【将来性あり!?】仮想通貨リスクコインとは?4つの特徴や今後の可能性

カノウコウスケ
どうも!ANGOの編集長、カノウコウスケです。

アルトコインは全体的にまだまだ価格が安いので、爆発的な利益を得れる可能性を秘めているのが魅力ですよね。

きっとこの記事にたどり着いたあなたは、

「アルトコインってたくさんあるけど、リスク(Lisk)はどうよ?可能性ある?」

なんて思っているんじゃないでしょうか?

リスクコインは比較的新しい仮想通貨ですが、実はマイクロソフトとパートナーシップを結んでいることで有名なコインでもあるんです。

そして最近は国内最大取引所であるbitFlyerにも上場し、話題が絶えません。

今回はそんなリスク(Lisk)という通貨について、4つの特徴を解説しながら、「リスクとはどんな仮想通貨なのか?」「今後の将来性はどうなのか?」などを理解できる記事を書いてみました。

リスクコインに投資しようか悩んでいる人は必見ですよ。

それではどうぞ!

仮想通貨リスク(Lisk)とは?

リスク(Lisk)とは2016年5月24日に運用が開始されたアルトコインです。

2017年8月22日現在、時価総額は「約350億」で、ランキングは「21位」に位置しています。


引用:coinmarketcap.com

coinmarketcap.comさんによると、現在取引されている仮想通貨は規模がとても小さいものも合わせると1072種類もあるので、アルトコインの中では上位の方に位置しているといってもいいですね。

【2018年も大注目】アルトコインとは?おすすめや投資方法も解説

2017.05.15

リスクは「イーサリアム」や「ネム」と同じ、”スマートコントラクト”という技術を用いていることで有名で、コインチェック(※安全確認が終わるまでビットフライヤーでの開設をオススメします)やbitFlyerで取引が可能になっています。

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトとは直訳すると「賢い契約」という意味。

ブロックチェーン上に「取引履歴」だけでなく、「契約」までを記録していくというものです。

この技術のおかげで「第三者を必要とせず契約までを不正なく行う」ことができ、現在様々な分野に応用されています。

「そもそもブロックチェーンってなんだっけ?」という方はこちら、スマートコントラクトについてもっと詳しく知りたい人はこちらを参考にしてみてください。

なので、イーサリアムと性質が近いアルトコインだということを覚えておきましょう。

ただもちろん、イーサリアムと全く同じという訳ではありません。

リスクはイーサリアムの欠点を補っているコインと言えるのです。

イーサリアムとの違いは?

イーサリアムは「The DAO」がハッキングされたことにより、最終的にハードフォークを行うことになり分裂してしまい、新しくイーサリアムクラシックというコインが誕生したことは有名だと思います。

イーサリアムのハードフォークとは一体なんだったのか?をまとめてみた

2017.06.19

ハッキングなど何かしら不具合が起こった際、本来であればブロックチェーンを書き換えることはできません。(できないというよりは、第三者が介入してブロックチェーンを書き換えることはしてはいけないことなんです)

しかしイーサリアムはそれに背き、無理やりブロックチェーンを書き換えた(厳密には新しいブロックチェーンを作り出した)ことにより結果として通貨が分裂してしまいました。

それと比べて、リスクはそいういった不具合が起こった時にも対処しやすい仕組みになっています。

それが「サイドチェーン」です。

サイドチェーンとは「メインのブロックチェーンに対するサブのブロックチェーン」みたいなものです。

↓こんな感じ

引用:blockstream.com

さっきも言った通り、メインのブロックチェーンに一度情報を書き込むと、後から書き換えるとこは原則できません。

そこで、メインのチェーンではなくサブのブロックチェーンに情報を書き込んでおくことにより、何か不具合が起こった時にメインのブロックチェーンには影響が出ないように開発者がコントロールすることができます。これがサイドチェーンのメリットです。

…ややこしいですね。(笑)

簡単にまとめると、「サイドチェーンを利用することにより、何か問題が起こった時にでも対処しやすくなるんだ。」という理解でオッケー!

リスクコインは、サイドチェーンを利用しているという点がイーサリアムとの違いであり、イーサリアムの欠点を補っているコインといえます。

リスクコインの4つの特徴

では、サイドチェーンを含めたリスクコインの4つの特徴を紹介していきます。

  • サイドチェーンが利用されている
  • マイニングではなくフォージング
  • 発行総量が決まっていない
  • JavaScriptが採用されている

以上4つです。

それぞれ簡単にみていきましょう。

サイドチェーンが利用されている

さっきも説明しました。

イーサリアムとの明確な違いであり、サイドチェーンを利用していることがイーサリアムの欠点を補っていますね。

おさらいしておくと、

  • メインのブロックチェーンに対するサブのブロックチェーン
  • サイドチェーンを利用することにより、何か問題が起こった時にでも対処しやすくなる

って感じです。

マイニングではなくフォージング

ビットコインにはマイニングという仕組みがあることは知っていますよね?

