ビットコイン(仮想通貨)に投資して分かった一番安全な取引所を発表!

アライカズマ
どうも!ANGOメンバーの、アライカズマです。

2018年1月に発生したコインチェックのハッキング事件を受けて、

仮想通貨売買はしたいけど、マジで安全な取引所じゃないと嫌だー!
結局どこが一番安全なの??

と、お困りの方も多いでしょう。きっとあなたもその一人では?

確かに、せっかく思い切って仮想通貨を購入してみたのに、「ごめんさないハッキングされました」とか言われたらもう意味わかんないですもんね..。悔やんでも悔やみきれませんよね。

でも大丈夫!!そんなあなたに朗報です!

今回は、ビットコインに2年半投資してきた僕が思う一番安全な取引所を紹介しちゃいます。

今までさまざまな取引所を使ってみてわかった取引所の管理体制を元に、勝手にランキングでTop3をお教えします。

これまで最初の一歩が出なかった人もきっと安心して一歩を踏み出せると思います。

ぜひ参考にしてみてください!

そもそも取引所って何なん?

ランキングを発表する前に、そもそも取引所のことをよく分かっていない人もいると思うので、簡単に説明します。

取引所とは、ビットコインなどの仮想通貨を売りたい人(売り手)と買いたい人(買い手)をマッチングさせる仲介サービスを行う運営会社のことを指します。

あなたが「ビットコインを買いたい!」って思っても、ビットコインを売ってくれる人を自分で探すのは大変ですよね。笑

だからその役割を取引所が行ってくれるんです。証券会社のような感じですね。

ビットコインを手に入れる方法はいくつかありますが、もっとも早く簡単に購入できるのがこの取引所です。

どんな取引所があるのか気になる人は、以下の記事で日本仮想通貨事業者協会(JCBA)に登録されている取引所のうち、主要取引所7社を比較しているので、そちらも見てみてください。

【ビットコイン取引所一覧】7社を4つの項目で徹底比較してみた

2017.04.28

販売所との違いは?

「取引所」とよくごっちゃになって勘違いされるのが「販売所」です。

何が違うのかというと、

  • 販売所での売買→あなた(買い手)は運営会社(売り手)から購入
  • 取引所での売買→あなた(買い手)はビットコインを持ってる一般の人(売り手)から購入

という点が異なります。

コインチェックを例に出して説明すると、販売所売買では「あなた(買い手)がコインチェック(売り手)から直接ビットコインを購入」するのに対し、取引所売買では「あなた(買い手)はコインチェックを(プラットフォームとして)利用して一般ユーザー(売り手)からビットコインを購入」する形になります。

分かりましたか?もっと詳しい説明をしてほしいよって人はこちらをぜひご覧ください。

ビットコイン取引所と販売所の違いとは?コインチェックを例に解説

2017.05.08

だから管理は大事!過去のハッキング事件を紹介するよ

世間の人がビットコイン(仮想通貨)取引所を利用する上で、「安全性って本当に大事なんだなー」と感じたのは、きっとコインチェック事件の影響が大きいでしょう。

何を隠そう、僕もコインチェックに少なからず資金を置いていましたからね…。(笑)

それはさておき、じゃあ今回のコインチェック事件が初めてのハッキングなのか?と言うと、もちろんそうではありません。

ビットコインの取引所サービスが初めて開始されたのは2010年。

それから8年間で、実は何回もハッキングがおこっているのです。

資金管理(自分のウォレットを利用することや、安全な取引所を利用すること)がどれだけ大切なのかを知るためにも、過去に起きた事件を振り返ってみましょう。

↓これまでに取引所で起きた事件

事件が起きた日事件の内容
2011年6月19日マウントゴックスがハッキング被害
2014年2月24日マウントゴックスが2度目のハッキング被害&破綻(被害額744,408BTC)
2015年1月4日bitstampがハッキング被害(被害額19,000BTC)
2016年8月2日bitfinexがハッキング被害(被害額約12万BTC)

このように過去に何度も取引所がハッキングされて、大量のビットコインが盗まれています。

さらに、この他にもビットコイン関連の事件や詐欺がいくつも起こっています

ビットコイン(仮想通貨)関連の事件総まとめ!今後の対策なども徹底解説!

