【韓国最大の取引所】Bithumb(ビッサム)が色々スゴすぎる件について

アライカズマ
どうも!ANGOメンバーの、アライカズマです。

もうすぐ夏も終わりですね。

秋になったら10月にCOMSAのトークンセールが開始されるし、11月にはビットコインがハードフォークをするかもしれないし、まだまだ仮想通貨は熱いですね。

ここ最近日本でかなりの盛り上がりを見せている仮想通貨ですが、海外ではどうなっているのかあなたは知っていますか?

日本、アメリカ、中国が仮想通貨先進国となっていますが、その次に仮想通貨が熱い国は韓国なんです!

少し調べてみると、韓国での仮想通貨の盛り上がりがすごいことが分かりました。

特に、韓国最大の取引所「Bithumb(ビッサム)」は取引量も多く、サービスも充実しています。

海外の取引所にちょっと興味があるけど、実際海外の取引所ってどうなんだろう。

って思っている人のために、今回は

  • おとなり韓国の仮想通貨事情はどうなのか?
  • 韓国最大の取引所「Bithumb」とはどんな取引所なのか?

を紹介していきたいと思います。

僕も今まで韓国の取引所はあまり知らなかったのですが、今後取引量で日本を抜いてくるかもしれません。大注目です!

Bithumb(ビッサム)とは?


引用:bithumb公式サイト

Bithumb(ビッサム)とは、韓国で最大の取引量を誇る仮想通貨取引所です。

韓国の仮想通貨取引所は、BithumbKorbitCoinoneの3社が三大仮想通貨取引所となっていますが、その中でもBithumbの取引量は韓国全体の約60%を占めています。


引用:cryptocompare.com

ものすごいですね。

2017年8月時点での会員数は約80万人となっていて、一日の取引量も8月19日に約2600億円を記録した超大手取引所です。

Bithumbの特徴は後で詳しく説明していきますが、日本語対応していたり、取引できるアルトコインの種類が豊富だったりと、多くのメリットがあります。

取引手数料に関しては、日本の主要取引所と比較してもほぼ変わらない料金となっています。


引用:bithumb公式サイト

↓日本の主要取引所7社の取引手数料

取引所名取引手数料日本円出金手数料
coincheck(停止中)0%400円~756円
bitflyer0%216円~756円
Zaif-0.01%350円~756円
bitbank0%324円~756円
Btcbox0.2%0.5%(最低400円)
Kraken0.1~0.2%300円
フィスコ仮想通貨取引所0%350円~756円

基本取引手数料は0.15%かかってしまいますが、出金にかかる手数料はビットコインの場合0.0005BTCなので、1BTC=47万円(2017年8月28日現在)だとすると1回の出金で235円になります。

出金手数料は日本の取引所よりも安いですね。

また、取引ごとに適用される手数料以外に手数料定額クーポンを導入していて、取引手数料が最低0.01%で取引可能というサービスもあります。

そして、その他にもBithumbは独自の情報サイトを運営していて、Bithumbとビットコインなどの仮想通貨に関するニュースを常にチェックすることができちゃいます。

最近は韓国で仮想通貨が熱い

韓国では、今、仮想通貨がとっても熱いです。

2016年9月〜2017年8月までの世界の仮想通貨取引量を見てみると、


引用:cryptocompare.com

このようになっています。

2016年は90%以上が中国で取引されていましたが、2017年に入って一気に日本が世界の50%以上を取引するようになりました。

日本が世界一の取引量だってことも驚きですね〜。

韓国はというと、2017年に入ってから徐々に仮想通貨への投資が活発になり、現在は世界の約15%程の取引量を占めています。

2017年8月現在の取引量では、日本、アメリカ、中国に次ぐ第4位!!

月によっては、取引量が第3位や第2位にまでなることもあるので、韓国はもはや世界最大級の仮想通貨大国になっているんです。


引用:cryptocompare.com

そんな韓国では、仮想通貨の利用に関しても街中にATMが数千台設置されていたり、コンビニで仮想通貨決済が使用できるようになったりと、日本よりも利用が進んでいます。

一度流行り始めたら普及がものすごく速いんですね。そのうち取引量でも日本を抜いてしまうかもしれません。

なので、韓国で最大の取引所であるBithumbが今世界最大の取引所になるつつあると注目されているんです。

そうなると、今まで以上に韓国や世界の情勢によってビットコインやアルトコインの相場が大きな影響を受けるので、仮想通貨で頻繁にトレードを繰り返している人は、今後世界の情勢にもっと注意が必要になるでしょう。

僕は長期保有を目的として仮想通貨を持っているので、そんな頻繁にトレードはしていませんが、情報収集は常に行なっています。

長期保有目的の人も少しは気にかけておきましょうね。

Bithumb(ビッサム)の特徴

ここからは、Bithumb(ビッサム)の特徴についてもっと詳しく説明していきます。

僕もあまりBithumbのことは知らなかったのですが、調べてみるとすごい取引所だ!ということが分かりました。

まず特徴をまとめると、

  • 韓国の取引所で取引量1位!
  • 日本語対応している
  • 多くのアルトコインを取引できる!
  • リップルの取り扱いが世界の約50%を占めている!
  • 仮想通貨全体の取引量が世界でトップ!

