【5分でわかる】トークンとは?仮想通貨との違いも分かりやすく解説

カワグチカンキ
どうも!アゴのしゃくれだけはなんとか治らないか本気で悩んでるANGO(@ango_key)メンバーの、カワグチカンキです。

これを読もうと思ったあなたは、仮想通貨の取引所はZaifを使ってるんじゃないですか?

国内の有名取引所でトークンを扱ってるのはZaifぐらいですからね。

もし違ったらすいません。笑

それでもきっと、この記事にたどり着いたあなたは、

仮想通貨始めたけど、トークンって何なのこれ?

仮想通貨と何が違うの?

トークンww遊戯王のアレのことですか?笑

みたいな疑問をお持ちなんじゃないでしょうか?


引用:ekuzodeerhand.blog.jp

トークンは超ざっくり言ってしまえば仮想通貨の一部です。

ですが、仮想通貨と比べた時の役割の違いは結構あります。

なので今回はそんなトークンとは何なのか、初心者の方でも分かるように丁寧に解説していきます。

一攫千金も狙えちゃったりするので、少しでも稼ぎに繋げたいと思ってる方は要チェックですよ〜!

そもそもトークンとは何なのか

トークンというのはIT用語で「これ以上は分解できない最小の単位のことを指します。

と言っても意味不明だと思うので簡単に説明するとトークンは、モノやサービスと交換することができる代替貨幣のようなものです。

いわゆるポイントカードと同じような役割を持ってます。

トークンは、個人や企業が簡単に発行できるモノで、ビットコインとは違って発行枚数を自由にいじることもできます。

そして、その企業や個人が展開したサービスでしか価値がありません。

要するに「株式」に近いモノですね、ただトークンをいっぱい持ってても株主になれたりするわけではないので「株式」と「ポイントカード」を足して2で割ったような感じです。

仮想通貨とはどう違うの?

定義を出すのであれば、

  • 仮想通貨:新規のブロックチェーン技術で利用される基軸通貨
  • トークン:既存のブロックチェーン技術を利用して発行されるモノ

といったところでしょうか。

はぁ?もっとわかりやすく教えてよ。。

はい、ですよね。笑

では、Zaifで扱ってるZaifトークンを例に説明します。

Zaifトークンは、実はNEMのブロックチェーン技術を利用してるトークンなんです。

NEMのクローンのように思ってもらえれば分かりやすいですね。

ただ厳密にはNEMとは違うので、ZaifトークンはZaif(テックビューロ社)のサービスでしか役に立ちません。

このようにオリジナルの仮想通貨(Zaifトークンで言えばNEM)があって、そのブロックチェーン技術を利用したものがトークンとなる。

というニュアンスで捉えてもらえればおっけーです。

モデルになる仮想通貨があるので、トークンは個人や企業で簡単に発行できるようになってるんですね。

ただ、最近の仮想通貨市場ではトークンのことを仮想通貨といったりしてる例も結構あり、その線引きは曖昧になってきているのが現状です。

ほんとは前述したような違いがあるのですが、そこまで気にしすぎる必要はないのかもしれませんね。

トークンは何の為にあるの?

基本的に発行したトークンは仮想通貨で購入してもらうことができます。(「円」で購入できるトークンもありますけどね。)

そこで例えば、ビットフライヤーが「新しい事業を始めたい!」と思ったとしましょう。

新しく事業を始めるためには、当然ですがお金が必要になってきますよね。

そこで、「トークン発行するからみんな仮想通貨でトークン買って〜!」

と言って、ビットフライヤー仮想通貨で資金を調達することができます。

もちろん、この時にそのトークンに価値がなかったら意味がないし誰も買うわけありません。

なのであらかじめ、「この事業がうまくいった時にはトークンを持ってる人に宝くじの当たり券あげますよー」などという価値付けをして資金調達をするんですけどね。

そしてこれが俗にいうICOってやつです。

【バブル必須】ウワサの仮想通貨「ICO」とは?を完全網羅!

2017.08.06

このようにトークンを使えば独自の新しいサービスが展開できるようになります。

なのでトークンは事業を開始する為の資金調達の手段として使われることがメインと思ってもらえればおっけーです。

でもそれだけじゃメリットが少ない気がするなー、、と思う方もいるかもしれませんのでトークンのメリットについて詳しく解説します。

トークンのメリットは?

