【決定版】最もハイリターンが見込める海外の仮想通貨取引所TOP5!

カワグチカンキ
どうも!ANGO(@ango_key)メンバーの、カワグチカンキです。

この記事にたどり着き、海外の仮想通貨取引所を探しているということは、

「国内では取り扱ってない通貨を買ってみたい・・・」
「草コインで一攫千金できたら嬉しいな」
「100倍以上のレバレッジ取引で1日100万円とか稼いでみたい・・・」

そんな願望を持っているのではないでしょうか?

国内では扱っていない通貨を購入できたり、ハイレバレッジな取引をできたりと、海外取引所を使えば確かに夢のように稼げちゃう可能性もあります。

ですが、海外取引所は200社以上もあるうえに、審査がユルユルで安全性が低かったり、俗にいう【詐欺コイン】を取り扱っていたりとリスクがあるのも事実。

さらには日本人が開設できない取引所なんてのも最近は増えてきています。

なので、利用する上ではきちんと選ぶ必要があるのですが、1人で全部比較するなんて厳しいですよね…。

そこで今回は、ANGO編集部のみんなで、200社以上ある海外取引所から、「安全性」「お得さ」「取り扱い通貨」などを比較し、本当にオススメできる取引所を絞りこんできました。

他にも、海外取引所でしか購入できないおすすめの通貨や、海外取引所を使った場合の気になる税金についても紹介していきます。

最後まで読めば、きっとあなたが海外取引所について悩んでる疑問は全て解決されると思いますよ。

海外取引所比較一覧

今回、おすすめの取引所を探す上でサービスが良い取引所16社をまとめた一覧がこちら。

取引所名取扱銘柄数取引手数料安全性レバレッジ取引日本語対応
BINANCE約120種類0.05%〜0.1%☆☆☆
Bithumb37種類0.15%☆☆
BITFINEX
63種類0%〜0.2%☆☆☆最大3.3倍
Poloniex66種類0.25%☆☆☆最大2.5倍
BITTREX
約250種類0.25%☆☆☆
KuCoin約100種類0.2%☆☆
Huobi約100種類0%〜0.25%☆☆☆最大3倍
Kraken16種類0.15%☆☆☆最大5倍
CoinExchange約500種類0.2%
OKEX約150種類0.1%〜0.25%☆☆最大20倍
Bitstamp5種類0.1%〜0.25%☆☆
Liqui50種類0.01%〜0.1%☆☆
HitBTC約350種類-0.01%〜0.1%☆☆最大20倍
Cryptopia約600種類0.2%
BitMEX6種類-0.05%〜0.075%☆☆☆最大100倍
CryptoGT8種類0%☆☆☆最大200倍
※消し線が入ってる取引所は現在、日本人が開設できない状態の取引所です。

海外取引所は基本的に稼ぎやすい環境が整っているんですが、それぞれ取引所によって違いはあります。

取り扱い銘柄数の違いはもちろん、レバレッジ取引ができないところもあります。

「いろんな通貨をお得に購入できて、ハイレバレッジ取引できるところがいい・・・!」

そんな希望にも答えたいのですが、残念ながらそのような取引所は見つかりませんでした。

なので、海外取引所を使う上でも「現物保有用の取引所」と「レバレッジ専用の取引所」の最低2社は使い分けが必要です。

なので、「現物保有におすすめのTOP3社」と「レバレッジ取引におすすめのTOP2社」を紹介し、その内容をさらに詳しく解説していきますね。

現物保有に適した海外取引所TOP3

今回は2018年7月現在の最新版ということで、「日本人が開設できない取引所」は除外してのランキングになります。

開設できない取引所を紹介されても困りますもんね。笑

ぶっちゃけ、「現物保有」に関しては1位の取引所の評価がダントツです。

1位だけが知りたいって人はこちらまでスキップしちゃってOKです。

それではどうぞ!

