【謎の人物】サトシナカモトが書いたビットコインの論文とは?

カノウコウスケ
どうも!ANGOの編集長、カノウコウスケです。

ビットコインの歴史や始まりを調べていると、必ずたどり着くであろう名前が「サトシナカモト」です。

彼が提出した一つの論文がビットコインの始まりでした。ビットコインの生みの親ですね。

あなたは、

  • サトシナカモトがどんな人物なのか?
  • 彼が提出したビットコインについての論文がどんなものなのか?

知っていますか?

色々わからない事だらけですよね。

今回はその論文がどんなものなのかを調査しながら、その要点をまとめると共に、謎に包まれたままである「サトシナカモト」の正体にも迫っていきましょう!

驚くべき事実が存在しますよ…!

それではどうぞ。

サトシナカモトとは?

ビットコインは2008年、一つの論文が提出された事から始まりました。

【宇宙イチ簡単】ビットコインとは何か?仕組みからわかりやすく解説

2017.01.07

タイトルは「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:ピア・ツー・ピア電子キャッシュシステム)」(これが原文です)

提出した人は「Satoshi Nakamoto(サトシナカモト)」という謎の人物です。

↓原文のPDF

彼に関しては様々な噂がありますが、未だに、

  • 日本人なのか?
  • そもそも一人の人物なのか?グループなのか?
  • 実在するのか?

という事すらわかっていないほど謎に包まれた人物です。

これで何人か自らをサトシナカモトと証言する人物もいました。

例えば2015年10月にアメリカ・ラスベガスで開催されたビットコイン投資家カンファレンスの際に登場した、オーストラリア人起業家の「クレイグ・スティーブン・ライト」もその一人で、ビットコイン論文発表前に自身のブログでその内容を公開しいた事などから、「彼がサトシナカモトなのではないか?」という憶測も飛び交いました。

↓その時の様子

しかし、それでも彼がナカモトサトシだという決定的な証拠はなく、未だにサトシナカモトの正体は不明のままです。(このクレイグ・スティーブン・ライトは少なくともサトシナカモトに近い人物だとは思いますが…)

サトシナカモトについて分かっている事は?

とにかくサトシナカモトは謎な人物です。

ただ、ビットコインの仕組みである「マイニング」を一番初期にしていたのはサトシナカモトであると言われています。

【猿でもわかる】ビットコインのマイニングとは?仕組みや方法を解説

2017.03.25

そして、そのマイニングで採掘したビットコインの量は約100万BTCと言われています。

100万BTCという事は、今のレート(2017年7月現在、1BTC=約30万)で換算すると…はい。

「約3千億円」です。やばすぎw

これが事実だとしたら、サトシナカモトはめっちゃ金持ちという事だけはわかりますね。(笑)

さらにこれは、サトシナカモトを特定する鍵になります。

ビットコインは仕組み上、その取引履歴が必ずブロックチェーンに残されるようになっています。

【猿でもわかる】ビットコイン、ブロックチェーンの仕組みとは?

2017.01.14

未だにこのビットコインは動いていないのですが、もしもこのビットコインが動けばその履歴がブロックチェーンに記載されるので、サトシナカモトを特定する鍵となりそうです。(もちろん、ブロックチェーンには取引履歴しか記載されず、個人情報などは記されないので人物を特定する事はできませんが、少なからず手がかりにはなるでしょう)

まあ、個人的にはサトシナカモトが誰なのか?は別に重要ではなく、とにかく「ビットコインやブロックチェーンという革命的な産物を生み出してくれたという事実」がとっても大事だと思っていますが…。

「俺も今のうちからビットコインを保有したいぞ!」って方はこちらからどうぞ。

ビットコインの論文(原文)

「サトシナカモトが提出した論文の中身、しかも原文が気になる…。」

という方もいると思うので、一応原文を貼っておきます。

↓原文(英語)
Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:ピア・ツー・ピア電子キャッシュシステム)

…どうですか?おそらくほとんどの方が1秒でUターンしてきたんじゃないでしょうか?(笑)

英語が完璧で、ビットコインに関しての基礎知識を理解できている人じゃないと、何を言っているのか訳ワカラナイ状態のはず。

専門用語がガンガン出てくるので、初心者の方には少しハードルが高いでしょう。

どんな事が書かれているの?

この論文はビットコインについて及び、それを支えている技術に関して書かれています。

ここで言われている事を、要点のみ箇条書きで洗いだしてみると、

  • P2Pシステム(第三者を必要としない取引)について
  • ブロックチェーンの仕組みと安全性について
  • ブロックの容量削減について
  • マイニングとプルーフオブワークについて
  • ブロックチェーンのセキュリティについて(取引は公開されているが、個人情報まで特定されない)
  • マイニング及びブロックチェーンの仕組みにより、不正ができない仕組みになってる事

こんな感じです。

「何言ってるか全然わからんぜよ!」

そんなあなたは、まずはビットコインの基礎知識から学びましょう。

以下の記事でビットコインに関して僕の知識を全てまとめてあるので参考にしてください。そうすればこの論文も理解できるようになるはずです。
参考:【ビットコイン初心者講座】始め方から稼げる運用方法まで

その他のアルトコイン含めた仮想通貨に関して学びたい方は以下の記事からどうぞ。
参考:【完全攻略】個人投資家が教える仮想通貨の全て〜2017年最新〜

まとめ

いかがでしたか?

今回は謎の人物であるサトシナカモトが提出したビットコインについての論文に関して解説してみました。

ビットコインについては、マウントゴックスの破綻などが理由であまりよくないイメージを持っている人も多いかもしれませんが、その仕組みをしっかり理解できれば、イメージが全く変わるはずです。

僕はビットコインを開発してくれたサトシナカモトには感謝しかありません。(笑)

早く世の中に浸透していってもらいたいものですね。

この記事の後によく読まれています

【投資家監修】実際どうなの?ビットコインのメリットや可能性、未来について

2017.01.21

【徹底比較】ビットコイン取引所16社から厳選Top5ランキングを紹介

2017.01.28

そうだったのか!ビットコインの発行量とその現在を解明してみた

2017.04.17

ビットコインの半減期とは?なぜおきる?次はいつ?【2018年最新情報】

2017.03.23

【高騰?暴落?】中国とビットコインの関係と価格に与える影響

2017.07.26

Zaif積立、ぶっちゃけどうなん?

仮想通貨の投資方法は何種類かありますが、「ザイフの積立って実際どうなの?お金増えんの?」と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの度、ANGO代表のハナキに「Zaif積立を利用して実際にお金が増えるのか?」の被験体になってもらうべく交渉してきました。本人も驚く意外な結果になりました。笑

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損していた...

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

コインチェックの事件を経て、仮想通貨取引所が『ぼろ儲け』していることは世間に明るみになりました。では仮想通貨取引所はどのように儲けているのでしょうか?そのカラクリに気づき取引所を選定し直した人は少なくありません。

しかし、調べるのも一苦労です。国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう。ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。