【徹底比較】仮想通貨の取引所14社から厳選Top5ランキングを紹介!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
カノウコウスケ
どうも!最近広瀬すずにどハマり中な、ANGO(@ango_coin)の編集長、カノウコウスケです。

さて、この記事にたどり着いたということは、あなたも仮想通貨に少なからず興味をもっていることだと思います。

仮想通貨の中でも特に有名なビットコインは、直近1年間で価格が14倍以上に上昇し時価総額も約20兆円を超えました。(2017年12月5日現在)

ビットコインの取引が開始された頃まで遡ると、その値段は日本円で「1BTC=約6円」でした(2010年8月)。

それが今(2017年12月)では日本円で「1BTC=約130万円」なので、単純計算でも8年足らずで約22万倍になっています。


引用:blockchain.info

計算上、100円が2200万円になってるんです。意味がわからなすぎて笑えますね笑

この勢いは今が天井というわけではないと個人的にも思っていますし、ウォールストリートの著名ストラテジストのトム・リー氏は「2020年までにビットコインは$55,000(日本円で約60万円)まで上がるだろう」との意見を出しています。(実際2017年12月現在ですでに予想の倍以上である1BTC=120万を超えています笑)

まじか!ビットコイン欲しいいい!

と、なる方も多いとは思いますが、現在(2017年12月)日本でビットコインを扱える取引所はなんと14社以上

これはほんの2年前から約2倍以上増えていることになります。

大手SBIグループGMOグループも仮想通貨業界に参入したので、今後ますます加熱していく事でしょう。

ビットコインの勢いが加速すること自体は良いのですが、取引所の数がこうも増えてくると、

仮想通貨の取引所ってどこがいいんだろう…
ビットコインもほしいけど他の仮想通貨も気になるな…

ってなってきますよね?多すぎてどこで仮想通貨を取引したら良いのかわからんよ!と。

でも大丈夫です。安心してください。

bjk2

今回は、そもそも仮想通貨の取引所とは?から、取引所の一覧、オススメの取引所まで僕の知識を全てさらけ出しました。

ランキング形式にしてわかりやすくしたので、あなたも5分後には、自分にぴったりな仮想通貨の取引所を見つけられているでしょう。

知識が全然ない方でもフムフムと理解できるように、できる限りわかりやすーーく書いたつもりです。

ぜひ参考にしてみてくださいな!

そもそも取引所ってなに?

取引所とは、仮想通貨を「買いたい人」と「売りたい人」をマッチングさせる仲介サービスをしている機関のことです。

あなたが「仮想通貨を買いたい!」と思っても、「売りたい!」と考えている人を自分で探すのは大変ですよね?

そこで取引所が手数料をもらう代わりに、買いたい人と売りたい人をスムーズにマッチングさせる役割を担っているんです。

仮想通貨を購入する方法は他にもいろいろありますが、基本的に取引所を使って購入する方法が最もベターと言えるでしょう。

他の購入方法などが知りたい人はこちらを参考にしてみてください。

【初心者必見】ビットコインの始め方、購入方法を簡単解説

2017.01.31

仮想通貨の取引所を使うにはインターネット上の取引所でアカウント開設をする必要があります。

アカウント開設はフェイスブック認証などのみで30秒ほどで完了するので楽チンですよ。(もちろんFacebookやってなくても開設できるのでご安心を。)

ちなみに僕はコインチェックという取引所を使って仮想通貨を売買しています。

もっと詳しく開設方法を知りたい人はこちらを参考にしてください。

【コインチェック】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.07.05

販売所とは何が違うの?

コインチェックビットフライヤーなどの取引所をアカウント開設してログインしてみると、購入方法に「取引所」と「販売所」というものがあります。


↑赤枠で囲ってあるとこです。(販売所にはアルトコインもありますね)
参照:https://bitflyer.jp/ja/

「このちがいってなに?」ってよく聞かれることが多いので簡単に違いを説明しておきます。

ビットコイン取引所と販売所の違いとは?コインチェックを例に解説

2017.05.08

取引所とは

取引所に関してはさっき説明した通り、「売りたい人(個人)」から購入する方法です。

つまり、あなたと同じような仮想通貨ユーザーから買うということでです。

株などを証券会社を経由して買うのと同じイメージですね。

売ってくれる人がいないと取引は成立しませんが、販売所で買うより安く購入できる可能性が高いです。

販売所とは

一方販売所は、売りたい人(個人)から買うのではなく、「ビットフライヤーやコインチェックなどが保有している仮想通貨を購入する方法」です。

売り手(個人)の必要がないので、確実に、スピーディーに購入することができます。

が、取引所側が提示している値段で購入しなければならないので、多少割高になってしまう可能性が高いです。

で、どっちがいいの?


