【No.1取引所】ビットフライヤーの評判や信頼性、口コミを調査してみた

カノウコウスケ
どうも!ANGOの編集長、カノウコウスケです。

最近あったコインチェックのハッキング事件の影響で、仮想通貨取引所を選ぶ時はかなり慎重に選ぶ人が多くなったことでしょう。

仮想通貨取引所の中でもビットフライヤーといえば、「国内最大の取引所」ですが、この記事にたどり着いたあなたは、

「ビットフライヤーってよく聞くけど、実際どうなん?」
「セキュリティとかは大丈夫??」
「評判や口コミも気になる!」

なんて思っているんじゃないでしょうか?

確かにいくらCMでやってるからって、実際のところどうなのか?は気になりますもんね。

そこで今回は、ビットフライヤーの評判や信頼性に関して調査してみました。

もちろん、口コミや、僕が実際に使ってみて感じたメリットやデメリットも紹介しているので、生の声を聞きたい人は参考になるはずです。

しっかりチェックしておいてくださいね。

ビットフライヤーってどんな会社?


URL:https://bitflyer.jp/ja/

ビットフライヤーの各種情報
基本概要取り扱い銘柄
会社名BitFlyer
ビットコイン取引手数料0.01%~0.15%
アルトコイン取引手数料※無料
口座開設公式サイト
クイック入金手数料324円
最小購入単位0.00000001 BTC
サービス内容取り扱い銘柄総数
取引所BTC1種類
販売所BTC/BCH/ETH/ETC/LTC/MONA/LISK7種類
FXBTC-JPY1ペア
※アルトコインの取引手数料は無料ですが、「販売所」売買になるので多少割高な購入となります。

ビットフライヤーは日本初のビットコイン取引所で、ビットコインの取引量、ユーザー登録数共に国内No.1の取引所です。

それだけでなく、

  • 「ぐるなび」や「ヤマダ電機」、「マルイ」など数多くの企業と提携し、ビットコイン決済が導入されている
  • 欧州でもライセンスを取得済み
  • 潤沢な資本力で様々なキャンペーンを実施する

などなど、取引所としての規模感が伺えます。

証券会社でいうところの野村証券といったところでしょうか。大御所さんです。

そんなビットフライヤーさんですが、信用性はどうなんでしょうか?

信頼性はどう?

「信用できるかどうか?」は、

  • 会社としての信頼性
  • ビットコインの管理体制(セキュリティ)に対しての信頼性

この双方の観点から考える必要があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

会社としての信頼性

まずは会社の基本概要です。


引用:bitFlyer公式サイト

資本金「41億238万円」は、国内取引所ではNO.1です。また、公式サイトの社長の挨拶によると、「これまでの調達資金額は合計 40 億円近くとなり」と書いてあります。

設立3年でこの規模の資金調達ができる会社は滅多にありません。

こちらでも紹介されています。
【総まとめ】2016年に10億円以上の資金調達を実施した26社

株主さんも名だたる企業ばかりです。


引用:bitFlyer公式サイト

働いている人間が信用できるかどうかまでは調査できないですが(笑)、資金面に関しては問題ないどころかトップクラスといえます。

会社としての信用性は「ある」と考えていいのではないでしょうか?

管理体制に対しての信頼性

次に「ビットコインの管理体制への信用性=セキュリティの高さ」です。

きっとあなたもここが一番気になるんじゃないでしょうか?

冒頭でも言いましたが、2018年1月に大手取引所であるコインチェックがハッキング被害を受けたことで、セキュリティの高さは今一番注目を受けているはず。

もちろんベストは、取引所にビットコインを置いておかないで自分の「ウォレット」で管理する事なのですが、ぶっちゃけ保有しているビットコインが少額の場合、いちいち自分のウォレットに移動させるのはめんどくさいものですよね…。

【全13種】仮想通貨(ビットコイン)の対応おすすめウォレット一覧表

2018.01.23

なのでビットフライヤーさんがどのようなセキュリティ管理をしているかを確認しておきましょう。(何度も言いますが一番は自分で管理することです。取引所に預けること自体、リスクが伴います)

管理体制に関して調査したところ、コールドウォレット保管、2段階認証、マルチシグという大事な三つのポイントはクリアしているようです。

コールドウォレットとは?

コールドウォレットとはネットに接続されていないウォレットの事です。
反対にネット接続されているウォレットをホットウォレットと言います。
どちらも一長一短がありますが、セキュリティは間違いなくコールドウォレットの方が高いです。

それだけでなく、ビットフライヤーさんは国内初である不正ログインに対しての補償なども行なっています。(日本円のみ)

セキュリティ面に関してはかなり力を入れていることが伺えますね。

その結果、なんとビットフライヤーさんはセキュリティの高さが「世界一」と評価されました!

これは、管理体制は限りなく完璧に近いと言っていいんじゃないでしょうか?