先ほど説明した通り、トークンは「株式」のようなモノです。

なので上の例でのビットフライヤー新しい事業で成功すれば、信用も上がって功績も評価され、そのトークン自体の価値も上がります。

そんな時にトークンの価値が爆上がりした時なんかは、もう一攫千金にも繋がっちゃいます。

今、Zaifトークンは1円未満の価値なんですけど、もしZaifが会社の業績を上げて、さらに有名になったらZaifトークンの価値が20倍、30倍になる可能性だって全然あります。

なので、今のうちに買っておけば1年後あたりには「ムフフ・・・♡」なんてことにもなるかもしれません。笑

【徹底比較】仮想通貨の有名トークン11種類からおすすめTOP5をランキング

2018.02.15

その他にも例えば、トークンを持っていれば

  • 会社のサービスを限定に受けることができる(株主優待みたいな感じ)
  • また新しいトークンを発行した時に、元々トークン持ってる人に対して特別に一定量を無料で配布

など、その会社独自のサービスを受けることができます。

それこそ「Amazon」のような最強の通販サービスの展開に成功したら、そのトークンでなんでも買えますよ〜なんてことにもなりかねないですからね。

トークンは夢も希望もあるんだよって感じです。

どっかの青髪の少女が同じようなこと言ってた気がしますね。


引用:magireco-news.com/

トークンのデメリットは?

デメリットが起きる場合は、「事業がうまくいかなかった時」ですね。

そこでしか意味のないモノなので、もし事業が失敗してその会社が倒産なんてしたら、トークンは全く価値の無いものになってしまいます。

倒産だけじゃなく、トークンを発行して資金調達だけしてトンズラされた場合も同じようなことになってしまいます。

なのでそれなりのリスクはあるってところは覚えておいてください。

トークンの今後の展開は?

トークンを利用したサービスはどんどん流行っていってます。

現にICOなんかはめちゃ流行ってますからね。

それに日本の大手企業、SBI証券や三菱東京UFJ銀行なんかも独自トークンを作成しています。

何よりブロックチェーン技術を利用してることでセキュリティも高く、低コストで流通させることが可能です。

こうしてビジネスとしても普及してきているので、僕たちの日常生活に影響が出てくるのも時間の問題かと。

その他にも個人でトークンを発行して行うビジネスのVALUなどもちょこちょこ流行ってきていますし。

VALUと同じようなもので、仮想通貨NEMにモザイクという機能があります。

VALUやモザイクでどんなことができるのか気になる方はこちらを読んでみてください。

さらに海外取引所のBinanceKuCoinでは独自トークンを発行し、そのトークンを使うのであれば仮想通貨を割安で買うことができるサービスなんかも展開しています。

割安だけでなく、一定量以上のトークンを持ってればランダムにビットコインをプレゼントなんてこともやってますし、なかなか恐ろしくも美味しいことしてくれます。笑

Binance(バイナンス)の登録・口座開設完了から取引方法までを実演解説

2018.01.25

なのでいずれ、Zaifも同じようなサービスを展開していくんじゃないですかね?

Zaifも今どんどん人気が上がってきてる取引所ですので、信頼できる取引所のトークンであれば持っておくのは個人的に有りだと思いますよ。

【ザイフ】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.11.16

その他にも将来性がありそうなトークンを取り扱っている取引所はQUOINEXですかね。

QASHという名前のトークンを取り扱っています。

こちらでQASHがどんなトークンかは簡単説明していますので気になったら参考にしてみてください。

【QUOINEX】口座開設完了までの全4ステップを実演で解説!

2017.10.10

まとめ

いかがでしたか?

今回はトークンについて概要、メリット、今後の展開について解説しました。

一攫千金も狙える一方でリスクを伴うトークンは投資する会社の情報も大切になってきます。

投資する際は安心できるかどうかしっかり調べて投資しましょう。

この記事の後によく読まれています

【徹底比較】仮想通貨の有名トークン11種類からおすすめTOP5をランキング

2018.02.15

一攫千金の可能性!?2018年大注目のZaif(ザイフ)トークンとは?

