【全13種】仮想通貨(ビットコイン)の対応おすすめウォレット一覧表

カノウコウスケ
どうも!ANGOの編集長、カノウコウスケです。最近仮想通貨が軒並み暴落してますが、何も気にしてませんよ。嘘じゃないです。嘘ですめっちゃ気にしてます。

価格変動も気になるかもしれませんが、仮想通貨と言えばやはり「セキュリティ面」も気になりますよね。

仮想通貨は、実は世界中のいたるところで頻繁にハッキングがおきていますから。怖い怖い。

そこで、自分の仮想通貨を守ってくれるのが「ウォレット」という存在です。

この記事にたどり着いたあなたは、ウォレットの存在は知っているけど、

俺が保有してる仮想通貨は、一体どのウォレットなら対応してるんじゃー!?

なんてお困りじゃないでしょうか?

わかりますわかります。2017年から数多くのアルトコインが取引されるようになり、どのコインがどのウォレットに対応しているのか…もはや謎ですよね。

通貨ごとに対応しているウォレットは違いますから…。

そこで今回はそんなあなたのために、人気仮想通貨13種にそれぞれ対応しているおすすめウォレットを一覧表でまとめてみました。

「俺はビットコインちゃう、リップラーなんや。いや俺はネムラーなんだ。いやモナコインや!!」

そんな方々は必見ですよ。もちろん、基本的なウォレットの種類や特徴も解説しています。

この記事を参考に、自分の仮想通貨をしっかり守っていきましょう!

仮想通貨のウォレットとは?

ウォレットとは、仮想通貨を安全に保管するためのお財布のようなものです。

詳しくはこちらで解説してありますが、仮想通貨は「インターネット上の仮想の通貨」なので、常に「ハッキング=盗まれる」というリスクを背負っています。

よく「仮想通貨を取引所に放置するのはよくないよ」と聞くと思いますが、それもハッキングリスクがあるからですね。

その可能性を少しでも減らし、安全に自分の仮想通貨を保管するための役割を果たしてくれるのがウォレットというわけです。

で、ウォレットにはいろんな種類があり、それぞれで、

  • 利便性
  • セキュリティ
  • 利用する上での難易度

が違います。

つまり、「仮想通貨の認識度や利用目的」によって自分に合ったウォレットは違うよということですね。

もうちょっと詳しく知りたいよって人は以下の記事を参考にしてみてくださいね。

【5分でわかる】ビットコインのウォレットとは?種類や特徴まで簡単解説!

2017.02.02

ウォレットの種類を紹介

主な仮想通貨ウォレットの種類とその特徴を簡単にまとめてみました。

ウォレットタイプセキュリティ利便性主なウォレット
ウェブウォレット×Blockchain.info
ウェブウォレット(取引所)×coincheck
ソフトウェアウォレットbreadwallet
ペーパーウォレット×bitaddress.org
ハードウェアウォレット×TREZOR

より詳しく知りたい人はこちらからどうぞ。

【全13種】主要通貨ごとのおすすめウォレット

では本題の主要通貨ごとに対応しているおすすめウォレットを紹介していきましょう。

今回は僕の肌感で、保有者が多いと思われる「13種類」の仮想通貨を抜粋し、それぞれに対応しているおすすめの「ソフトウェアウォレット」と、「ハードウェアウォレット」を紹介していきます。

なぜソフトウェアウォレットとハードウェアウォレットに分けるか?

それはざっくりいうと利便性を重視する人はソフトウェアウォレットがおすすめだし、セキュリティを重視する人はハードウェアウォレットがおすすめだからです。
※ウェブウォレットはセキュリティが弱い、ペーパーウォレットは種類が少ないという理由で割愛

【通貨ごとのおすすめウォレット】

通貨名ソフトウェアウォレットハードウェアウォレット
BTCbreadwallet
TREZOR
ETHMyEtherWalletTREZOR
XRPToast WalletLedger Nano S
BCHbreadwallet
TREZOR
LTCLoafWalletTREZOR
XEMNano WalletLedger Nano S
DASHJaxxTREZOR
XMRMonero Freewallet-
ADAダイダロスウォレット-
MIOTAIOTA Wallet-
ETCMyEtherWalletTREZOR
MONAMonacoin CoreTREZOR
LSKLisk nano wallet-
※確認できなかったものは-と表記しています

通貨名
BTC→ビットコイン
ETH→イーサリアム
XRP→リップル
BCH→ビットコインキャッシュ
LTC→ライトコイン
XEM→ネム
DASH→ダッシュ
XMR→モネロ
ADA→カルダノ
MIOTA→アイオータ
ETC→イーサリアムクラシック
MONA→モナ
LSK→リスク

高額を長期保有したい人は…

大きな資産を長期的に保有したいと考えている人は、ハードウェアウォレット一択です。

ハードウェアウォレットは頻繁に売買したりするのには向いていませんが、とにかくセキュリティが最強ですからね。

僕のオススメはTREZORです。

多少値は張りますが、それでも安全に資産を保管したい人はこれで間違いありません。

トレザーである程度の仮想通貨は対応できますが、リップルやネムを保管したい人は、Ledger Nano Sがいいでしょう。

少額をお手軽に保有したい人は…

「大きな額ではないから、ハードウェアウォレットはめんどくさい…でも取引所に置くのは怖い..」

そんな人は「ソフトウェアウォレット」がいいでしょう。

ハードウェアウォレットと比べたらセキュリティは弱まりますが、取引所に置いて置くよりは安全です。

スマホで簡易的に使えるものもありますしね。

上記の対応ウォレットを参考に、ソフトウェアウォレットを利用してみてください。

取引所に置いておきたい!という人は…

ハードウェアウォレットが安全なのはわかるけど…
それでも俺は積極的に売買したいからできれば取引所に置いておきたい!

