仮想通貨人気銘柄Top10の特徴を基にあなたにぴったりのコインを紹介!

カノウコウスケ
どうも!新たに保有する通貨に悩みまくってるANGOの編集長、カノウコウスケです。今度アンケート実施してみようかな..

突然ですがあなたは、

「仮想通貨の人気銘柄ってどれなんだろう?それぞれの特徴も知りたいな..。」
「人気仮想通貨の中で僕(私)が投資するのにぴったりなコインはどれかな?」

なんて考えていませんか?

仮想通貨は今や「1000種類以上」もあるので、情報収集するのも一苦労ですよね。

そこで今回は少し頑張っちゃいました。

仮想通貨人気銘柄Top10の特徴を全て解説した上で、さらにそれを基にあなたにぴったりのコインを紹介しちゃいます。

  • 人気仮想通貨が知りたい人
  • 人気仮想通貨の特徴を知りたい人
  • 人気通貨は知っているけど、どれに投資しようか悩んでいる人

以上どれかに該当する人は必読です。

長いので、目次を見て興味がある項目から読んだり、リファレンス本のようにうまく使ってくれればと思います。

ではどうぞ!

時価総額を基にした人気仮想通貨ランキングTop10

まずは、1000種類を超える仮想通貨の時価総額ランキングや価格、チャートなど全てを網羅してくれている秀逸なサイトであるcoinmarketcapさん(←ブクマ必須です)で、2017年10月3日時点の仮想通貨時価総額ランキングTop10を見てみましょう。


引用:coinmarketcap

まあ上位3つくらいは多少変動こそありますが、そこまで大きな動きはないですね。

それ以下は割とめまぐるしく変化しています。

少し前まで5位あたりに位置していたイーサリアムクラシックがTop10から外れていたり(現時点では11位でした)、IOT系仮想通貨であるIOTAや、巷では中国版イーサリアムなんて言われているNEOなんかが頑張ってる感じ。

といっても、これも毎日変動しますし、一ヶ月後には大きく変動している可能性も大です。

ちなみに現時点でTop10の仮想通貨の、過去4年間の時価総額の移り変わりはこんな感じ↓


引用:coinmarketcap

2016年くらいまではビットコイン一強でしたが、最近は他のコインの勢力も大きくなっていますね。今後どうなるかも楽しみです。

最新情報を入手するには、常にこのcoinmarketcapさんをチェックしておくのがいいでしょう。

あくまで時価総額ランキングである

一つ理解しておいてほしいことは、このランキングはあくまで「時価総額のランキング」であり、上位だからといって「今後大きな値上がりをする可能性が高い訳ではない」ということです。

確かにICOなどで詐欺コインが流行っている今、「ある程度信頼できるコインかどうか?」を判断するには時価総額は目安になります。

ビットコインに便乗した仮想通貨詐欺に気をつけよう。見分け方を解説

2017.05.25

ただ、だからといって投資すべきか?というと=ではないという事を理解しておきましょう。

「じゃあ、投資をするとしたらどの通貨がいいの?」と思いますよね?

それをこれから紹介していくのですが、こちらの記事で僕の考えるおすすめ仮想通貨をまとめてあるので、手っ取り早く将来性のあるおすすめ仮想通貨を知りたい人はチェックしてみてください。

【徹底比較】僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄ランキングTop5〜2018年最新版〜

2017.08.25

「っていうか、そもそも仮想通貨って本当に儲かるの?」

なんて疑問を抱いている人は以下の記事を読んで、納得できた上で投資しましょう。(納得できない人は投資しない方がいいですよ)

【ど素人でも関係なし!?】仮想通貨ってホントに儲かるの?を解説するよ

2017.09.21

Top10の人気仮想通貨の特徴

では、coinmarketcapで時価総額ランキング上位Top10に位置している仮想通貨の簡単な特徴を解説していきます。

全部詳しく解説していくと腱鞘炎になってしまうので、より深く知りたい人はリンクを貼っておくのでチェックしてみてください。

ちなみに、個人的に考える将来性を「まあまあ」「有り」「非常に有り」の3段階で評価していくので参考にしてみてくださいな。(あくまで個人的主観です)

