【買うなら今でしょ】ファクトムの将来性を検討したらすごかった!

アライカズマ
どうも!ANGOメンバーの、アライカズマです。

突然ですが、あなたは「ファクトム(Factom)」という仮想通貨を持っていますか?

僕はもちろん持っています。

なぜかって??もちろんそれは将来もっと価格が上がりそうだからです。

これからファクトムを買おうと思っている人も、もうすでに買っていていつ売ろうか迷っている人も、

ファクトムの将来性ってどうなの?
まだ価格は上がるの?

って思っていることでしょう。

今後価格が爆上げして将来的にずっと残っていくコインはコレだ!って簡単に言い切ることはできません。僕もそんなに知識があるわけではないので。笑

あと、未来のことは誰にもわからないので。

ただ、未来を予想することはできます。

そこで、今回は、仮想通貨ファクトムの特徴と将来性を徹底的に解説し、今後価格が上がるのかどうかを説明していこうと思います。

まだファクトムを買っていない人も、いつ売ろうか迷っている人も、きっと参考になりますよ。

それではどうぞ〜。

ファクトムってどんな通貨?


引用:www.factom.jp

ファクトムとは、イーサリアムネムなどのように通貨としての機能以外の役割を持っている仮想通貨です。

【3分解説】仮想通貨ファクトム(Factom)とは?特徴や今後の将来性まで

2017.09.04

基本概要はこんな感じ↓

通貨名(トークン名)Factoid(ファクトイド)
通貨単位FCT
公開日2015年4月
発行上限上限なし
公式サイト詳細はこちら

通貨単位がファクトムではなくファクトイドというのは、イーサリアムのイーサと同じですね。

また、ファクトムの特徴をまとめると、

  • 中央集権型
  • 分散型のプラットフォーム
  • ファクトムハーモニー
  • M2
  • dLoc

などがあります。

それぞれを簡単に説明していきますね。

中央集権型

ファクトムは、Factom Inc.という企業が管理運営をしています。


URL:www.factom.com

中央集権だと、分散型というメリットを持っている仮想通貨において良くないんじゃないかって思うかもしれませんね。

確かに、この企業が潰れたらファクトムの開発ができなくなってしまい=ファクトムの価値はめちゃくちゃ下がってしまいます。

最悪の場合、価値がゼロになってしまいますね。

それは大きなデメリットです。

ただ、運営団体が活発であればプロジェクトはガンガン伸びていく可能性があります。

さらに、ファクトムには明確なビジョンが存在するため、一つの運営団体が先導したほうが順調に成長すると考えられています。

デメリットだけでなくメリットもありますが、ファクトムの今後はFactom Inc.次第ってことになりますね。

公式ツイッターなどはフォローしておくといいでしょう。

分散型のプラットフォーム

ファクトムの最大の特徴は、ビットコインのブロックチェーンを利用して、分散型のデータ管理システムを提供するプラットフォームを構築していることです。

ちょっと…なに言ってるかわからん…

すみません。笑

一言でまとめようとしてカッコつけちゃいました。

簡単にいうと、ファクトムは「拡張機能」です。

もともとのビットコインのブロックチェーンに膨大な情報を記録しようとすると、かなり時間がかかってしまいますよね。

そこで、ファクトムはファクトム独自のブロックチェーン(M2)を用いてそこで膨大な情報を暗号化します。

そして、その暗号化した情報をビットコインのブロックチェーン上に記録していくのです。

なので、短時間で記録でき、しかも暗号化しているため改ざんが不可能になります。

この技術は、医療分野で個人のデータ管理に用いられたり、不動産分野で土地の管理証明などに用いられたりする可能性があるので、注目されています。

M2

さっきも紹介した、分散型のプラットフォームを確立するために用いられているファクトム独自のブロックチェーン機能を「M2」と呼びます。

M2の詳しい仕組みは、めちゃくちゃ難しい内容になってしまうのでここでは省きます。

簡単に図で説明するとこんな感じ↓

ただ、このM2という独自のブロックチェーンを用いていることで、ビットコインのブロックチェーンだけでなく、イーサリアムのブロックチェーンにも分散して記録することができるんです。

