【初心者でもわかる】ビットコインキャッシュとは?将来性と課題も解説

カイドウユウキ
どうも!ANGOメンバーの、カイドウユウキです。

この記事を訪れたあなたは、ビットコインキャッシュに興味をお持ちですね?

「ビットコインキャッシュってビットコインの進化版っしょ?すげぇ!いったいどんな通貨なんだ!?」

って興味を持つ方がいれば、

「ビットコインキャッシュってなんか時価総額も高いし、いい通貨なのかな?」

って興味を持った方もいるでしょう。

確かにビットコインキャッシュはゆくゆく、「ビットコインに代等するかもしれない通貨」なんて言われてるんです。

でもそのために克服しなければならないビットコインキャッシュが抱える大きな問題もあったり。。。

しっかりビットコインキャッシュのことを理解しないと、投資する価値のある通貨なのかどうかって判断できませんよ。

しかし!

「いったいなんだよこれ・・・全く意味わかんねぇよ・・・」

きっとビットコインキャッシュをすでに調べたことのある方ならこう思いませんでしたか?

そうなんです、ビットコインキャッシュって元々はビットコインとの技術的論争を発端に生まれたコインです。

つまり、初心者がビットコインキャッシュを理解するにはあまりにも難しすぎるってことです。

実施に調べても難しい記事ばっかりで嫌になっちゃいますよね。。。

そこで今回は、僕がとっても難しいビットコインキャッシュについて、仮想通貨初心者の方でもわかるようにとってもわかりやすく紹介します。

ビットコインキャッシュって何?

ビットコインキャッシュってビットコインと親子関係にあるの知ってました?

親子関係と言っても、とっても複雑な家庭環境なんですが。。。まぁそれはあとで紹介していくとしましょう!笑

そもそもビットコインキャッシュは、親にあたるビットコインの抱える問題を解決するために開発された仮想通貨なんですよ。

ここではとりあえず、

  • ビットコインが抱える問題とは何か?
  • ビットコインキャッシュが誕生した経緯

を紹介していきますね。

ビットコインの抱える問題とは何か?

ビットコインってKING of 仮想通貨だろ?

問題点なんてあるわけないじゃん

なんて思ったかたもいるんじゃないでしょうか?

答えはNOで、むしろ問題は山積みです。

言っちゃえば通貨としてはビットコインキャッシュの方が優れてます。

じゃあなんであんなにビットコイン価格が高いんだっていうのは、ビットコインは通貨として広く知れ渡ってるからですね。

そんなビットコインの抱えるもっとも大きな課題が、スケーラビリティ問題(送金詰まり)です。

って言ってもあんまりイメージわかないですよね。笑

ビットコインはブロックチェーンによって過去の取引履歴が全て記録されています。

ブロックチェーンとは?
サタヒコ君
どうもANGOの愛されマスコット、サタヒコです
クリピッピ
癒やし系チキン、クリピッピだっぴよ!
サタヒコ君
クリピッピ、ブロックチェーンを解説していくよ!
クリピッピ
よろしくっぴ
サタヒコ君
まずブロックチェーンってこんな感じ!
クリピッピ
なんだっぴかこれ?
サタヒコ君
ブロックチェーンってこんな感じ。
ビットコインの場合は、今のところ1ブロックあたり1MBあたりの容量だよ。
クリピッピ
容量ってことはこの中に何かが保存されてるっぴか?
サタヒコ君
そう!この中に、全てのビットコイン送金履歴が記録されてるよ!
クリピッピ
すごいっぴね!でも本当にそんなことができるっぴかね。
サタヒコ君
おけ、いまクリピッピに1BTC送ったよ。
クリピッピ
いきなりどうしたっぴか!
サタヒコ君
このブロックチェーンのすごいところは、誰でも確認可能なオープンソースになってるんだ。
だから不正がしづらい仕様になってるよ!
今クリピッピにおくったビットコインも履歴が記録されてるはずだよ。

サタヒコ君
ほらね!(実際にはハッシュ値というコードで入力されます)
ちなみに、いまぼくが送った取引データをトランザクションっていうから覚えておこう!
クリピッピ
ほんとだっぴね!
このブロックは、誰が作ってるんだっぴか?
サタヒコ君
いい質問だね!
ブロックに正しいトランザクションを埋め込んでいく作業をマイニングっていうんだけど、

マイニングを行う人(マイナー)が新しいブロックを生成していくよ!