何度も言いますが、必ずしも時価総額上位=投資すべきというわけではありませんよ。

1位. Bitcoin(ビットコイン)


引用:coinmarketcap.com

通貨単位→BTC

言わずと知れた仮想通貨の王様。もはや説明不要でしょう。

2009年、謎の人物であるサトシナカモトにより産み落とされた最初の仮想通貨ですね。

仮想通貨の中では「基軸通貨」とされているので、法定通貨でいうと「円」「ドル」のようなポジションでしょうか。

これまで何度も暴落を繰り返してきましたが、その度に毎回暴落前以上の価格に成長し、結果としてこれまでずーっと価格を上昇させ続けている不死身な通貨です。(笑)

まだまだ投機目的で保有する人がほとんどですが、マルイビックカメラぐるなびなど、ここ数年実店舗でも決済システムが導入されだし、本格的に通貨革命を起こしてくれそうです。

ビットコインについてもっと深く知りたい人は以下の記事からどうぞ。

【宇宙イチ簡単】ビットコインとは何か?仕組みからわかりやすく解説

2017.01.07

また、ビットコインの全てをマスターしたい人は以下の記事で僕の知識を体系的にまとめてあるのでチェックしてみてください。
参考:いまさら聞けない!ビットコインとは何か?〜始め方から仕組み、購入方法まで〜

個人的に考える将来性

  • 非常に有り

【最新版】7つの材料からビットコインの相場を長期的に予想してみた

2017.07.21

ビットコインはZaifで購入するのがもっともお得です。

2位. Ethereum(イーサリアム)


引用:coinmarketcap

通貨単位→ETH

当時、若干19歳の「Vitalik Buterin」という天才によって開発されたイーサリアム。

常にビットコインに次ぐ人気を誇り、虎視眈々とビットコインを超える事を狙っている仮想通貨です。

何と言ってもその特徴は「スマートコントラクト」でしょう。

ブロックチェーン上に取引履歴だけでなく、「契約」も書き込むという画期的な技術で、世界中の様々な企業から注目、導入されています。

最近ではKDDIがスマートコントラクトの実証実験を開始したことも話題になりました。

また、このスマートコントラクトの技術をビジネスに活用しようとしている「イーサリアム企業連合(EEA)」という団体もあり、

  • マイクロソフト
  • JPモルガン
  • トヨタ
  • 三菱UFJファイナンシャルグループ

など名だたる企業が参加していて、スマートコントラクトの凄さ、注目度はお墨付きといったところですね。

さらに、「メトロポリス」「セレニティ」といったアップデートも予定されていて、その成功次第では(もちろんリスクもありますが)ビットコインを食うんじゃないかと言われているほど大きな可能性を秘めた仮想通貨です。

イーサリアムに関して詳しくは以下の記事からどうぞ。

イーサリアムとは?誕生秘話〜仕組み・生活への影響まで徹底解説

2017.05.18

個人的に考える将来性

  • 非常に有り

イーサリアムをもっともお得に購入できるのはZaifです。

【10社徹底比較】イーサリアムのおすすめ取引所ランキングBEST3

2017.06.28

3位. Ripple(リップル)


引用:coinmarketcap

通貨単位→XRP

あの「Google」が出資していることで有名であるのがこのリップル。ビットコインとは違い、Ripple Labs, Incという明確な運営会社が存在します。

リップルの大きな特徴は、「ブリッジ通貨」の役割を果たすことですね。

まず、リップル自体は単一のオンライン通貨では有りません。

通貨と通貨の架け橋となることができ、また、超神速な送金スピードを実現してくれるのです。

それが故、多くの金融機関がリップルの技術に注目していますね。

リップルネットワークに参加している金融機関などはこんな感じ↓

引用:ripple.com

リップルに関して詳しくは以下の記事を参考にしてほしいのですが、その特徴などから「仮想通貨投資としてXRP価格が上昇するかどうか?」は専門家の間でも意見は真っ二つに別れている感じです。

【億万長者になれる!?】Googleも出資した仮想通貨リップル(XRP)とは?

