【2017年最新版】ビットコインキャッシュの今後と将来性を予想!

ハヤカワヒロアキ
どうも!ANGOメンバーの、ハヤカワヒロアキ(@hayahirooo)です。

ビットコインキャッシュの高騰が止まりませんね!

“ビットコインの神”と呼ばれるロジャー・バーさんが「ビットコインキャッシュがビットコインを超えるのは時間の問題」と発言しており、今かなり注目が集まっています。


引用:https://jp.cointelegraph.com/news/roger-ver-has-a-new-bet-to-the-world

そんなビットコインキャッシュは2017年8月1日に誕生してから4ヶ月で約7倍も価格が上昇しています!

「うわ〜!買っておけばよかった!」
「今から買っても価格は上がるのかな?」
「既に利益出てるし売ろうか迷うな」

などなど、ビットコインキャッシュの高騰を聞いて、今後の価格によっては買いたいな!売りたいな!と注目している人は多いのではないでしょうか。

そこで、本日はビットコインキャッシュの今後の価格予想、将来性について解説していきます!
結論から先に言いますと、「まだ確実にどっちですとは言えないけれど、予想するなら上昇していくでしょう」って感じですね。

そもそもなんでこんなに価格が上がってるんだ?と思っている人も多いと思うので、現在高騰している理由を踏まえて、将来性を予想していきます。

現在の価格上昇の理由を理解するによって、ビットコインキャッシュの性能の良さが丸裸になるので、今からビットコインキャッシュの購入を検討している方は必見ですよ!

それではどうぞ!

ビットコインキャッシュとは?

ビットコインを保有している人はご存知かと思いますが、ビットコインキャッシュとは2017年8月1日にビットコインが分裂して誕生した新しい仮想通貨です。

ビットコインキャッシュの呼び方は「BCH」や「BCC」などがありますが、ここでは「BCH」で統一していきます。

12月現在、時価総額は約2兆4000億円で「第3位」、「1BCH=約15万円前後」を推移してます。


引用:coinmarketcap

ビットコインキャッシュの特徴についてさらに詳しく知りたい人や、「ビットコインってなんで分裂したの?」って思っている人は、こちらにまとめてあるのでぜひ一度見てみてください。

【今更聞けない】ビットコインキャッシュとは?今後の相場予想も解説

2017.09.05

ビットコインキャッシュは僕のオススメしているZaifで取り扱っているので、購入をしたい方はこちらからどうぞ。

ビットコインキャッシュが高騰している3つの理由


11月10日から急上昇しているビットコインキャッシュですが、主な理由は3つあります。

  • ビットコインの分裂案だったセグウィット2xの中止
  • ビットコインクラシック開発中止の発表
  • ビットコインキャッシュのハードフォーク完了

これからこの3つの理由について詳しく解説していきます。

ビットコインの分裂案だったセグウィット2xの中止

ビットコインキャッシュが、ビットコインSegWit2xハードフォークが無期限の延期を決定したことで、11/10日から価格を大幅に上昇させました。

ビットコインの分裂問題についてはこちらの記事で解説しています。

この延期されたビットコインのハードフォークでは、ブロックチェーンを拡張し、ブロックの容量を増やして送金スピードを高める目的でした。

分裂が延期される前に「もしビットコインが分裂したら、その分裂したコインが無料配布されるから買っておこう」と見込んでビットコインを購入していた人が、分裂の中止を受けてビットコインキャッシュに資金を流したため、価格が上昇しました。

ビットコインクラシック開発中止の発表

ビットコインクラシックというコインを開発しているグループが
「ビットコインキャッシュの誕生により、ビットコインクラシックの必要性はなくなるので、ビットコインクラシックの開発をやめます!」との発表をしたのです。


引用:https://bitcoinclassic.com/news/closing.html

ビットコインクラシックは現在ビットコインの抱えているスケーラビリティ問題を解決するためにブロックサイズを大きくするために開発されていました。

ビットコインクラシックはブロックサイズを2MBに引き上げることを目標としていたのですが、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBなので、ビットコインクラシックの目指す目的はビットコインキャッシュによって果たされてしまったんですね。

