ビットコインの将来性は?100億円に到達できるまでの道のりを徹底解説

サタヒコ君
どうも!僕、サタヒコがお送りする海外ニュースコーナーです。英文の仮想通貨関連情報を和訳し、噛み砕いてお送りします。LINE@に登録してない方はこちら

原文:ハイパービットコイニゼーション:勝者が全取りする法則

こちらの記事が面白くバズっていたので全訳しました。

かなり荒いですが、意味はわかると思います。

最近、ビットコインの価格も落ちてきて、将来性が気になってる人も多いと思いますが、そんな人はぜひ目を通してみてください。

記事の要約

今の法定通貨にとって変わって、ビットコインが世界共通の通貨になることを【ハイパービットコイニゼーション】と呼びます。

著者は、その時代が必ず訪れると確信し、20年以内にはビットコインの価値が1BTC=100万ドル(約1億円)と推定しています。

そこで、この記事では、ビットコインが世界で一番普遍的な通貨になる可能性を様々なグラフを用いて検証します。

昨今の時代は、SNSなど社会とつながっている環境の中で新しいアイデア、技術、情報を共有するという新しいものに突入しました。

2005年頃に導入されたタブレット、スマートフォン、ソーシャルメディアなどは急成長をしていますよね。

ビットコインの普及曲線はそれに類似しているものがあるんです。

また、ビットコインは今後のネットワーク経済のためのネットワークマネーになると予想しています。

そして、ビットコインを受け入れないことは、ビットコインを導入することよりもコストがかかるようになるでしょう。

まだまだ検証は必要であり、ビットコインはすべての問題を解決する万能薬にはならないかもしれませんが、国境を越えた世界経済の一環として、お金との関係に大きな変化をもたらし、市民としての役割を再構築させるものになると確信しています。

記事の全訳

Hyperbitcoinization is a state where Bitcoin becomes the world’s dominant form of money. Bitcoin is socially wired and can be adopted exponentially. As it gains traction it will seem to be an organic, self-organizing process. In the model shared below, Bitcoin is in the infrastructure buildout phase and an early form of money. However, when it passes a critical “tipping point” Bitcoin adoption, use and price will skyrocket.

ハイパービットコイニゼーションとは、ビットコインが世界のメインストリームとなる状態です。 ビットコインは社会的に接続されており、指数関数的に採用することができます。それが牽引力を得ているため、有機的で自己組織化しているプロセスのように見えます。以下で紹介するモデルでは、ビットコインはインフラ整備段階にあり、初期の形の資金として扱っていまです。しかし、ビットコインの採用が重要な “転換点”を過ぎると、使用機会と価格が急上昇します。

With rapid global acceptance, the cost of rejecting Bitcoin will exceed the cost of adopting it. Bitcoin will begin to assume money’s traditional roles and gain institutional and government support. It will become all money and form the backbone of a new global economy.

ビットコインが世界的に広がっていくことで、ビットコインを拒否するコストは、ビットコインを採用するコストを上回ります。 ビットコインは従来の通貨が持っていた典型的な役割を果たすようになり、制度や行政からもサポートされるようになります。こうなれば、お金の伝統的な役割を担い、制度的および政府的支援を得るようになります。そうなると、ビットコインは通貨そのものになり、新しい世界経済の基幹を形成していくのです。

At hyperbitcoinization I estimate Bitcoin will reach up to $100M per coin within 20 years and as early 2030. Current price is 0.01% of this future value. Bitcoin is currently experiencing “microbubbles” and future appreciation will continue nearly unabated until it plateaus at a stable price.

ハイパービットコイニゼーションにおいては、私はビットコインが20年以内、つまりに2030年代初めには1コイン当たり最大100万ドルに達すると推定しています。現在の価格はこの将来価値の0.01%です。 ビットコインは現在「マイクロバブル」を経験しており、安定した価格で安定するまで、将来の評価が変わることはほぼないでしょう。

Bitcoin affords us the opportunity to radically change our relationship with money. You will own your money. Central bank machinations will come to an end. 20 years ago we could not imagine how the internet would change our lives. In the next 20 years Bitcoin will reframe our roles as citizens in a borderless, global economy.