3位:COIN EXCHANGE(コインエクスチェンジ)

COIN EXCHANGE 
取扱銘柄数約500種類
取引手数料0.2%
安全性★☆☆
日本語対応
レバレッジ取引の有無
公式サイトURLwww.coinexchange.io

日本にもQUOINEX(コインエクスチェンジ)という取引所がありますが、別物です。笑

特徴は、何と言っても取り扱い銘柄の種類でしょう。

なんとコインエクスチェンジは約500種類もの通貨を取り揃えています。

『我こそは草コイナーだ!』

って人にはおすすめできますが、正直言って危ないです。笑

0.001円ほどの価値の通貨も沢山あるので数万円用意すれば「億単位」の通貨を保有することができますけど、そのほとんどはそのまま価値を持たずに消滅してしまいます。

500種類も通貨があることはチャンスもあるというのは間違いありませんが、その分どの通貨を保有するか厳選するのが大変というデメリットもあります。

なので、どうしてもめっちゃマイナーなコインで一発を当てたい人向けの取引所って感じですね。

2位:Bittrex(ビットレックス)

BITTREX 
取扱銘柄数約250種類
取引手数料0.25%
安全性★★★
日本語対応
レバレッジ取引の有無
公式サイトURLbittrex.com

ビットレックスはアメリカの大手取引所です。

2014年に設立され、歴史も長い世界屈指の大手取引所でありながら今までのハッキングの被害件数は0件という、とてもセキュリティが硬く信頼が置ける仮想通貨取引所です。

銘柄数はコインエクスチェンジよりは少なめですが、新規公開されたばかりの通貨も取り扱っていているので、新しく発行される通貨の情報をいち早く仕入れることができれば一発大儲けを狙うことも全然できます。

使いづらいという面はありますけど安全性が一番気になるって人にはおすすめです。

1位:BINANCE(バイナンス)


BINANCE 
取扱銘柄数約120種類
取引手数料0.05%〜0.1%
安全性★★★
日本語対応
レバレッジ取引の有無
公式サイトURLwww.binance.com

圧倒的1位はバイナンスです。

パッと見た感じでは2位のビットレックスの方が取り扱い通貨も多く、良さげに見えるかもしれないんですけど、バイナンスには他にはない特徴があります。

特徴をまとめると、

  • 世界一の取引量を誇る
  • 独自トークンにより取引手数料がさらにお得に
  • 全てのフォークコインに対応
  • スマホアプリにも対応

ビットコインの取引量も世界一多く、ぶっちゃけ世界で一番人気な取引所です。

バイナンスが独自で発行しているトークンの【BNB(バイナンスコイン)】はそれ自体の価値も高く、さらにそのトークンで通貨を購入することができます。

そして、BNBで他の通貨を購入すれば取引手数料も0.05%まで下がります、めちゃくちゃお得です。

また、公式で「全てのフォークコインに対応する」と言っているので、バイナンスで通貨を保有していれば、その通貨が知らぬ間にハードフォークした時に勝手にお金が増えてます。

「そもそもフォークコインって何?」って思った人は以下を開いて読んで見ましょう。

フォークコインに対応していることのメリット

※フォークコイン

通貨がハードフォークして新しく誕生した仮想通貨のこと。
例)ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドなど…

ハードフォークした通貨を保有していた場合、新しく生まれた通貨もその保有量に応じて自動的に付与されたりします。

例えば、ビットコインがハードフォークしてビットコインキャッシュが生まれた時は、持っている分だけの保有量、つまり1BTC保有してれば1BCHが付与されました。

ですが、付与されるにはそのフォークコインに対応した取引所で通貨を保有してる必要があります。

なので、仮に国内取引所で以前からビットコインを持っていたとしても、その取引所がフォークコインに対応しなかったら新しい通貨をもらうことはできません。

知らない人も多いかもしれませんが、ビットコインは今まで5回以上ハードフォークをしています。

ビットコインキャッシュだけでなく、ビットコインゴールドやビットコインダイヤモンドも時価総額は高いので、フォークコインをもらうことは地味に美味しかったりするんですよね。