2017.05.22

個人的に考える将来性

  • まあまあ

僕は、リップルが「ネットワークとして社会インフラへ貢献していく=リップル社の企業価値は上昇する」と考えているのですが、「仮想通貨として=XRPの価格が上昇するかどうか」はちょっと疑問視しています。(一応保有していますが笑)

根拠や理由などはこちらからどうぞ。

リップルは現状、ビットバンクから購入可能です。

【実演】リップルの購入方法5ステップ!最もお得なおすすめ取引所も紹介

2017.06.23

4位. Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)


引用:coinmarketcap

通貨単位→BCH/BCC(現状、取引所によって違う)

ビットコインから分裂する形で、2017年8月1日に誕生したビットコインキャッシュ。

ビットコインとは、

  • ブロックサイズ
  • ブロック承認時間
  • マイニング難易度
  • ハッシュパワー(マイニングするパワー)
  • 思想(開発者)

といった部分でいろんな違いが有ります。一番の違いはブロックサイズが8MBと、ビットコインの8倍になっているところ。

そもそもなぜ分裂したのか?という経緯はこちらを参考にしてください。

個人的には中国の大手マイニング企業によって作られた操りコインといった印象があるのですが、技術的にビットコインから改良されているという点は否めないポイントなので、正直こいつについては将来性が現時点で全く未知数です…。

価格に関しても誕生から今日まで結構乱高下を繰り返している暴れん坊です。(笑)

ビットコインキャッシュについて詳しくは以下の記事でどうぞ。

【初心者でもわかる】ビットコインキャッシュとは?将来性と課題も解説

2017.09.05

個人的に考える将来性

  • 有りよりのまあまあ(笑)

正直少し前までは「無し」という考えだったのですが、最近は少し考え方が変わり、「もしかしたら将来性あるのかも」と思ってきているので曖昧な答えになってしまいました。

実は11月にビットコインが再び分裂する可能性があるのですが、その動向次第では風向きがいい方向に流れるかもしれません。

【11月に再び!?】ビットコインの分裂とはなんだったのか?次はいつ?

2017.09.26

まあ、色々調べまくって近々ビットコインキャッシュの今後を考察した記事でも書こうと思います。

現在ビットコインキャッシュはbitbank.ccから購入するのがもっともお得です。

ビットコインキャッシュの購入方法(買い方)!取引所14社の対応状況は?

2017.09.20

5位. Litecoin(ライトコイン)


引用:coinmarketcap

通貨単位→LTC

2011年3月から公開された、アルトコインの中ではかなり歴史のある仮想通貨です。

ビットコインを元に作られた通貨なので基本的な仕組みはビットコインとほとんど同じ、ビットコインよりも送金スピードに長けた通貨です。

「ビットコインが金ならライトコインは銀」というコンセプトで作られましたが、関係性としては敵対関係ではなく、補完関係といったイメージ。

つい最近ビットコインが導入した「Swgwit」を、一足先の2017年5月に実装していて、そのあたりから価格を大きく上昇させました。

ライトコインのsegwitはいつ起こったのか?価格への影響も解説

2017.07.10

セキュリティはビットコインよりも弱い面があるのですが、送金スピードなどを考えると実用性の高いコインなので最近でも安定した人気、固い値動きをしていますね。

ライトコインに関して詳しくは以下をどうぞ。

【5分でわかる】ライトコイン(LTC)とは?ビットコインとの違いも解説

2017.07.04

個人的に考える将来性

  • 有り

現状、ライトコインはbitFlyerで購入できます。

徹底比較!ホントにおすすめしたいライトコイン取引所ランキングTop3

2017.07.14

6位. Dash(ダッシュ)