ビットコインは、通貨との関係を根本的に変える機会を私たちに提供します。自分自身でお金を保管することになります。中央銀行が取り仕切る状況は終わりになるでしょう。 20年前、インターネットが私たちの生活をどう変えるのかは想像できませんでした。今後20年間の内に、国境のない世界経済において市民としての私たちの役割をビットコインが再構築することになるでしょう。

Hyperbitcoinization is a theoretical state wherein Bitcoin displaces legacy currencies and becomes the dominant if not only method to exchange value. As Daniel Krawisz stated in his 2014 Satoshi Nakamoto Institute article:

ハイパービットコイニゼーションは、ビットコインが価値ある何かと交換するための一つの方法となるだけでなく従来の通貨と置き換わり、メジャーストリームとなる状態を指しています。サトシ・ナカモト研究所が2014年に発表したDaniel Krawisz氏による記事に記載されています:

Hyperbitcoinization is a voluntary transition from an inferior currency to a superior one, and its adoption is a series of individual acts of entrepreneurship rather than a single monopolist that games the system. — Daniel Krawisz, 2014

ハイパービットコイニゼーションは下位通貨から上位通貨への自発的な移行であり、通貨として採用される際には、制度の抜け穴を利用する単一の独占企業によるというよりもむしろ、起業家精神を持った個人による一連の行動がカギとなってきます。 – Daniel Krawisz(2014)

He goes on to call hyperbitcoinization a form of demonetization. That is, traditional currencies are supplanted by the superior use case of Bitcoin such that the value of other currencies is driven to 0.

ハイパービットコイニゼーションを廃貨の一種と呼べると続けています。つまり、従来の通貨はビットコインの優れた使用例に取って代わられ、従来の通貨の価値が0になろうとしているのです。

This transformative event has also been described as a “tipping point” at which time rapid, mass adoption of Bitcoin is spurred by economic crisis in order to secure monetary stability and liquidity. Venezuela and Argentina have been proposed as an early models of hyperbitcoinization. During catastrophic national currency hyperinflation people choose/are forced to use Bitcoin to conduct their personal and business transactions.

この変革的な出来事は、「安定」と「流動性」を確保するために、経済危機によってビットコインが急速に大量に採用される「転換点」とも言われています。ベネズエラとアルゼンチンはハイパービットコイニゼーションの早期モデルとして提案されています。これらの国では、国家通貨が壊滅的なレベルで超インフレとなっているため、ビットコインを使用して個人取引やビジネス取引を行うことを選択/強制されているのです。

Bitcoin maximalists posit that hyperbitcoinization is the end game. Bitcoin “wins” when all other currencies “fail.” Andreas M. Antonopoulos warns against this fearing an “all out currency war.” Vested interests will resist fundamental change to the way we manage our money. Advantages accrued to the establishment will be substantially mitigated or lost entirely in hyperbitcoinization.

ビットコイン最大主義者は、ハイパービットコイニゼーションが終盤の段階であると想定しています。 ビットコインは、他のすべての通貨が「負けた」ときに「勝つ」ものなのです。Andreas M. Antonopoulos氏は「全通貨戦争」を恐れていると警告します。既得権益は、通貨の管理方法の基本を変える上で影響を与えません。設立時の利点は、ハイパービットコイニゼーションにおいて実質的に緩和されるか、完全に失われるのです。

However, Bitcoin’s “take over” of fiat may not be so implausible nor catastrophic. It can be organic and mutually beneficial. This article will examine how Bitcoin can become the world’s first universal currency in part through voluntary social drivers and its inherent sound monetary policy. A monetary policy that somewhat recalls the (early) era of the gold standard — as sound money it is chosen by the market and governments do not determine its supply nor value. I will also introduce a hyperbitcoinization growth model and propose a range of prices and dates for Bitcoin’s “singularity.”