クリピッピ
マイニングはなんとなく聞いたことあるっぴ!
サタヒコ君
行われた取引が正しいってのを承認して、新しいブロックを生成していく。

それがチェーンで繋がっていく。。。つまりマイナーの存在がブロックチェーンには大きいんだよ。

サタヒコ君
まだまだ説明することあるけど、それは元記事で紹介していくことにするよ!
今回はあくまでビットコインキャッシュに関する記事だからね!
クリピッピ
ラジャー!
サタヒコ君
おいさっきのビットコイン返せよ?
クリピッピ
なんのことだっぴ?
ぼくニワトリだからすぐ忘れちゃうんだっぴ。
残念ながらぼくの頭の中にブロックチェーンは仕込まれて無いんだっぴよ〜。
サタヒコ君
(こいつ。。。理解している!!!)

しかし現状は世界中でビットコインの送金が行われており、ブロックの生成が追いつきません。

というのもビットコインはプログラムによって10分毎に新しいブロックが生成されるって決まってるんです。

こちらのサイトでビットコインのリアルタイム送金が確認できますから、ぜひ見てみてください。

なのでスケーラビリティ問題がおこってしまうのは、ビットコインの1ブロックあたりのブロック容量が1MBしか無いから、ブロックに詰め込めるトランザクションが限られてしまうからです。

逆にビットコインキャッシュでは1ブロックあたりの容量が32MBもあります。

つまりビットコインの32倍の容量を持っていますから、1ブロックに大量のトランザクションを詰め込めるんですね。
(実際に今のところ使われてる容量は1ブロックあたり2MBほどです。)

こんな感じですね。

上の青い道路がビットコインキャッシュで、下の赤い道路はビットコインを表しています。

道路の幅はブロックの容量って考えてください。

ビットコインは道幅がせまいんだけど、ビットコインキャッシュは道幅が広いってことですね。

その道を走る車は、トランザクションを表します。

ビットコインは道幅がせまく、簡単に車が渋滞してしまう送金詰まりが発生します。

しかしビットコインキャッシュでは、道幅が広いから車もスイスイで走れて送金が早いんですね。

つまりビットコインの抱えるスケーラビリティ問題を、1ブロックあたりの容量を引き上げることで解決するのがビットコインキャッシュなんです。

実はこれこそが、この後に紹介するビットコインキャッシュ誕生につながります。

ビットコインキャッシュはどうして生まれたの?

ビットコインキャッシュが誕生したのは、ビットコインの抱えるスケーラビリティ問題を克服する理由で生まれました。

冒頭で、ビットコインとビットコインキャッシュは親子関係にあると言いましたが、実はビットコインキャッシュはビットコインのブロックチェーン上から派生(フォーク)して生まれた通貨なんです。

フォークとは?
サタヒコ君
クリピッピ、フォークについて説明するよ。
クリピッピ
フォークってご飯食べる時に使うあれだっぴ?
サタヒコ君
イメージはそれであってるよ。
クリピッピ
ふーん。
サタヒコ君
仮想通貨でのフォークとは、ズバリ通貨のアップデートを言います!
クリピッピ
アップデートって、バージョンアップみたいな感じだっぴね。
サタヒコ君
そのフォークには2つやり方があって、
①今までのチェーン全てを書き換える(ソフトフォーク)
②全く新しいバージョンのチェーンを作ってブロックに繋げてしまう(ハードフォーク)
があるよ。
クリピッピ
ソフトフォークはなんで過去まで書き換える必要があるんだっぴ?

サタヒコ君
ブロックはチェーンで繋がってるって言ったろ?
過去のブロックまで書き換えないと、昔のブロックとの互換性が失われてしまうんだ。
つまり、昔に生成されたブロックがアップデートできなくなっちゃうんだよ。
クリピッピ
ふーん。
サタヒコ君
逆にハードフォークは、意図的に全く新しいチェーンを作ってブロックにくっつけてしまうよ。