引用:coinmarketcap

通貨単位→DASH

2014年1月に公開されて、ここ最近メキメキと時価総額を上昇させているダッシュ。

元々の名前はダークコインですが、2015年に名称をダッシュに変更しました。ダークコインってなんかいかにも怪しそうな名前ですしね。(笑)

ダッシュの特徴は「匿名性の高さ」です。

そもそもビットコイン自体、匿名性が高いのですが、そのビットコインよりも高い匿名性を実現しています。

同じく匿名性が高い仮想通貨として、モネロジーキャッシュなどが挙げられます。

個人的にここ1年くらい、そういった匿名性の高いコインに需要が集まっている感覚がありますね。

また、取引(承認)スピードも早く、公式サイトによるとなんと「1秒未満」で完了するようです。

ビットコインが最短10分であることを考えると、とんでもないスピード。

取引スピードが早いと基本的にセキュリティが低下しやすいのですが、そのセキュリティは匿名性を高くすることでカバーしているのかな?

ダッシュに関して詳しくは以下の記事からどうぞ。

仮想通貨ダッシュコイン(DASH)とは?特徴からわかる今後の動き

2017.09.08

個人的に考える将来性

  • まあまあ

技術としてはすごく面白いのですが、匿名性が高いことでマネーロンダリングに使われやすかったりする可能性や、国内で取り扱い取引所が少ないこと(流動性の問題)、を考えてしまうと「有り」とは言えないかなぁ..といった感じです。

現状DASHはBinanceから購入可能です。

Binance(バイナンス)の登録・口座開設完了から取引方法までを実演解説

2018.01.25

7位. NEM(ネム)


引用:coinmarketcap

通貨単位→XEM

日本人でファンが多いと言われているのがこのネムです。

最近は少し大人しいですが、2017年、多くの仮想通貨が値上がりした中でも爆発的な上昇を見せたコインです。

特徴としては、

  • イーサリアムで紹介した「スマートコントラクト」を採用している
  • 平等さが重視された「Proof-of-Importance(P0I)」が導入されている
  • 世界中が注目している大型アップデートである「カタパルト」を控えている

などなど、目が離せないような内容ばかりです。

また、つい最近プレセールが始まったICOプラットフォームである「COMSA」がネムを利用しているので、これもCOMSAの動向次第では非常にいい方向に働くでしょう。

【バブル必須】ウワサの仮想通貨ICO(プレセール)とは?を完全網羅!

2017.08.06

注目コインです。

詳しくは以下の記事からどうぞ。

【一攫千金コイン!?】ネム(NEM)とは?特徴や今後の動きを徹底解説

2017.05.11

個人的に考える将来性

  • 非常に有り

ネムはZaifで購入できます。

8位. NEO(ネオ)


引用:coinmarketcap

通貨単位→NEO

2016年10月に公開され手から、急成長を遂げているのがNEOです。

こちらもスマートコントラクトを採用している仮想通貨で、巷では中国版イーサリアムなんて言われています。

ただ、実は現状中国人は「中国版イーサリアム?は?」っていう状況らしいですが。(笑)

特徴として、NEOはプラットフォームにもなれるのでNEOを利用していろんなアプリケーションを作れたり、NEOのフィルターを通すことでほぼ全てのプログラミング言語を利用できるようになったりと、ハイテク系なところですかね。

