【実際に使ってみた】ハードウェアウォレットDigital BitBoxの設定方法

最近になってまた仮想通貨が盛り上がってきましたね、ビットコインも再び1BTC=100万円ぐらいになってきました。

ですが、ただ浮かれてるだけではいけません。

2018年1月のコインチェック事件の時のように、取引所に資産を預けっぱなしにしているとハッキングされる可能性は常につきまとってきます。

ウォレットで資産を安全に守るように・・なんて言ってますが、使い方も分からないウォレットをわざわざ買うって中々めんどくさいものがありますよね。

設定の仕方とか、具合的な使い方教えてくれたら買ってみようかな・・・

そう思ってる人もいるんではないでしょうか。

そこで今回は、安全性の高いハードウェアウォレットである【Digital BitBox】の設定方法を紹介します。

実際に僕が、ウォレットが届いてから開封して使うまでの流れを画像付きで解説していきますね。

もし、「ウォレットってなんですか?」「ハードウェア?」ってなったあなたは、まずはこちらの記事を読んでからこの記事を読み始めましょう。

Digital BiBoxとは

Digital BitBoxは「Shift Devices Ag」というスイスの工場で製造してるハードウェアウォレットです。

特徴としてはこちら。

  • 値段が9000円以下と他のハードウェアウォレットと比べると安い
  • リカバリー方法がMicroSDカード

対応通貨はこちら。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ERC20 トークン
[aside type=”normal”]※ERC20とは

Ethereum Request for Comments : Token Standard #20の略で、Ethereumで発行できるトークンの仕様を決めているもの。

[/aside]

リカバリー方法がMicroSDなので、もしSDカードを無くしたり、そのパスワードを忘れちゃったりしたら一発アウトです。

もし購入したら、その際はSDの管理だけはしっかりとする必要がありますね。

開封の儀

何色とも言い難い、少し怪しげなパッケージに入ってます。笑

ちゃんと日本語対応の取り扱い説明書が入ってます。

しかも普通に分かりやすい。

3ページしかなくて完結に大事なことだけ書いてるので、ぶっちゃけこれ読んでおけばオッケーって感じです。

そして小さい、思ったよりも小さい。

マジで無くしそうになるからこれは要注意だな〜って思いましたね。

設定方法

設定の仕方はとても簡単です。

大体2ステップぐらいで終わっちゃうのでサクッと解説していきますね。

アプリのインストール

公式サイトからPC用のアプリケーションをインストール。

対応してるOSのものをインストールしましょう。

僕はMacを使ってるのでMac版で今回は説明を進めていきます。

アプリの設定

設定する際はPCにウォレットを挿してから行います、むしろウォレット挿さないと設定できません。

まずは名前とパスワードの設定。

これ忘れたら終わるんで、しっかりメモをとっておきましょう。

そして複雑で長いパスワード(20文字以上が理想)にして、万が一でもハッキングされないようにしておきましょう。

大切な資産を預けるウォレットですからね。

さらにスマホ使うとペアリング設定ができます、いわゆる2段階認証ですね。

Digital Bitbox 2FAというアプリを用いてペアリングします。

詳しいやり方はこちらの動画の4:03〜4:48を参照にしてみてください。

これで設定の方法は終わりです。

アプリ内容を簡単に説明

  • HISTORY
  • →残高と送受信履歴

  • RECEVE
  • →受信アドレスとQRコード

  • SEND
  • →送金したい相手に仮想通貨を送信

  • OPTIONS
  • →バックアップの作成だったり、基本的なウォレットの設定

  • MULTISIG​
  • →複数署名(マルチシグについて詳しく知りたい方はこちら

といった感じです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はDigital BitBoxを開封から設定まで画像付きで解説してみました。

正直、取り扱い説明書がとても分かりやすく書いてあるので簡単に使うことができますよ。

ウォレットはAmazonなどで購入することもできますが、基本的には公式サイトから取り寄せましょう。

過去に「通販サイトで購入したウォレットが細工をされた状態で送られてきた・・・」なんて事例もありますからね。

Digital BitBox購入ページへ

この記事の後によく読まれています