、それ狙いで通貨を置いておくのもありですね。

口座開設もなんと本人確認なしで簡単にできるので(これは逆にどうかと思いますが笑)、興味がある人はサクッと作っておきましょう。

Binance(バイナンス)の登録・口座開設完了から取引方法までを実演解説

2018.01.25

第2位 BITTREX

ビットレックスの概要と評価
安全性ハッキング歴0!最高のセキュリティ
手数料0.25%、海外の中では比較的割高
取扱通貨250種類以上、業界最多
日本語対応無し
使いやすさアプリもないので、英語力が必要
ビットレックスの詳細をもっと見る

BITTREXはアメリカに拠点を置いていて、2014年に設立され、世界屈指の大手取引所でありながらハッキングの被害件数は0件という、とてもセキュリティが硬く信頼が置ける仮想通貨取引所です。

そして、特徴は何と言っても200種類を超える取扱銘柄の豊富さ。

俗にいう草コイン(原石)が大量に散らばってます。

逆に言ってしまうと、完全に価値のなくなってしまいそうな通貨もあるので、ある程度は通貨を厳選できる知識が必要かもしれませんね。

唯一、日本語対応していないということで使いづらいということがデメリットです。

↓全て英語で少し難しい

ただそれさえカバーできる力が自分にあったら文句無しの取引所です。

初めて海外の取引所を使うという人にはあまりオススメはできませんが、二つ目の海外取引所はビットレックスがいいでしょう。

草コイン好きは登録必須。

3位 CryptCM

クリプトCMの概要と評価
安全性FX専用だからこそ不安はあり
手数料手数料無料、スプレッドも比較的小さい
取扱通貨8種
日本語対応有り
使いやすさアプリはないが、ブラウザからは使いやすい
その他特徴200倍のレバレッジで取引可能。世界最高
クリプトCMの詳細をもっと見る

CryptoCMは【仮想通貨FXトレード専門】の海外取引所になります。

最大な特徴はやはりMAX「200倍」のレバレッジでしょう。

今まではbitMEXの100倍が業界最高でしたが、このクリプトCMさんはそのさらに倍のレバレッジをかけて取引することができます。

また、日本語対応もしていますし、サポートも日本語対応しているので、英語が苦手な人でも安心。

また、対応通貨ペアも12種もあります↓

BTCペアBCH,JPY,USD,DASH,ETH,LTC,XMR,XRP
USDペアDASH,ETH,LTC,XRP

大きなレバレッジをかけてトレードしたい人はクリプトCMで決まりでしょう。

ただ!200倍の仮想通貨トレードは本当にハイリスクハイリターンなので、初心者の方や余裕資金が少ない方にはお勧めできません。

ノリで始めないで、まずは以下の記事を読んでからよーーく吟味することをお勧めします。

【最大レバレッジ200倍】CryptoCM(クリプトシーエム)とは?アルトコインFXの取引方法/使い方/入金を完全解説

2018.07.02

海外取引所を使うときの注意点

海外取引所は数多くの通貨を割安で購入することができるということは先ほどお話ししましたね。

ただ、「ならみんな海外取引所使った方がいいじゃん!」と思いませんか?

実は、海外取引所を使うには、注意しなければならないことがいくつかあります。

利用を検討している人は、きちんと読んでおきましょう。

海外取引所を使う時の4つの注意点
日本円で購入できない
一つ目の注意点は日本円で仮想通貨を購入できないという点です。

これは全ての海外取引所に言えます。

基本的にはビットコイン、もしくはイーサリアム(アルトコインで購入できる取引所も有りますが、ビットコインが確実です)で購入するという形になります。

例えばバイナンスも…

こんな感じでBTC建やETH建がメインになります。(バイナンスの場合はBNBやUSDTでも購入できますね)