言ってしまえばどっちでもいいのですが、僕がお勧めするのは「取引所購入」です。

理由は「割安で買えるから」ですね。

ちょっと比較してみると…

↑2017年12月17日現在の取引所での価格は1BTC=約2,249,500円です。
参照:https://bitflyer.jp/ja/

↑一方、販売所での価格は1BTC=2,285,419円ですね。
参照:https://bitflyer.jp/ja/

つまり、「販売所価格2,285,419円」ー「取引所価格約2,249,500円」で差し引き「約36000円」ほど変わってきます。

取引所で買ったほうが1BTCあたり約36000円お得ということですね。

…かなり大きな差ですよね。さらに、たくさんのビットコインを購入すればするほど、その差は開いていきます。

確かに「販売所購入」のほうが初心者でも簡単に購入できますし、確実性はあります。

ただ、コインチェックビットフライヤーなら有名な取引所なのでユーザーも多いし、特に「ビットコイン」みたいなメジャーな仮想通貨を買うなら流動性も高い(売買が活発)です。

なので、「取引所購入(ユーザー同士)」でも「買えない」なんてことはほぼありません。

しかも仮想通貨はブロックチェーンやP2P。つまりユーザー同士の直接的やりとりが魅力の一つでもありますからね。

だから仮想通貨を購入する際には「取引所を開設して、取引所購入をする」

これがベストでしょう。

ブロックチェーンやP2Pシステムなどに関して詳しく知りたい人はこちらを参考にしてください。

【猿でもわかる】ビットコイン、ブロックチェーンの仕組みとは?

2017.01.14

失敗しない取引所の選び方!4つのポイント

ちょっと前置きが長くなりましたが、ここから取引所の選び方を説明していこうと思います!

せっかくビットコインや仮想通貨の取引をするなら、間違いのない取引所を選びたいですよね?

そのために重要なポイントは大きく4つです。

  • 手数料の安さ
  • 安全性の高さ
  • 使いやすさ
  • 取扱銘柄の豊富さ

それぞれを簡単に説明します。

手数料の安さ

これは字の通りですが、「仮想通貨を取引する際にかかる手数料がどれだけ安いか」ですね。

各社そこまで大きな開きはないので、”たった数十円、数百円くらい・・”と思う方も多いと思いますが、

手数料が100円上下する場合、一日に3回取引をしたとしたら、年間で「約11万円」変わってきますからね!

塵も積もればなんとやらですよ。

安全性の高さ

これもそのままですが、仮想通貨を取引するということは、「資産を扱う」ということです。

自分の資産がもしもの時に守どうなるのか、補償はされるのかなどはすごく大事なところですよね。

資産をしっかり管理するためには取引所だけでなく、「ウォレット」というものを使うのがより安全性を高めるのですが、そちらに関して詳しくは下の記事を参考にしてください。

【5分でわかる】ビットコインのウォレットとは?種類や特徴まで簡単解説!

2017.02.02

使いやすさ

皆さんは大体スマホを持っていますよね?で、仮想通貨を取引するのもPCでやるというよりもスマホでサクサクっとやりたいでしょう。

ほとんどの取引所は、仮想通貨を取引するためのスマホアプリを出していますが、その中でもユーザーにとって”使いやすい〜〜〜”ってのとそうじゃないのがあります。

なので、サクっとスマートに仮想通貨を取引するためには外せないポイントです。

例えば大手取引所であるコインチェックビットフライヤーはこんな感じ↓

どちらも見やすくて使いやすいです。

取扱銘柄の豊富さ

仮想通貨と聞くと、「ビットコイン」がまず最初に思い浮かぶと思いますが、他にも「イーサリアム」「リップル」など様々な種類があります。

中にはビットコインの爆昇に勝るとも劣らないものもありますし、今後も新たなものが出てくるでしょう。

なので、ビットコインだけでなく他の仮想通貨も取引できるかというのは注目したいポイントです。

【2018年も大注目】アルトコインとは?おすすめや投資方法も解説

2017.05.15

取引所一覧

現在日本で仮想通貨を扱っている取引所を一覧で紹介しておきます!