とにかく安全に取引をしたいと考えている方は、ビットフライヤーで決まりですね。

評判や口コミ

ツイッターに流れているリアルな声をいくつか集めてみました。

全体的に初心者には使いやすいという高評価の一方、取引量が多いためか取引スピードが「重い」、「遅い」などの意見も見受けられました。

これはコインチェックがサービスを一時停止していることにより、ビットフライヤーZaifという二大取引所にアクセスが集中していることも原因の一つでしょう。

ただ、やはり人気があることは間違い無いようです。

実際に使ってみて感じたメリットとデメリット

僕がビットフライヤーを使い始めてからは大体2年半くらい経ちます。

この2年半で仕様が結構変わり(特にスマホアプリ)、「どんどん使いやすくなっているなぁ」というのが正直な意見です。

例えばスマホアプリは↓

こんな感じでとっても見やすいです。コインチェックを除くと、間違いなくアプリの使いやすさもNo.1です。

また、最近は面倒な税金の計算などもできるようになりました。

仮想通貨の税金はマジでめんどくさいので、とっても嬉しいですね。

【2018年最新】5分でわかるビットコイン(仮想通貨)の税金対策

2017.04.07

ただもちろん、「もうちょっとこうしてくれたら助かる!」と感じた部分も少なからずあるので、僕が使ってみて感じたメリットデメリットをまとめて紹介しておこうと思います。

メリット

  • スマホアプリ、PC共にめちゃくちゃ使いやすい
  • 昔はビットコインとイーサリアムのみだったが、今は取り扱い通貨がかなり増え、7種類を取引できる
  • 資本力がすごいので、ビットコイン無料プレゼントなどのキャンペーンが随時行われる
  • 「bitFlyer Lightning」で本格的なトレードも可能

デメリット

  • アルトコインの取引は販売所形式なので多少割高
  • トランザクション(売買、出金、入金など取引全般のこと)が遅い時がある

ビットコイン取引所と販売所の違いとは?コインチェックを例に解説

2017.05.08

結論

会社として信頼性があるのは十分理解できたんじゃないでしょうか?

多少トランザクションが遅い時があったり(今はアクセスが集中してるからなおさら)、まれにアクセス障害が起きる事もありますが、そういった事が全くない取引所は正直ありません。

個人的には「しょうがないこと」と考えています。本当に稀なことなので、そもそもそこが気になってしまう人はビットコインを取引しない方がいいでしょう。

それ以外においては、やはり国内取引量No.1取引所になった事が納得できるようなサービスの質だと感じました。取り扱い銘柄が増えたのも、アルトコインを取引したい人は嬉しいポイントです。

  • 初めてビットコイン(仮想通貨)を取引する人
  • 安全な取引所を利用したい人
  • スマホで簡単に取引したい人

などは間違いなく開設すべき取引所と言えるでしょう!

【ビットフライヤー】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.01.28

他の取引所とも比較して見たい!という人は、以下の記事で仮想通貨取引所をランキング形式で紹介してるので、参考にしてみてくださいね。

億り人が徹底比較!仮想通貨・ビットコイン取引所31社おすすめランキング

2017.02.16

まとめ

いかがでしたか?今回はビットフライヤーの評判や信頼性を調査してみました。

やはりかなりクオリティが高い会社でしたね。No.1取引所で間違いないでしょう。

もちろん全てが完璧というわけではありません。しかしそれは取引所の問題というよりは、「ビットコインの性質上仕方がない事」がほとんとです。

ビットコイン自体、まだまだ始まったばかりのサービスなので問題点があるのは事実です。

しかし、まだ始めていない人が多いからこそ、稼げる可能性がある市場なのです。

リスク0の投資などありません。しかし、知識と情報でリスクヘッジをすることはできます。

リスクを最小限に抑えながら、上手に資産を築いていきましょう。

わからないところあればコメントをこちらからどうぞ!

この記事の後によく読まれてます

【実はすごい】ビットバンク(bitbank)の特徴と手数料、登録方法まとめ

2018.02.08

【徹底解説】Zaif(ザイフ)とは?評判、メリット、使ってみた結果も紹介

2018.02.02

次はあのコイン!?これから大手取引所に上場する仮想通貨を予想してみた

2018.02.21

ビットコイン積立はbitFlyerよりもZaifがぜったいオススメな理由

2017.12.05

【これで完璧】仮想通貨(ビットコイン)の情報収集サイトまとめ15選

2017.11.09

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

またFacebookページやTwitter、LINE@では仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

LINE友だち追加

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

LINE@はじめました。

初心者におすすめの
仮想通貨ランキング

1位"キングオブ仮想通貨"こと
「ビットコイン」

言わずと知れた仮想通貨の中でもナンバーワンの認知度と時価総額を誇るビットコイン。
よく『ビットコインは高いから買えない』と言っている人がいるが、国内の取引所では0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。
個人的には一生上がり続けると思うので、ちょっとでも買っとくことをお勧めしてます。

2位"IQ2万の優等生"こと
「イーサリアム」

イーサリアムは常にビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っている仮想通貨です。
当時19歳だった天才少年に生み出され、マイクロソフトやIBM、トヨタなどにも支援されているほどの逸材。
ブロックチェーン上に、取引履歴だけでなく「契約」まで自動で記録してくれる「スマートコントラクト」という技術はあのホリエモンも投資するほどのポテンシャルを秘めています。

3位"仮想通貨界のバックパッカー"こと「リップル」

リップルは、あの天下の大企業「Google」様が出資していることで有名な仮想通貨です。
ブリッジ通貨という性質でとにかくスピーディに、安い手数料で国際送金ができることが特徴です。
2017年12月の1カ月で価格が約8倍に高騰した今まさに億り人を輩出しているコインです。

4位"中国からの刺客"こと
「ビットコインキャッシュ」

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。
ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインよりもビットコインに近いと巷では噂が。
ビットコインを超える可能性に少額でも賭けてみると良いでしょう。

5位"スピードスター"こと
「ライトコイン」

ビットコインを元に作られた通貨で、ビットコインが金ならライトコインは銀がコンセプト。
ビットコインよりも送金スピードが速くなっているので、実用性に優れています。
その性能から中長期的にも上昇が見込めますし、2017年12月の1カ月で価格が2.5倍高騰したことで短期的にも上昇をしているコインです。

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。