なので流れとしては、

まず国内取引所でビットコインを購入する

購入したビットコインを海外取引所に送金する

そのビットコインで買いたい通貨を購入する

こんな感じになります。

毎度送金するのはめんどくさいと思うので、最初からある程度まとまった金額分のビットコインを、利用したい海外取引所に送金しておくと便利ですよ。

日本語対応してないところが多い
今回紹介した「Kucoin」や、100倍のレバレッジ取引ができるBitMEX、中国の大手取引所Huobiなど、日本語対応している取引所もいくつかあるのですが、圧倒的に日本語対応していない取引所の方が多いです。

また、今現在日本語対応していたとしても、日本の金融庁の規制で日本語対応を取りやめてしまうという可能性もあります。

実際、この記事でも海外取引所ランキング1位にランクインしたバイナンスも、もともと日本語対応していましたが、金融庁の規制で日本語対応をやめてしまいました。

初心者の方、英語がとても苦手という方にとっては少しハードルが高いかもしれませんね。

いつ使えなくなるか分からない
海外取引所は、金融庁の規制の影響で、「急に使えなくなる」という可能性を持っています。

最近も、香港の大手取引所であるKuCoinが日本移住者向けへのサービス停止を発表しました。


引用:signal.fact-base.io

他にも、HOUBIやHITBTCなどの海外取引所も日本移住者のサービス利用を停止しています。

今使えている海外取引所も、「金融庁の規制により、いつ使えなくなるか分からない」という事は頭に入れておく必要があるでしょう。

詐欺コインを扱っている可能性もあり
みなさんご存知の通り、海外取引所は取り扱い通貨がめちゃくちゃ多いです。

仮想通貨は今や【1000種類以上】もあるのですが、国内取引所は一番多くても7種類ほどしか取り扱っていません。

一方、海外取引所は100種類とかザラです。

これは確かに、いろんなマイナーコイン(通称草コインですね)に投資することができる=「一攫千金のチャンスがある」と捉えることもできるでしょう。

しかし、逆に言えばそれだけ詐欺まがいのコインが横行しているということです。

日本の取引所の場合は、コイン選びをかなり慎重に行なっているんですね。なので信用度のある通貨しか扱いません。

しかし海外取引所はいろんな通貨を積極的に取り扱っています。

マイナーコインは大きな値上がりの可能性を秘めている一方で、消えてしまうという可能性も秘めています。

むしろ、個人的には長期間で見たらほとんどのマイナーコインは消えてしまうと考えています。

マイナーコインに投資する際は、「消えてしまう=価値が0になる」という可能性が高いということを頭に入れておきましょう。

ビットコインに便乗した仮想通貨詐欺に気をつけよう。見分け方を解説

2017.05.25

国内外全31社の一覧比較表まとめ

国内で金融庁登録を受けている取引所16社+1社(コインチェック)と、海外主要取引所14社の「合計31社」の一覧表です。

国内取引所17社一覧取り扱い銘柄一覧(スクロール可)各種手数料一覧海外取引所14社一覧
取引所名サービス取扱銘柄数
bitFlyer取引所/販売所7種類
Zaif取引所/販売所5種類+10種トークン
bitbank取引所/販売所6種類
GMOコイン販売所5種類
DMM Bitcoin取引所/販売所2種類※
BitTrade取引所6種類
BITPOINT取引所3種類
FISCO取引所3種類+3種トークン
QUOINEX取引所4種類+1種トークン
Bitgate取引所1種類
BTCBOX取引所4種類
マネーパートナーズ準備中-
SBIバーチャルカレンシーズ準備中-
ビットアルゴ取引所東京準備中-
Xtheta(シータ)休止中-
BITOCEAN準備中-
coincheck(停止中)取引所/販売所13種類
 BTCBCH ETHXRPLTCMONAXEMETCLISKFCTXMRREPZECDASHトークン
bitFlyer
Zaif10種
bitbank
GMOコイン
DMM Bitcoin
BitTrade
BITPOINT
FISCO3種
QUOINEX1種
Bitgate
BTCBOX
coincheck(停止中)
取引所名取引手数料日本円出金手数料
bitFlyer0.01%~0.15%216円~756円
Zaif0%~0.3%350円~756円
bitbank無料540円~756円
GMOコイン無料無料
DMM Bitcoin無料無料
BitTrade0.2%648円
BITPOINT無料ユーザー負担
FISCO無料350円~756円
QUOINEX0%~0.25%500円
Bitgate無料540円
BTCBOX0~0.2%0.5%(最低400円)
coincheck(停止中)無料400円
取引所名日本語対応取扱銘柄数
BINANCE100種類
Bithumb12種類
BITFINEX
20種類
Poloniex66種類
BITTREX
200種類
Kucoin70種類
Huobi50種類
CoinExchange500種類
OKEX150種類
Bitstamp5種類
Liqui50種類
HitBTC350種
BitMEX1種類
CRYPTOPIA446種類