最初に簡単な表を作ったので参考にしてください。

簡単一覧表

 手数料取扱銘柄価格差(※)入金方法
bitFlyer0.01%Btc/Bch/Eth/Mona/...他2種類259銀行/コンビニ/ペイジー/クレカ
coincheck0円Btc/Bch/Eth/Etc/Fct/Xrp...他7種類160銀行/コンビニ/ペイジー/クレカ
Zaif-0.01%Btc/Eth/Bch/Xem/Mona/...他多数トークン190銀行/コンビニ/クレカ
bitbank.cc0円Btc/Bch/Eth/Xrp/Ltc/Mona4200銀行振込
btcbox0.2%Btc/Bch/Eth5493銀行振込
kraken0円Btc/Bch/Eth/Etc/Ltc/Xrp...他10種類1211銀行振込
QUOINEX0円Btc/Bch/Eth2087銀行振込
Lemuria0円Btc12200銀行振込
Money3650円Btc300銀行振込
BITPoint0円Btc/Bch/Eth1075銀行振込
みんなのビットコイン0円Btc/Bch/Eth-銀行振込
Fisco0円Btc/Bch/Mona-銀行振込
FIREX0円Btc-銀行振込
GMOコイン0円Btc/Bch/Eth/Ltc1000銀行振込/ペイジー

※2017年7月時点/確認できなかったものは-表記
※価格差が小さいほど、割安に購入することができます

※略称
Btc = ビットコイン
Bch = ビットコインキャッシュ
Eth = イーサリアム
Etc = イーサリアムクラシック
Fct = ファクトム
Xrp = リップル
Xem = ネム
Mona = モナーコイン
Ltc = ライトコイン
Doge = ドージコイン

おすすめ取引所ベスト5

うんうん、たくさんあるのは分かったけど、結局どこがオススメなの?

そんな声が聞こえてきそうなので、僕も開設している取引所をおすすめポイントも加えながらランキング形式で紹介しておきます!

以下の取引所ならまず間違いはないですよ。

第5位.GMOコイン


URL:https://coin.z.com/jp/index.html

「GMOコイン(以下、GMOコイン)」とは、日本のネット企業大手「GMOインターネットグループ」の傘下である「GMO-GMOコイン株式会社」が運営する仮想通貨取引所(販売所)のことです。

2017年5月31日から運営が開始されました。

セキュリティの面で分別管理補償があったり、取引手数料が無料だったりするのが最大の特徴ですね。

ちょっと前まではビットコインのみしか対応していませんでしたが、2017年11月現在では他にイーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュに対応していて、「今後も順次拡大予定」だそうです。

その他特徴として、レバレッジ取引であるビットコインFXでは、業界最大の「25倍」というレバレッジをかけることができるので、ハイリスクハイリターンな取引をしたい人はGMOコインがいいかもしれません。

まあ、ビットコインFXはリスキーなので素人は手を出さない方がいいと思いますが…(笑)

【夢がある!?】ビットコインFXとは?魅力やリスクを徹底解説

2017.07.24

こんな人におすすめ!

  • 仮想通貨取引をガンガンやって利益をあげたい人

【GMOコイン】簡単!口座開設完了までの全4ステップを実演で解説

2017.10.27

第4位.bitbank

左:bitbank Trade/右:bitbank cc

bitbank(ビットバンク)は2014年5月に設立したビットコインの取引所です。
日本のビットバンク株式会社により運営されています。

bitbankの最大の特徴は、やはり「取引手数料がマイナス」にできることでしょうか。(上記参照)
頻繁に取引をする方からしてみれば願ってもないメリットですよね!