また、この発表文の中で「ビットコインキャッシュから半年以内にキャッシュがなくなり、ビットコインと呼ぶだろう」
とも発表されました。

正直この発表には自分も高まりましたね。笑

これによりビットコインキャッシュへの注目が高まり、価格高騰につながりました。

ビットコインキャッシュのハードフォーク完了

2017年11月4日にビットコインキャッシュのハードフォークが行われました。

このハードフォークでは、ビットコインキャッシュをマイニングする時の難易度を調整する仕組みをEDAからDAAに変更されました。

簡単に言うと、「ビットコインキャッシュが安定してマイニングされるように、仕組みをちょっと変えよう」って感じですね。

この変更によって、安い送金料で早く送金してもらえるようになりました

用語の説明は下記でしているので、興味のある方だけ読んでみてください。笑

マイニング難易度とは・・・

マイニング難易度とは、マイニングをする時にコンピュータで計算問題を解くのですが、その時に与えられる計算問題の難しさです。

マイニング難易度のことは、別名でディフィカリティとも呼んでいます。

そもそもマイニングとはなんぞや?という方はこちらから確認してみてください。

EDAとDAAはかなり難しいので、さらっと説明しておくと、

  • EDAは、マイナーの人数によってマイニング難易度を変える
  • DAAは、安定した速さでマイニングが行われている時はマイニング難易度を変えない

って感じです。

このように11/4のハードフォークは、利用者に対して実用性のある変更だったので、ビットコインキャッシュが更に使いやすくなり価格が高騰しました。

他にも価格上昇につながった要因はありますが、主な理由としてはこの3つですね。

ビットコインキャッシュの将来性は?


それではみなさんお待ちかねのビットコインキャッシュの将来性について解説していきたいと思います!

ビットコインキャッシュの将来性を予想するには、

  • ビットコインのスケーラビリティ問題が解決されるのか
  • ビットコインを大量保有している人がビットコインキャッシュに資金を移すのか

が大事な要因になってきます。

それではビットコインのスケーラビリティ問題をビットコインキャッシュの性能と関連づけて見ていきましょう!

ビットコインキャッシュの性能はどうなの?

ビットコインは現状スケーラビリティ問題にぶつかっており、送金スピードが遅く、手数料が高いので、とてもじゃないですが、日常的に使うなんてことは出来ません。

その点でいうと、ビットコインキャッシュは送金スピードが早く、手数料が安いので、かなり実用的ですよね。

ビットコインがこのままスケーラビリティ問題を克服できないとなると、シンプルに「ビットコインキャッシュの方が便利だよね」ってことになり、ビットコインキャッシュの価値は上がるでしょう。

ビットコインがどうスケーラビリティ問題を克服するかによって価格に影響を与えてくるので要チェックです。

今のところは、ビットコインキャッシュの方が性能的に良いので、上昇していく理由の一つになっています。

ジハン・ウーの発言


引用:https://btcnews.jp/antpool-said-bitcoin-need-hard-fork/

そもそもジハン・ウーって誰や?と思っている方も多いと思いますので、そこも少しご紹介していきます。

ジハン・ウーさんは、北京に拠点を置くビットコインを採掘する中国の最大手マイニング企業「BITMAIN」の共同設立者で、現在ビットコインの約30%をBITMAINでマイニングしています。

ビットコインキャッシュが生まれた背景として、ビットコインの分裂時に「segwit派とブロックサイズ引き上げ派」で意見が分かれていた際に、ジハン・ウーさんはブロックサイズ引き上げ派だったんですね。

ジハンさんがブロックサイズ引き上げを最後まで貫き、ビットコインキャッシュの誕生につながったので、ビットコインキャッシュへの影響力が半端じゃないんです。

そんなジハンさんが、ツイッターで「SegWitのサポーターやファンのうち、少なくても一人がビットコインキャッシュのマイニングを始めたら、アントプールも始める」と発言し、ビットコインキャッシュは約2.5倍に価格が跳ね上がりました。

また、中国で流行っているweiboというアプリでは、11/10に「明日は新しい日になるだろう」と発言し、当時1BCH=約8万円だったのが11/11には約15万円まで上昇したことで話題になりました。

このように、ジハンさんは業界内でもかなり注目されており、イベントの前や、今後のビットコインキャッシュの方向性を暗示するような発言をするので、今後の価格予想をするのには欠かせませんよ!