サタヒコ君
ハードフォークでは、あるブロックを起点に完全に別のチェーン、ブロックがくっつくことになるよ。
この画像では、Aが従来のブロックで、Bがハードフォークしたブロックね。
Bのブロックは、言ってしまえばAのブロックとなんの互換性の無いブロックになるよ。
クリピッピ
頭がパンクしそうだっぴ。。。
つまり、全くAとは関係のないBのブロックが生まれたってことだっぴか?
サタヒコ君
そう!つまりハードフォークでは、4のブロックから既存のブロックと、全く新しいブロックがくっついてしまったことになるね?
それは、つまりブロックチェーンが2つに分かれてしまうことになるよ。
クリピッピ
え、ブロックチェーンが2つに分かれるって、それ通貨としてどうなるんだっぴ?
サタヒコ君
既存の通貨と、全く新しい別の通貨が誕生することになるよ。
ソフトフォークはチェーンが枝分かれしても、その後ブロックは片方にしか連結しないよ。
だからソフトフォークが起こってチェーンが分かれても、その後は結局一つのブロックに収束するから、通貨が分裂することはほぼ無いね。
でも、ハードフォークでは完全に新しい通貨が誕生することになるよ。
クリピッピ
ま、まさかビットコインキャッシュが誕生したのって。。。
サタヒコ君
そう、もともとビットコインと同じブロックチェーンから、ビットコインキャッシュはあるブロックを境にハードフォークして生まれたんだよ。
だから親子関係って感じ

ビットコインからハードフォークして生まれたビットコインキャッシュですが、実はそこに至るまでに2つの派閥による争いがありました。

  • コア派:ビットコイン開発チーム及び、それを支持する人々
  • アンリミテッド派:マイナーの連合(例外のマイナー会社もあり)

この2つによる争いです。

争いの論争となったのが、「ビットコインのスケーラビリティ問題をいかに解決するのか?」です。

コア派は、segwitという技術を導入してブロック内のトランザクション自体を小さくすることを主張しました。

今までサッカーボールぐらいの大きさだったトランザクションの大きさを、SegWitによって野球ボールぐらいの大きさに変えてしまおう!

イメージはこんな感じです。

そしてゆくゆくはライトニングネットワークという技術を使えばスケーラビリティ問題を解決できるって主張をしました。

ライトニングネットワークとは
ブロックチェーンとは別で効率的にトランザクションをまとめて、ブロックチェーンに送ること。

ここまでコア派が「ブロックサイズを引き上げない施策」を主張するのは、ビットコインの考案者であるサトシナカモトの意を尊重するのと、セキュリティ上もしものことがあっては困るからと考えられます。

しかし、それに対してアンリミテッド派はビットコインのブロックサイズを引き上げることを主張しました。

ブロックサイズ引き上げればサッカーボールいっぱい入るじゃんってことですね。

まぁ、イメージだけ伝われば。笑

これによって、安い・早い送金が可能になるからスケーラビリティ問題を解決できるって主張しました。

ここまでアンリミテッド派がブロックサイズを引き上げる施策を主張したのは、コア派の主張するライトニングネットワークではマイニング報酬を得れないが、ブロックサイズを引き上げることでよりマイニング報酬を獲得しやすくなるというマイナー連合側の思惑があったからと考えられます。

じゃあ、どちらを採用するのか?

結果的にアンリミテッド派が無理やりハードフォークを行い、新規コインであるビットコインキャッシュを作りました。

冒頭でビットコインとビットコインキャッシュは親子関係でもあるが、家庭環境は複雑。。。といったのはこうゆうことがあったからです。笑

もちろん僕はコア派もアンリミテッド派も正しいと思ってますが、通貨としてはビットコインキャッシュの方がいい通貨だと思ってます。

ビットコインキャッシュに将来性はあるの?

やっぱり気になるのが、「将来性はあるのかどうか」ですよね。

もし将来性があるなら購入してみようかな。なーんて考えている人も多いと思います。

個人的にビットコインキャッシュに将来性を感じている点に関しては、

  • 大物がBCHを大絶賛している
  • かなりの勢いで普及しそう
  • フォークでさらなるアップデート
  • SBIによる取引所の開設

この4つです。

一つづつ紹介していきます!

大物がBCHを大絶賛している

ロジャー・バー氏はご存知でしょうか?


引用:https://xn--eck3a9bu7culo81x6lo.co/2017-11-24.html

ビットコインのスタート時期からビットコインの普及をサポートした人で、当時1BTCが1ドルの頃から100万ドルを投資していました。

実際に2017年11月頃に、保有する25万BTC(当時のレートで1,750億円程)を仮想通貨取引所であるbitfinexに送金しています。

仮想通貨界隈でもっとも影響力を持つ人といっても過言ではないでしょう!