PoW(プルーフオブワーク)というルールに基づいてマイニングがされています。

【猿でもわかる】ビットコインのマイニングとは?仕組みや方法を解説

2017.03.25

しかし、リスクコインの場合はこの承認作業に当たるものを「フォージング(鋳造)」と言います。

ルールとしては、PoWではなく、「DPoS(Delegated Proof of Stake)」が採用されています。

「計算を成功させることで承認権を得る=マイニング成功=新規ビットコインゲット」となるPoWに対し、このDPosというものは「コインの保有者の中で投票をし、選ばれた人が承認権を得る=フォージング成功=新規リスクコインゲット」というルールになっています。

日本でいう「選挙」みたいなものですね。

なんだか難しい話ですが、「リスクコインではビットコインのマイニングに当たるものをフォージングという」という事くらいは覚えておきましょう。

発行総量は決まっていない

フォージングの続きです。

ビットコインはマイニングできる量が4年に一度のペースで半分になっていく=「半減期」というものがありました。

ビットコインの半減期とは?なぜおきる?次はいつ?【2018年最新情報】

2017.03.23

そして「2140年には全てのビットコインがマイニングされ、それ以降はマイニングはされない」。という決まりでしたよね?

つまり発行総量が決まっていました。

そうだったのか!ビットコインの発行量とその現在を解明してみた

2017.04.17

しかし、リスクコインのフォージングの場合、1年目は5LISK/ブロック、2年目は4LISK/ブロック、・・・と1年に1LISK/ブロックずつ減少していき、「5年目以降はずーっと1LISK/ブロック」が報酬になるという仕組みになっています。

つまり、発行総量が決まっていないんですよ。

リスクコインは2016年5月24日に発行され始めたので、本来2017年5月24日にブロック報酬が減るはずだったのですが、大幅なズレがあり、「2017年11月17日」にブロック報酬が「4LISK/ブロック」減少しました。(なので2018年3月現在のブロック報酬は4LISKです)

次の半減期はいつなのか?は、こちらで確認できるのですが、次も2018年11月1日頃と予定されているみたいです。


引用:www.liskdelegate.io

なので、これから2020年までは基本的に毎年11月付近にブロック報酬が減るという認識でいいでしょう。

そして2020年11月頃を予定している最後の半減期以降、ブロック報酬はずっと1LISKが続くという感じですね。

もちろん日にちはまたズレる可能性があるので、上記のサイトでしっかり確認しておきましょう。

JavaScriptが採用されている

そろそろ、

「色々用語が多すぎだろ!」

と突っ込まれそうですが、めげずに解説していきます。(笑)これが最後なんで頑張ってください。

リスクコインのコードは「JavaScript」というプログラミング言語が使われています。

「だからなに?」と思うかもしれませんが、JavaScriptはとってもメジャーな言語なので「何か問題がおきた時や、アップデートとかの時に開発がしやすい」という特徴があるんです。

例えばイーサリアムなんかはブロックチェーン専用の言語を使用しているので、それと比べたらスムーズな開発ができそうですよね。

リスクの価格とこれまでの推移

リスクのこれまでの価格推移を簡単にまとめておくので、まずはさらっと目を通してみてください。


引用:coinmarketcap.com

リスクコインは、実際に取引開始=時価総額が算出されだしたのは5月24日からです。

その前はプレセール期間の取引..かな?

上場して以降は、ずーっと横ばいでしたが、2017年5月あたりから価格が上昇しだしていますね。

これはさっき説明した5月24日のブロック報酬の減少が原因だと思われます。それ以降の上昇はアルトコイン全体のバブルですね。

2017年8月22日現在の価格は「1LISK=約300円前後」です。

リスクは上昇を読みやすい?