今後もビットコインはハードフォークをする予定がいくつもあるみたいなので、バイナンスに移しておけば自動的に保有通貨は増えると思いますよ。

スマホアプリも日本語には対応してませんが、いたってシンプルで使いやすいです。

国内取引所で板取引に慣れてたら全然使いこなせると思いますし英語がダメな僕でも使えちゃうぐらいなので、この記事を読んでるあなたならきっと大丈夫。笑

詳しい使い方についてはこちらの記事で解説してるのでバイナンスを使う場合は参考にどうぞ。

【超便利】バイナンス(binance)の使い方は?特徴/手数料/入出金(送金)/も紹介

2018.02.14

バイナンスの特徴に関しては長々と解説してしまいましたが、これが海外取引所で圧倒的な人気を誇ってる所以(ゆえん)です。

ただ一つ、こんなバイナンスでもレバレッジ取引ができないというちょっとしたデメリットを持ってます。

なので、「レバレッジで一気に稼ぎたいんじゃー!」

って人はこれから紹介する取引所を一緒に開設しておくと良いですよ。

レバレッジ取引に適した海外取引所TOP2

海外のレバレッジ規制が緩いのは事実なんですけど、実は仮想通貨FXでは海外でもハイレバレッジができる取引所が少ないんです。

僕が知ってる中で、ちゃんとした取引所でハイレバレッジを適用してるのはのは2社ぐらいです。

その2社をランキングするのはとても難しかったのですが、利便性や細かな損益まで比較して決定しました!

まあでも両方とも個人的におすすめできる取引所ではあるので、自分にあった方を選んで見てください。

第2位:CryptoGT(クリプトジーティー)

CryptGT 
取扱銘柄数8種類
取引手数料0%(スプレッド方式)
安全性★★★
日本語対応
レバレッジ最大200倍
公式サイトwww.cryptocm.com

クリプトGTは、キプロスに拠点を置いている取引所で、実は設立が2018年6月と、めちゃくちゃ最近できた取引所です。

特徴はやっぱりこのレバレッジですよね。

200倍って…。笑

それこそ1時間とかで100万円程度の利益を叩き出せそうですが、逆に言えば「秒」で何十万円も溶かせます。

手数料に関しては0%ですが、その分スプレッドが少し大きめです。

大きいといっても200倍のレバレッジをかけられるため、仮想通貨の価格変動の大きさから考えてもそこまで気にする必要はないのかもしれません。

超!ハイリスクハイリターンなので、実際にFXのトレード経験がある人にしかおすすめできないってのが正直なところです。

でもこのクリプトGTさん、サービス内容はめちゃくちゃ良いですよ。

  • レバレッジ200倍の取引が可能
  • 通貨ペアが12種類と豊富
  • 日本語対応が充実(サポート含む)

通貨ペアが12種類も選べる上に、日本語でサポートに連絡しても内部に日本人の人がいらっしゃるので即レスで日本語の返答があります。

というかANGO編集部、実は内部の責任者さんと接触してきました。笑
その時の会話の一部始終から、

「クリプトGTって何やねん。」
「どんな取引所なの?」

などなど、気になる色んな質問は全部こちらの記事にまとめてあるので、レバレッジ200倍に挑戦したいあなた、こちらの記事を是非読んでみてください。

【最大レバレッジ200倍】CryptoGT(クリプトジーティー)とは?アルトコインFXの取引方法/使い方/入金を完全解説

2018.07.02

第1位:BitMEX(ビットメックス)

BitMEX 
取扱銘柄数6種類
取引手数料0.05%〜0.075%
安全性★★★
日本語対応
レバレッジ取引最大100倍
公式サイトwww.bitmex.com

ビットメックスは香港に拠点をおく取引所です。

最大レバレッジは100倍とクリプトGTよりも低いですが、それよりも「使いやすさ」「手数料」「稼ぎやすさ」という面から1位はビットメックスにさせてもらいました。

ビットメックスとクリプトGTの具体的な比較内容はこちら↓

 BitMEXCryptoGT
取引手数料-0.025%〜0.075%0%
スプレッド約56円約5400円
使いやすさ
稼ぎやすさ★★★★★★★★

なんとビットメックスは指値で注文すると手数料がマイナスです。

ちょっと前までザイフでやっていたマイナス手数料キャンペーンと同じで、取引するだけで手数料が支払うどころか、逆に自分の元に入ってくるというお得さ。

しかもスプレッドもめちゃくちゃ狭いため、簡単に利益を取れます。

スマホアプリにも対応していてとても使いやすく、日本人の口座開設数も多い取引所です。

レバレッジを自由にいじれるので、100倍はちょっと怖いなって人も小さいレバレッジで取引することも可能ですし、価格がグイグイ伸びてる時には大きくかけて一攫千金も狙える万能なところが良いですね。