そんなロジャー・バー氏はビットコイン推しなのかと思えばそうではありません。

今は保有していたビットコインはほとんど手放して、代わりにビットコインキャッシュをメインに保有しているようです。

ビットコインキャッシュが通貨として一番優れていると手放しの大絶賛っぷりです。

ビットコインを意図的にビットコイン・コアと読んだりと、まるでビットコインキャッシュこそがビットコインであると言いたげな一面も。笑

ビットコインキャッシュにはとっても心強く頼もしい支持者ですね。

ちなみにロジャー・バー氏は日本のコンビニでビットコインキャッシュができるように協議するなど、ビットコインキャッシュの普及にかなり行動的な方でもありますよ。

かなりの勢いで普及しそう

こちらは、端末を近づけるだけでビットコインキャッシュでの決済が可能となるアプリです。

実際にリリースもされていて、かなり近未来を感じます。。。笑

そして僕が一番驚いたビットコインキャッシュアプリがこちらのCoinTextというアプリです。

なんとSNSでビットコインキャッシュが受け取れちゃいます。

主に発展途上国・新興国をターゲットにしています。

そういった国では自国通貨の価値が不安定ですから、ビットコインキャッシュのようなどこでも共通の価値を保つ仮想通貨の存在は大きく需要があります。

かなり勢いよく普及するかもしれませんね。

フォークによるさらなるアップデート

ハードフォークしたビットコインキャッシュは定期的にフォークによるアップデートを行わないとネットワークが発展しません。

そのフォークによって通貨自体がより優れていきます。

例えば、前回(2018年5月)のフォークでは、

  • ブロックサイズ:8MB→32MB
  • オペコード導入:スマートコントラクトの導入

が行われました。

今後のビットコインキャッシュに対する需要に備えてブロックサイズを引き上げ、イーサリアムで象徴的なスマートコントラクトが実装されました。

次のフォークは2018年11月に控えていますから、また何かしらのフォークが行われるでしょう。

SBIによる取引所の開設

SBIグループによる仮想通貨取引所、SBIバーチャルカレンシーズでビットコインキャッシュが取り扱いされます。

SBIグループ代表の北尾さんはリップルとビットコインキャッシュを高く評価しています。

ビットコインキャッシュは今のビットコインよりも技術的に上であるとし、

すでにビットコインキャッシュのマイニング事業にも参加していると述べています。

ビットコインキャッシュの抱える問題

ここまでを読むと、「ビットコインキャッシュはビットコインを超えるんじゃ・・・」なんて思う方もいるかもしれませんね。

僕もそれはおおにしてあり得ると思います。

しかし、ビットコインからブロックサイズを引き上げることでハードフォークしたビットコインキャッシュには、同時に課題もあります。

  • ハッシュレートが低い
  • 中央集権的である
  • 匿名の人間から攻撃を受けている

この3つです。

ハッシュレートが低い

ビットコインキャッシュがアンリミテッド派のハードフォークによって誕生したことは紹介しましたね?

それに関連して、ビットコインキャッシュではマイナーの影響によってBCH価格が大きく左右されます。

ハッシュレートという言葉を聞いたことがありますか?