DMM Bitcoinは現物取引はBTC、ETHの2種ですが、レバレッジ取引では7種の通貨を取引できます。

※(M)はmaker=指値注文、(T)はtaker=成行注文を意味します。

※略称
BTC = ビットコイン
BCH = ビットコインキャッシュ
ETH = イーサリアム
XRP = リップル
LTC = ライトコイン
MONA = モナーコイン
XEM = ネム
ETC = イーサリアムクラシック
LISK = リスク
FCT = ファクトム
XMR = モネロ
REP = オーガー
ZEC = ジーキャッシュ
DASH = ダッシュ

通貨ごとのおすすめ取引所

「俺はとにかくビットコインが欲しい!」
「いや、俺はリップルが欲しい!」
「私はイーサリアムが欲しい!」

そんな感じで、中にはもうすでに買いたい通貨が決まっている人もいることでしょう。

そんなあなたは以下の図を見れば、一目で通貨ごとのオススメ取引所=一番お得に購入できる取引所がわかっちゃいますよ。

取引所はうまく使い分けるのが良い

上記の図を見てわかる通り、「通貨によって一番オススメの取引所」というのは変わってきます。

なので、少しでもお得に取引するには、取引所はうまく使い分けるのがいいと言えるでしょう。

また、リスク分散という意味でも、取引所を使い分けることをオススメします。

一つの取引所に全ての資産を置いておいた場合、「万が一ハッキングされたら…!」最悪の場合、返ってきません。

しかし、複数の取引所をつまく使い分ければ、そのようなリスクも分散できます。

少し面倒に感じるかもしれませんが、慣れてきたら複数の取引所を利用することをオススメしますよ。

知らなきゃ損!仮想通貨の取引所は複数開設すべき7つの理由

2018.04.18

おすすめ仮想通貨Top10

ここまで記事を読み進めてくれたそこのあなた!

ふむふむ、おすすめの取引所はわかったけど、結局どの仮想通貨を買えばいいんだ?

なんて思っていませんか?

取引所は開設できたけど、肝心のどの通貨を購入すべきか明確でないと苦労してしまうかもですよ?

と言うのも、仮想通貨は今や【1000種類以上】もあるので、情報収集するのも一苦労なんですよね。

というわけで、「仮想通貨人気銘柄Top10の特徴を基にあなたにぴったりのコインを紹介」と題して、全10種の仮想通貨を新規参入の方でもわかるように徹底的に噛み砕いて紹介する記事を書きました。

仮想通貨人気銘柄Top10の特徴を基にあなたにぴったりのコインを紹介!

2017.10.04

この記事を読めば、「この通貨をこのくらい買おうかな、、、」なんてポートフォリオが見えてきたりするかもです!

ぜひ参考にしてみてくださいね^^

まだ上場してないコインを狙うのもあり!?

仮想通貨は、大手取引所に上場すると価格を一気に上昇させることが多いです。

なので、まだ大手取引所に上場してないけど、これから上場しそうなコインを購入しておけば一攫千金…!?