国内でビットコインFXをするよりも断然効率よくお得にできるので、普段からビットコインFXをやってる人も乗り換えて良いと言える取引所でしょう。

成行注文では手数料が若干かかってしまいますけど、今ならこちらから口座開設すると6ヶ月間はその手数料も10%割引されますよ。

なぜ海外取引所を使う必要があるのか?

実は、中級者以上の仮想通貨トレーダーの多くは海外取引所を使っています。

「なんで海外取引所を使う必要があるの?」

それは海外ならではのメリットがあるからです。

主なメリットは以下の3つ。↓

総じてまとめると、『海外取引所は稼ぎやすい環境である』ということですね。

ではこのメリットが、具体的にどう稼ぎやすくなるのかを説明していきましょう。

取り扱い銘柄が豊富

まず取り扱い銘柄の数に関して言えば、国内最大はコインチェックの13銘柄でした。(今は減って9種類)

それに比べて、海外取引所では100種類以上の銘柄を取り扱ってるところがザラにあります。

そして今は仮想通貨が投機目的として扱われているためか、1ヶ月で10倍以上の価格上昇する通貨もそこら中に転がってるような状況です。

つまり単純に価格が上がりそうな通貨をたくさん選べるということ、これは大きなメリットですね。

レバレッジの規制が弱い

国内で仮想通貨のFXをやろうとしたら、最大でもレバレッジの限度が25倍までとなってます。

仮想通貨の値動きはだいぶ激しいので、ぶっちゃけ25倍でも十分だと個人的には思うぐらいですが、海外取引所ではなんと「100倍以上」のレバレッジをかけることができます。

「100倍って具体的にどんなもんなの・・・?」

一言でいうと、レバレッジ100倍で仮想通貨FXをやるとしたら、10万円も用意すれば冗談抜きに1日で100万円ぐらい稼げちゃいます。

もちろん、逆に言えば10万円を1時間で溶かす可能性も全然あるのでリスク承知でチャレンジしなきゃいけませんが。笑

基本的に手数料が安い

国内取引所を使う場合でも、「取引板(取引所)で購入するか」「販売所で購入するか」で割安さが全然変わってきますよね。

販売所での購入ともなるとスプレッドが大きく取られて、実質的に取引手数料として3%〜5%ぐらい取られちゃうことになったりします。

ですが、海外取引所では基本的に販売所というのが無く、全て取引板での売買になります。

ほとんどの取引所が取引手数料も0.1%〜0.2%と低めなので、どんな通貨を購入するにしてもお得に購入することができます。

海外取引所を使う上での注意点

海外取引所ってすごい夢が詰まってる感がありますよね、それこそ「一攫千金」もできるのは事実です。

ですが、海外取引所を使う場合には注意点とリスク(危険性)があるので、そこはしっかり頭に入れておきましょう。

具体的にどんな注意点やリスクがあるのかというと、以下の3つです。

これらについても簡単に説明していきますね。

日本円・日本語対応がない

基本的に海外取引所では日本円での取引はできません。

欲しい通貨を購入する場合はビットコイン建てで購入するか、もしくはその国の通貨orドルで購入するかのどっちかになります。

なので普通の日本人が海外取引所を使おうと思ったら、まずは自分のウォレットor国内取引所からビットコインを送金しなくちゃいけません。

また、日本語に関しても、対応してる取引所はどんどん少なくなってきています。

バイナンスも以前は日本語に対応していましたが、金融庁からの指示で日本語がなくなってしまったので今は日本語に対応している他の取引所も、もしかしたら今後はなくなってしまうかもしれません。