しかし、ビットコインの “独壇場”は非現実的なものでも、致命的なものでもないのかもしれません。組織的で相互に有益なことがあります。この記事では、ビットコインが自発的な社会要因とそれ自身の持つ健全金融政策を通じて、世界で一番普遍的な通貨になる可能性を検証します。黄金律の初期の時代をやや思い起こさせる金融政策は、市場と政府によって選択された健全な資金として、その供給や価値を決定するものではありません。ここでは、ハイパービット化成長モデルについても紹介し、ビットコインの「独壇場」となった際の価格や時期についても提案しています。

Throughout the article the term “hyperbitcoinization” will refer to both the process and final outcome of global Bitcoin adoption.

この記事では、全世界的にビットコインを導入する際のプロセスと最終的な結果の両方 に対して「ハイパービットコイニゼーション」という用語を使用しています。

Socially Wired Money

Our connected world collapses time and space. Today an individual with robust social media connections can potentially reach millions of people across the globe. Influencers drive followers to adopt, buy and co-promote products and ideas to their own social circles in near real-time. Consumers trust peer recommendations over any other form of advertising.

社会のネットワークとつながる通貨

ネットワークでつながっている今の世界では、時間や空間の壁はありません。今日では、いち個人であったとしてもソーシャルメディアと強くつながっていることで、世界中の何百万人もの人々に到達する潜在的な可能性があります。インフルエンサーは、フォロワーに対して製品やアイデアを取り入れ、購入、共同販促してもらえるように、自分のネットワークの中でほぼリアルタイムで呼びかけます。消費者は、他のどんな広告形式よりも仲間から勧められたものを信頼するのです。

How does Bitcoin fit into this new paradigm?

ビットコインはこの新しいパラダイムにどのように適合しているのか?

Let’s first look at Everett Roger’s diffusion of innovation model. It describes how innovative ideas/technologies are adopted. The bell curve is divided into successive psychograhic stages. The light blue line sums each group over time and is called the S-curve of adoption. For this discussion we can think of the S-curve as Bitcoin’s price (or market value).

Everett Roger氏により提唱されたイノベーター理論について見てみましょう。革新的なアイデアや技術がどのように普及していくのかを示しています。正規分布曲線は、連続的な心理学的属性の段階に分かれていきます。水色の線は、商品普及について、各時間における各グループの合計値(累積度数分布曲線)を示しており、普及のS字曲線と呼ばれています。この議論では、S字曲線をビットコインの価格(または市場価値)と考えることができます。

The S-curve of adoption. As succesive groups adopt a new technology or idea market share rises. The tipping point (green circle) marks an inflection point and leads to rapid growth in adoption.

普及のS字曲線。成功したグループが新しい技術やアイデアを導入するにつれ、市場シェアが上昇します。転換点(緑色の円)は変曲点を示しており、この点を境に普及が急速にすすむようになります。

The early part of the curve is relatively flat and defines the slowest phase of adoption. This is where the product is attempting to gain traction and championed by innovators and early adopters. Rapid uptake begins at the “tipping point” when mass market awareness translates into adoption by successively larger cohorts. It roughly correlates to the end of the early adopter phase and marks the beginning of exponential growth. Near the plateau the most risk averse or skeptical join last.

Adoption, however, is not as clean.

曲線の初期の部分は比較的平坦で、最も普及速度の遅い段階を定義しています。これは、製品が牽引力を得ようとしており、イノベーターとアーリーアダプターによって守られている場所です。大衆市場に認知されることによって、次々とより大規模な仲間から採用されるようになる「転換点」を境に急速な普及が始まります。早期導入段階の終わりにおおよそ相関し、指数関数的成長の始まりを示しています。プラトー付近では、リスク回避または懐疑的な参加が最も多くなります。

しかしながら、普及というのは教科書通りにはいきません。

U.S. household technology adoption rates. On the left major innovations over the last 120 years. On the right, older technologies have been removed. The “S-curve” of adoption rarely follows the textbook. Source: visualcapitalist.com.

