ビットコインを現金化!換金(変換)から出金方法までわかりやすく解説!

カノウコウスケ
どうも!ANGOの編集長、カノウコウスケです。

最近のビットコインの上昇度合いは半端ないですねー!
ここ3ヶ月で3倍ほどの価値になっています。

その波にのってあなたもビットコインを保有し始めていることでしょう!(保有しています・・よね?)

ただ、いざビットコインを保有してみたのはいいけど、「どうやって日本円に換金したらいんだろう・・」と困っていたりしませんか?

中々最初はわからないものですよね。
でも大丈夫です!そんなあなたのために今回は、ビットコインを日本円に換金して手元に出金するまでの方法をめちゃわかりやすくご紹介します!

実際に僕が換金した実体験をもとに、その際の手数料や注意点なんかも合わせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

まずビットコインはどうやって入手するの?

すいません、まだビットコインを入手できていないです・・

なーんて方もいるかと思いますので、簡単にビットコインを入手する方法を紹介します!

ビットコインを入手する方法は、大きく分けて4つあります。

  • 取引所で購入
  • マイニング
  • 持ってる人から直接もらう
  • ATMで入手

以上の4つです。

取引所で購入するというのは、コインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)やビットフライヤーなどをアカウント開設して(ほんとに10秒くらいでできます)、銀行口座にお金を振り込み、そこで欲しい分のビットコインを購入する方法です。

skitchbit3
引用:bitFlyer

【ビットフライヤー】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.01.28

マイニングはコンピューターを使って新規ビットコインをゲットする方法です。

【猿でもわかる】ビットコインのマイニングとは?仕組みや方法を解説

2017.03.25

持ってる人から直接もらうというのは、例えば友達から送金してもらったりすることができます。

↓QRコードでできるよ。
skitchbtcsk

【検証】ビットコインを送金してみた。手数料や時間はいかに!?

2017.03.31

あとは六本木とか西麻布とかにあるATMでも入手できます。


引用:ビットコイン投資日記

【これは便利】ビットコインATMの設置場所や使い方まとめ

2017.08.09

とまあ色々入手方法はありますが、やはり一番簡単でなのはやはり取引所で購入することですね。

簡単にアカウント開設できるし、コインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)あたりはアプリが初心者でもとっても使いやすいので、初心者はまずは取引所を利用するのが間違いないです。

僕も初めてビットコインを購入したのは取引所からでした。
取引所を徹底的に比較した記事なんかもあるので気になる方はチェックしてみてください。

【徹底比較】ビットコイン取引所16社から厳選Top5ランキングを紹介

2017.01.28

【初心者必見】ビットコインの買い方(購入方法)を簡単解説

2017.01.31

ビットコインを日本円に換金するには?

では、ビットコインとして保有している資産を日本円に換金するにはどうしたらいいのでしょうか?

これもいろんな方法があるのですが、メインのやり方は2つです。

  • 取引所で換金
  • ATMで換金

ですね。

それぞれ詳しく説明していきます。

ビットコイン取引所で換金する

入手方法と同じで、これが一番スタンダードなやり方です。

今回はビットフライヤー(モバイルアプリ版)を例に出して解説してみます。

と言ってもすごく簡単で、実際やることは「ビットコインを売却する」だけです。

まずアプリの取引所というところを押します。
skitchbtcks

次に日本円に換金したい(売りたい)ビットコインの量を決めます。

↓今回は余っていた0.06BTC分(日本円で8390円分)
skitchbtcks2

↓そして最後に注文確定するだけです。
skitchbtcks3

これで「ビットコインを売却=日本円に換金」することができました。

日本円を銀行口座に出金する

あとは自分の指定銀行口座に値段を指定して出金依頼をするだけです。

↓ビットフライヤーのホーム画面から「アカウント」を選択

↓「出金」を選択

↓「日本円」を選択

↓「金額」を指定するだけ!

手数料は?

ビットコインを売却するときに「売買手数料」

そこからさらに自分の銀行口座に出金する場合は「日本円出金手数料」がかかります。

が、売買手数料はほとんどかかりません。

出金する際の出金手数料が200~300円くらいかかってしまいます。

取引所によって違うのですが、ビットフライヤーの場合は以下のようになっています。

スクリーンショット 2017-03-30 16.13.28 スクリーンショット 2017-03-30 16.13.51

三井住友銀行じゃないと結構大きな出金手数料が取られてしまいますね…。

ちなみにコインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)は以下のようでした。

スクリーンショット 2017-03-30 16.17.36 スクリーンショット 2017-03-30 16.17.50

若干コインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)の方が安いですね。

個人的にはアプリなどの使いやすさ的にコインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)の方がオススメです。特に初心者の人はココで間違いなし。

注意点は?