ただNEOは今のところ中国人の購買力によって支えられている感じがするので、そこが崩れた時にどうなるのか?がちょっと疑問かな..と思っています。

現状僕もあまり情報を収集しきれていないので、勝手なことは言えませんが…。

個人的に考える将来性

  • まあまあ

現状、国内取引所では取り扱っていません。

海外取引所では大手だと「Binance」で購入できます。

9位. IOTA


引用:coinmarketcap

通貨単位→MIOTA

2017年6月に上場したばかりで、すでに時価総額Top10入りを果たしているのがこのIOTAです。

ここ数年流行りの、「IoT→Internet of Things(モノのインターネット)」専門の仮想通貨です。ちなみに読み方がややこしいですが、イオタとは読まないらしく、「アイオーティーエー」と読むらしいです..読みづらい。

特徴として挙げられることとしては、

  • ブロックチェーンを使わず、「Tangle」という分散台帳技術を使っている(次世代型ブロックチェーンと呼んでいるらしい)
  • Tangleをを利用することにより、送金手数料0を実現している

といったことですね。

ビットコインなどに利用されているブロックチェーン技術というのは、膨大な計算により取引が安全に行われるようになっているのですが、だからこそマイナーへの手数料が生まれてしまいますよね?(これが送金手数料ですね)

もちろん銀行などに比べてその手数料は激安なので画期的なのですが、IOTAはブロックチェーンではなく「Tangle」という分散台帳技術を利用することにより、膨大な計算=マイニングを必要としないため、マイナーへの手数料=「送金手数料は0」を実現しています。

Tangleの技術的な部分が知りたい人は公式サイトでどうぞ。結構難しいですけど。

IoTという分野に目をつけていることはとても素晴らしいですし、Tangleという技術がもし浸透していったら、このIOTAという仮想通貨はアツいかもしれませんね。

個人的に考える将来性

  • 有り

こちらの仮想通貨も国内取引所では取引できず、「Binance」で購入できます。

日本円では購入できないので、NEOと同じようにビットコインを購入してから取引しましょう。

10位. Monero(モネロ)


引用:coinmarketcap

通貨単位→XMR

ラスト10位はモネロです。

2014年4月18日、「Monero Project」という団体により公開されたアルトコインです。

こちらは6位で紹介したダッシュと同じく「匿名性に優れたコイン」ですね。

2017年8月に、世界最大の取引量を誇る韓国の取引所である「Bithumb(ビッサム)」がモネロの取り扱いを開始すると発表したことにより価格がイッキに急上昇して話題になりました。
参考:Monero Price Up 15% as World’s Largest Cryptocurrency Exchange Prepares Integration

余談ですが、最近韓国は仮想通貨が盛り上がってきていて、中でもビッサムが仮想通貨市場に与える影響はとても大きいのでチェックしておいた方がいいでしょう。

【韓国最大の取引所】Bithumb(ビッサム)が色々スゴすぎる件について

2017.08.29

ダッシュと同じく、匿名性の高いコインはその特性に需要はありますが、マネロンに使われやすいという可能性もはらんでいます。規制が入ると厄介ですね。

しかしもちろん匿名性の高さは他の通貨と比べた時の「優位性」ではあるので、分散投資の一つとしてはありなんじゃないかと思っています。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【再び暴騰!?】仮想通貨モネロ(Monero)とは?特徴や将来性も解説

2017.09.07

個人的に考える将来性

  • 有り

モネロはBinanceで購入可能です。

追記:12月7日時点で新たにTop10入りした通貨

冒頭でも言いましたが、時価総額のランキングは短いスパンでかなり変動します。

なので新たな通貨が時価総額Top10入りしてきたら随時更新していきますが、今回は「12月7日時点」で新たにランクインしている通貨を簡単ではありますが紹介しておきたいと思います。

9位. Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)