ファクトムハーモニー

ファクトムハーモニーとは、ファクトムの技術を使って住宅ローン市場でかかっている様々なコストを削減しようというプロジェクト。

住宅ローンには現在、不動産屋や金融企業などの第三者が介入しています。

それは、第三者の介入なしに不動産の売買をすることも可能ですが、不正や改ざんなどのリスクが伴ってしまうからです。

しかし、第三者が介入することで、売買仲介による中間マージンコストや、書類処理の時間や人件費、書類管理コストなどが生じてしまいます。

そこで、ファクトムの登場です。

ファクトムの技術が使われるようになれば、無駄なコストを削減でき、さらに不正や改ざんもなく、半永久的に記録を管理することができちゃうんです。

実用されれば住宅ローン市場に革命を与えるでしょうね。

dLoc

dLoc(dLoc by SMARTRAC)は、ファクトムがSMARTRAC社と共同開発を進めているプロジェクトです。

dLocのコンセプトは、「オフライン」と「オンライン」を繋ぐというもの。

例えば、個人情報や医療履歴などの紙ベースのオフラインデータを、バーコードやQRコードなどで読み込んでオンラインデータにします。

そして、そのオンラインデータはブロックチェーンに記録されます。

そうすることで、医師は患者の情報を正確に把握できるので、的確な診断ができるようになります。

このデータももちろん、不正や改ざんができないので、セキュリティや管理方法が確立されれば、医療分野においても革命を与える可能性がありますね。

今までのファクトムの価格推移

2015年10月6日に公開されてから、2018年3月までのファクトムの価格推移はこんな感じ↓


引用:coinmarketcap.com

2018年1月に1FCT=9,000円超えを記録しましたが、それからは価格が下落して現在は1FCT=約3,000円くらいで落ち着いています。

それでも一年前と比べたら、約10倍ほどになっています。

今後も乱高下が続くと思いますが、僕の予想では2018年内に最高値を更新するでしょう。

一年後の2019年には価格が10倍になっているかもしれませんね。

ファクトムの将来性は?

僕の予想は、「開発団体がしっかりとプロジェクトを進めてくれれば、ファクトムの価格はめちゃくちゃ上がっていく!」です。

その理由は、以下の4つ。

  • データ管理市場に必要になる
  • 価格がまだまだ安い
  • 現在上場している取引所が少ない=上場の可能性
  • 有識者もファクトムを買っている

データ管理市場に必要な通貨

さっきも特徴のところで説明しましたが、ファクトムの技術は住宅ローン市場や医療分野に革命を与える可能性を秘めています。

データ管理がより安全に簡単になれば、今後は他の分野においてもファクトムの技術が使われるようにもなるのではないかと思います。

ただ、ファクトムの公開から2年以上経っているのにも関わらず、まだ実用レベルに達していないのが不安材料です。

ファクトムハーモニーもdLocもめちゃくちゃ壮大なプロジェクトですが、運営団体であるFactom Inc.には頑張ってもらいたいですね。

価格がまだ安い

ファクトムの2018年3月現在の価格は、1FCT=約3,000円です。

ビットコインや、イーサリアムに比べたらまだまだ価格が安いですよね。

なので今後、ファクトムのプロジェクトが気流に乗ったら、みんながファクトムを買うようになって価値が上がっていくでしょう。

時価総額も2018年3月現在は、約288億円で第66位となっています。


引用:coinmarketcap.com

意外と順位低いんだねって思う人が多いんじゃないですかね?

