今後どうなる?!イギリス、EU離脱で考えられる3つの可能性

どうも!ANGO(@ango_coin)のヒカルです。

今月、24日にイギリスのEU離脱が決定しました。

それについては、いくつか記事を書いて説明しました。

↓↓こちら↓↓
関連記事のIDを正しく入力してください 関連記事のIDを正しく入力してください

で、結局、これからの相場、どうなんの?

ってところを3つにまとめてみようと思います。

3つの可能性

1. 世界各国で緩和的な政策

絶対にこれだけは間違いないこととして、言えることがあります。

それは、
「世界各国で緩和的な政策が行われ続ける」
ということ。

まぁ、当たり前っちゃ当たり前なんですが。

一部では、
「リーマン以来の下げになる!」
なんて騒がれてるくらいですから、世界の首脳たちはひよってるんですね。なので、いろんな安全策をとってきます。

2. アメリカのドル安

今アメリカは、インフレ状態です。

インフレになることで、通貨の価値が下がることになりますよね?

ということはドルの価値も下がることになるので、ドルを手放したい。

つまり、ドル安になるわけですね。

[aside type=”normal”]インフレって何?って人は↓がわかりやすいです。

インフレとデフレの巻(1) | マンガでわかる経済入門 [/aside]

3. 日本の円高

逆に今日本はデフレ状態です。

単純に円の価値が上がっているため、円高になりますよね。

スクリーンショット 2016-06-29 13.12.31

2015年6月を境に、ずーーーっと円高が続いてます。

まだまだこれは続くとみていいです。

まとめ

以上、3つの可能性があります。

ただ、「EUの動き次第」な部分がカナーーーリあります。

今後の経済指標は目を離せません。

[aside type=”normal”]今週の重要経済指標

6/29(水)
21:30 米 5月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比)
22:30 米 イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、発言
※イエレンの発言は毎度毎度注目ですよー!

6/30(木)
17:30 英 1-3月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前期比)
17:30 英 1-3月期 四半期国内総生産(GDP、確定値)(前年同期比)
18:00 6月 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年同月比)
21:30 4月 月次国内総生産(GDP)(前月比)

7/1(金)
08:30 5月 全国消費者物価指数(CPI)(前年同月比)
08:30 5月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)(前年同月比)
08:50 4-6月期 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断
[/aside]