ロジャー・バーの支援


引用:bloomberg

こちらの記事でも紹介している「ビットコインの神」と呼ばれるロジャー・バーさんは資産額約17億円と言われているエンジェル投資家です。

そんなロジャーさんが「ブロックサイズが一杯のビットコインは送金コストが高く、ユーザービリティが悪い」と発言しており、

さらに、「ビットコインキャッシュこそがビットコインだ」と、本来ビットコインが目指していた機能をビットコインキャッシュが果たすだろうとの予測もしています。

ジハンさんに引き続き、ロジャーさんもビットコインキャッシュを推進する姿勢をとっています。

実際ロジャーさんのビットコインキャッシュの保有額は半端ではないので、二人のような大口投資家の動向にうまく乗ることが個人投資家には必要な視点です。

彼らは新規でビットコインキャッシュを買うこともるかもしれませんが、現在膨大に保有しているビットコインをいつ、どのくらいビットコインキャッシュに移すかも今後のポイントになってくるので、そこまで追えると良いですね!

それではまとめると、

  • ビットコインキャッシュの方が純粋にビットコインよりも機能性が良いこと
  • ビットコインとビットコインキャッシュに大きな影響力をもつ二人がビットコインキャッシュを支持していること

この二つの理由から、ビットコインキャッシュの価格はまだ絶対とは言えませんが、上昇していく可能性は高いです。

実際に時価総額も現在3位まで上がってきていますし、ビットコインとのリスクヘッジとして考えても買ってみる価値はあります。

余裕資金の範囲なら迷っている方は買ってみても良いかもしれませんね!

ビットコインキャッシュはこちらから購入出来ます。Zaifは自分が一番おすすめしている取引所で、とても使いやすく、取り扱っているコインも豊富で、セキュリティも抜群なので、是非開設してみてください。

まとめ

今回はビットコインキャッシュの将来性について解説してみましたが、いかがでしたでしょうか。

ビットコインとの関係性ありきでの通貨なので、難しい点もありますが、過去の上昇理由をみていくと、今後に期待出来そうですね。

また動きがあったら解説していくので、お楽しみにしていてください!

このあとによく読まれています

【今更聞けない】ビットコインキャッシュとは?今後の相場予想も解説

2017.09.05

【時価総額第3位】ビットコインキャッシュのチャートを徹底解説

2017.09.12

ビットコインキャッシュのコインチェック(coincheck)での取引方法!

2017.09.15

ビットコインキャッシュの購入方法(買い方)!取引所14社の対応状況は?

2017.09.20

イーサリアムの最新情報まとめ!2018年の動きもズバリ予想

2017.12.12

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

4.「この仮想通貨を買うならどこの取引所がおすすめ?」を図解

5. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

6. 一攫千金?!ネムコインとは?

7. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

8. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

9. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

10. 仮想通貨歴3年の僕が意識する15の投資ルール

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

ビットコインで月3万円稼ぐまでの道

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

■ Facebook



■ Twitter & Line@

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ハヤカワヒロアキ

『ANGO』ライターのハヤカワヒロアキです。22歳の新卒でエンジニアになり、毎日が終電帰宅の会社の奴隷に。1年後、運良くITベンチャーに拾ってもらい、同じタイミングで仮想通貨をビビりながらも購入。投資初心者でも仮想通貨なら利益が出ることに日々感動中。笑「初めて読んだ人でも分かる」を意識して記事を書いています。