【2018年最新版】ビットコインのハードフォークを11種類まとめてみた

カワグチカンキ
どうも!コインチェックの不正アクセスにはさすがにひよってるANGO@ango_keyメンバーの、カワグチカンキです。

2017年8月1日にビットコインキャッシュが誕生したのは覚えてますか?なつかしいですね。

その後も、ビットコインは何度かハードフォークをしてるんですけど、いったい何回ハードフォークしたのか、知ってます?

実は7回もハードフォークして、新しい通貨もその度に誕生してるんです。

つい先日もビットコインプライベートなんていうオシャレな名前のコインも誕生しました。

しかも今後もハードフォークは行われる予定だったり、噂はいっぱいありますし、もう何がなんだか分からない状況ですよね。笑

そこで今回は、これまでハードフォークで誕生したコインと、これから噂されてるハードフォーク、さらには噂で終わったハードフォークをまとめて紹介します。

フォークして誕生したコインにも少なからず、価値はありますし、ビットコインを保有してただけで付与されるってことで、せっかくなら持っておきたいですよね。

そのフォークコインはどうしたら付与されるのかってことも解説していきますので、フォークコインが欲しいあなたは最後まで要チェックですよ〜!

そもそもハードフォークとは

ハードフォークとは簡単に要約すると、本来一本の鎖で繋がっているブロックチェーンが分岐することによって、一つの仮想通貨が分裂する事」を意味します。

その結果としてハードフォークは、

  1. 通常の分岐(新しいコインは生まれない)
  2. アップグレードだけされる(新しいコインは生まれない)
  3. 派生通貨が作られる(新しいコインが生まれる)
  4. 全く違う通貨になろうとする(新しいコインが生まれる)

この4パターンに分類されます。

全部を詳しく解説してると長くなっちゃうので、ビットコインのハードフォークは大体、「3」の「派生通貨が作られる」に分類されるってことだけ抑えてもらえれおっけーです。

今まで起きたハードフォークを6つ紹介

通貨名通貨単位実装日
ビットコインキャッシュBCH2017年8月1日
ビットコインゴールドBTG2017年11月13日
ビットコインダイヤモンドBCD2017年11月24日
スーパービットコインSBTC2017年12月13日
ライトニングビットコインLBTC2017年12月23日
ビットコインゴッドGOD2017年12月25日
ビットコインプライベートBTCP2018年2月28日

