ついに『金』を超えた!?ビットコインはなんで価値があるの?

どうも!ANGO(@ango_coin)の管理人、ヒカルです。

とうとうビットコインの価値が金1オンスを上まりましたね。

安全資産として、投資として、決済手段として、様々な可能性を感じます。

しかしあなたは、

「ビットコインがすごいのはわかるけど、そもそもなんで価値があるの?」

なんて疑問を抱いたことはありませんか?

僕もビットコインという存在を知った頃はよくわかっていませんでした。

なぜ価値があるのか理解できないものに投資するのはよくありません。

そこで今回はビットコインに価値がある理由を解説したいと思います。

ビットコインへ投資に興味を持っている人は必ず理解しておきましょう。

ではどうぞ。

ビットコインにはなぜ価値があるのか?

ビットコインはインターネット上の仮想の通貨です。

今ではコインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)やビットフライヤーなどの取引所で誰でも入手することができ、様々な使い道があります。

【要チェック】意外と知らない!?ビットコインの5つの使い道

2017.04.12

そしてそのビットコインの「価値」は2009年の運用スタートから2017年現在までで「約30万倍以上」になっています。

しかし、ビットコインはそもそもなぜ価値あるのでしょうか?

その仕組みを理解するには、まずそもそも「お金の価値とは?」という概念を理解しておく必要があります。

そもそもお金の価値って?

あなたは普段「円」というお金を、自分の欲しい「何か」と交換していますよね?

しかし、そもそもなぜお金が物と交換できるのでしょうか?

それは、「日本という国」が「円というものに価値があると認めているから」なんですね。

円という通貨は日本銀行が発行していて、日本人のみんなは日本銀行を信用しています。

だから円という通貨は信用があり、信用があるから物と交換できるのです。

つまり円そのものに価値があるのではなく、日本が認めているから価値があるのです。

なので、例えば日銀が破綻したら「円」は信用を失います。そうすると「円の価値」は暴落します。

そうすると事実上、物の値段が暴騰し(ハイパーインフレ)「円」という通貨を「物」と交換することは難しくなります。

事実、過去にブラジルがデフォルトした時はインフレ率2900%を経験しました。

インフレ率100%で物の値段が2倍になるので、2900%というこは48倍ということになります。

つまり、缶ジュースが4800円になるのです。(笑)誰も生活できません。

すこし話がそれちゃいましたが要は、お金は国が認めているからこそ価値があるということが理解できたと思います。

じゃあビットコインの価値は?

現在日本ではビットコインを「貨幣の機能をもつ」と認めています。
ビットコイン、「貨幣」に認定 法規制案を閣議決定

しかし、もちろん「法定通貨」とはしていません。

では、ビットコインはなぜ価値があるのでしょうか?

まず、ビットコインは円のように発行元が存在していなく、その仕組み上みんなで管理し合い、価値を認め合っている形になっています。

つまり、ビットコインのシステムに信用があることで、価値が認められているのです。

そのビットコインのシステムとは主にブロックチェーンのことですね。

【猿でもわかる】ビットコイン、ブロックチェーンの仕組みとは?

2017.01.14

この技術により、ビットコインは、

  • 取引履歴がオープンにされていて、みんなで監視、管理できる
  • 取引履歴を改ざんできない

ようになっています。

そしてこのすごさに日本を含め世界中が気づき始め、ビットコインを取引する人が増え、「貨幣」として認められるようになってきています。

それが「信用」となり「価値がある」ということになっているんですね。

逆にいうと、ビットコインのシステムになにか不具合がおきて、信用を失えば、その「価値」がいっきになくなることも考えられます。

現状ではビットコインのシステムによる不具合ではなく、個人のずさんな管理のせいでハッキングなどが起きるケースがあるので、ビットコインを保有するときはウォレットをしっかり選んで利用することも大事になってきます。

【5分でわかる】ビットコインのウォレットとは?種類や特徴まで簡単解説!

