副収入を得るために『資格』とか考えしまっているそこのあなた

どうも!ANGO(@ango_coin)のヒカルです。

今日は、昨今(最近はちょっと衰退気味ですが)の、資格ビジネスに物申したいと思います。

「副収入のための資格」とか、今の時代オワコン

いるんですよね、このご時世に未だに「収入を上げるために資格を」とか「副収入を得るために資格を」みたいに言う人が。

もちろん、医者になるための資格とか弁護士になるための資格とか目的がはっきりしている、かつ、目的達成のために絶対的に必要なのであればとるべきです。

が、『お金』のためにとるってのは違いますね。完全に。

いやね、とって悪いことはないですし、否定はしないですよ別に。ただ、とったからと言って、お金が降ってくるわけでもないですし、それを取るために費やす時間で他に何ができるかをしっかりと考えるべきです。

資格自体がビジネス

「資格 種類」とか「資格 おすすめ」とかでググってみたり、「ユーキャン」とか覗いてみればわかりますが、もはや「資格」自体がビジネスになっているんですよ。

これは、「大学」ビジネスとも似ていますね。

大学なんて、名ばかりの中身すっからかんのただの箱ですから。大学通ったことがある人はきっと分かるはず。

スクリーンショット 2016 08 08 20 40 55

参照

最近は減少傾向にあるようですが、それでも「資格試験」の市場規模だけでも400億円です。試験だけで、です。

資格よりもスキル、もっと言えばヲタク

これからの時代は「資格よりもスキル」です。これは絶対。

資格もスキルじゃん。と言われたら間違いではないんですが、ちょっとニュアンスが違います。資格 って括られた段階で、資格一覧に載っていなければいけないですよね。

でも、ここでいうスキルというのはもっと幅の広いスキルのことを指します。

そして、スキルというと堅いので、もっと柔らかい表現を使うなら「あなたがものっすごい熱を持ってる何か」のことです。

イメージが湧かないかもしれません。例を挙げてみましょう。

あなたは、アイスマン福留さんのことを知っていますか?

Iceman

福留さんのサイトは→こちら

このお方、アイスのことが好きすぎて、アイス評論家になって、タレントになっちゃった人です。笑

すごいですよね。ちょっと大袈裟かもしれませんが、究極こうゆうことです。アイスの資格とかありますかね?まず、ないでしょ!笑

今の時代「とにかくこれが好きなんだ!」ということさえあれば、仕事(お金をもらえること)になっちゃうんです。

だから「副収入のために資格、収入を上げるために資格」なんて言わずに、いますぐできることを、いままであなたが熱中したこと、好きなこと、をネットを使って発信していきましょう。

ネットのおかげであらゆる「好き」を仕事に変えることができる時代になりました。アイスマン福留さんもその恩恵を受けた一人です。ネットがなかったら、ただの「アイスが好きな人」で、生涯を終えていた可能性が高いです。笑

それでも、あまりイメージがわかない人は、いままで使い古された稼ぎ方でもいいので、やってみましょう。

お金のために資格ほど無駄な時間はないので、まだそっちの方がいいです。

「使い古された」と表現しましたが、下で紹介している副業はまだまだお金になる可能性が高いですよ。まとめているので、ぜひ。

【完全保存版】サラリーマンでもできる堅実な副業おすすめ4選!

2016.08.06

仮想通貨の取引所選びに困っていませんか?

あなたはこんな事に悩んでいませんか?

 

  • これから仮想通貨を始めたいけど、どの取引所を選べばいいのか分からない…。
  • 少しでも安全な取引所を使いたい…。
  • お得にいろんな仮想通貨を買える取引所が知りたい…。
  • 今使っている取引所に少なからず不満がある…。
  • とにかく一番いい取引所を使いたい..!

 

仮想通貨取引所は国内だけで「16社」もあるので、選ぶのにはとても苦労します。かといって「有名だから」といった理由で安易に開設しても、

 

エンドウアツシ
有名どころ!と思って開設したら実はとんでもない金額の手数料でした…
コジマユウキ
ハッキングで取引できなくなって引き出せなくなりました…。

こういった実体験も少なくありません。そこで僕たちANGO編集部が全ての仮想通貨取引所を徹底比較し、ランキングにしました。これから仮想通貨を始めるあなたのお役に立てれば幸いです^^

 

ABOUTこの記事をかいた人

1990年生まれ、静岡出身。東京都在住。ANGOの全記事を監修。投資歴8年、仮想通貨投資歴3年。日本クリプトコイン協会による「暗号通貨技能検定」の取得者。日経225先物、株式投資、FXを経て2015年仮想通貨市場に参入。初心者目線の仮想通貨入門サイトが存在しないことに問題意識を感じ情報配信を始める。以後、3年以上にわたり仮想通貨に関する情報を配信し続け、月間最高60万PVを達成。