米国の家庭技術の普及率を示したグラフ。左は、過去120年間に発生した主要なイノベーションを示しており、右は古い技術を削除した図になっています。普及の「S字曲線」で教科書通りのものはほとんどありません。出典:visualcapitalist.com

Several of the S-curves demonstrate pauses/dips. Others have flattened slopes. And as we can see in the right chart newer technologies are much steeper. The tablet, smartphone and social media all introduced around 2005 show near vertical growth. Although accentuated on these linear short term graphs, once a technology gains momentum it becomes a near unstoppable force. What’s going on?

いくつかのS字曲線では、休止や低下も見られます。傾きが水平状になっているものもあります。そして、右側のグラフに見えるように、より新しい技術の傾きは非常に急となっています。 2005年頃に導入されたタブレット、スマートフォン、ソーシャルメディアは、ほぼ垂直成長を示しています。これらの線形短期グラフで強調されているように、技術が勢いを増すと、それはほぼ止めることのできない力になります。そこでは何が起きているのでしょうか?

We have entered a new era where novel ideas, technology and information are shared in socially supportive environments. Our interactions increasingly exhibit network effects resulting in a key transformation of how innovation spreads—

我々は、SNSなど社会とつながっている環境の中で新しいアイデア、技術、情報を共有するという新しい時代に突入したのです。個々人が相互作用することによってネットワークの効果は益々発揮され、それがイノベーション広がりを決める鍵となるのです。

The rate of growth itself is growing, leading to shorter, steeper adoption curves.

成長率自体が高まっており、その結果、短くて急な普及曲線を作り出しています。

In fact we have seen this phenomenon in Bitcoin and most recently in the 2017 year end run up. Bitcoin’s price rose 3.6X in 35 days between November 12nd and December 17th. Public excitement and FOMO during this short time period reached manic levels. Bitcoin was omnipresent on social media sites and mainstream financial news. Google searches for Bitcoin peaked. Price climbed to an intraday high of nearly $20,000.

実際に、この現象はビットコインにも現れており、最近では2017年の終わりに同現象が見られました。 ビットコインの価格は11月12日から12月17日までの35日間で3.6倍になったのです。この短期間に公的興奮とFOMO(好機を逃がすのが怖いこと)が躁状態に達しました。 ビットコインは、ソーシャルメディアサイトと主要な金融ニュースをにぎわせていました。 ビットコインにおいてのピークが観察され、価格は日中最高値、約2万ドルまで上昇しました。

In just over a month Bitcoin’s price increased 3.6X.

わずか1ヶ月でビットコインの価格は3.6倍に上昇しました。

Bitcoin revealed itself as socially wired sound money for a socially wired society. No organized group controls and advertises its value proposition. It is owned and marketed by users. This allows Bitcoin to be adopted at unheard of rates and at vast multiples. Bitcoin is a low friction innovation with few barriers to large scale adoption. Without a central authority to undermine its value, value is prescribed by people. No border can prevent it from being adopted anywhere as it is decentralized. Bitcoin becomes even more secure as more people use it.

ビットコインそのものがネットワークで繋がれている社会のための、ネットワークで繋がれた通貨として生まれました。中枢組織によるコントロールもなければ、商品価値の宣伝が行われることもありません。ユーザーによって所有され売買されているのです。これは、ビットコインが前例のないような膨大な値で導入されることを可能にします。 ビットコインには大規模な導入に対する障壁がほとんどなく、低摩擦のイノベーションです。価値を蝕む中心的な権力を持たない場合、価値は人によって決められていきます。そもそもが国境とは無関係の存在であるため、導入に対して国境が障害になることはありません。 ビットコインでは利用者が増えるにつれ、安全性も高まっていきます。

As Bitcoin operates at the junction of currency with sound monetary properties and novel technology it is positioned to become dominant money by orders of magnitude. Viewed in the appropriate context, the path to hyperbitcoinization will include near vertical price appreciation phases interspersed with brief corrective cycles as seen in some of the examples above. During these pauses the infrastructure will continue to grow and subsequently support the next wave up.

