【保存版】2017年ビットコインの価格高騰まとめ!理由も解説

アライカズマ
どうも!ANGOメンバーの、アライカズマです。最近は寒すぎて手がかじかんでしまい、タイピングがうまくできないことが悩みです。

2017年は「仮想通貨元年」と言われていましたね。

仮想通貨の時価総額1位である、ビットコインの価格は1年間でなんと約13倍!

さすがビットコイン。笑

また、それ以外のアルトコインの価格も多くが数十倍、数百倍になりました。

【一攫千金?!】アルトコインとは?将来性のある12銘柄からおすすめを紹介

2017.05.15

2018年1月26日現在は1BTC=約114万円と少し落ち込んでいますが、それでも一年前に比べたら約10倍です。

なんでこんなに価格が上がっていったの?

って思っている人も少なくないと思います。

ビットコインの価格は順調に増加していった訳ではありません。高騰と暴落を何度も繰り返しながら今の価格になりました。

そこで、今回は、2017年ビットコイン価格が高騰した時期とその理由を一挙にまとめて紹介していきます。

過去の高騰の理由をしっかりと学んで、これからに活かしていってくれれば嬉しいです。

まあ僕はガチホ派なんで、価格が高騰しても暴落してもホールドし続けますけどね。笑

それではどうぞ〜

2017年ビットコインの価格変動

ではまず、2017年の一年間のビットコインの価格推移を見てみましょう。


引用:coinmarketcap.com

2017年1月1日は1BTC=116,761円でしたが、2017年12月31日には1BTC=1,672,273円になっています。

10倍以上ってものすごいですね。しかも、ビットコインだけではなく、アルトコインも2017年はめちゃくちゃ上昇しました。

時価総額上位10個の仮想通貨は2017年の1年間で何倍になったの?

2018.01.24

ビットコインの価格は10月以降に一気に上昇しているのがわかりますが、2017年で僕が気になった高騰を6つ紹介していきます。

高騰1. 中国の規制でバブル!? (1月)


引用:coinmarketcap.com

【価格:約10万7,000円 → 約13万3,000円

【上昇率:+24%

上昇理由

2017年最初の高騰は1月です。

2017年に入った直後から「日本円-ビットコイン」の取引が増加し、ビットコイン取引における日本人の割合が一気に増えました。

そして、1月5日にはビットコイン価格が2013年以来の史上最高価格を更新。

その後、中国人民銀行が中国の仮想通貨取引所に対してビットコイン投資の過熱に対する警告を出したことで、一時価格が大きく下落しますが、その代わりに日本人の取引高が増えることになりました。

高騰2. アルトコインバブル (5月)


引用:coinmarketcap.com

【価格:約19万6,000円 → 約30万7,000円

【上昇率:+57%

上昇理由

4月に改正資金決済法が施行され、ビットコインに参入してくる人や企業がどんどん増えましたね。

そして5月は特に、アルトコインに急激にお金が流れていきました。

この時期からイーサリアムを利用したICOが多く出始め、特にイーサリアムの価格はめちゃくちゃ高騰しましたね。笑

【知らないと損!】イーサリアムとICOとの深いつながりとは?

2017.09.25

その時、一度ビットコインにしてからアルトコインに交換する人なども多く、アルトコインの価格上昇につられてビットコインの価格も最大で+57%の上昇を見せました。

高騰3. ビットコインキャッシュの誕生 (8月)


引用:coinmarketcap.com

【価格:約30万2,000円 → 50万1,000円

【上昇率:+65%

上昇理由

8月は、ビットコインが分裂してビットコインキャッシュという新しい仮想通貨が誕生しましたね。

ビットコインキャッシュの誕生は予期されたものではなかったので僕もびっくりしましたが、分裂後はどちらも順調にマイニングが行われ、コミュニティも機能していたので、価格は上昇していきました。

みんな安心して買い増ししたんでしょうね。

【初心者でもわかる】ビットコインキャッシュとは?将来性と課題も解説

2017.09.05

高騰4. ビットコインゴールドの誕生 (10月)