なんて可能性もあります。

実際、モナコインリスクは、bitFlyerに上場したことをきっかけに価格が暴騰しましたしね。

もちろん、これから上場するコインなんて分からないのですが(分かったら苦労しませんよね笑)、以下の記事で完全に独断と偏見で予想をしてみました。

次はあのコイン!?これから大手取引所に上場する仮想通貨を予想してみた

2018.02.21

当たり前ですが、購入するかどうかの判断は自己責任でお願いしますね!!

仮想通貨を購入した後は…

無事、仮想通貨を購入できたあなた。

もしくはまだ買ってないけど、購入した後の注意点を先に知っておきたいあなた。

  • 税金のこと
  • リスク管理のこと

この二つの事はしっかり理解しておきましょう。

税金に気をつけよう

「仮想通貨を購入し、決済して利益が出た!」というあなた。

嬉しいですよね。僕も仮想通貨でも、それ以外の投資でも、初めて利確した時はなんとも言えない快感がありました。

ただ気をつけて欲しい注意点があります。

それは仮想通貨は「税金が高くなりやすい」ということ。

仮想通貨で年間20万円以上の利益が出た場合、基本的に【確定申告】が必要になります。

それはFXや株なども同じなのですが、仮想通貨はそれらとは少し「扱い」が違います。

株やFXなどは分離課税といって、一律約20%前後になっていますが、仮想通貨での利益は雑所得扱いなのです。

なので、税率は給与所得と合算した金額に所得税が適用されることになるんですね。

仮想通貨の利益所得税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

累進課税なので、利益が大きければ大きいほど税率も上がりますね…。

「えーやだな…どうしようもないの?」

そう思う人も多いでしょう。

ただ、こればかりはどうしようもありません。

が、将来的には税の扱いが株やFXのように分離課税になる可能性は高いんじゃないかなーと思っています。

なので、利益確定(決済)をしないでずーっと長期保有するのはありなんじゃないかなと思っています。

というのも、仮想通貨において、「利益」は「決済」をした瞬間に発生します。

つまり保有し続ける間は、税金がかからないということです。

詳しくは以下の記事に書いてありますが、将来的な可能性を考えて、長期的に保有し続けるのも一つの策と言えるでしょう。(僕はそうしてます)

【2018年最新】5分でわかるビットコイン(仮想通貨)の税金・節税対策

2017.04.07

リスク管理で分散投資しよう

もう一つは、「リスク管理」です。

これは、仮想通貨を購入して利益を出したらもちろん、そもそも仮想通貨を購入する前にも言えることです。

あなたも知っている通り、仮想通貨はハイリスクハイリターン。

資産運用する上で、

  • ハイリスクハイリターン
  • ミドルリスクミドルリターン
  • ローリスクローリターン

いろんな種類に分散的に投資するのが基本です。

仮想通貨だけに投資することはリスクが有ります。

他の投資にも資金を回して、リスク分散するのをお勧めします。

個人的に、仮想通貨と組み合わせでお勧めするのは、「ロボアドバイザー」ですね。

ウェルスナビなんかが有名です。(最近はテレビCMもやっていますね)


引用:https://www.wealthnavi.com

なぜお勧めなのかというと、

  • ローリスクローリターンである
  • 時間を使わない

からです。

仮想通貨に投資している多くの方は本業は別にあり、副業として仮想通貨をやっているのではないでしょうか?

その場合、チャートに張り付いているとかは厳しいですよね…。

また、仮想通貨はリターンは大きいですが、その分リスクも大きいです。

そう考えると、ローリスクローリターンで時間も使わないロボアドバイザーなんかが、仮想通貨との組み合わせには最適だということです。

プロブロガーのイケハヤさんもオススメしてますね。

分散投資として、時間がない人はマジでオススメです。完全放置でおっけーですので。

うまく使い回して、リスクを分散しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

あなたにぴったりの取引所は見つかったでしょうか?