このことは頭の片隅に入れておきましょう。

安全性が不安

なぜ安全性が不安かというと、多くの海外取引所では本人確認が無しで取引所の開設ができてしまうからです。

つまり、偽名も使えちゃいますし、同じ人が複数のアカウントを作ることだって可能だということ…。

となると、やっぱり悪いことを考える人はそんな穴につけこんで、ハッキングしたりマネーロンダリングしたりするんですよね。

マネーロンダリングとは

犯罪によって得た収益をあたかも正当な方法で得たお金と見せかけて、一般の市場で使っても身元がバレないようにする行為。

ですが、安全性は自分の管理次第で、ある程度は高めることができます。

本当は取引所に預けっぱなしにしないで、ウォレットを使うのがベストなんですけど、もしウォレットを持たないのであれば、必ず2段階認証を設定するようにしましょう。

大体はどこの取引所も取り入れてますよ。

二段階認証すら取り入れてない取引所は危険にも程があるので絶対に使わない方いいです。笑

詐欺コインが多い

海外取引所では100種類以上の通貨が購入できると説明しましたが、その中には詐欺コインも多く存在します。

しっかりコインの選別をしてる取引所もあれば、なんでもかんでも取り扱ってる取引所もあります。

例えば、【Yobit】という海外取引所では、存在しない上に、今後も存在することもないコインが売買されてますからね。

確かに、【草コイン】には夢がありますけど、あまりにも謎な通貨に手を出すのは正直言ってお勧めできません。

なので草コイン漁りも良いとは思いますが、個人的には将来性がある通貨を厳選してる取引所で売買することをおすすめします。

海外取引所限定のおすすめ通貨


海外取引所を使うということは、「国内では購入できない通貨を購入してみたいから」という理由が少なからずあると思います。

ですが、

「海外取引所は一応開設しておこうと思うけど、どの通貨を購入するか決まってないんだよな・・・。」

そんな人も多いんじゃないでしょうか?

なので、どの通貨を購入しようか迷ってる人は、僕のおすすめする「海外でしか購入できない通貨」を参考してみてください。

僕のおすすめする通貨は以下の3つです。

  • EOS(イオス)
  • NEO(ネオ)
  • ADA(カルダノ)

EOS(イオス)

【EOS】は2017年に作られた比較的新しい通貨ですが、2017年にICOとして最も資金調達額が多かったコインです。

2018年になってから仮想通貨全体の価格が下がってますけど、なんとEOSは2018年になってからどんどん勢いが増してる通貨なんです。

EOSはこれからも注目材料が多い通貨なので、価格の高騰を狙うのであればとてもおすすめです。

ICO資金調達額、2018年に入っての6ヵ月で2017年の数字を上回る

2018.07.11

NEO(ネオ)


【NEO】は中国版イーサリアムとも呼ばれている仮想通貨です。

また、2018年が始まった頃に「仮想通貨の格付け」なんてものが世界で流行りましたが、実はこの格付けで最も高評価を獲得した通貨なんです。

技術がとても優れている通貨で基本的には中国人を対象として作られていますが、中国は世界の人口の20%を占めているほどもあります。

それほどの人口に支持されつづけられる通貨ともなれば、将来性は堅いものとなるでしょうね。

ADA(カルダノ)


カルダノの開発者であるチャールズ・ホスキンソンさんは元イーサリアムのCEOを勤めていた方です。

【仮想通貨の生みの親】とも言われてるほどの人で、カルダノ開発陣はとにかく優秀な技術者と研究者がいます。

この通貨もイーサリアムと似た使い道をされていく予定で、【DApps】のプラットフォームにもなる通貨です。

今後、オンラインでのカジノなんかが流行った時には、このカルダノがチップの代わりとして使われることにもなってくるはずです。

それこそ、DAppsというものはこれからの社会では注目されてくるはずですので、それに使われる通貨というだけで期待が持てますね。

【5分でわかる】DAppsとは?仮想通貨初心者でもわかるように徹底解説

2018.05.11

紹介した3つ以外にも将来性がありそうな通貨はありますが、鉄板なところでいったらこの3つの通貨で間違いないでしょう。

ちなみにこの3つの通貨は全部ちゃんとバイナンスで購入することができますよ。

ついにLINEも仮想通貨取引所を設立!?