引用:coinmarketcap.com

【価格:約49万3,000円 → 約69万1,000円

【上昇率:+40%

上昇理由

10月の高騰は、またもや分裂が関係しています。

10月末に、ビットコインがまた分裂し、ビットコインゴールドという新しい仮想通貨が誕生しました。

その分裂前に、分裂して新しく誕生するビットコインゴールドを付与してもらおうと買い増しする人が多くいて、ビットコインの価格が増加しました。

また、このときは11月にビットコインのSegwitが起こる可能性もあったため、Segwitに向けて買い増しする人もいました。(結局Segwitはしませんでした。)

【2018年最新版】ビットコインのハードフォークを11種類まとめてみた

2018.01.26

あとは、金融庁が仮想通貨取引所の会社を登録制にしたことも安心材料になり、今まで仮想通貨に興味を持っていた多くの人が仮想通貨を買うようになったのではないかと思います。

参照:仮想通貨交換業者登録一覧

高騰5. ビットコイン vs ビットキャッシュ!? (11月)


引用:coinmarketcap.com

【価格:約91万8,000円 → 128万円

【上昇率:+39%

上昇理由

11月中旬、ビットコインがSegwitを回避。

それにより、ビットコインよりビットコインキャッシュの方がいいんじゃないかという声が広まり、ビットコインとビットコインキャッシュの間でお金が行き来していました。

「ビットコイン界の神」とも言われるロジャー・バーもビットコインキャッシュを支持するようなことを言っていますね。

なので、ビットコインキャッシュの価格が上昇しビットコインが下落していくかもと思われましたが、11月末にビットコイン価格が100万円を突破すると、それから一気に上昇していきました。

「ビットコイン vs ビットコインキャッシュ」は一時的にビットコインの勝利って感じですかね。

高騰6. ビットコイン先物が上場 (12月)


引用:coinmarketcap.com

【価格:113万2,000円 → 205万5,000円

【上昇率:+81%

上昇理由

12月の高騰の主な要因は、ビットコインの先物がアメリカのCBOEとCMEに上場するというニュースがあったことですね。

また、日本でもIT企業が参入してメディアでの露出が増えていきました。

そして、ビットコインが1BTC=200万円を突破!

200万円の壁で一旦止まるかなーって思いましたが、一時230万円までいきましたね。笑

ビットコインの今後は?

今後のビットコイン価格はどうなるの?
まだ上がるの?

って思っている人が多いでしょう。

これから上がるのかどうかが一番知りたい情報ですもんね。笑

最近は中国や韓国の規制の影響やコインチェックへのハッキングで価格が下がっていますが、ビットコイン自体の将来性はかなりあります。

僕の結論をいうと、まだまだ価格は上がります!!

【実際どうなの?】仮想通貨(ビットコイン)の普及率と今後の展望

2017.10.12

なので、価格が下がっている今が買い時です。

今後も2017年に起きた高騰がまた起こる可能性が高いので、今のうちに買っておきましょう。

僕おすすめの取引所は国内だったらZaif。海外だったらBinanceです。

仮想通貨取引所ランキング早見表!国内・海外全28社を一覧で徹底比較

2018.01.19

過去の相場から学んでぜひ将来の取引の参考にしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ビットコインの2017年の高騰についてまとめました。

1週間で価格が50%も上昇するなんて、仮想通貨以外ではありえないことです。笑

今後は少しずつ価格が安定していくとは思いますが、2018年はまだ仮想通貨に触れていない人がどんどん参入してくる年だと思います。

これを機に少しでもビットコインを買ってみてはいかがでしょうか。

【ザイフ】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.11.16

Zaif積立、ぶっちゃけどうなん?

仮想通貨の投資方法は何種類かありますが、「ザイフの積立って実際どうなの?お金増えんの?」と、お考えの方もいらっしゃるでしょう。

そこでこの度、ANGO代表のハナキに「Zaif積立を利用して実際にお金が増えるのか?」の被験体になってもらうべく交渉してきました。本人も驚く意外な結果になりました。笑

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損していた...

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

コインチェックの事件を経て、仮想通貨取引所が『ぼろ儲け』していることは世間に明るみになりました。では仮想通貨取引所はどのように儲けているのでしょうか?そのカラクリに気づき取引所を選定し直した人は少なくありません。

しかし、調べるのも一苦労です。国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「騙されるな!本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう。ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。

コメントを残す