【5分で分かる】仮想通貨とお金・電子マネーとの違いとは?

アライカズマ
どうも!この前タクシーの中で1万円拾って、今年の運を使い果たしてしまったような気がしている、ANGO(@ango_coin)メンバーの、アライカズマです。

最近テレビでもよく「仮想通貨」「ビットコイン」のニュースを目にするようになりました。

もっとみんなに認知されるようになって参加者が増えれば、価格も上昇していきますから嬉しいですね。

ところで、突然ですがあなたは、仮想通貨と、お金・電子マネー・クレジットカードとの明確な違いを知っていますか?

違うんだろうなーとは思うけど、違いってよくわからない。
電子マネーと同じじゃないの?

って思っている人も多いと思います。

しかし実際は、仮想通貨はお金(法定通貨)とも電子マネーともクレジットカードとも違います!

そこで、今回は、仮想通貨とお金・電子マネー・クレジットカードとの違いを解説していきます。

よくわからないまま始めるよりも、しっかりと理解した上で始める方が安心ですよね。

たったの5分で分かる内容になっています。それではどうぞ。

そもそも仮想通貨って?

まず初めに、仮想通貨の特徴について簡単にまとめますね。

仮想通貨とは、「インターネット上の通貨」です。

つまり、紙幣や貨幣などのような実態がない通貨ってことです。

そもそも仮想通貨とは?仕組みや種類は?その全てにお答えします

2017.02.13

その種類は1000以上もある言われています。めちゃくちゃ多い。

一番有名なのは、ビットコイン

他にも、仮想通貨について少し知識がある人なら、イーサリアムや、リップルライトコインネムコインなどの仮想通貨も聞いたことがあると思います。

そんな仮想通貨の特徴は、

  • 送金が早い
  • 手数料が安い
  • お金をしても使えるし、投資としても使える

って感じですね。

【実際どうなの?】仮想通貨のメリットとデメリット、将来性は?

2017.02.17

仮想通貨と電子マネーとの違い

電子マネーは、日本円を事前に入金して日本円で使うものです。つまり、支払いは「円」でしているということです。

有名な電子マネーはsuica、楽天Edy、WAON、pasmoなどがありますね。

電子マネーは、ICチップを搭載したカードを専用の機械にかざすことで利用しますよね。

そして、例えば電子マネーに1000円入金したら1000円分の支払いが可能になるというように、価格は固定されています。

一方仮想通貨の場合は、相場(レート)があり、その時々によって価格は変動します。

今はまだ、日本で仮想通貨を購入したことがある人が少ないため、価格変動が大きく、一日のうちでも激しく上昇したり下落したりすることがあります。

今後仮想通貨の需要が増えていき、参加者が多くなれば価格変動はそんなに大きくならないと思いますが、相場には注意が必要です。

【最新版】7つの材料からビットコインの相場を長期的に予想してみた

2017.07.21

また、電子マネーは各会社が発行して管理していますが、ビットコインなどの仮想通貨は発行元や管理人が存在しません。

仮想通貨は、ユーザーがマイニングをすることでシステムが自動的に新しい仮想通貨を発行し、その通貨はユーザーみんなで管理しているのです。

【猿でもわかる】ビットコインのマイニングとは?仕組みや方法を解説

2017.03.25

あと、電子マネーは日本国内では様々なところで利用できますが、海外では使えません。

それはなぜかというと、電子マネーも形は変えていますが結局は「円」で支払っているからです。

円は海外では使うことができませんが、仮想通貨はいろんな国で使うことができるという違いもあります。

そして最後の違いは、友達同士で送金できるかどうかということです。

電子マネーは、専用の機械にカードをかざすことでしか利用できないので友達同士に送金はできませんが、仮想通貨は相手のアドレスに送金することが可能となります。

【検証】ビットコインを送金してみた。手数料や時間はいかに!?

2017.03.31

仮想通貨と電子マネーとの違いをまとめると、

仮想通貨電子マネー
物理的なカードはない
物理的なカードがある
価格は変動する
価格は固定されている(1ポイント=1円)
発行元がない
発行元がある
世界中のどこでも使える
海外では使えない
友達同士の送金ができる
友達同士の送金ができない

こんな感じですね。

それぞれのメリットは?

↓電子マネーのメリット

  • 今のところ仮想通貨よりも信用があり、利用できる場所が多い

↓仮想通貨のメリット

  • 世界中で使えるし、友達同士で送金ができる

仮想通貨とクレジットカードとの違い

続いては、VISAやmastercard、JCBなどのクレジットカードと仮想通貨との違いです。

クレジットカードの利用というのは、一言で言うと「借金」です。

VISAやmaster、JCBなどのクレジットカード会社は、あなたの代わりに一時的に支払いを立て替えてくれる存在であり、利用者を「信用」してお金を貸してくれています。

