【知らなきゃ損】今後のビットコイン(仮想通貨)のイベントを徹底網羅

ハナキノボル
どうも!ANGO(@ango_coin)の編集長、ハナキノボルです。

コインチェックがネムの返金をおこないましたね。

一時はどうなることかと思いましたが、さすがコインチェックですね!

2018年始めからネムが盗まれてしまうという衝撃的な出来事でスタートしましたが今年は他にどんなイベント(出来事)があるか気になりますよね。

僕も毎日イベントが気になってますもん…。

きっとこの記事にたどり着いたあなたも、

  • これからどんな出来事があるの?
  • 価格が上がる(下がる)情報が欲しい!
  • 取引のタイミングがわかればなぁ

なんて考えているのではないでしょうか。

窃盗やハッキングなど事件は予想できませんが、年内に起こる仮想通貨のイベントは発表されているものが多いのでその時どんな価格の動きをするのか予想をすることができます。

そこで、今回は今後ビットコインに起こるイベント(出来事)をまとめてみました!

取引タイミングの目安を知りたいあなたも必見の内容になっていますよ。

それではどうぞ。

ビットコイン価格に影響を与えた、過去のイベント紹介

2018年3月までに仮想通貨の価格に影響を与えた出来事をまとめてみました!

価格にプラス影響を与えた出来事

引用:coinmarket.cap

  1. 2016年7月 BTC2回目の「半減期
  2. 2017年4月 日本の「改正資金決済法」の施工
  3. 2017年8月 BTC分裂問題(BCH誕生)
  4. 2017年10月 BTG誕生
  5. 2017年12月 アメリカでBTC先物上場

などが上げられています。

やはり、インフラ整備が整うことや、「半減期」の後価格の上昇が確認できます。

さらに詳しくはこちらで解説しています。

【保存版】2017年ビットコインの価格高騰まとめ!理由も解説

2018.01.29

価格にマイナス影響を絵耐えた出来事


引用:coinmarket.cap

  1. 2016年8月 bitfinexがハッキング被害
  2. 2017年2月 中国の仮想通貨に対する勧告
  3. 2017年6月 「ハードフォーク」懸念
  4. 2017年9月 中国が仮想通貨の禁止・取引所閉鎖
  5. 2018年1月 コインチェックネム盗難

などが上げられます。

規制、ハッキング、流出などがあると価格は下落しています。

中国が仮想通貨に対して規制の発表をしたことや、2018年はコインチェックハッキングなどで、価格は大幅に下落をしました。

さらに詳しくはこちらで解説しています。

【下落率94%】過去のビットコイン暴落まとめ!理由や注意点も

2018.02.01

これからもどんどんインフラ環境の整備や、半減期など様々な出来事が予想されますが、まだまだ仮想通貨市場から目を離すことはできません。

まだ口座を開設していない人は早急に開設してしまいしょう。

おすすめは、セキュリティも高くアプリも使いやすいbitFlyerです!

2018年に予想される重要イベント

2018年に仮想通貨に影響を与える可能性がある重要なイベント(出来事)を紹介します。

時期に関しては、まだ未確定なものが多いですがご了承ください。

財務大臣・中央銀行総裁会議(G20)

【時期:3月

ブエノスアイレスでは20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議で仮想通貨の世界的な規制について話し合われる予定になっています。

内容にもよりますが、世界的に仮想通貨に対する規制が厳しくなるようであれば一時的に価格が暴落する可能性がありますので注意が必要です。

現在の規制状況はこちらで紹介しています。

【主要7ヶ国】ビットコイン(仮想通貨)の規制状況まとめ〜2018年最新情報〜

2018.01.26

アルトコインの上場

【時期:未定】

仮想通貨が大手取引所に上場すると価格が高騰します。

これまでも、bitFlyerにリスク、モナコインが上場をして価格が爆上げしましたね。


引用:coinmarket.cap

もちろん、上場するにはいくつもポイントがあったりするので簡単に上場というわけではないですが2018年もアルトコインが国内取引所に上場すれば価格が暴騰するはずです!

ちなみに次はリップルあたりだと考えています。

詳しくはこちらで解説しています。

次はあのコイン!?これから大手取引所に上場する仮想通貨を予想してみた

2018.02.21

アルトコイン先物の上場

【時期:未定】

2017年12月にビットコインの先物が世界大手の米シカゴ・オプション取引所(CBOE)で上場を果たしました。

国内でも、先物取引はすでにbitFlyerZaifでも行われていますが世界最大級の取引所に上場したということで、年末はビットコインの価格も爆上げ状態でした。


引用:coinmarket.cap

今回の先物の上場によって、これまでビットコイン市場に参入していなかった投資家がビットコイン市場に参入をしました。

これにより、ビットコイン市場が大きくなったため価格の上昇に繋がりました。

今後もし、ビットコイン先物が上場したようにアルトコインのどれかが上場を果たせば、さらなる価格上昇が見込めるのではないでしょうか。

ちなみに、個人的にアルトコインで先物市場に上場するとしたらイーサリアムあたりかと考えています。

イーサリアムとは?誕生秘話〜仕組み・生活への影響まで徹底解説

2017.05.18

しかし、先物取引はレバレッジがかかるので、通常取引よりもハイリスク・ハイリターンですので注意が必要です。

ビットコイン先物取引がしたい方はbitFlyerがおすすめです。

ハードフォーク連発

【時期:未定】

ビットコインキャッシュイーサリアムクラシックなどハードフォークという言葉は聞いたことあるかと思います。

簡単に説明すると、ハードフォークとは「本来一本の鎖で繋がっているブロックチェーンが分岐することによって、一つの仮想通貨が分裂する事」です。

2018年はハードフォークが注目を集めているんです。

もともとビットコインは、現状でもかなりの回数ハードフォークしていて2018年では、ビットコインはもちろんアルトコインも数多くハードフォークが予定されています。

専門家大石さんもツイッターで2018年はハードフォークが連発するかもしれないとおっしゃっています。

ハードフォークが失敗をすれば、価格の下落が考えられますが、ビットコインキャッシュのように大きく価値をつける仮想通貨ができるかもしれないですね!