普段僕たちが使ってるLINEもついに2018年7月、仮想通貨業界に参入してきました。

株式会社LINEは【BTCBOX】って名前の取引所を運営し始めたんですけど、日本の規制問題で現在、日本人は口座開設できない状況です。

「15言語」にも対応して取り扱い通貨も30種類と、まさにちょうどいい塩梅(あんばい)の取引所なんですけどね。

仮想通貨取引所運営の申請を金融庁に提出したことも発表されていますが、申請は現在も審査中だということらしいです。

LINEは日本人のシェア率がとても高いので、この取引所が金融庁に認められるかは今後の仮想通貨市場の発展に大きく関わってきそうですね。

そのほか、現在日本人が口座開設できない取引所もまとめておいたので参考にどうぞ。

日本人が口座開設できない取引所一覧

  • Huobi
  • HitBTC
  • KuCoin
  • Kuraken
  • BigONE

(※追加等あれば随時更新していきます)

今は仮想通貨に関する法整備がまだ整っていないため、金融庁も厳しく口座開設の規制をしているんですけど、今後しっかりとした法整備されればこの制限も解かれる可能性は全然あります。

特にKuCoinはバイナンスの【BNB】のような独自トークンを発行してお得なサービスを展開している、本来おすすめな取引所です。

まあでも開設できないんで今は意味ないんですけど…。笑

今はとにかく法整備が決まって、仮想通貨に関する規制が緩くなることを待つしかないですね。

海外取引所を使った場合の税金はどうなる?

海外取引所を利用すると気になってくる問題の一つが【税金】じゃないでしょうか?。

「海外に資産を置いてやりとりすれば税金もかからなくなるんじゃないの・・?」

と、思うかもしれませんが、国内取引所を使っても海外取引所を使っても、税金のかかり方は全く同じです。

という考えも通じません。

余裕で税務調査がきてしまいます。

と言うのも、2018年から海外に口座を持っている人の情報が国税庁に自動連絡される仕組みとなりました。(詳細

仮想通貨の場合は預金と異なるため、自動連絡の対象とはなっていませんが、今後は海外取引所の情報も国税庁が把握する仕組みができる可能性は高いといえるでしょう。

なので海外取引所を使うのであっても税金対策はしっかり考えておくべきですね。

【2018年最新】5分でわかるビットコイン(仮想通貨)の税金・節税対策

2017.04.07

まとめ

いかがでしたか?

今回は海外取引所で仮想通貨を売買しようと考えてる人のために、重要なポイントを徹底的に解説してみました。

  • おすすめの海外取引所
  • 海外取引所のメリット・デメリット
  • 国内では購入できないおすすめ通貨
  • 税金対策

海外取引所は国内取引所にはない魅力・稼ぎやすい環境が詰まっています。

ですが、使う場合は海外取引所の注意点もしっかり把握して口座開設してください。

ANGOでは国内の取引所に関しても、他のサイトには無い目線での評価も踏まえておすすめを選別してるので、是非自分の使ってる取引所と比較してみてください。

騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング【31社比較】〜2018年最新版〜

2017.02.16

Zaif積立、ぶっちゃけどうなん?

仮想通貨の投資方法は何種類かありますが、「ザイフの積立って実際どうなの?お金増えんの?」と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの度、ANGO代表のハナキに「Zaif積立を利用して実際にお金が増えるのか?」の被験体になってもらうべく交渉してきました。本人も驚く意外な結果になりました。笑

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損していた...

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

コインチェックの事件を経て、仮想通貨取引所が『ぼろ儲け』していることは世間に明るみになりました。では仮想通貨取引所はどのように儲けているのでしょうか?そのカラクリに気づき取引所を選定し直した人は少なくありません。

しかし、調べるのも一苦労です。国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう。ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

カワグチ カンキ

ANGOメンバーのカンキです。前職は外食上場企業に勤め、社会の闇をさまよっていました。そんな中で仮想通貨に出会い心を奪われ、頭の中は毎日スケーラビリティ問題。思い切って仕事を辞め、現在はフルタイムビットコイナーです。(好きなのはイーサリアム) 「役立つ情報を分かりやすく」をモットーに記事書いてます。

コメントを残す