「ブロック報酬の減少時に価格が上がりやすい」というのはビットコインと少し似ていますね。

もちろん、ビットコインも半減期で必ず価格が上昇する訳ではありませんが、そうなることは比較的多いのがここまでの事実です。

なのでリスクにおいても、半減期を迎える前に保有しておくというのが一つ売買手法となりそうです。


引用:coinmarketcap.com

実際に、前回の半減期である2017年11月17日以降、価格は大幅に上昇していきました。

次は今年、2018年10月〜11月前後でブロック報酬が減少する予定です。(確認はこちらから)

その前にリスクを保有しておくといいかもしれませんね。

リスクはこちらから購入できますよ。

ビットフライヤーに上場し価格が高騰

2018年1月31日、リスクは国内最大取引所であるbitFlyerに上場し、価格が高騰しました。

その時のチャート↓

引用:minkabu.jp

ローソク足が急激に伸びていますね…(笑)

やはり仮想通貨は、大手取引所に上場するととんでもない上昇を見せます。

【徹底調査】仮想通貨LISK(リスク)が上場した理由と今後の上場予定

2018.03.04

モナコインbitFlyerに上場した時も同じような高騰をみせましたしね。

2018年のモナコインの価格をズバリ予想!高騰する材料はコレだ!

2018.02.26

まだ大手取引所に上場してないコインを今のうちから保有しておけば、もしかしたら…もしかするかもしれませんね。(笑)

次はあのコイン!?これから大手取引所に上場する仮想通貨を予想してみた

2018.02.21

リスクの将来性は?結局どうなん?

将来性..これに関しては正直分かりません。

アルトコインは山ほどありますし、さらにICOが増えていることにより、今後もどんどん増えていくことが予想されます。

【バブル必須】ウワサの仮想通貨ICO(プレセール)とは?を完全網羅!

2017.08.06

その中から「これが絶対上昇する」なんて言えるわけがありませんしね。

むしろ、そんな情報があったらほぼ100%詐欺だと思っていいでしょう。そーゆう詐欺はたくさんあるので注意してください。

ビットコインに便乗した仮想通貨詐欺に気をつけよう。見分け方を解説

2017.05.25

なので、今後どうなるか?は断言できませんが、リスクコインのプラス材料とマイナス材料を簡単にまとめておくので、それを参考に最終的には自己判断してください。(笑)

まあ個人的には余裕資金であれば可能性にかけて投資しておくのはアリだとは思います!

プラス材料

と言ったあたりが、リスクの好材料と言えるでしょう。

以下の記事により詳しく書いていあるので、興味がある人は読んでみてください。

【徹底解説】仮想通貨Lisk(リスク)の高騰は2018年から始まる!?

2018.03.05

マイナス材料

  • 発行総量が決まってないので価値が下がる可能性がある
  • 他にも魅力的なアルトコインが多数ある(ライバルが多い)

購入できる取引所

リスクコインは国内取引所ではコインチェック(サービス停止中)かbitFlyer、海外取引所ではBinanceBittrexであたりで購入することができます。

もしリスクコインを購入するなら普通にbitFlyerさんでいいでしょう。

めちゃくちゃ使いやすいので「初めて仮想通貨を購入する」という人でも困ることはまずないです。

セキュリティに関しても世界No.1ですからね。

仮想通貨リスク(LISK)が買える取引所9社から厳選2社を紹介!

2018.02.28

詳しいアカウント開設方法は以下でまとめているので参考にしてみてください。

【ビットフライヤー】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.01.28

ちなみに、ある程度仮想通貨取引に慣れている人は、より割安でリスクコインを購入できるBinanceも口座開設しておくといいかもしれませんね。

海外取引所なので、初心者にはあまりおすすめしませんが、安い手数料で購入できる上、200種類以上のアルトコインを取引できちゃうので。

脱初心者にはおすすめの取引所です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は仮想通貨リスクコインの特徴や将来性などを解説してみました。

イーサリアムと似ているコインですが、また違う魅力を持ったコインでしたね。

イーサリアムやリップルのように有名なアルトコインではありませんが、まだまだ価格は安いので、興味がある人は今のうちから保有してみてもいいかもしれません。

この記事の後によく読まれてます

【一攫千金コイン!?】ネム(NEM)とは?特徴や今後の動きを徹底解説

2017.05.11

【億万長者になれる!?】Googleも出資した仮想通貨リップル(XRP)とは?

2017.05.22

【猿でも分かる】イーサリアムクラシックとは?特徴や仕組みを簡単解説

2017.06.12

【宇宙イチ簡単】ビットコインとは何か?仕組みからわかりやすく解説

2017.01.07

【買うならZaif】イーサリアムの購入方法(買い方)を実演4stepで紹介!

2017.06.20

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

4.「この仮想通貨を買うならどこの取引所がおすすめ?」を図解

5. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

6. 一攫千金?!ネムコインとは?

7. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

8. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

9. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

10. 仮想通貨歴3年の僕が意識する15の投資ルール

気合い入れてまとめた記事です。

ビットコインで月3万円稼ぐ方法

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

■ Facebook



■ Twitter & Line@

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。