【2017年最新版】モナコインの今後や将来性を予想、考察してみた

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
ヒカル
どうも!ANGO(@ango_coin)の管理人、ヒカルです。

今年中にはビットコインが100万円に到達するだろうと思っていたら、もうすでに100万円超えてしまいましたね!すごい。

さらにアルトコインもほとんど上昇していて、すでに保有している人はウハウハですね。笑

アルトコインの一つである、モナコインも価格がどんどん上がっています。

ただ、「モナコインって今後も上がるのか」、「モナコインの将来性はどうなのか」って考えたことありますか?

今年の10月から急騰しているモナコインですが、今後どうなるのか気になりますよね。

そこで、今回はモナコインの今後や将来性について解説します。

結論を言っちゃいますと、「今後も爆発的な上昇は起こり得ます!!」

投資しようかなと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもモナコインとは?

モナコインは、旧2チャンネル(現5チャンネル)から生まれた仮想通貨です。

今まではあまり一般的に普及していなかったので、2チャンネルのコミュニティ内の通貨といった印象が強かった感じでした。

しかし、10月2日にビットフライヤーに上場してから一気に注目を集めるようになりました。

それを機に価格も爆発的に上がり、モナコインでめっちゃ稼いだ人も多いようですね。

そんなモナコインの特徴は、

  • 日本発のアルトコイン
  • ライトコインを元にできた
  • 世界初、Segwitに成功した通貨
  • 送金スピードがめっちゃ速い
  • コミュニティが活発
  • Twitter上で送金ができる

などです。

モナコイン(Monacoin)とは?驚くべき3つの特徴とその将来性

2017.11.18

モナコインのこれまでの歴史

モナコインは、2017年11月24日現在、時価総額が35位となっています。


引用:coinmarketcap.com

あれ、35位ってそんなにすごくなくない?

って思いました?笑

確かにビットコインや、イーサリアムリップルなどの人気な仮想通貨に比べたらまだまだですが、モナコインはここ最近で急激に人気が出てきている通貨なんです。

まずは、モナコインのこれまでの動きを知るために、時価総額と価格の変化を見ていきましょう。

時価総額の変化

まずは時価総額の変化です。

モナコインは2014年に取引が始まった通貨であり、下のチャートが現在までの全期間チャートになります。


引用:coinmarketcap.com

モナコインは2014年8月に一時期、時価総額が急騰しました(①)。一気に約40倍。

この急騰は、ワールドビジネスサテライト(WBS)がモナコインを取り上げたことや、ホリエモンがモナコインに参戦したことなどが原因だそうです。

そして、2015年にはモナコインがZaifに上場して、この時も少し時価総額が増えました(②)。

その後はずっと、時価総額が100万ドル〜200万ドルの間を推移していました(③)が、2017年になって急に増え始め、10月にビットフライヤーに上場したことがきっかけで、2億7,000万ドルになりました(④)。

一気に約270倍です!上がり方がハンパないですね。

それから一旦下がりましたが、また最近になって時価総額が増えてきています。

ビットフライヤーにも上場したモナコインですが、買うならZaifがおすすめです。

理由は割安で購入できるから。詳しくはこちらで。

【徹底比較】モナコインのおすすめ取引所ランキングTop3を発表!

2017.11.25

価格推移

では次に価格推移を見ていきましょう。

以下は、モナコインの全期間価格チャートです。


引用:coinmarketcap.com

時価総額の推移とほぼ同じ動きをしていますね。

こちらは直近1年間の価格チャート。


引用:coinmarketcap.com

今年の3月時点では、価格は約0.04ドル

10月の爆上げをした時の最高値は、4.96ドル124倍です!

そこから利確などで一回価格が下がりましたが、また最近価格が上昇してきていて、4.5ドルを超えてきていますね。

大手取引所のビットフライヤーに上場したことで急に認知度が上がり、多くの人が買うようになったんですね。

今後、コインチェックとかに上場なんてなったらまた急騰すると思います。

期待して待ちましょう。笑

モナコインの今後はどうなる?