ビットコインは健全な金融資産と斬新な技術を備えた通貨の分岐点で事業を展開しているため、他の通貨を桁違いに圧倒する存在になる可能性があります。適切な文脈で見ると、ハイパービットコイニゼーションに至るまでの過程では、前述のいくつかの例で見られたような短期的な是正サイクルが点在する、ほぼ垂直な価​​格上昇の段階が含まれます。価格が停滞している間も、インフラストラクチャは成長し続け、次の成長の波を支える基盤となります。

The two charts below show Bitcoin is growing exponentially and has only just started its journey to hyperbitcoinization.

以下の二つのグラフは、ビットコインが指数関数的に増加しており、ハイパービットコイニゼーションの向けた旅がちょうど始まったばかりであることを示しています。

Log price chart on the left demonstrates Bitcoin’s network effects at play. Linear price chart on the right places Bitcoin’s price on the flat part of the S-curve of adoption at some time before the tipping point.

左の株価チャートは、ビットコインにおけるネットワーク効果を示しています。右の線形価格表は、「転換点」より前の部分、つまり普及のS字曲線におけるフラットな部分でのビットコインの価格を示しています。

Bitcoin Growth Model

Satoshi Nakamoto ensured that Bitcoin’s ecosystem was primed for growth with a finite money supply and secure, decentralized network that incentivizes all participants to ensure Bitcoin’s well being.

ビットコイン成長モデル

Satoshi Nakamotoは、有限の資金供給と分散したネットワーク(分散性によって全参加者がビットコインの健全性を保証できる安全性がもたらされます)によってビットコインのエコシステムが成長することを確実なものとしました。

Let’s use a growth model that combines the S-curve of adoption with the underlying events (i.e. catalysts) driving Bitcoin’s growth.

普及のS字曲線とビットコインの成長を促進するきっかけとなるイベント(すなわち触媒)を組み合わせた成長モデルを見ていきましょう。

Classic mineral crystallization scheme. Aggregates (orange stars) join to form larger crystals. Once the crystallization process passes the tipping point (green circle) it grows exponentially as the energy of the system favors the crystal over individual units. Adpated from CrystEngComm.

鉱物の結晶化スキームの典型例。骨材(オレンジ色の星)が結合して大きな結晶を形成します。結晶化プロセスが転換点(緑色の円)を通過すると、個々の単位よりも結晶化方向へのエネルギーが優先するので指数関数的に成長します。 CrystEngCommより引用。

The graph depicts a large mineral crystallization schematic — I think an apt model for Bitcoin’s growth and will lead us to an understanding of how hyberbitcoinization can be achieved in what may seem to be a relatively short period of time. The blue curve is nucleation rate which describes the formation of aggregates that ultimately combine to form a crystal lattice. The red line is the crystal growth rate with saturation/crystallization achieved at the top right and flat part of the S-curve. As we can see crystallization begins in earnest well after the equilibration and nucleation phases. The intersection of these two lines — labeled the “tipping point” — represents a narrow zone beyond which the growth process becomes exponential and the energy state of the system favors the crystal over loose, independent aggregates.

Let’s adapt this to Bitcoin.