一方で仮想通貨は、その場で自分のウォレットからお金を送金するので、借金をしているわけではありません。

お財布からお金を出して払っているだけになります。

また、クレジットカードは日本だけに限らず世界の様々なお店で使うことができますよね。

しかし、お会計の際などにお店の人にカードを渡すと思いますが、それはカードの情報を抜き取られてしまうというリスクがあります。

ちょっとあやしいお店とかだとカードの情報を抜き取られ、不正に使用されてしまうことも起こり得ます。

でも仮想通貨は物理的なカードはなく、支払い時は、相手のアドレスに送金するだけなので、情報を渡すことは一切ありません。

そして、取引履歴や総資産などの情報は複雑な暗号で守られているため、情報が第三者に盗まれるという心配は絶対にないのです。(ハッキングリスクは仮想通貨もありますが。)

あとは、電子マネーと似たような違いも多いので、表でまとめておきます。

仮想通貨クレジットカード
物理的なカードはない
物理的なカードがある
借金ではない
クレジットカード会社に借金している
発行元はない
発行元がある
直接的な情報漏洩や不正使用のリスクがない
情報漏洩や不正使用の可能性がある
友達同士の送金ができる
友達同士の送金はできない

それぞれのメリットは?

↓クレジットカードのメリット

 

  • 今のところ仮想通貨よりも利用できる場所が多い
  • 支払い時にお金がなくても借金することで利用できる

 

 

↓仮想通貨のメリット

  • 情報を直接抜き取られるリスクがない

仮想通貨とお金(法定通貨)との違い

最後は、仮想通貨と法定通貨との違いです。

「法定通貨」とは、国家の信頼のもとに中央銀行が発行した紙幣や貨幣のことを指します。

日本だと「円」、アメリカだと「ドル」ですよね。

一番有名な仮想通貨であるビットコインは今年、正式に「通貨」であると認められました。が、法定通貨ではありません。

参照:ビットコイン、「貨幣」に認定 法規制案を閣議決定

法定通貨は、日本だと日本銀行、アメリカだとFRB(連邦準備制度)、ヨーロッパだとECB(欧州中央銀行)が発行していて、その国(や地域)でしか使えないものになります。

しかし、仮想通貨は法定通貨とは違って世界中のどこでも使えます。つまり、「国際通貨」です。

そしてさっきも言いましたが、仮想通貨は誰かが管理しているわけではなく、ユーザーみんなで管理し合っています。

また、法定通貨は発行上限が決まっていませんが、ビットコインなど仮想通貨の多くは発行上限が決まっています。

法定通貨は、管理してる日銀が発行枚数を制限することで、過度なインフレを抑えていますが、仮想通貨発行上限が決まっていることでインフレを予防しているんです。

そうだったのか!ビットコインの発行量とその現在を解明してみた

2017.04.17

最後に、違いを表にまとめると、

仮想通貨法定通貨
実態がない(インターネット上の通貨)実態がある(紙幣や貨幣)
発行元がない
発行元がある
世界中のどこでも使える
その国でしか使えない
発行上限が決まっている発行上限が決まっていない

※イーサリアムなど発行上限が決まっていない仮想通貨もあります。

それぞれのメリットは?

↓法定通貨のメリット

  • 国の信用が高ければ価値がなくなる可能性は低い

↓仮想通貨のメリット

  • 世界中で使えて、いろんな仮想通貨に分散投資ができる

結局、仮想通貨っていいの?

僕の結論を言うと、仮想通貨を保有しておくことはマストです!

電子マネーも現金も結局は通貨は「円」ですよね。(クレジットカードも借金していますが「円」で支払っています。)

だから、「円」ではなく仮想通貨として資産を保有しておくことの良さは、分散投資ができるということです。

円はかなり信用のある通貨ですが、今の時代何が起こるか分かりません。

なので、僕からしたら円だけで資産を保有するのはナンセンスだと思います。

自分の資産を守るためにも、仮想通貨を保有したことのない人はぜひ購入してみてください。

また、仮想通貨はこれから水や電気、今でいうとインターネットのように「インフラ」になっていくので、そういった意味でも早いうちに触れておく事を推奨しますよ。

仮想通貨の購入方法についてはこちらの記事で解説してあります。

【実体験】仮想通貨に投資してみた。方法やメリットを解説

2017.02.21

今すぐ買いたいよって人は、bitbank.ccがおすすめの取引所なので、公式サイトを見てみてください。

【乗り換え必須】bitbank(ビットバンク)の評判、投資家も激推しの理由は?

2018.02.08

まとめ

いかがでしたか?

今回は、仮想通貨とお金・電子マネーとの違いを解説しました。

まだまだ仮想通貨は使える場所が少なく、その特徴もお金や電子マネーと区別がついていない人が多いと思いますが、しっかりと理解しておきましょうね。

これからは、仮想通貨がさらに流行っていきますよ。

Zaif積立、ぶっちゃけどうなん?

仮想通貨の投資方法は何種類かありますが、「ザイフの積立って実際どうなの?お金増えんの?」と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの度、ANGO代表のハナキに「Zaif積立を利用して実際にお金が増えるのか?」の被験体になってもらうべく交渉してきました。本人も驚く意外な結果になりました。笑

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

気合い入れてまとめた記事です。

ビットコインで月3万円稼ぐ方法

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。

コメントを残す