2018.04.18

【徹底解説】Zaif(ザイフ)とは?評判、メリット、使ってみた結果も紹介

2018.02.02

2018年のモナコインの価格をズバリ予想!高騰する材料はコレだ!

2018.02.26

KuCoin(クーコイン)の登録・口座開設完了から取引方法を実演解説

2018.01.31

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop14

2. そもそもビットコインって何ですか?

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. 今からビットコインに投資するのってどうなの?への僕の見解

6. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

7. グーグルも出資した仮想通貨「リップル」とは?

8. 投資の種類を徹底比較してみた【全10種】

気合い入れてまとめた記事です。

個人投資家が教える仮想通貨の全て

ビットコインの始め方から稼げる運用方法まで

プロが教える投資初心者が意識すべき23の心得

僕がおすすめする仮想通貨取引所

1.ビットコインの売買をしただけで手数料がもらえる【Zaif】

2.世界一セキュリティが高い!日本の最大手取引所【bitFlyer】

3.リップルが欲しかったらココ以外はありえない【bitbank.cc】

4.7種の仮想通貨でFXができる唯一の取引所【DMM Bitcoin】

5.実はどこよりも安く通貨を買える取引所!?【BITPOINT】

6.大手の安心感が欲しいならこういうのもアリ!【GMOコイン】

SNSやってます。

またFacebookページやTwitter、LINE@では仮想通貨に関することをメインに毎日情報発信しております。

ブログよりTwitterの方が回数は多いですので是非。

Twitter

Facebookページ

LINE友だち追加

興味のある方は、ぜひフォローして下さい。

当ブログでも、投資関連に役立つ情報を公開していくので、よろしくお願いします。

LINE@はじめました。

初心者におすすめの
仮想通貨ランキング

1位"キングオブ仮想通貨"こと
「ビットコイン」

言わずと知れた仮想通貨の中でもナンバーワンの認知度と時価総額を誇るビットコイン。
よく『ビットコインは高いから買えない』と言っている人がいるが、国内の取引所では0.0001BTCから買えるので、200円からでも購入可能です。
個人的には一生上がり続けると思うので、ちょっとでも買っとくことをお勧めしてます。

2位"IQ2万の優等生"こと
「イーサリアム」

イーサリアムは常にビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇っている仮想通貨です。
当時19歳だった天才少年に生み出され、マイクロソフトやIBM、トヨタなどにも支援されているほどの逸材。
ブロックチェーン上に、取引履歴だけでなく「契約」まで自動で記録してくれる「スマートコントラクト」という技術はあのホリエモンも投資するほどのポテンシャルを秘めています。

3位"仮想通貨界のバックパッカー"こと「リップル」

リップルは、あの天下の大企業「Google」様が出資していることで有名な仮想通貨です。
ブリッジ通貨という性質でとにかくスピーディに、安い手数料で国際送金ができることが特徴です。
2017年12月の1カ月で価格が約8倍に高騰した今まさに億り人を輩出しているコインです。

4位"中国からの刺客"こと
「ビットコインキャッシュ」

ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂する形で誕生した仮想通貨です。
ビットコインの課題であるスケーラビリティ問題を解決し、ビットコインよりもビットコインに近いと巷では噂が。
ビットコインを超える可能性に少額でも賭けてみると良いでしょう。

5位"スピードスター"こと
「ライトコイン」

ビットコインを元に作られた通貨で、ビットコインが金ならライトコインは銀がコンセプト。
ビットコインよりも送金スピードが速くなっているので、実用性に優れています。
その性能から中長期的にも上昇が見込めますし、2017年12月の1カ月で価格が2.5倍高騰したことで短期的にも上昇をしているコインです。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

カワグチ カンキ

ANGOメンバーのカンキです。前職は外食上場企業に勤め、社会の闇をさまよっていました。そんな中で仮想通貨に出会い心を奪われ、頭の中は毎日スケーラビリティ問題。思い切って仕事を辞め、現在はフルタイムビットコイナーです。(好きなのはイーサリアム) 「役立つ情報を分かりやすく」をモットーに記事書いてます。