このグラフは、大規模な鉱物の結晶化の概念を示しています。このモデルはビットコインの成長に適用するのに適切なモデルだと考えており、比較的短期間で生じるハイパービットコイニゼーションがどのように達成されるかの理解につながります。青色の曲線は、最終的に結合して結晶格子を形成する凝集体の形成を説明する核形成速度を示しています。赤い線は、S字曲線の右上と平坦部分で飽和/結晶化が達成された結晶成長速度を示しています。グラフを見ていただくと、結晶化が平衡化および核生成段階の後に本格的に始まることがわかります。これらの2つの線の交差点は、成長が指数関数的に増加し始めるわずかな領域を表し、エネルギーは緩やかに独立した集合体上の結晶に有利に働きます。

このモデルをビットコインに応用しましょう。

Once Bitcoin’s ecosystem is seeded a crystallization process begins. Growth becomes exponential and self-reinforcing. In this model, the tipping point (green circle) represents a dramatic change at which point many people and oganizations adopt Bitcoin.

ビットコインのエコシステムの種がまかれると、結晶化プロセスが始まります。指数関数的かつ自己補強的に成長していきます。 このモデルにおいて、転換点(緑色の円)は、多くの人や組織がビットコインを導入するようになる劇的な変化を表しています。

Equilibration precedes nucleation and contains non specific aggregates (i.e. unorganized clusters). In Bitcoin we can think of this as the time shortly after Satoshi Nakamoto introduced Bitcoin to the world and awareness of his construct slowly diffused into key technical and social circles. During this period we see mostly social discovery and early mining efforts. Though it had essentially 0 external value, energy was added to the system in the form of computational work. At some point during equilibration measurable value was created. Perhaps the catalytic seed was the first Bitcoin purchase. Laszlo Hanyecz externalized Bitcoin’s value and by doing so transformed it from a store of value (as measured by work/energy) to a medium of exchange. On May 22, 2010 he bought 2 pizzas for 10,000 Bitcoins.

平衡化は核生成に先行して発生し、非特異的凝集体(すなわち未組織化クラスター)を含んでいます。 ビットコインでは、Satoshi Nakamotoがビットコインを世に発表した紹介した直後のこと、そして、ビットコインの概念が徐々に技術や社会の主要な輪に広がったときと考えることができます。 この期間中には主に社会的な認知と初期のマイニング作業が行われていました。目に見える値はどうしてもゼロとなってしまいますが、計算作業の中ではシステムにエネルギーが加わっています。 平衡となっている中のある時点で、測定可能な値が作成されます。 おそらく触媒となる種はビットコインの場合、最初のビットコインによる買い物だったことでしょう。 Laszlo Hanyecz氏は、ビットコインの価値を外部化し、それによって価値の保存(エネルギー当たりの仕事量で測定)から貨幣として交換手段機能を持つものに変わっていきました。 2010年5月22日、彼は10,000ビットコインでピザを2枚購入しました。

Nucleation is a high energy barrier. And we can see why. In order for Bitcoin to “crystallize” many different key ingredients are needed. Clusters of Bitcoin activity must reach critical size such that benefit of growth outweighs the cost. These take the form of wallets, exchanges, nodes, mining pools, more engineering talent etc. Silk Road and Mt. Gox are examples of the ecosystem’s aggregate order during early nucleation.

核生成は大きなエネルギーを持った障壁となります。 ではなぜそうなるのか見ていきましょう。ビットコインが「結晶化する」ためには、多くの異なる主要成分が必要です。 ビットコインアクティビティのクラスタは、成長の利益がコストを上回るほどのサイズに達しなければなりません。 これらはウォレット、取引所、ノード、マイニングプール、さらなるのエンジニアリング能力などの形をとっています。シルクロードやマウントゴックス(ビットコインのダークマーケット)というのは、初期の核形成の過程におけるエコシステムの集合秩序の例として挙げられます。

As nucleation progresses we begin to see cross links between these various aggregates or nodes of activity: network security improves, hashrate climbs, more coins are mined and sold, exchanges provide custodial arrangements, fiat to Bitcoin onramps grow, meetups and conferences draw outside interest, and there are a few real world Bitcoin only transactions. These are early signs of lattice formation. Like a growing crystal each connection adds an order of magnitude strength to the ecosystem.