他には、追証なし(キャピタルゲインフィー制度を導入した場合)でビットコインFXトレード(BTCUSDのみ)がレバレッジ最大20倍で利用できたりもします。

【初心者でも簡単!】ビットコインFXのやり方を5ステップで実践

2017.11.28
キャピタルゲインフィー(決済損失積立金)
キャピタルゲインフィーとは、BTC FXで取引された建玉のうち、反対売買、途中決済、期日決済などの決済時に利益が出た場合のみ、その利益に対する0.2%に相当する金額を当社が申し受けるものです。(損失が出た場合は、発生しません)。このキャピタルゲインフィーは、当社が相場急変時のロスカット時に被る当社の相場変動損失を防ぐためのもので、決済損失積立金として充当されます。
追加証拠BTC(追証)について
BTC FXは、ロスカット制度を採用していますので、追加の証拠BTCを求めることはいたしません。万が一ロスカット時に証拠BTC以上の損失が出た場合でも、お客様は証拠BTC以上の損失を負担する必要はありません(本損失分は当社の決済損失積立金より充当いたします)。

加えて、国内でも有名なビットコインや仮想通貨に関したニュースサイトも運営しています。

僕もちょくちょく見ていますが、けっこー信頼性が高いメディアですね。月に50本ほどのニュース(今日の相場戦略情報なども)が配信されています。

また、2017年には新しくbitbank.ccも立ち上がりました。

こちらは同じビットバンク株式会社の系列なのですが、bitbank tradeと違いビットコイン以外にもリップルやライトコインの取り扱いに対応しています。(今後イーサリアムの取り扱いも開始する予定です)

ビットバンクを使いたいけど、ビットコイン以外も取引したいんだよなぁ…

なんて考えている人はbitbank.ccのアカウントも一緒に開設しておくといいでしょう。

大きく分けると、「ビットコインFXをやりたい方はbitbank trade「現物やアルトコインを取引したい方はbitbank.ccといったかんじですかね。

こんな人におすすめ!

  • 仮想通貨取引をガンガンやって利益をあげたい人
  • 本格的なトレードツールを使いたい中級者~上級者

【ビットバンク】口座開設完了までの全4ステップを実演で解説!

2017.12.08

第3位. bitFlyer

スクリーンショット 2017-01-28 17.21.38
URL:https://bitflyer.jp

ビットフライヤーは2014年1月に日本で初めて設立されたビットコインの取引所です。

つまり、日本では一番歴史のある取引所ですね。

リクルート、GMOインターネットなど、様々な大手企業が出資していることで有名で、日本の取引所の中ではトップクラスの資本力を誇っています。

資本力が大きいということは、それだけ僕たちユーザーにとっては安心して取引を行えるということですね。

【ビットフライヤー】評判や信頼性は?実際に使ってみて感じた事

2017.05.01

また、その豊富な資金力を使って、ログインするだけで毎日ビットコインがプレゼントされるキャンペーンが不定期に開催されるなど、懐にも優しい取引所です!

確認資料の種類や数登録によって「スタンバイクラス」「エコノミークラス」「プレミアムエコノミー」「エグゼクティブエコノミー」「ビジネスクラス」とランク分けがされていて、ランクによって日本円での入出金ができたり、1日の最大取引金額が変わるなど、できることに違いがあります。

また、「プレミアムエコノミー」より上のランクでは「bitFlyer Ligtning」でFXのようにレバレッジをかけた売買ができます。

スクリーンショット_2017-01-26_14_50_03

がんがん売買をしていきたい人にも嬉しいですね。

アカウント開設に関してもFacebookと連携すれば即刻登録できるので、気軽に登録できます。

取引所としての歴史、大手ならではの安心感はここがNo.1でしょう!

bjk2287

初めての取引は「安心感が一番大事」ですしね。

僕も初めてビットコインを購入したのはこのビットフライヤーでした。

また、昔はビットコインとイーサリアムしか取り扱っていなかったのですが、最近ではモナーコインやライトコインなど、色んなアルトコインにも対応してきたのも嬉しいポイント!