引用:coinmarketcap

通貨単位→BTG

こちらはつい先日、10月24日にビットコインから分裂する形で生まれたビットコインゴールドです。

誕生してすぐに時価総額Top10入りをはたしています。

このビットコインゴールドが作られた目的=本家ビットコインとの違いは、マイニングのしやすさです。

【猿でもわかる】ビットコインのマイニングとは?仕組みや方法を解説

2017.03.25

本家ビットコインは今やマイニング難易度が非常に高く、個人でマイニングしようと思ったらとてもじゃないけど中国のマイニング大企業に勝てません。

しかしこのビットコインゴールドは「一般の人でもマイニングができるように」という目的で、簡単にマイニングができるような設計で生まれました。

ただ、このビットコインゴールドは取引開始前から開発者が多くのコインを保有していることが判明してしまい、「完全なるやらせコイン」というイメージになってしまっています。(実際、やらせコインですw)

Binanceなどの海外取引所ではすでに取り扱いが始まっていますが、国内取引所ではまだ取り扱いは始まっていません。でもまあ問題などが見つからなければ時期に取り扱い始めるでしょう。

今のところでは、ビットフライヤーが一番取り扱いには前向きなので、いち早く取り扱いを始める国内取引所はビットフライヤーでしょう。

ビットコインゴールドを購入する場合は、国内取引所でビットコインを購入し、それをBinanceへ送金してビットコインゴールドに交換する感じですね。

【決定版】最もハイリターンが見込める海外の仮想通貨取引所TOP5!

2018.01.18

10位. Cardano(カルダノ)


引用:coinmarketcap

通貨単位→ADA

正直、個人的にめちゃくちゃびっくりしたのがこのカルダノ(エイダコイン)です。

実は僕も2年くらい前のプレセールの時にこのエイダコインの存在は知っていたのですが、ゼッッッッたい詐欺だと思っていたので、手を出しませんでした。

そしたら10月にまさかのBinanceに上場し、そこから価格が冒頭しました。(笑)

いやーほんと仮想通貨はわかりませんね。

でも負け惜しみではないけど、実際現状ではICO(プレセール)の99%は詐欺なので、みなさんお気をつけください。

ビットコインに便乗した仮想通貨詐欺に気をつけよう。見分け方を解説

2017.05.25

勇気を出してエイダコインを購入していた皆さま、おめでとうございます。

ただもちろん、上場したから=詐欺ではないという事ではありません。「とりあえず公で取引ができるようになった。価格が上昇した。」ってだけですからね。

第一関門は突破したので、本物かどうかはこれからにかかっているでしょう。

ちなみにこのエイダコインは「カルダノ」というオンラインカジノゲームで利用できるという仮想通貨です。

まあ単純に言えばオンラインカジノのチップみたいなものでしょうか。

単なるカジノゲームではなく、ブロックチェーンを利用することによって公正なギャンブルができるよって感じです。

こちらも国内取引所ではまだ取り扱いがないので、国内取引所でビットコインを購入し、それをBinanceでエイダコインと交換するしかありません。

まあ、今後この通貨の価値が上がるかどうかは、マジで見当もつきませんが..。

番外編

惜しくもTop10には入りませんでしたが、ランク外でも個人的に注目している仮想通貨をいくつか紹介しておきます。

もちろん、僕も投資している通貨です。

Zcash→匿名性の高いコイン。モネロやダッシュよりも匿名性が高い
Auger→他の通貨には無い予測市場を狙った面白いコイン
Factom→存在証明や、大量のデータ管理などができる実用性の高いコイン

あたりが僕が注目、投資している仮想通貨です。

時価総額では上位10位には入っていませんが、しっかりとした開発団体、他の通貨と比べた時の優位性があるので、個人的に将来性を感じています。

もちろん価格が上昇するかどうかなんて分かりませんが、余裕資金があるのであれば分散投資しておくのもいいでしょう。

これらはBinanceから購入できるので、まだアカウント登録してない人はチャチャッとやっておくといいでしょう。

1分で終わります。

Binance(バイナンス)の登録・口座開設完了から取引方法までを実演解説

2018.01.25

購入した仮想通貨は、取引所に放置せず、必ず自分のウォレットに移すようにしましょうね。

僕(私)におすすめの通貨はどれ??