核生成が進むにつれて、ネットワークのセキュリティが向上し、ハッシュレート(採掘速度)が上昇し、より多くのコインが採掘されて販売され、取引所は保管や管理の場として機能し、ビットコインのオンランプ(入口)企業が成長し、ミートアップや会議が外部の関心を引くようになり、 ビットコイン専用の現実世界の取引所がいくつかできてきます。 これらは格子形成の初期の兆候です。 水晶が結晶を成長させるのと同じように、個々のつながりがエコシステムにしっかりとした強さをもたらしてくれます。

Crystallization is the most “visible” phase — price is climbing and Bitcoin transactions are becoming more common. Nucleation has primed Bitcoin for rapid growth. It ascends up the S-curve entering the fastest portion of the adoption phase. During this time Bitcoin will seem to be an organic, self-driving and organizing process much like a growing crystal. As aggregates join they reduce their energy state and become more stable. The energetic benefit of joining the crystal lattice outweighs the cost. We will see a similar phenomenon in hyperbitcoinization —

結晶化は最も「目に見える」段階と言えます。価格は上昇し、ビットコインによる取引がより一般的になってきます。 核形成はビットコインの急成長に向けた導火線となります。S字曲線は上昇し、普及の過程の中で最速部分の段階に入ります。 この期間では、ビットコインは成長するクリスタルのような有機的で自己増殖的な組織化プロセスであるように見えます。 凝集体が結合すると、エネルギー状態を低下させ、より安定していきます。 結晶格子を結合させることのエネルギー面での利益がコストを上回ります。ハイパービットコイニゼーションの促進においても同様の現象が見られることでしょう。

Rejecting Bitcoin will cost more than adopting it.

After the tipping point Bitcoin nucleation will continue albeit at a slower rate. Yet these tail events are also critical for Bitcoin’s success and include wide spread systemic institutional and government adoption. Without these key players Bitcoin may fail to reach saturation and price stability, doomed to unacceptable levels of volatility.

ビットコインを受け入れないことは、導入すること以上にコストがかかるようになるでしょう。

転換点以後ビットコインの核生成は速度を落とすものの継続します。 しかし、これらの終盤戦のイベントは、ビットコインの成功に不可欠であり、広く普及し体系立てられた制度や政府機関による受け入れを含みます。 これらの立役者なしには、ビットコインは飽和状態や価格安定状態に達することができず、不安定さが容認できないレベルに陥る可能性があります。

The hyperbitcoinization graph limited to price events. Although depicted as distinct segments, each phase will overlap. For example, we see medium of exchange events well before the tipping point.

ハイパービットコイニゼーションのグラフは価格イベントに限定されています。 異なる区分として示されていますが、各フェーズは重複しています。 例えば、転換点のかなり前から取引所が観察されます。

The path to hyperbitcoinization is described by the red S-curve which represents Bitcoin’s price (or market value). During nucleation Bitcoin begins to experience a series of microbubbles. Each of these reflects a fundamental shift induced by underlying events. Sophisticated retail investors are joined by early public risk takers. Institutional investors join the fray. VC funded businesses are built around Bitcoin’s core concepts. Wall St. firms devise instruments to monetize Bitcoin. Public corporations adopt it for payments. And so on.

ハイパービットコイニゼーションの経路は、ビットコインの価格(または市場価値)を表す赤のS字曲線で表されます。 核生成の間、ビットコインは一連のマイクロバブルを経験し始めます。それぞれのマイクロバブルは、基礎にあるイベントによって引き起こされる根本的な変化を反映しています。 熟練の個人投資家が初期の公的な投資リスクの引受人として加わります。 機関投資家が取引に参加してきます。 ベンチャーキャピタルが資金を提供するビジネスは、ビットコインのコアコンセプトに基づいて構築されています。 ウォール街の企業は、株式公開会社が支払いのためにビットコインを利用するなど、ビットコインを収益化するための手段を工夫しています。

Larger price bubbles and continued volatility follow these discovery phases. During this time Bitcoin use cases, improved fiat to Bitcoin onramps coupled to early institutional and select banking acceptance become important drivers. Price rapidly climbs, nearly unabated.