といった感じです。

韓国の取引所で取引量1位!

先ほども紹介しましたが、Bithumbは韓国の取引所で取引量約60%を占める第1位の取引所となっています。

2017年8月28日の一日のBithumbの取引量は約745億円となっています。

この日の取引量では、世界最大級の取引所であるPoloniexKrakenなどを上回る取引量となっています。

↓世界一の取引量です。笑

引用:coinmarketcap.com

Bithumbの規模の大きさが分かりますよね。

そのため、需要と供給が多く、流動性が高い(迅速な取引が可能)ことが大きなメリットになります。

日本語対応している

日本語対応していることも僕たちにとって大きなメリットですよね。

Bithumbの公式サイトの右上に言語選択する欄があり、韓国語、英語、日本語、中国語、スペイン語、ヒンディー語の6ヶ国語に対応しています。


引用:bithumb.com

韓国の他の大手取引所であるKorbitとCoinoneは日本語対応していませんので、韓国の取引所を使いたいなと思っている人がいたらBithumbがいいと思います。

海外の取引所でもちゃんと日本語対応してくれていると安心感がありますね。

多くのアルトコインを取引できる!

Bithumbでは、ビットコイン取引だけでなく、イーサリアム(ETH)、イーサリアムクラシック(ETC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ダッシュ(DASH)、モネロ(XMR)、ビットコインキャッシュ(BCH)の取引ができます。

韓国の他の大手取引所であるKorbitとCoinoneでは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップルなどの取引ができますが、Bithumbの方がアルトコインの種類が豊富です。

Bithumbは日本でいうコインチェックみたいな感じですね。

ビットコイン取引よりもアルトコイン取引を主流にやっていきたいよ!って人はコインチェックやBithumbがおすすめです。

流動性という面もふまえるとBithumbはコインチェックよりもいいかもしれません。

リップルの取り扱いが世界の約50%を占めている!

韓国では、ビットコイン取引よりもアルトコイン取引が活発な傾向にあります。

特に、リップルの取引量は世界全体の約50%を占めています。


引用:coinmarketcap.com

Bithumbだけでリップルの取引量が世界の37%を占めていますね。

何度も言っていますが、取引量が多いということは、それだけ流動性が高いということになるので、多額の資産でリップルの取引をしたい人は取引量1位のBithumbが一番いいでしょう。

ちなみに、リップルだけでなく、イーサリアムの取引もBithumbは世界1位の取引量を誇っています。


引用:coinmarketcap.com

Bithumbおそるべしですね。笑

仮想通貨全体の取引量が世界でトップ!

そして最後の目玉です。

なんと2017年8月29日現在、全仮想通貨の24時間取引量ランキングでは、このBithumbが「世界でNo.1」なのです。


引用:coinhills.com

「全体の約18%」も占めているんですね。すんごい。

これから韓国はどんどんビットコイン大国になっていくでしょう。このBithumbを筆頭に。

目が離せません。

結論

結局僕が言いたいことは、「韓国の取引所を使うならBithumbが1番おすすめ!!」ってことです。

特に韓国では、イーサリアムやリップルなどのアルトコイン取引がかなり熱いです。

イーサリアムやリップルで、頻繁に売買して稼ぎたい!って人はぜひBithumbで取引するべきです。

そこまで頻繁に売買しない人でも、韓国の取引所やアルトコイン取引に興味がある人は、情報収集がてらBithumbのアカウントを開設しておくのもありだと思います。

まとめ

いかがでしたか?今回は韓国最大の取引所、Bithumb(ビッサム)を紹介しました。

今まで国内の取引所ばかり気にしていた人や、世界全体の仮想通貨取引がどれほどの規模になっているのか知らなかった人は、これを機に情報収集をしてみたり、海外の取引所を開設してみたりするのもいいかもしれません。

Bithumbという取引所に少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです。

この記事のあとによく読まれてます

ビットコイン(仮想通貨)に投資して分かった一番安全な取引所を発表!

2017.08.26

騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング【31社比較】〜2018年最新版〜

2017.02.16

【国内外9社比較】仮想通貨・ビットコインFXおすすめ取引所ランキングBEST5

2017.08.07

【徹底比較】僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄ランキングTop5〜2018年最新版〜

2017.08.25

Zaif積立、ぶっちゃけどうなん?

仮想通貨の投資方法は何種類かありますが、「ザイフの積立って実際どうなの?お金増えんの?」と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの度、ANGO代表のハナキに「Zaif積立を利用して実際にお金が増えるのか?」の被験体になってもらうべく交渉してきました。本人も驚く意外な結果になりました。笑

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損していた...

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

コインチェックの事件を経て、仮想通貨取引所が『ぼろ儲け』していることは世間に明るみになりました。では仮想通貨取引所はどのように儲けているのでしょうか?そのカラクリに気づき取引所を選定し直した人は少なくありません。

しかし、調べるのも一苦労です。国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう。ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。