【ビットフライヤー】評判や信頼性は?実際に使ってみて感じた事

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

“ビットコイン”と聞くと2014年に起こったマウントゴックス破綻事件を思い出し、

「信用できねぇ…。」

なんてイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?
参考:マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失

この事件は正確には内部の人間(社長)がビットコインを盗んだという事件なので、実際ビットコイン自体が悪いわけではありません。

つまり取引所が悪かったという事ですね。だからこそ、ビットコインを運用する時は少しでも信頼のおける会社で取引したいのは当たり前です。

では、ビットフライヤーさんは信頼できる会社なのでしょうか?

有名な取引所ですが、実際どうなのか気になりますよね?

そこで今回はビットフライヤーの評判や信頼性に関して調査してみました。

僕が実際に使ってみて感じたメリットやデメリットも紹介しているので、「ビットフライヤーって実際どうなんだろう…」と気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

ビットフライヤーってどんな会社?


URL:https://bitflyer.jp/ja/

ビットフライヤーは日本初のビットコイン取引所で、取引量世界一を誇る会社です。

証券会社でいうところの野村証券といったところでしょうか。大御所さんです。

そんなビットフライヤーさんですが、信用性はどうなんでしょうか?

信頼性はどう?

「信用できるかどうか?」は、

  • 会社としての信頼性
  • ビットコインの管理体制に対しての信頼性

この双方の観点から考える必要があります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

会社としての信頼性

まずは会社の基本概要です。


引用:bitFlyer公式サイト

資本金「41億238万円」は、国内取引所ではNO.1です。また、公式サイトの社長の挨拶によると、「これまでの調達資金額は合計 40 億円近くとなり」と書いてあります。

設立3年でこの規模の資金調達ができる会社は滅多にありません。

こちらでも紹介されています。
【総まとめ】2016年に10億円以上の資金調達を実施した26社

株主さんも名だたる企業ばかりです。


引用:bitFlyer公式サイト

働いている人間が信用できるかどうかまでは調査できないですが(笑)、資金面に関しては問題ないどころかトップクラスといえます。

会社としての信用性は「ある」と考えていいのではないでしょうか?

管理体制に対しての信頼性

次に「ビットコインの管理体制への信用性」です。

詳しくはこちらにかいてありますが、ビットコインはインターネット上の通貨なので、「ハッキングリスク」というものが伴います。

【投資家監修】実際どうなの?ビットコインのメリットや可能性、未来について

2017.01.21

もちろんベストは、取引所にビットコインを置いておかないで自分のウォレットで管理する事なのですが、保有しているビットコインが少額の場合、いちいち自分のウォレットに移動させるのはめんどくさいものです。

【5分でわかる】ビットコインのウォレットとは?種類や特徴まで簡単解説!

2017.02.02

なのでビットフライヤーさんがどのようなセキュリティ管理をしているかを確認しておきましょう。

まず、コールドウォレット保管、2段階認証は基本です。これを行っていない取引所は利用しないほうがいいです。

コールドウォレットとは?

コールドウォレットとはネットに接続されていないウォレットの事です。
反対にネット接続されているウォレットをホットウォレットと言います。
どちらも一長一短がありますが、セキュリティは間違いなくコールドウォレットの方が高いです。

チェックすべき事は、

  • マルチシグネチャウォレットを採用しているかどうか?

これです。

マルチシグネチャウォレットとは簡単いいうと、「高セキュリティのウォレットを構築するための技術」です。

ビットフライヤーさんは、マルチシグを採用しています。

なので結論、取引所の中では高度なセキュリティ体制と言えるでしょう。

評判や口コミ

ツイッターに流れているリアルな声をいくつか集めてみました。

全体的に初心者には使いやすいという高評価の一方、取引量が多いためか取引スピードが「重い」、「遅い」などの意見も見受けられました。

頻繁に取引を繰り返すデイトレーダーさんにとっては少し使いづらい?のかもしれませんね。

実際に使ってみて感じたメリットとデメリット

僕がビットフライヤーを使い始めてからは大体2年くらい経ちます。

この2年で仕様が結構変わり(特にモバイルアプリ)、「どんどん使いやすくなっているなぁ」というのが正直な意見です。

ただもちろん、「もうちょっとこうしてくれたら助かる!」と感じた部分も少なからずあるので、僕が使ってみて感じたメリットデメリットをまとめて紹介しておこうと思います。

【徹底比較】ビットコイン取引所14社から厳選Top5ランキングを紹介

2017.01.28

メリット

  • Facebookと連携することで、とっても簡単に口座開設できる
  • ビットコインに焦点を絞っているので、分かりやすくビットコインを取引できる(イーサリアムも取引できます)
  • 資本力がすごいので、ビットコイン無料プレゼントなどのキャンペーンが随時行われる
  • 24時間取引が可能になった

デメリット

  • たまにサーバーが落ちて取引できない時間帯がある
  • トランザクション(売買、出金、入金など取引全般のこと)が遅い時がある
  • モバイルアプリは分かりやすいが、個人的にはコインチェックの方が分かりやすかった

結論

会社として信頼性があるのは十分理解できたんじゃないでしょうか?

取引量が世界一なのでトランザクションが遅い時があったり、まれにアクセス障害が起きる事もありますが、そういった事が全くない取引所はありません。

個人的には「しょうがないこと」と考えています。本当に稀なことなので、そもそもそこが気になってしまう人はビットコインを取引しない方がいいでしょう。

それ以外においては、やはり世界一の取引所になった事が納得できるようなサービスの質だと感じました。24時間取引になった事も嬉しいポイントです。

なので結論は、「まずはちょっとビットコインに触れてみよう」と思っているビットコイン初心者から、「大きな資本を投じてガンガン運用していこう」と思っている方にまでおすすめできる取引所です。

【ビットフライヤー】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.01.28

まとめ

いかがでしたか?今回はビットフライヤーの評判や信頼性を調査してみました。

やはり取引場としてはかなりクオリティが高い会社でしたね。

もちろん全てが完璧というわけではありません。しかしそれは取引所の問題というよりは、「ビットコインの性質上仕方がない事」がほとんとです。

ビットコイン自体、まだまだ始まったばかりのサービスなので問題点があるのは事実です。

しかし、まだ始めていない人が多いからこそ、稼げる可能性がある市場なのです。

リスク0の投資などありません。しかし、知識と情報でリスクヘッジをすることはできます。

リスクを最小限に抑えながら、上手に資産を築いていきましょう。

この記事の後によく読まれてます

【徹底比較】仮想通貨の取引所14社から厳選Top5ランキングを紹介!

2017.02.16

【ビットコイン取引所一覧】7社を4つの項目で徹底比較してみた

2017.04.28

【保存版】ビットコインのおすすめ運用方法、運用会社まとめ!

2017.04.19

ご案内。

500円で販売中、「ビットコインで月3万円稼ぐまでの道

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

またTwitterでは仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。ブログよりTwitterの方が回数は多いです。

ヒカルのTwitter

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

ビットコインに惚れて3年。今まで学んだ知識をまとめました。

0. ビットコイン完全攻略

bitcoin

1. ビットコインって何?

2147

2. ビットコインの仕組みってどんな?

2167

3. ビットコインを買うメリットって何?

2203

4. ビットコイン取引所のオススメをまとめてみた

2287

5. 口座開設からビットコイン購入までの全行程をまとめてみた

2250

6. ビットコインのウォレットって?

2396