という人。チャレンジャーですね。

僕はやはりどうしても取引所に放置しておくことは勧められませんが、それでもどーしてもというなら、「最低限売買するだけの通貨を、できるだけセキュリティの高い取引所」におくようにしましょう。

セキュリティが強いと評価されている取引所を紹介していきますね。

あ、もちろんですが、最低限、二段階認証は絶対設定しておきましょう。

セキュリティNo.1はbitFlyer

スクリーンショット 2017-01-28 17.21.38
URL:https://bitflyer.jp

仮想通貨取引所は国内だけでも15社以上、海外取引所も合わせると余裕で100社以上ありますが、その中でもビットフライヤーのセキュリティはなんと世界1位と評価されています。

もちろん、だからといって絶対安全という訳ではありませんが、取引所に置いておきたいのであればbitFlyerさんをオススメします。

さらにビットフライヤーは万が一、ハッキングなどによる不正出金があった場合に、一定額の補償をしてくれます。
※ただ、「日本円が不正出金された時のみ」なので、もしビットコインなど仮想通貨がハッキングされた際は補償してくれません。ご注意を!

ビットフライヤーの取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、リスクの7種類なので、これらのコインを取引所で保管したいのであれば、ビットフライヤーさんをオススメします。

bitbank.ccも優秀


URL:https://bitbank.cc/

もう一つセキュリティが強いと言われている取引所がbitbank.ccです。

以上のように仮想通貨界隈で有名な方もbitbank.ccのセキュリティを評価しています。

また、ビットバンクは人気通貨であるリップルを扱っていることでも人気ですね。

【意外と知らない!?】リップルを最安値で購入できる奇跡の取引所とは?

2018.03.15

リップルを取引所で保管したいという人はbitbank.ccで間違いないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は人気仮想通貨の対応ウォレットをまとめてみました。

最後に簡単にまとめておくと、

  • 仮想通貨は自己責任。ハッキングリスクを減らすならウォレットに移そう
  • 通貨の種類や保有目的によっておすすめのウォレットは違う
  • 一番セキュリティが高いのはハードウェアウォレット
  • どうしても取引所に放置したい人はbitFlyerbitbank.ccが高セキュリティ

って感じですね。

自分の資産は自分で守っていきましょう。

この記事の後によく読まれてます

ビットコイン(仮想通貨)に投資して分かった一番安全な取引所を発表!

2017.08.26

【必須事項】最低限やっておくべき仮想通貨のセキュリティ対策7つ!

2018.01.26

【アプリ対応も】初心者におすすめのイーサリアムウォレットを紹介

2017.06.14

【利用目的別で紹介】ライトコインおすすめウォレットはどれ?

2017.07.12

【持ってただけ?】ビットコインで億万長者になった有名芸能人たち!

2017.04.02

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

またFacebookページやTwitter、LINE@では仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

LINE友だち追加

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

LINE@はじめました。

初心者におすすめの
仮想通貨ランキング

1位"キングオブ仮想通貨"こと
「ビットコイン」

言わずと知れた仮想通貨の中でもナンバーワンの認知度と時価総額を誇るビットコイン。
よく『ビットコインは高いから買えない』と言っている人がいるが、国内の取引所では0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。
個人的には一生上がり続けると思うので、ちょっとでも買っとくことをお勧めしてます。

2位"IQ2万の優等生"こと
「イーサリアム」

イーサリアムは常にビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っている仮想通貨です。
当時19歳だった天才少年に生み出され、マイクロソフトやIBM、トヨタなどにも支援されているほどの逸材。
ブロックチェーン上に、取引履歴だけでなく「契約」まで自動で記録してくれる「スマートコントラクト」という技術はあのホリエモンも投資するほどのポテンシャルを秘めています。

3位"仮想通貨界のバックパッカー"こと「リップル」

リップルは、あの天下の大企業「Google」様が出資していることで有名な仮想通貨です。
ブリッジ通貨という性質でとにかくスピーディに、安い手数料で国際送金ができることが特徴です。
2017年12月の1カ月で価格が約8倍に高騰した今まさに億り人を輩出しているコインです。

4位"中国からの刺客"こと
「ビットコインキャッシュ」

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。
ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインよりもビットコインに近いと巷では噂が。
ビットコインを超える可能性に少額でも賭けてみると良いでしょう。

5位"スピードスター"こと
「ライトコイン」

ビットコインを元に作られた通貨で、ビットコインが金ならライトコインは銀がコンセプト。
ビットコインよりも送金スピードが速くなっているので、実用性に優れています。
その性能から中長期的にも上昇が見込めますし、2017年12月の1カ月で価格が2.5倍高騰したことで短期的にも上昇をしているコインです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。