その他の特徴としては、ネットショッピングや無料キャンペーンに応募してビットコインを貯めると、すぐに現金に交換できる「ビットコインをもらう」(すごいサービス名笑)といったのもあり、お小遣い稼ぎができたりもします。

今流行りのクラウドファウンドをビットコインで行う「fundFlyer」ってのもあったりするので興味がある人は是非!

こんな人におすすめ!

  • とにかく安心してビットコインを取引したい人
  • お得にビットコインを取引したい人

【ビットフライヤー】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.01.28

第2位. Zaif

zaif
URL:https://zaif.jp/

Zaif(ザイフ)は2015年3月4日に設立された仮想通貨の取引所で、日本のテックビューロ株式会社が運営をしています。

意外と知らない人が多いのですが、実はあの「ホリエモン」が監修した取引所でもあるんですよ。

ビットフライヤーよりも認知度は低いかもしれませんが、それでも2位にしているのはそれだけ魅力があるから。

一番の魅力といえば何と言っても取引手数料がマイナスになるところでしょう!


引用:Zaif

マイナスってのは、取引すればするだけ、手数料をもらえちゃうってことなんです。とんでもないですよね笑

ただマイナスにできるのは「本人認証」までクリアしなきゃいけないので、手数料をマイナスで取引したい人は、口座開設をしたら「本人認証」まで済ませておきましょうね。

アカウント開設に関しても、「メールアドレス入力」→「送られたメールに記載されているURLにアクセス」→「基本情報の登録の手順を踏む」

これだけです。

登録から入金、購入まで最短5分で行え、手軽に仮想通貨の取引を行うことができちゃいますよ。

あと地味に嬉しいのが、銀行口座から毎月固定額を自動引き落とすかたちで、希望の金額を積み立てすることができる「Zaifコイン積立」というサービスです。

ビットコイン積立はbitFlyerよりもZaifがぜったいオススメな理由

2017.12.05

買付けは自動的なのでタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はかかりません。

ガンガン投資するってよりも徐々に増えていくと嬉しい・・・ムフフ・・

って人にもありがたいですね!

2017年11月現在、ビットコイン、イーサリアム、ネム、モナコインの積立ができるようになっています。

さらに、zaifでしか買えない独自トークンも多数あります。


引用:Zaif

これらのオリジナルトークンは、まだまだ価格が安いが故に、今後爆発的な価格上昇が見込めるかもしれません。(一攫千金あるかもです)

まだアカウントを持っていない人は、最低限開設しておくべき取引所といえるでしょう。

こんな人におすすめ!

  • 頻繁に売買する人
  • 積立のイメージで取引したい人

【ザイフ】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.11.16

第1位. coincheck

スクリーンショット 2017-01-29 20.53.15
URL:https://coincheck.com/

堂々の第1位はコインチェックです。

【コインチェック】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.07.05

取引所としてだけでなく、ビットコイン決済サービスの「coincheck payment」や、ビットコインで電気代を支払える「coincheckでんき」、仮想通貨を貸付すること最大年間5%の利回りをゲットできちゃう「貸仮想通貨サービス」など、いろんなサービスを展開。

スマホアプリもとってもシンプルで使いやすく、全くの初心者でも困ることはありません!

アカウント開設から取引画面までもとにかくわかりやすく、口座開設も10分かからず速攻終わります。

そして最大の特徴はビットコイン以外にもイーサリアムやリップル、ダッシュ、オーガー、イーサリアムクラシックなど様々な仮想通貨が取引できること。

↓2017年12月現在「13種類」の通貨が取引可能!

引用:coincheck

色んな仮想通貨を購入したいと考えている人はコインチェックを開設すべきです。

また、コインチェックとビットフライヤーさんは2017年7月現在、国内取引所としては初の「不正ログインに対しての損失を最大100万円まで保証してくれるようになりました!パチパチパチ!(2段階認証をしていることが条件です)

参考:国内初、ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失」を最大100万円まで補償。取引所コインチェックにおける「なりすまし」補償を開始

とにかく簡単に、とにかく安心に、いろんな仮想通貨を取引したいという方にはもってこいの取引所といえますね。

【コインチェック】評判や信頼性は?実際に使ってみて感じた事

2017.05.04

今でも僕のメイン取引所として活躍してもらってます。

取引所としてだけでなくいろんな通貨のチャート確認にも使えたりするので、とりあえずアカウント開設だけでもしておくと便利ですよ。

こんな人におすすめ!