分裂しすぎですね、もうやりたい放題。笑

クリスマスには神様が誕生しちゃってますからね。

こんな感じでネタっぽく見えますが、通貨によってスマートコントラクト、ゼロ知識証明、アトミックスワップなど色んな機能が搭載されています。

その中でも、今話題なっているライトニングネットワークが搭載されてるのもあります。

  • スーパービットコイン
  • ライトニングビットコイン
  • ビットコインゴッド

この3つにはライトニングネットワークが搭載されているので、これからどうなるのか、ちょっと様子見したいところですね。

用語解説

これから起きるハードフォークを紹介

2018年1月27日に、ビットコインはまたハードフォークをして、ビットコインキャッシュプラスというものが誕生する予定です。

本来1月2日がリリースの予定日だったみたいなんですけど、延長してるのでどうなるかはわかりません。

通貨の機能としては、これといって真新しいものは無く、ビットコインキャッシュに味付けした程度でさほど変わらないようです。

しかも開発者が不明と、怪しい雰囲気は満載です。

ですが、しっかりと準備もしていて2017年11月からハードフォークの発表もあり、カウントダウンもされているので紹介しておきます。

ビットコインキャッシュプラスの公式サイトはこちら

今後もまだまだハードフォークは実装されていくでしょうが、噂で終わるものも数多く存在してきたので、どんなハードフォークの噂を聞いても過度な期待は禁物です。

噂で終わったハードフォーク

では実際に今まで噂されていたけど、結局誕生しなかったコインを軽く紹介します。

  • ビットコインシルバー
  • ビットコインプラチナ
  • ビットコインホット
  • ビットコインウラン

これらは噂されていただけで、結局誕生しなかったコインです。

色んなサイトを見て、「あれ?このコインは何?」と頭がこんがらがってしまってる方もいるかとも思うので参考にしてもらえればと思います。

今後も噂で終わったコインはこちらい追加して書いていきますので、「あれはどうなったのかなー」って気になった時はこの記事を訪れてみてください。

ハードフォークしたコインを全部保有するには

基本的にビットコインを保有していれば、その保有量に応じてハードフォークしたコインは無料で付与されます。

しかし、日本の取引所ではビットコインキャッシュしか取り扱われていません。

さらに日本は、その取り扱う通貨の審査が厳しいので、正直言ってこの先もフォークコインが取扱の対象になるかどうかは悩ましいところです。

それに比べて海外取引所のBinanceは、全てのフォークコインに対応すると正式にTwitterで発表しています。

なので、もしフォークして誕生した通貨も全部保有して利益にしたいって方はBinanceの口座開設をおすすめします。

今はメンテナンス中で日本語対応ができていない状況みたいですが、基本的に日本語対応している海外取引所なので簡単に開設できますよ。

Binanceは他にも取扱通貨が100種類を超えていたり、手数料が0.1%と割安なのでハードフォークに興味を持ってるほどでしたら、おすすめの取引所です。

口座開設方法も手順付きで書いてある記事がありますので、よかったら参考にしてみてください。

Binance(バイナンス)の登録・口座開設完了から取引方法までを実演解説

2018.01.25

まとめ

いかがでしたか?

今回はビットコインのハードフォークについてまとめてみました。

今後もたくさんのハードフォークがあると思いますが、フォークコインに価値がつくかどうかは誰も全く予想できません。

ただ無料で付与されて、持っておいて損する事はないので、欲しい方は頑張ってバイナンスの口座開設をしてみましょう!

この記事の後によく読まれています

イーサリアムのハードフォークとは一体なんだったのか?をまとめてみた

2017.06.19

専門家「大石哲之」のビットコインに関するツイッター重要発言まとめ

2018.02.19

【これは便利】仮想通貨の税金計算ツール3選!使い方も紹介

2018.01.23

【徹底比較】海外の仮想通貨取引所14社から厳選TOP3をランキング!

2018.01.18

イーサリアムの最新情報まとめ!2018年の動きもズバリ予想

2017.12.12

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

またFacebookページやTwitter、LINE@では仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

LINE友だち追加

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

LINE@はじめました。

初心者におすすめの
仮想通貨ランキング

1位"キングオブ仮想通貨"こと
「ビットコイン」

言わずと知れた仮想通貨の中でもナンバーワンの認知度と時価総額を誇るビットコイン。
よく『ビットコインは高いから買えない』と言っている人がいるが、国内の取引所では0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。
個人的には一生上がり続けると思うので、ちょっとでも買っとくことをお勧めしてます。

2位"IQ2万の優等生"こと
「イーサリアム」

イーサリアムは常にビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っている仮想通貨です。
当時19歳だった天才少年に生み出され、マイクロソフトやIBM、トヨタなどにも支援されているほどの逸材。
ブロックチェーン上に、取引履歴だけでなく「契約」まで自動で記録してくれる「スマートコントラクト」という技術はあのホリエモンも投資するほどのポテンシャルを秘めています。

3位"仮想通貨界のバックパッカー"こと「リップル」

リップルは、あの天下の大企業「Google」様が出資していることで有名な仮想通貨です。
ブリッジ通貨という性質でとにかくスピーディに、安い手数料で国際送金ができることが特徴です。
2017年12月の1カ月で価格が約8倍に高騰した今まさに億り人を輩出しているコインです。

4位"中国からの刺客"こと
「ビットコインキャッシュ」

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。
ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインよりもビットコインに近いと巷では噂が。
ビットコインを超える可能性に少額でも賭けてみると良いでしょう。

5位"スピードスター"こと
「ライトコイン」

ビットコインを元に作られた通貨で、ビットコインが金ならライトコインは銀がコンセプト。
ビットコインよりも送金スピードが速くなっているので、実用性に優れています。
その性能から中長期的にも上昇が見込めますし、2017年12月の1カ月で価格が2.5倍高騰したことで短期的にも上昇をしているコインです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

カワグチ カンキ

ANGOメンバーのカンキです。前職は外食上場企業に勤め、社会の闇をさまよっていました。そんな中で仮想通貨に出会い心を奪われ、頭の中は毎日スケーラビリティ問題。思い切って仕事を辞め、現在はフルタイムビットコイナーです。(好きなのはイーサリアム) 「役立つ情報を分かりやすく」をモットーに記事書いてます。