2018.01.29

ビットコインに便乗した仮想通貨詐欺に気をつけよう。見分け方を解説

2017.05.25

想像してみてください。一瞬にして自分の資産がゼロになってしまうんです。。

怖いですよね。

もちろん、ブロックチェーンの仕組み上、ハッキングの犯人がビットコインを出金したり送金したりすると記録が残るためその取引記録を追うことは可能です。

ただ、もちろんアドレスと個人情報は結びついていませんし、犯人が盗んだお金を何回かに分けて少額ずつ出金したり送金したりすると、警察の目を誤魔化すことは不可能とは言えない状況。

つまり、ハッキングによって盗まれたビットコインはほぼ100%戻ってくることはないと思ってください。取引所も負担してくれません。(ビットフライヤーだけは一部補償制度があります。詳細はあとで説明します)

仮想通貨を安全に管理するには?

ここまで恐怖を煽るような説明をしてきましたが笑、きっとあなたは「それでもやっぱり興味があるんだよね..」と思っているでしょう。

僕もその考えには全面的に賛成です。

ハッキングのようなリスク(もちろん価格変動のリスクも)があるのは事実ですが、それ以上に魅力があるのも事実。

しかもそれらのリスクは自分でどうにかできる事がかなり多いんです。

その方法のうちのまず一つが、

  • 必要に応じて自分に合った「ウォレット」を利用する事

です。

ウォレットに関しては詳しくは以下の記事で紹介しているので、そちらをみてください。

【全13種】仮想通貨(ビットコイン)の対応おすすめウォレット一覧表

2018.01.23

そしてもう一つが今回の内容である、

  • なるべく安全な取引所を利用する事

ですね。

最低限この二つを守れば、ハッキングリスクはかなり軽減できます。

そこからさらに限りなくハッキングリスクを0にするには、各々のセキュリティ対策も必要になってきます。

以下の記事で僕がオススメするセキュリティ対策をまとめてあるので、ぜひチェックしておいてください。

【必須事項】最低限やっておくべき仮想通貨のセキュリティ対策7つ!

2018.01.26

安全な取引所ランキング

お待たせしました!かなり前置きが長くなってしまいましたが、安全な取引所をランキング形式で紹介します。

今回は、取引所の安全性(セキュリティ)という点のみで評価したランキングになるので、総合的なランキングを知りたい人はこちらをご覧ください。

騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング【31社比較】〜2018年最新版〜

2017.02.16

安全性の評価基準

ランキングでの安全性の評価基準はかなり細かく分けると、

  • 二段階認証が導入されているか
  • コールドウォレットによる保管がされているか
  • 適切にマルチシグ対応しているか
  • 資産を分別管理しているか
  • 資産の補償契約があるか

という、技術的な管理体制の部分にプラスして、

  • 外部セキュリティ評価サービスなどの評価
  • 過去のハッキングやサービスの不具合の頻度
  • ユーザーへの一般対応(実体験や口コミ)

なども考慮して、独断でランキングTop3を決めました。

多少の考えの違いはご了承ください..。(笑)

「二段階認証」
ログイン時にログインパスワードの入力に加えて、確認コードによる認証を行うというもの

「コールドウォレット」
ネットワークから隔離し、完全なオフライン環境で顧客の資産を管理するというもの

「マルチシグ(マルチ・シグネチャ)」
ビットコインの秘密鍵が複数に分割されていて、ビットコイン送付時に一定数以上の秘密鍵が必要になるシステム(ビットコインの送付に複数人の署名が必要であるということ)

「資産の分別管理」
顧客の資産(現金やビットコイン)と会社の資産を別の銀行口座で分けて管理するというもの(2017年4月に施行された改正資金決済法により義務化された)

「資産の補償契約」
顧客の資産が不正に出金された場合に、運営会社が一部補償金を支払ってくれるというもの

第3位 GMOコイン


URL:GMOコイン公式サイト

第3位はGMOコインです。

GMOコインは、日本のネット企業大手「GMOインターネットグループ」の傘下である「GMO-GMOコイン株式会社」が運営している取引所です。

2017年5月31日から運営が開始されたほやほやの取引所です。

運営が始まったばかりですが、Z.conコインは「二段階認証」「コールドウォレット保管」「マルチシグ対応」「資産の分別管理」だけでなく、中小企業への無償サービスをはじめとした企業向けサイバーセキュリティ対策支援を数多く行う三井住友海上火災保険株式会社と連携をして、サイバー攻撃への対策も行なっています。

セキュリティ対策には抜かりがない会社ですね。

GMOコインのセキュリティ施策の全文がみたい人はこちらから。

第2位 bitbank


URL:bitbank trade公式サイト

第2位はbitbankです。

「二段階認証」「コールドウォレット保管」「資産の分別管理」は、当たり前に完璧。

仮想通貨界隈の著名な人たちからの評価も高い…!