それでは、モナコインの今後はまだまだ上がるのか、それとも下がるのか、を分析していきましょう。

まず僕の結論は、「長期的に価格が上昇していくかは微妙ですが、短・中期的な価格上昇は起こる可能性大」です。

将来性があるかと言われたら、今すでに時価総額が高い仮想通貨と比べた時にモナコインが優れているところがない限り、将来通貨としてずっと残っていくとは考えにくいかもしれません。

モナコインじゃなくて今あるビットコインライトコインでいいやってなるかもしれないですからね。

ただ、さっきも言ったように、今後モナコインがコインチェックに上場したり、ニュースに取り上げられたりしてさらに多くの人に知られるようになったら、価格は急騰するでしょう。

まだ今は1MONAの価格が安いので、今のうちに購入しておくのもアリですね。

好材料

  • ビットフライヤーに上場
  • ホワイトリスト入り
  • 実際に決済手段として利用可能
  • 価格がまだ安い
  • コミュニティが強い

まずは、なんといってもビットフライヤーに上場したことですね。

これによってモナコインの認知度がかなり上がって価格も124倍になりましたからね。

さらに、モナコインがホワイトリスト入りしたこと。

ホワイトリストとは、金融庁の審査を通り、登録業者が取り扱うことを認められた通貨のことです。(参照:仮想通貨交換業者登録一覧

そして、モナコインは、実際に決済手段として利用可能です。

Ask Monaという掲示板や、モナコインを使ってさまざまなコンテンツを利用できるMonappy、Twitter上でモナコインを使用できるtipmonaというサービスなどがあります。

また、価格がまだ安いことや、コミュニティが強いということも将来的に価格が上がっていく好材料の一つですね。

このコミュニティがもっと広まって市場規模が大きくなれば、価格も100倍、1000倍になる可能性もあるかもしれません。

懸念材料

  • セキュリティが弱い
  • 取引量がまだ少ない
  • 市場規模が拡大するか怪しい
  • 発行量が多い

一方で、懸念材料は、セキュリティが弱いということです。

送金スピードが速いと言いましたが、それは取引の承認作業のスピードが速いということなので、その分セキュリティが弱くなってしまうんです。

また、取引量がまだ少なく相場も乱高下がかなり激しいので、今後取引量が増えていかなければ主要通貨として利用されるようになるのは厳しいかもしれません。

投資目的のみの利用になってしまうかもですね。

さらに懸念されることは、市場規模が拡大するか怪しいということです。

今のモナコインは、2チャンネル発信ということで熱心な2チャンネラーからはとても愛されています。

しかし、その規模も世界から見たら小さいので、今後通貨として生き残っていくためには市場規模が拡大していく必要があると思います。

あとは、発行量がとても多いということ。

発行量が決まっていない通貨もありますが、ビットコインは2100万枚、ライトコインは8400万枚となっています。

しかし、モナコインは1億512万枚。

発行量が多いとその分一枚あたりの価値は小さくなりやすいので、1MONAあたりの価格はビットコインやライトコインよりも低いままであるかもしれません。

結局モナコインは買い?

投機的に売買するのであれば、将来性は大いにあります。

なので、投機したい人は買っておいてもいいでしょう。

まだ上場していないコインチェックは、国内の現物仮想通貨取引量がNo.1です。


引用:cryptocompare.com

もしコインチェックに上場したら価格がもっと上昇する可能性があるので、買うなら今のうちですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、モナコインの今後、将来性について解説しました。

まだ上場していない取引所もあるので、今後そこに上場するとしたらまだまだ価格は上がるでしょうね。

ただ、下落も激しい通貨ですので、投資は絶対になくなってもいい余裕資金で行うようにしてください。

この記事の後によく読まれてます

【実際どうなの?】仮想通貨のメリットとデメリット、将来性は?

2017.02.17

絶対に押さえておきたい!仮想通貨投資の6つのリスク!

2017.09.11

【徹底比較】僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄ランキングTop5〜2017年最新版〜

2017.08.25

【再び暴騰!?】仮想通貨モネロ(Monero)とは?特徴や将来性も解説

2017.09.07

【将来性抜群!】絶対持っておくべき3つのアルトコインを徹底解説!

2017.11.23

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

またTwitterでは仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。ブログよりTwitterの方が回数は多いです。

ヒカルのTwitter

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

ビットコインに惚れて3年!今まで学んだ知識をまとめました。

0. ビットコイン完全攻略

bitcoin

1. ビットコインって何?

2147

2. ビットコインの仕組みってどんな?

2167

3. ビットコインを買うメリットって何?

2203

4. ビットコイン取引所のオススメをまとめてみた

2287

5. 口座開設からビットコイン購入までの全行程をまとめてみた

2250

6. ビットコインのウォレットって?

2396

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です