【将来性抜群!】絶対持っておくべき3つのアルトコインを徹底解説!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ヒカル
どうも!ANGO (@ango_coin)のヒカルです。

最近もうビットコインの値上がり方がすごいですね!

11月中に1BTC=100万円行くんじゃないかって感じですよね

でもそんな中、アルトコインも着実に値上がりしてます。

この記事を読もうと思ったあなたも、それを分かっててアルトコインで一発狙って見ようかなー。なんて思ってるんじゃないですか?

ただ、保有するからにはどのアルトコインが良いのかしっかり分かっておきたいですよね。

なので今回は、そんなあなたの為に仮想通貨歴2年の僕が絶対に持っておくべきのおすすめアルトコインを3つ紹介します。

将来性がある仮想通貨を選ぶ基準も書いていきますので、これから自分で考えて通貨を選ぼうと思ってる方も選び方の参考にしてみてください。

それではどうぞ!

アルトコインの将来性を判断する基準って?

仮想通貨投資を始めたばっかだと、実際どの通貨が良いかなんて全然わかんないですよね。

僕も最初はほんと適当に聞いたことある名前の持っておけば良いやーみたいな感じでした。

でも、ちゃんとおすすめがあって通貨ごとに上昇の仕方が違うってことは判断基準があるってことですよね。

でも判断基準としてみなくちゃいけないのはズバリこの3つだけです。

  • 取引量のボリューム
  • 技術の比較
  • 開発団体の信頼性

ただ単にこれ見てって言われても分からないと思うので簡単に説明していきますね。

取引量のボリューム

取引量のボリュームってのは要するにいっぱい取引されるかどうかってことです。

当たり前じゃんって思うかもしれないですけど、仮想通貨自体がまだそこまで発展してないので結構重要なポイントなんです。

あんまり取引されてないと埋もれて埋もれて気がついたら全く価値がなくなってるー。なんてことも起こり得ますからね。

取引量は時価総額ランキングを見てもらえれば一瞬でわかるので参考にしましょう。


引用:coinmarketcap.com

技術の比較

やっぱり通貨の価値は技術がとっても重要で、技術の基準になるのはビットコインです。

送金速度、匿名性、実用性などがビットコインと似ていたり、比べて優れている面が多いと期待され、価値が上がりやすい傾向があります。

あと仮想通貨の特徴とも言えるブロックチェーンですが、当たり前ですけどそもそもブロックチェーン技術が確かなのかしっかり確認しましょう。

【猿でもわかる】ビットコイン、ブロックチェーンの仕組みとは?

2017.01.14

たまに仮想通貨の詐欺案件もあるので優れている面を見るのも重要ですが、根本的な部分を見落とさないようにすることもとても大事です。

開発団体の信頼性

開発者自体が有名だったり、開発団体が他にも有名なプロジェクトを進めたりしていると信憑性が上がって価値が高騰したりします。

逆に開発チームが全く動いてなかったりすると価値が上がってもすぐにまた価値が下がったりするので要注意です。

投資する際は、最低でも以上の3項目はチェックしましょう。

それでもどうなるかわからないのが仮想通貨ですが、適当に投資するよりは間違いないく勝率は上がりますよ。

それを踏まえた上で僕がおすすめする絶対持っておくべきアルトコインを3つ紹介します。

アルトコインを保有しようと思ったら、優良なアルトコインが揃ってる取引所を開設しておく必要があるのでコインチェックを開設しておきましょう。

コインチェックは国内で最もアルトコインの取り扱いが優れてるので、とてもおすすめです。

① イーサリアム

イーサリアムはビットコインに続いて時価総額2位の仮想通貨です。

取引量はもちろん技術も確かで、スマートコントラクトという技術を搭載しています。

イーサリアムはICOとの関連性も高くて、スマートコントラクトもとても優秀で、様々な企業がその技術を真似しています。

企業だけでなく他の仮想通貨からもその技術は参考にされているアルトコインなんです。

また、イーサリアム企業連合(EEA)って名前のイーサリアムの技術をビジネスに活用する会社の集まりもできて、世界的に有名なマイクロソフト社なんかも加盟してます。

開発者はヴィタリック・ブリテンという名前のエンジニアで、イーサリアムを開発してからはアメリカやイギリスの政府と対談をしたり、ロシアのプーチン大統領とも対談したりと引っ張りだこで仮想通貨業界ではとっても有名人です。

最近また1ETH=4万円を突破し、順調に値上がりしてるアルトコインです。

今後ICOの発展も考えられていて、そうなるとそこで使われるイーサリアムも必然的に価値が上がってきます。

イーサリアムの市場規模がビットコインを超える可能性も全然ありますので、将来性っていう面ではとても期待できる仮想通貨ですね。

イーサリアムについての参考記事もいくつか用意してありますので参考にしてみてください。

【今が買い時!?】イーサリアムを購入すべきベストタイミングを紹介

2017.11.22

② ライトコイン

ライトコインはビットコインに一番似ているアルトコインです。

ビットコインが金であればライトコインは銀と言われているアルトコインです。

2017年11月現在、1BTC=93万円ほどですが、もし1BTC=1億円とかになったら手数料も高くなっちゃいますし、さすがに手を出しづらくなっちゃいますよね。

でもビットコインの発行枚数が2100万枚と限度が有る限り、そうなる可能性は0じゃありません。

そんな時にビットコインより発行枚数が多くて、さらに処理速度が早い通貨があればビットコインの代わりになって便利だよね。ってことで作られたアルトコインがライトコインです。