ただマルチシグに対応すれば言いという訳ではなく、通貨の性質によってはあえてマルチシグにしなかったりと(イーサリアムのように、その方がセキュリティが高くなる場合もあるようですね)、かなりきちんとしてる事が伺えます。

こちらからビットバンクのセキュリティ対策の全文が読めるので、興味ぜひ一読してみてください。

こだわりがわかりますよ。

ちなみにビットバンクはアルトコインを板取引できたり、手数料が全て無料だったりと、地味にかなりいいサービスを展開しているので、ぜひ開設しておくべき取引所と言えるでしょう。

まだ開設していない人はこちらからどうぞ。

第1位 ビットフライヤー

スクリーンショット 2017-01-28 17.21.38

URL:bitflyer公式サイト

第1位はビットフライヤーです。

ビットフライヤーは、ビットコインFXや先物の取引ができるビットフライヤーFXの取引量も合わせると、ビットコインの取引量が日本一の取引所です。

また、日本で一番初めに運営が始まった取引所でもあり、セキュリティ対策はどこよりも力を入れています

何を隠そう、ビットフライヤーは世界で一番セキュリティが高いと評価されていますからね!

参考:Security analysis of the most popular cryptocurrency exchanges

また、資産の補償契約を実施したのもビットフライヤーが国内初です。というか現状ビットフライヤーのみです。

参照:国内初 仮想通貨取引利用者のメールアドレス・パスワード等の盗取による不正出金被害の補償を開始

ただし、ビットフライヤーの補償契約は「日本円が盗まれた時のみ」しか適用されないので、そこは注意が必要です。

ビットフライヤーのセキュリティ施策の全文がみたい人はこちらから。

ビットフライヤーはセキュリティの高さに加え、スマホアプリの使いやすさもNo.1なので、間違いなく初心者に一番オススメの取引所と言えます。

これから仮想通貨(ビットコイン)を始める人は、まずはビットフライヤーからスタートしてみましょう。

より詳しくビットフライヤーについて知りたい人は、以下の記事からどうぞ。

【No.1取引所】ビットフライヤーの評判や信頼性、口コミを調査してみた

2017.05.01

まとめ

いかがでしたか?今回は、ビットコイン取引所の安全性をランキング形式で紹介しました。

取引所の安全性について分かっていただけたでしょうか。

ビットコインを買って資産を増やそうと考えているのなら、リスクを理解し自分の資産をしっかりと守ることが一番大事です。

「まだビットフライヤーの口座開設していなかったわー!」って人は今すぐ開設しちゃいましょう。善は急げですよ。笑

わからないところあればコメントをこちらからどうぞ!

この記事の後によく読まれてます

【ビットフライヤー】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.01.28

ビットフライヤーの使い方を完全解説(入金/買い方/送金/受け取り)

2017.08.31

仮想通貨リスク(LISK)が購入できる取引所9社からおすすめ2社を厳選!

2018.02.28

騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング【31社比較】〜2018年最新版〜

2017.02.16

【必須アプリ】仮想通貨ビットコイン取引にはコレ!ランキングTOP5

2018.02.18

Zaif積立、ぶっちゃけどうなん?

仮想通貨の投資方法は何種類かありますが、「ザイフの積立って実際どうなの?お金増えんの?」と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの度、ANGO代表のハナキに「Zaif積立を利用して実際にお金が増えるのか?」の被験体になってもらうべく交渉してきました。本人も驚く意外な結果になりました。笑

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損していた...

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

コインチェックの事件を経て、仮想通貨取引所が『ぼろ儲け』していることは世間に明るみになりました。では仮想通貨取引所はどのように儲けているのでしょうか?そのカラクリに気づき取引所を選定し直した人は少なくありません。

しかし、調べるのも一苦労です。国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう。ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。