大手企業の仮想通貨市場の参入

【時期:未定】

三菱UFJや、LINE、メルカリ、サイバーエージェントなどの企業も既に年内を目処に仮想通貨市場に参入すると表明をしています。

これまでも楽天やGMOコインなどの大手企業が仮想通貨に参入してきています。

今年もamazonやAppleがビットコイン決済を検討するなど大企業が仮想通貨に対して注目をしています。

引用元:ビットコイン百科事典

今後も続々と大手企業の仮想通貨市場参入があれば、ビットコインの発展も言うまでもありませんよね。

ビットコインの発展があれば、間違いなく価格も上昇するでしょう!

ライトニングネットワークの普及

【時期:未定】

ライトニングネットワークとはブロックチェーンを利用して取引処理を行うビットコインの取引処理能力を向上させる技術です。

去年からライトニングネットワークは注目を浴びていました。

この技術が使用できるようになれば、ビットコインの送金時間が短縮されると同時に、手数料も安くなり、大変便利になることが予想されています。

時期はわかりませんが、ライトニングネットワークの普及は仮想通貨に大きなプラスの影響を与えることは間違いありません!

大石さんもライトニングネットワークについて言及しています!

ビットコイン半減期

【時期:2020年

ビットコインの半減期も外せないイベントの1つと言えるでしょう。

「半減期」とはマイニングによって受け取れる報酬量が半分に減ってしまうことを言います。

だいたい4年に1回のペースで起こっています。

半減期の特徴として、短期的に価格は下落しその後緩やかに上昇をしていきます。

2016年の半減期も、半減期を迎えた時は価値は下落していますが、そこから徐々に上がっていっています

skitchhanngenn2

引用:Zaif

時期が多少前後する可能性はありますが、2020年の半減期も間違いなく価格をあげる重要イベントになるでしょう!

半減期についてはこちらで詳しく解説しています。

ビットコインの半減期とは?なぜおきる?次はいつ?【2018年最新情報】

2017.03.23

次の半減期までまだ時間は有りますが、早めに口座開設を行い取引を初めてしまいましょう!

ビットコインのイベントを把握できるサイトまとめ

イベントといっても、情報がありすぎてわからない!

実際、「数年、数ヶ月先のこと言われても・・・。」なんて思いますよね。

そこで、直近のビットコインのイベントを紹介しているサイトをまとめました。

ビットコインだけではなく、アルトコインのイベント情報も幅広くまとめてくれているサイトをご紹介します。

cripcy


引用:cripcy.jp

  • 日別で細かく紹介してくれていて非常に見やすい。
  • 関連URLも紹介されていて信憑性が非常に高い。

coinpost


引用:coinpost

  • 細かいイベントを紹介してくれている。
  • 対応通貨、ハードフォークの予定やイベント内容の解説も入っていて、非常に便利。

どちらも見ながら予定を確認すると便利です!

2018年も去年以上に色々な出来事があると予想されます。

もちろん価値が上がるイベントばかりではありませんが、日々情報収集はしっかり行うようにしましょう!

まだ、口座開設していない人は早急に解説してしまいましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ビットコインの出来事について紹介しました。

2018年以降の注目すべきポイントは

  • G20
  • アルトコインの取引所上場
  • 先物の上場
  • 大企業の参入
  • ハードフォーク
  • 半減期

以上の点は必ず抑えておきたいポイントになります。

近いうちにどんなコトがおきて、どんな影響があるのか。

しっかり調べて投資すれば最大の利益を得るコトができるかもしれませんね!

この記事の後によく読まれています

【年利80000%!】驚愕の高騰モナコイン!その理由と今後の展開は?

2018.02.26

【2018年版】仮想通貨LISK(リスク)の価格予想!1LSK=30,000円の噂も?

2018.03.06

【徹底調査】ビットコインの価格を予想する際に見るべき情報3選

2017.12.05

【2018年の予測】カルダノとドージコインが大幅な上昇の見込み!

2018.03.11

無料で3000円分のビットコインプレゼント!

ビットポイントさんでお得なキャンペーンが始まりました。

11月30日までの期間限定にはなりますが、新規口座開設で「3000円相当のビットコイン」キャッシュバックです。

すでに口座開設をしてしまっている筆者は恩恵を受けられません。笑

詳しくは下記の記事でご紹介しています!

ビットポイント(BITPOINT)は評判・口コミ通り?使い倒したガチレビュー

2018.04.27

「マンガで身につく仮想通貨」連載中!

【第1話】マンガで身につく仮想通貨

2018.09.25

【第2話】マンガで身につく仮想通貨 〜仮想通貨ってなに?〜

2018.09.25

Zaifを買収したフィスコ仮想通貨取引所って?!

大手仮想通貨取引所「Zaif」が「フィスコ仮想通貨取引所」へ事業譲渡することが先日報道されました。

参照:Zaif 正式契約締結のお知らせ

大企業ということもあり、大手金融システムのセキュリティ体制を構築しているフィスコならではなの強固なセキュリティサービスに、ネムやモナコインが扱えるようになるスキームは大変熱い予感がしています!そんなフィスコを徹底調査しました。

フィスコ仮想通貨取引所の評判・口コミは?使ってみた結果をガチレビュー

2018.09.26

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損してるかも?

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう!ぜひご覧ください。

コメントを残す