ここまで時価総額Top10に入っている仮想通貨、その他番外編を紹介してきましたが、

「たくさんありすぎる…。結局どれに投資したらいいの?」
「僕、私におすすめの通貨はどれなの?」

ってなっちゃいますよね。

でも大丈夫です。安心してください。

僕があなたぴったりの仮想通貨を紹介します。

きっと、「私は無難に長期投資したいな..」とか、「俺は多少リスクを背負っても大きなリターンを狙いたい!」など、人それぞれ目的や投資手法、余裕資金は違いますよね。

実際、仮想通貨はどれも価格変動は大きいのですが、その中でもリスクとリターンの可能性は通貨ごとに微妙に違います。

そこで、これから仮想通貨に投資しようと思っている人たちを簡単にタイプ別に分けて、おすすめ仮想通貨を紹介していきますね。

参考にしてみてください。

無難に長期保有をしたい人

  • ビットコイン
  • イーサリアム

リスクの大きい仮想通貨投資の中でも、なるべく無難に投資したいと考えている人は以上のコインがオススメです。

最低投資金額は取引所によって微妙に違いますが、どちらも数百円、数千円くらいから投資できます。

余裕資金を投げて、気長に長期投資しましょう。

購入できる取引所

他いくつかの取引所で以上2つのコイン両方とも購入できます。

取引所に関しては以下の記事を参考にしてください。

騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング【31社比較】〜2018年最新版〜

2017.02.16

多少リスクを背負っても大きなリターンを狙いたい人

  • ネム
  • ビットコインキャッシュ

これらのコインは無難とは言えませんが、もしかしたら将来的に大きく価格を伸ばす可能性があるかなーって感じです。

購入できる取引所

ネムはザイフのみ、ビットコインキャッシュに関しては多くの主要国内取引所で購入可能です。

とにかく一攫千金を狙いたい人

  • ICO投資

これはちょっとずれてしまうんですが、すっごいリスクを背負っても一攫千金を狙いたい人はICOに投げ銭するのもありです。

基本、あまりにリスクが高いので僕はおすすめしていないのですが、イーサリアムなどは典型的なICOの成功例でもあります。

当たれば一発逆転です。(笑)

仮想通貨玄人、ホイワトペーパーが理解できる人、捨て金がある人に限り、狙うのもありかなと。

今だと「COMSA」とかがアツいかもですね。

【本当は教えたくない】僕が注目してるオススメ仮想通貨ICOを公開

2017.08.15

購入できる取引所

プレセールなので、取引所では購入できません。

※COMSAのトークンであるCMSは、先日12月5日にZaifに上場したので、プレセールで購入できなかった方はZaifから購入することができますよ。

以下の記事にICOの情報を掲載してくれているサイトをまとめてあるので参考にしてください。

【保存版】仮想通貨ICOの案件一覧や情報収集ができるサイトまとめ

2017.08.16

まとめ

いかがでしたか?

かなり長くなってしまいましたが、時価総額上位Top10の人気仮想通貨の特徴解説と、あなたにぴったりの仮想通貨を紹介してみました。

仮想通貨投資に興味があった人が、どのコインに投資をするかの判断の手助けになれば幸いです。

もちろん、僕の主観がかなり入っているので、投資する際はあくまで自己判断でお願いしますね。

Zaif積立、ぶっちゃけどうなん?

仮想通貨の投資方法は何種類かありますが、「ザイフの積立って実際どうなの?お金増えんの?」と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの度、ANGO代表のハナキに「Zaif積立を利用して実際にお金が増えるのか?」の被験体になってもらうべく交渉してきました。本人も驚く意外な結果になりました。笑

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損していた...

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

コインチェックの事件を経て、仮想通貨取引所が『ぼろ儲け』していることは世間に明るみになりました。では仮想通貨取引所はどのように儲けているのでしょうか?そのカラクリに気づき取引所を選定し直した人は少なくありません。

しかし、調べるのも一苦労です。国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう。ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。