これは簡単に言えば、マイニングによるコンピューターの処理能力を表します。

ハッシュレートが高ければマイニング参加者が多いと判断され、つまりマイニングスピードが上昇していることを表します。

逆にハッシュレートが下がるとマイニング参加者は少ないと判断され、つまりマイニングスピードが低下している状態です。

もちろんハッシュレートが高い方が、マイニング参加者が多く健全なネットワークを維持できます。

もともとビットコインから派生したビットコインキャッシュでは、ビットコインと同じやり方でマイニングが行われます。

何が言いたいかっていうと、ビットコインをマイニングができる人は、ビットコインキャッシュでもマイニングが行えるということです。

マイニング大手のBitMain社のコンピューターでは、スイッチ一つでどちらをマイニングするか選べるらしいですよ。笑

そこで問題なのが、マイナーは結局もうかる方をマイニングするということです。

ビットコインは価格も高くマイニング報酬が大きく見込めるので、マイナー参加者はビットコインを積極的にマイニングする傾向があります。

となると、必然的にビットコインのハッシュレートが上がればビットコインキャッシュのハッシュレートが下がってしまうということです。

ハッシュレートが少ない=ネットワークが健全に維持されないんじゃないかってことでビットコインキャッシュの価格はハッシュレートによって相関することがよくあります。

マイナー次第で価格が変動してしまうということですね。

中央集権的である

ビットコインキャッシュはマイナーによる中央集権であるとも言われています。

中央集権ってのは簡単に言えば、「銀行」みたいな通貨に管理者がいることですね。

ビットコインキャッシュではそれがマイナーに当たるんじゃないかってことです。

それがなんでかっていうと、ビットコインキャッシュはブロックサイズを引き上げたことによりネットワーク管理コストが増大したんです。


引用:https://en.bitcoinwiki.org/

ビットコインでもビットコインキャッシュでも、複数のネットワーク参加者で互いに管理し合うことで特定の管理者がいなくてもネットワークが維持されます。

これをP2Pネットワークって言って、参加者をノードって言います。

そのノードの中には、フルノードと言われる参加者がいます。

フルノードは、ブロックチェーンの始まりから現在に至るまでの全てのブロックチェーンのコピーを保有しています。

ユーザーにこのフルノードがいることで、

  • 送金処理がしっかり記録されたかどうか。
  • 二重支払いは行われていないか。

これらが確認できるんです。

ビットコインキャッシュでは、ブロックサイズを大きくしたことによってフルノードはかなり大きなデータを保有し続けなければなりません。

ざっと概算でその管理費用は毎月100万円以上らしいです。笑

これはユーザーでなかなかフルノードにはなれませんね。

なのでマイナーがフルノードとなり、ネットワークが維持されています。

匿名の人間から攻撃を受けている

ビットコインキャッシュは、現在ネットワークへの攻撃を受けています。

BitPicoという匿名の人間が現在、ビットコインキャッシュネットワークに攻撃を仕掛けています。

2018年6月23日より、「攻撃が開始された」と発表しました。

また、数週間以内に5,000の攻撃ノードが稼動すると予告しました。

動画はまさに攻撃を仕掛けているんですが、それにしてもこんな映画みたいなシーンほんとにあるんですね。笑

わっるそうな音楽に思わず笑いそうになりました。

9月1日の日本時間21時にビットコインキャッシュによるネットワーク強度を証明するため、ユーザー間でBCHを送りあったりして大きなトランザクションを発生させるストレステストのような催しが予定されています。

どうやらそこで51%攻撃というハッキング攻撃を仕掛ける予定のようです。

動画にある攻撃は、そのためのノードを分散させている動画のようですね。

ちなみにこのハッカーは過去にもライトニングネットワークへの攻撃を仕掛けています。

ツイートの最後に、上で紹介したロジャー・バー氏に向けて「泣きを見る」なんて挑発しています。

しかしこれに対して、ロジャー・バー含めビットコインキャッシュユーザーは全く臆してなくてびっくりしました。笑

むしろ、攻撃を仕掛けてもらって、ビットコインキャッシュのネットワークの強度を改めて証明できるチャンスと捉えているユーザーも結構います。

ロジャー・バーさんに関してはこのツイートを笑い飛ばしてましたね。笑

目先はちょっと怖い気もしますが、ビットコインキャッシュ関係者の余裕っぷりを見たら安心しました。

ビットコインキャッシュを購入するなら


ビットコインキャッシュを購入するなら、ビットバンクがおすすめですよ。

ビットバンクではBTC.ETH.XRP.BCH.LTCといった取り扱い通貨の取引手数料が無料です。

Zaifでもビットコインキャッシュは手数料無料で購入できるんですが、Zaifは使いづらく、サーバーも弱いです。

ビットコインキャッシュは取引板で購入でき、注文画面もシンプルでめちゃめちゃ使いやすいです。

しいて言うなら、イーサリアムとライトコインがビットコイン建てでしか購入できません。

なのでイーサリアムを合わせて購入したい方はZaif、ライトコインを合わせて購入したい方はbitFlyerで開設しましょう。

あとはビットコインキャッシュの表記がビットバンクはBCHじゃなくてBCCですね。笑

どっちでもいいんですが、なんで統一しないんだろって思いました。

いやでもそれぐらい穴を見つけるのが難しい取引所ってことで。笑

まとめ

いかがでしたか?

今回はビットコインキャッシュに関して紹介しました。

これからビットコインは発行枚数も限られてくることになるので、マイニングがしづらくなってきます。

ビットコインへのハッシュレートは下がりビットコインキャッシュはハッシュレートが上がってくるんじゃないかなって思います。

ハッシュレートが逆転したら、まじでビットコインにとって変われる唯一の通貨だと思うので、迷ってる方は購入して見てもいいんじゃないかなって思います。

Zaif積立、ぶっちゃけどうなん?

仮想通貨の投資方法は何種類かありますが、「ザイフの積立って実際どうなの?お金増えんの?」と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの度、ANGO代表のハナキに「Zaif積立を利用して実際にお金が増えるのか?」の被験体になってもらうべく交渉してきました。本人も驚く意外な結果になりました。笑

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

気合い入れてまとめた記事です。

ビットコインで月3万円稼ぐ方法

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。