今低いってことは伸びしろがいっぱいあるってことなので、ワンチャンの期待できますね。

国内取引所への上場の可能性がある

ファクトムが買える国内取引所は、現在コインチェックのみです。

ただ、コインチェックも現在はサービスを停止していて、いつ復帰するか分からない状態。

なので、今ファクトムを手に入れようと思ったら、海外取引所で購入する方法しかありません。

どこがお得?ファクトム(Factom)の取引所全6社からおすすめを紹介!

2018.02.22

でも、もしかしたら今後ファクトムが国内取引所に上場するかもしれません。

2018年1月にリスクbitFlyerに上場した時は、一時的に価格が爆上げしました。


引用:coinmarketcap.com

ファクトムも上場する可能性がある気がします。(根拠はありませんが)

上場してから買うと、もう価格が上がってしまった後であることが多いので、上場する前に買っておきましょう。

有識者も買っていた!?

ファクトムを購入したことがある人を調べていたら、なんと大石哲之さん与沢翼さんが購入していたということがわかりました。

大石さん↓

ファクトムの資金調達は宣伝しなくても玄人を中心に順調のようである。私も個人的に購入したので、静かに見守るつもりだ。 

参照:私がFACTOM(ファクトム)を評価(投資)することにした理由

与沢さん↓

仮想通貨業界における有識者の人や、抜群の投資センスを持っている人もファクトムを買ったとなると、どうしても期待しちゃいますよね。

【おまけ】ファクトム以上の将来性のある通貨は?

最後に、ファクトム以上に将来性がありそうな仮想通貨をちょろっと紹介します。

どうせなら、いろんな通貨に投資をしてリスクを分散しながら稼ぎたいですもんね。

僕のおすすめは、

です。

それぞれの特徴や将来性については、それぞれの名前を押していただけたら飛んで見ることができます。

とりあえず買ってみようって思ってくれている人は、イーサリアムクラシックとリスクはビットフライヤー、ネムはザイフ、リップルはビットバンクでの購入がおすすめです。

ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ファクトムの今後の将来性について解説しました。

まだまだ可能性を秘めている仮想通貨です。

ファクトムの技術が実際に使われるようになるのはかなり先かもしれませんが、投資をするなら今がベストですよ!

わからないところあればコメントをこちらからどうぞ!

この記事の後によく読まれてます

【買った後は?】ファクトムの購入方法を全3ステップでまとめてみた

2018.03.05

ビットフライヤーの使い方を完全解説(入金/買い方/送金/受け取り)

2017.08.31

【徹底解説】Zaif(ザイフ)とは?評判、メリット、使ってみた結果も紹介

2018.02.02

本当におすすめ?ビットバンク(bitbank)の評判からメリットデメリットを解説!

2018.02.08

無料で3000円分のビットコインプレゼント!

ビットポイントさんでお得なキャンペーンが始まりました。

11月30日までの期間限定にはなりますが、新規口座開設で「3000円相当のビットコイン」キャッシュバックです。

すでに口座開設をしてしまっている筆者は恩恵を受けられません。笑

詳しくは下記の記事でご紹介しています!

ビットポイント(BITPOINT)は評判・口コミ通り?使い倒したガチレビュー

2018.04.27

「マンガで身につく仮想通貨」連載中!

【第1話】マンガで身につく仮想通貨

2018.09.25

【第2話】マンガで身につく仮想通貨 〜仮想通貨ってなに?〜

2018.09.25

Zaifを買収したフィスコ仮想通貨取引所って?!

大手仮想通貨取引所「Zaif」が「フィスコ仮想通貨取引所」へ事業譲渡することが先日報道されました。

参照:Zaif 正式契約締結のお知らせ

大企業ということもあり、大手金融システムのセキュリティ体制を構築しているフィスコならではなの強固なセキュリティサービスに、ネムやモナコインが扱えるようになるスキームは大変熱い予感がしています!そんなフィスコを徹底調査しました。

フィスコ仮想通貨取引所の評判・口コミは?使ってみた結果をガチレビュー

2018.09.26

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損してるかも?

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう!ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。

コメントを残す