最後にもう一度おさらいしておくと、

こんな感じですね。

迷ったらまずはビットバンクで間違いありません。

慣れてきたら、リスク分散のためにも、買いたい通貨に合わせる意味でも、複数の取引所を利用するといいでしょう。

この記事が、あなたの仮想通貨取引所選び、仮想通貨トレードのお役に立てば幸いです。

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

4.「この仮想通貨を買うならどこの取引所がおすすめ?」を図解

5. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

6. 一攫千金?!ネムコインとは?

7. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

8. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

9. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

10. 仮想通貨歴3年の僕が意識する15の投資ルール

気合い入れてまとめた記事です。

ビットコインで月3万円稼ぐ方法

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

■ Facebook



■ Twitter & Line@

12 件のコメント

    • 指値注文とは「買う」もしくは「売る」値段を指定して注文する方法です。成行注文とは、値段を全く指定しない注文方法です。
      例えば今ビットコインの価格が750,532円だったら、その価格で今すぐに10万円分を購入するといった形が【成行注文】になります。
      ビットコインの価格が「750,000円ぴったりまで下がった時に10万円分を購入する」という予約をするなど、自分で指定した価格で購入するといった形が【指値注文】になります。
      それぞれの注文方法に優劣はありませんが、僕は普段指値注文を使っています。ただ、現在価格からあまりに乖離している値段で注文すると約定しない場合もあるのでその点で指値は注意が必要です。
      無難なのは成り行き注文かもしれませんね。

  • めちゃめちゃ情報量多くて参考になりました!
    それぞれの国内取引所の口座開設数(ユーザー数)も気になりました!

    • リオレウス様

      参考になったとのお言葉ありがとうございます。

      国内取引所の口座開設数ですね!そちら調べて追記させて頂きますので、
      またこちらの記事をご覧になってください。

      コメントありがとうございます!

  • 疑問点がいくつかあります

    ・海外の取引所のBinanceなどは厳正な審査を通して、仮想通貨の選定をしているのでしょうか?
    こんだけ価格が安いと、適当に見繕って仮想通貨を取引できるようにしているだけではないのですか?
    取引所なのに、審査をしていなかった場合、いつか上場廃止になりますよね。不安です。

    ・加えて、ビットフライヤーなど国内取引所も厳正な審査を通して、仮想通貨を選んでいるのでしょうか?
    扱っている通貨がいつか、上場廃止も考えられます。

    • コメントありがとうございます。
      取引所がコインを取り扱う際に、どのような基準で選定してるのかは具体的にはわかりませんが、海外取引所は審査が甘く、国内取引所は審査が厳しいというのは間違い無いでしょう(取り扱いコインの量を考えると)。
      現にバイナンスは金融庁に登録されていないので、日本への進出はできていませんよね。なので金融庁の動き次第では今後、日本でバイナンスを利用することができなくなる可能性はもちろん0ではないでしょう。そのあたりは自己責任なので、それが怖い場合は国内取引所を利用することをオススメします。
      ビットフライヤーなど国内取引所は審査基準こそわかりませんが(匿名性の高いコインは扱わないという方向性は見えますね)、海外取引所と比べてかなり厳しく審査してることは間違い無いでしょう。

  • ビットコインはいくらから購入することができますか?また、もし買うならいくらくらい購入するのがいいでしょうか?

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    ハナキノボル

    『ANGO』代表のハナキノボルです。ハタチで投資スタート、日経225、FXなど経験。3.11の大暴落で150万失う。死を覚悟する(笑)。その後、24歳で半年間フリーターになり、IT教育のスタートアップに拾われる。同タイミングで当メディアをスタート。2016年8月に仮想通貨と出会い、どハマりする。現在は上記スタートアップで役員を勤めつつ、ANGOの代表を勤める。「日本一わかりやすくて面白い仮想通貨メディア」を目指し日々邁進しております。どうぞよろしくです。 ツイッター個人ブログ僕の仮想通貨ポートフォリオ