ビットコイン取引所と販売所の違いとは?コインチェックを例に解説

どうも!ANGO(@ango_coin)の管理人、ヒカルです。

とうとうビットコインが最高値を更新しましたね!5月8日現在、1BTC=19万円を超えています。恐ろしい…

これぞ仮想通貨バブル。今年ビットコインは飛躍的にその価値を上昇させるでしょう。まだ触れたことがない人はこちらでどうぞ。

「よし、じゃあビットコインを買ってみよう!」そう思ったあなたはこんな疑問を抱いていませんか?

「取引所と販売所って何が違うんだ?どっちがいいの??」

初めてビットコインを売買しようと思った時に必ず湧き出る疑問だと思います。

僕も最初はよくわからなくてググりまくった記憶があります。

そこで今回はそんなあなたのために、ビットコイン取引所と販売所の違いを分かりやすく解説していきたいと思います。

それぞれの違いや特徴から、どんな時はどっちがいいのかまで全て網羅したので、この記事を読めば初心者のあなたももう迷うことはないでしょう。

ぜひ参考にしてください。

ビットコイン取引所(運営会社)とは?

まず、ここで言っている「ビットコイン取引所」とはコインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)やビットフライヤーなどの「運営会社」のことをさしています。

【徹底比較】ビットコイン取引所16社から厳選Top5ランキングを紹介

2017.01.28

ビットコイン運営会社のことを取引所と呼ぶことがあり、その運営会社を利用してビットコインを売買する方法として「取引所売買」「販売所売買」があり、言葉として少しややこしいです。

なので今回は、

  • ビットコイン運営会社→ビットコイン取引所(コインチェックやビットフライヤー)のこと
  • 取引所売買→ビットコインの売買方法のこと
  • 販売所売買→ビットコインの売買方法のこと

で言葉を統一して解説していきたいと思います。

まず、ビットコイン運営会社とは今言ったように、コインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)やビットフライヤーに代表される、ビットコインの売買サービスを行っている会社のことを言います。

株などでいう証券会社のようなイメージですね。基本的にビットコインを購入しようと思ったらこの方法が一番メジャーな方法になります。

【投資家解説】ビットコインを入手する6つの方法!おすすめはどれ?

2017.04.21

そして、ビットコイン運営会社を利用してビットコインを売買する際に、売買方法として、

  • 取引所売買
  • 販売所売買

という二つの方法があり、それぞれ多少の違いがあるので、今回はコインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)というビットコイン運営会社を例に出して違いを解説していきたいと思います。


URL:https://coincheck.com/ja/

【コインチェック】評判や信頼性は?実際に使ってみて感じた事

2017.05.04

取引所と販売所の違いは?

では、違いを説明していきます。

コインチェックのPC画面でいうと、

↓取引所売買

↓販売所売買

こんな感じで違いがあります。

なにが違うのか結論からというと、ビットコインを

  • 運営会社(この場合はコインチェック)から売買する→販売所売買
  • 運営会社を利用して、ビットコインを持っている人(一般ユーザー)と売買する→取引所売買

というかんじ。会社から直接売買するのか、会社を利用して(プラットフォームとして)ビットコインユーザーと売買するのかという違いですね。

もちろん、どちらからでもビットコインは簡単に購入できますし、一概に必ずしもどっちがいいというのはありません。

ただ人によっては好みがあると思うので、それぞれの特徴を詳しく説明していきましょう。

取引所の特徴

取引所の特徴は主に3つです。

  • 誰と取引しているかわからない
  • 板情報にでている価格と数量で取引をする
  • 販売所よりも割安で買える可能性が高い

運営会社を利用してビットコインを売買している人と取引を行うので、当たり前ですがどこの誰と取引しているのかは分かりません。

また、板情報にでている注文でしか取引できない=買いたい人と売りたい人がマッチングしなければ取引は成立しません。つまり、自分が買いたい数量のビットコインが売られていなければ、購入することができない場合があるということですね。(ビットコインは仮想通貨の中では取引が盛んなので比較的スムーズに売買できますが)

しかしその分、うまく取引が一致すれば、販売所よりも割安で買えたり、割高で売れる可能性もあります。(実際だいたいそうなる。)

取引所売買で確実に購入したければ、均衡価格の値段で注文するといいでしょう。

特徴をまとめると、証券会社を利用して株などを売買する方法とほぼ同じって感じですね。

参考:【完全攻略】プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

販売所の特徴

販売所の特徴も主に3つです。

  • 確実に売買できる
  • 運営会社が指定してる値段でしか売買できない
  • 取引所売買と比べると割安購入になる可能性が高い

販売所売買では、運営会社とビットコインを取引する形になるので、運営会社が提示している値段でしか取引はできません。

しかし取引所売買と違って、「買えない」「売れない」ということは起きず、確実に売買できます。

特徴をまとめると、取引所売買と比べると多少割安購入になってしまう可能性が高いが、確実にビットコインを買えるって感じです。

どっちがいいの?

結局どっちがいいのか?という話になりますが、最初に言った通り、絶対こっちがいいという断言はできません。

個人的には少しでも割安で買える取引所売買がおすすめで、普段からそっちで売買しています。

しかし、確実性という面では販売所売買の方が確実です。

ビットコインは値動きが激しいため、取引所売買のみだと、

  • 暴落している時は売りづらい
  • 暴騰している時は買いづらい

ということも起きます。

なので、「普段は取引所売買」で、「乱高下が激しい時は確実に販売所売買」のように使い分けるといいでしょう。

今回例に出したコインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)、大手のbitFlyerあたりはどちらも取引所売買と販売所売買を取り入れています。

個人的にはコインチェック(※安全確認が終わるまでZaifでの開設をオススメします)の方が初心者には分かりやすくて使いやすいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

今回はビットコイン取引所と販売所の違いを解説しました。

少しややこしい部分もあったかもしれませんが、それぞれの特徴を理解して、うまく使い分けれるようにしましょう。

ビットコインに関してまだあまり詳しくない人はこちらを参考にしてください。僕の知識をまとめてあります。

この記事の後によく読まれてます

億り人が徹底比較!仮想通貨・ビットコイン取引所31社おすすめランキング

2017.02.16

【実体験】仮想通貨に投資してみた。方法やメリットを解説

2017.02.21

【初心者必見】ビットコインの買い方(購入方法)を簡単解説

2017.01.31

【ビットコイン取引所一覧】7社を4つの項目で徹底比較してみた

2017.04.28

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

4.「この仮想通貨を買うならどこの取引所がおすすめ?」を図解

5. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

6. 一攫千金?!ネムコインとは?

7. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

8. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

9. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

10. 仮想通貨歴3年の僕が意識する15の投資ルール

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

ビットコインで月3万円稼ぐまでの道

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

■ Facebook



■ Twitter & Line@

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。