開発者のチャーリー・リーさんはGoogleで6年ほどエンジニアとして勤めた方で、ビットコインとライトコイン両方とも世界に広がっていくとライトコインの将来性を見込んでいると彼のTwitterで言ってました。

実際その通り両方広がって、ライトコインもしっかり価値が上がって今年1年で20倍以上の価格になってます。

今後もビットコインのインフレが続くと同時にその分散先として選ばれる可能性がとても高く、将来性抜群のアルトコインです。

【5分でわかる】ライトコイン(LTC)とは?ビットコインとの違いも解説

2017.07.04

ライトコインは取り扱ってる取引所がちょっと少ないですがビットフライヤーコインチェックで購入できます。

③ネム

ネムもイーサリアムと一緒でスマートコントラクトを搭載したアルトコインです。

まだ1XEM=22円あたりなので一攫千金を狙うのであればおすすめしますって感じですね。

発行枚数が9億枚とビットコインの約45倍もありますが1XEM=1万円になる可能性も全然あります。

っていうのもネムはカタパルトという大型アップデートが実装される予定があるからです。

カタパルトとは簡単にいうと処理速度をめっちゃ早くすることです。

処理速度ってちょっと分からないかもしれないので簡単に説明しますね。

例えば世界一の処理速度のクレジットカード「VISA」が1秒につき約4000件です。

つまりもし、今4000人が同時にVISAカードで買い物をしてもそれは1秒で処理が完了してすぐにみんなのレシートが出てきます。

一方、仮想通貨では今ビットコインの処理速度が1秒につき14件。

同時に4000人がビットコインで買い物してもレシートを貰えるまで、すぐ貰える人もいれば285秒(約4分ちょい)ぐらいかかっちゃう人もいるわけです。

こう考えるとちょっと実用性が低いのが分かりますよね。

そこでカタパルトを搭載したネムは研究段階で、処理速度が1秒につき3000件です。

同じように4000人がネムで買い物したら1秒から2秒で処理が終わってすぐにレシートがでる訳です。

実際にカタパルトが実装される頃にどれほどの処理速度になるかは明確じゃないんですけど、要するにとにかく実用性が一気に上がるアップデートです。

いつ実装されるかはまだはっきりしてませんが、実装されることは決定しています。

ネムの開発チームはmijinというものを開発して高いセキュリティや大幅なコスト削減を実現したりして信用も獲得してるのでカタパルトも間違いなく実装してくるでしょう。

とても将来性を感じるアルトコインなので僕もワクワクしながら保有しています。

【一攫千金コイン!?】ネム(NEM)とは?特徴や今後の動きを徹底解説

2017.05.11

結局ビットコインとアルトコインはどっちが良いの?

仮想通貨投資で一攫千金を狙うのであればアルトコインをおすすめします。

有名なメガバンクでアルトコインの技術が採用とかニュースになると価格が跳ね上がって一気に2倍、3倍の価値が出てきたりしますからね。

でも今ビットコインが一番普及しているのも事実ですから堅実にビットコインを持つのも賢い選択ではあります。

要するにどっちも保有できるならそれが一番なんですけど。笑

自分の目的次第でどっちを多く持っておくのが良いかってのは変わってきます。

ただ、僕が今日紹介した3つのアルトコインは将来性がほとんど約束されているような通貨ばかりですので、どのアルトコインを保有するか迷ってる方は是非参考にしてください。

もしまだ取引所を開設してない方はアルトコインの種類も豊富で安全性も抜群なコインチェックがおすすめです。

スマホ1つで5分で開設できますのでサクッと開設してしまいましょう。

【本当に安心?】コインチェックの安全性を徹底調査してみた

2017.07.30

まとめ

いかがでしたか?

今回は絶対に持っておくべき3つのアルトコインを紹介しました。

紹介したコイン以外の通貨にもそれぞれ魅力はありますので、他の記事も参考にしながら自分にあったアルトコインを保有してみてください。

この記事の後によく読まれています

仮想通貨ダッシュコイン(DASH)とは?特徴からわかる今後の動き

2017.09.08

【再び暴騰!?】仮想通貨モネロ(Monero)とは?特徴や将来性も解説

2017.09.07

【ビットコインより稼げる!?】アルトコイン投資の全てをまとめてみた

2017.10.25

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

またTwitterでは仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。ブログよりTwitterの方が回数は多いです。

ヒカルのTwitter

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

ビットコインに惚れて3年!今まで学んだ知識をまとめました。

0. ビットコイン完全攻略

bitcoin

1. ビットコインって何?

2147

2. ビットコインの仕組みってどんな?

2167

3. ビットコインを買うメリットって何?

2203

4. ビットコイン取引所のオススメをまとめてみた

2287

5. 口座開設からビットコイン購入までの全行程をまとめてみた

2250

6. ビットコインのウォレットって?

2396

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です