2017.02.02

価値はあるが変動が大きい

というわけでビットコインには価値があります。が、その価値(価格)の変動はとても大きいです。

10%前後の変動が起こることもよくあるのです。これはもちろん円などの法定通貨では考えられません。

これにはざっくり分けて3つの理由があります。

  • 取引参加者が疑心暗鬼
  • 取引量が少ない
  • 国の規制にかなり左右される

からです。

ビットコインは価値があるのといえど、まだスタートしたばかりの技術です。

取引に参加している人たちも、「本当に大丈夫かなぁ…」という不安を抱えながら売買をしています。

また、取引量も伸びてはいますが、まだまだです。

2017年4月現在、ビットコインの時価総額は「約2兆円」です。


引用:blockchain.info

「すごい!」と思うかもしれませんが、東証一部の日本株の時価総額がいくらか知っていますか?

580兆円です。

確か2016年の「任天堂」が時価総額2兆円ちょいくらいなので、「任天堂1社」=「ビットコイン」ということになります。

全世界で取引されるという視点で考えると、まだまだ圧倒的に取引量は少ないです。

参加者がもっと増えれば、価格は比較的安定するでしょう。

あとは、国の規制によっても価格が乱高下しますね。

特に中国などはビットコインの取引が盛んなので、中国で規制が行われたりすると、価格がめっちゃ変動します。

もっと法整備が整えば、価格安定に向かうでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はビットコインになぜ価値があるのか解説してみました。

まだ完全にその価値を確立できているわけではないですが、可能性や将来性を考えると時間の問題でしょう。

早いうちから触れることをおすすめします。

この記事のあとによく読まれています

【あなたは知ってる?】ビットコインにまつわる7つの問題点と解決策

2017.04.11

【2017年最新】個人投資家がビットコインの今後を語ってみる

2017.04.10

ビットコインっていくらから購入できるの?そんな疑問を調査してみた

2017.04.05

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

またFacebookページやTwitter、LINE@では仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

LINE友だち追加

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

LINE@はじめました。

初心者におすすめの
仮想通貨ランキング

1位"キングオブ仮想通貨"こと
「ビットコイン」

言わずと知れた仮想通貨の中でもナンバーワンの認知度と時価総額を誇るビットコイン。
よく『ビットコインは高いから買えない』と言っている人がいるが、国内の取引所では0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。
個人的には一生上がり続けると思うので、ちょっとでも買っとくことをお勧めしてます。

2位"IQ2万の優等生"こと
「イーサリアム」

イーサリアムは常にビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っている仮想通貨です。
当時19歳だった天才少年に生み出され、マイクロソフトやIBM、トヨタなどにも支援されているほどの逸材。
ブロックチェーン上に、取引履歴だけでなく「契約」まで自動で記録してくれる「スマートコントラクト」という技術はあのホリエモンも投資するほどのポテンシャルを秘めています。

3位"仮想通貨界のバックパッカー"こと「リップル」

リップルは、あの天下の大企業「Google」様が出資していることで有名な仮想通貨です。
ブリッジ通貨という性質でとにかくスピーディに、安い手数料で国際送金ができることが特徴です。
2017年12月の1カ月で価格が約8倍に高騰した今まさに億り人を輩出しているコインです。

4位"中国からの刺客"こと
「ビットコインキャッシュ」

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。
ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインよりもビットコインに近いと巷では噂が。
ビットコインを超える可能性に少額でも賭けてみると良いでしょう。

5位"スピードスター"こと
「ライトコイン」

ビットコインを元に作られた通貨で、ビットコインが金ならライトコインは銀がコンセプト。
ビットコインよりも送金スピードが速くなっているので、実用性に優れています。
その性能から中長期的にも上昇が見込めますし、2017年12月の1カ月で価格が2.5倍高騰したことで短期的にも上昇をしているコインです。

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。