ちなみに換金するときの注意点ですが、「販売所換金」をするよりも「取引所換金」した方が高く売れるということ。

ちょっとややこしいかもしれませんが要は、

skitchbtcks4

ってことです。

「販売所」よりも「取引所」の方が「安く買えて高く売れる」ので、オススメです。

理由は以下の記事の最初の方にかいてあるので、気になる人は目を通してみてください。

ビットコイン取引所と販売所の違いとは?コインチェックを例に解説

2017.05.08

ATMで換金

取引所で換金する方法以外に、ビットコイン専用のATMで日本円に換金するという方法もあります。

「RoboCoin」ってやつですね。


引用:ビットコイン投資日記

六本木や西麻布などにおいてあり、QRコードをかざすことによって売買することができます。

自分のビットコインをRoboCoinに送金して、その分がRoboCoinから現金として出てくるという仕組みですね。

↓QRコードをかざす

↓現金が出てくる

引用:ビットコインニュース

まだまだ日本ではビットコイン専用ATMは普及していませんがこれから普及されていけばビットコインがもっと身近になりますね。

日本で現在ビットコイン専用のATMが設置されている場所はこちらから確認できます。

手数料は?

取引手数料はどこも5%前後となっています。

取引が完了すると、取引レートなども載っているレシートが発行されます。


引用:日刊SPA!

注意点は?

事前にウォレットを作っておかないといけないということですね。

コインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)やビットフライヤーなどのように、アプリのQRコードで送金できれば問題ないのですが、そういったサービスのない取引所を使っている場合は、自分のウォレットを作ってそこからビットコインを送金(換金)する形になります。

とは言っても、ウォレットはセキュリティ面で考えると誰でも作るべきなんですけどね。

簡易的なウォレットであればBlockchain.infoあたりがオススメです。

世界的に有名なウェブウォレットサイトなので。

しかしウェブウォレットは常にネットワークに接続されていて扱いが簡単で便利がゆえに、最もセキュリティの弱いウォレットになるので、くれぐれも大量のビットコインは保管しないように。

ウォレットに関して詳しくはこちらで。

【5分でわかる】ビットコインのウォレットとは?種類や特徴まで簡単解説!

2017.02.02

まとめ

いかがでしたか?

今回はビットコインを日本円に換金する方法を解説しました。

いろんな方法がありますが、やはり現状は取引所を利用して換金する方法が一番簡単で初心者向きと言えるでしょう。

ぜひ利用してみてください。

この記事の後によく読まれてます

ビットコインが使えるお店まとめ!決済メリットも解説してみた

2017.03.27

【徹底比較】ビットコイン取引所16社から厳選Top5ランキングを紹介

2017.01.28

【猿でもわかる】ビットコイン、ブロックチェーンの仕組みとは?

2017.01.14

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

またFacebookページやTwitter、LINE@では仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

LINE友だち追加

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

LINE@はじめました。

初心者におすすめの
仮想通貨ランキング

1位"キングオブ仮想通貨"こと
「ビットコイン」

言わずと知れた仮想通貨の中でもナンバーワンの認知度と時価総額を誇るビットコイン。
よく『ビットコインは高いから買えない』と言っている人がいるが、国内の取引所では0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。
個人的には一生上がり続けると思うので、ちょっとでも買っとくことをお勧めしてます。

2位"IQ2万の優等生"こと
「イーサリアム」

イーサリアムは常にビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っている仮想通貨です。
当時19歳だった天才少年に生み出され、マイクロソフトやIBM、トヨタなどにも支援されているほどの逸材。
ブロックチェーン上に、取引履歴だけでなく「契約」まで自動で記録してくれる「スマートコントラクト」という技術はあのホリエモンも投資するほどのポテンシャルを秘めています。

3位"仮想通貨界のバックパッカー"こと「リップル」

リップルは、あの天下の大企業「Google」様が出資していることで有名な仮想通貨です。
ブリッジ通貨という性質でとにかくスピーディに、安い手数料で国際送金ができることが特徴です。
2017年12月の1カ月で価格が約8倍に高騰した今まさに億り人を輩出しているコインです。

4位"中国からの刺客"こと
「ビットコインキャッシュ」

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。
ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインよりもビットコインに近いと巷では噂が。
ビットコインを超える可能性に少額でも賭けてみると良いでしょう。

5位"スピードスター"こと
「ライトコイン」

ビットコインを元に作られた通貨で、ビットコインが金ならライトコインは銀がコンセプト。
ビットコインよりも送金スピードが速くなっているので、実用性に優れています。
その性能から中長期的にも上昇が見込めますし、2017年12月の1カ月で価格が2.5倍高騰したことで短期的にも上昇をしているコインです。

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。