  • ビットコイン以外にも色んな銘柄を購入したい人
  • もしもの時の安全性も考えたい人
  • スマホでサクサク取引したい人

【コインチェック】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.07.05

【番外編】おすすめ海外取引所

最後に「番外編」として、おすすめ海外取引所を紹介したいと思います。

初心者の方からするとちょーーっとだけハードルが高いので、興味が無い人はお気になさらず。

ただ、結論から言わせてもらえば、今から紹介する海外取引所は開設しておいた方いいです。

なぜなら、国内取引所では扱ってないアルトコインがめっちゃたくさん取引できるから。

現在、国内取引所で一番多くのアルトコインを扱っている取引所は、この記事で第1位にランクインしたコインチェックさんで、その数は13種類(2018年1月現在)

しかし、僕のおすすめ海外取引所はその比ではありません。

まだまだ価格が安い通貨で、ワンチャン億り人を狙いたいぜ…!

という人は、ぜひ開設しておきましょう。

Binance


URL:https://www.binance.com/

海外取引所は腐る程ありますが、ここで間違いありません。

Binanceは、取引所としてスタートしたのは2017年7月〜と、遅咲きなのですが、なんとすでにユーザー数「300万人」を超えています。

https://twitter.com/binance_2017/status/946319867698855936

これがどれだけすごいのか?というと、2018年1月現在で世界No.1なんです。(ちなみに2位は韓国の取引所であるBithumb


引用:coinmarketcap

やばいです。2018年はますますユーザー数&取引量を増やしていくでしょうね。

で、数ある海外取引所から僕がここをおすすめする理由は、

  • 取り扱い通貨が半端じゃなく多い
  • 日本語対応している
  • 手数料も安い
  • フォオークコインの付与も早い

他にもありますが、ざっくりこんな感じですね。

中でも特筆すべきところはやはり扱っている銘柄の数でしょう。

こちらから確認してもらえればわかるとは思いますが、200種類は超えています。(笑)

もはや仮想通貨のスーパーマーケット状態。

しかも、その中の大半がマイナーコインなので(もちろん主要仮想通貨も扱っていますよ)、1通貨あたりの価格が安い安い。日本円で「数円〜数十円」なんて通貨が山ほどあります。

最近は価格が安いコインが意味もなく上昇するみたいな流れがめちゃくちゃ多いので、多少のリスクは承知で億り人狙いたい人には最適でしょう。

↓実際、1日で50%以上も上昇しているコインが結構あります。

引用:Binance

フォークコインもすぐに付与されるので、それ狙いで通貨を置いておくのもありですね。

口座開設もなんと本人確認なしで簡単にできるので(これは逆にどうかと思いますが笑)、興味がある人はサクッと作っておきましょう。

こんな人におすすめ

  • 様々な種類のマイナー通貨に投資したい人
  • 低価格コインに投資したい人
  • すでに国内取引所の口座は持っている人

まとめ

いかがでしたか?

今回は仮想通貨の取引所に関して僕の経験も踏まえてまとめてみました。

仮想通貨に触れていくには取引所は必ず通る道ですが、わからないことが多いと不安ですよね。

僕も最初はほんとにわからないことだらけでした。
なので、この記事があなたの不安を少しでも減らせたらすんごく嬉しいです

また僕が新しく使ってみて、よかった取引所などがあれば随時更新していきまっす!

この記事の後によく読まれてます

【コインチェック】評判や信頼性は?実際に使ってみて感じた事

2017.05.04

【やってみた】ビットコインの買い方と売り方を実演で解説!

2017.04.01

そもそも仮想通貨とは?仕組みや種類は?その全てにお答えします

2017.02.13

【比較ポイントはココ!】コインチェックVSビットフライヤー

2017.05.09

【これで完璧】仮想通貨(ビットコイン)の情報収集サイトまとめ15選

2017.11.09

【ど素人でも関係なし!?】仮想通貨ってホントに儲かるの?を解説するよ

2017.09.21

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

SNSやってます。

またFacebookページやTwitterでは仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。