より大きな価格バブルや継続的な不安定性の後に、認知段階が続きます。 この間、ビットコインの使用事例、初期の制度、および選択された銀行業務受け入れと結びついたビットコインオンランプ(入口)企業への改善は重要な要因となります。 価格は急速に上昇し、衰えることはないでしょう。

Beyond the tipping point Bitcoin’s rate of appreciation itself becomes exponential. It begins to supplant fiat taking on characteristics of money beginning with store of value, followed by medium of exchange, and finally unit of account at the plateau of the S-curve. At the plateau price volatility is minimal and hyperbitcoinization has been achieved.

転換点を超えるとビットコインの値上がりは指数関数的になります。 法定貨幣へとなり始めます。それは価値貯蔵の役割を持ち始め、流通手段としての機能を見せ、そして最後にS曲線のプラトーの段階では価値尺度を持ち、貨幣としての特性を有することになります。プラトーにおける価格では、不安定性は最小限に抑えられており、ハイパービットコイニゼーションは達成されたといえます。

As of this writing I believe Bitcoin is in the mid to late nucleation phase. The current bubble cycles are “microbubbles” on this scale. As we’ll see in the next sections, $10K 200 day moving average is not even a rounding error in the world of hyperbitcoinization.

この記事の執筆時点では、ビットコインは中期から後期の核生成段階にあると感じています。 現在のバブルサイクルは「マイクロバブル」の段階です。 次のセクションで説明するように、200日の単純移動平均が$ 10Kというのはハイパービットコイニゼーションの世界においては丸め誤差でさえありません。

In 2018 Bitcoin is still under the peak nucleation graph building its infrastructure.

2018年、ビットコインはインフラストラクチャを構築するピーク核生成グラフの線よりも下に位置しています。

Global Valuation of Money

Social acceptance, resulting demand coupled to Bitcoin’s technology are driving growth at network speeds. Fundamental, beneficial sound monetary properties give Bitcoin the opportunity to become the world’s first universal digital currency:

ビットコインに対する世界的な評価

社会からの受容とそれに伴うビットコインの技術に関連する要望によって、ネットワーク速度の成長が促進しています。 基本的で有益であり、健全な金融資産として、ビットコインには世界初のデジタル世界通貨になる機会があります。

No border control — Bitcoin unwinds nationalistic/feudal monetary systems that trap local populations into using government decreed currencies. It is a digital currency that can achieve global consensus.

No centralized authority — Bitcoin has inherent property rights & security. No central agency can confiscate your coins nor prevent you from transacting with Bitcoin.

No inflationary policy — Government agencies cannot artificially deflate Bitcoin’s value via conventional currency machinations. Price is determined by the market. Money supply is based on computational work and math.

  • 国境間の制限なし — ビットコインは、国で決められた通貨を使用して特定の人々を拘束する国家的/封建的な通貨システムから解放してくれます。 ビットコインは、グローバルコンセンサスを達成できるデジタル通貨です。
  • 一元管理された権限はなし —  ビットコインには特有の財産権とセキュリティがあります。 中央の管理者がコインを没収することもビットコインとの取引を妨げることもありません。
  • インフレ政策なし— 政府機関が従来行ってきた通貨の価格操作のようなもので、ビットコインの価値を人為的に萎縮させることはできません。 価格は市場によって決まります。 通貨供給量は、計算作業と数学に基づいています。

Bitcoin’s recent ATH market capitalization reached $326B on Dec 17, 2017. Although a phenomenal achievement for nascent technology, if Bitcoin aims to displace fiat it has a long way to go.

ビットコインの最近のATH時価総額は、2017年12月17日の時点で326億ドルに達しました。Bincoinが開花しようとしている技術によって驚異的な成果を上げたとしても、ビットコインが法定通貨になることを目指しているならば、道のりはまだ長いです。

What does Bitcoin need to do? How much value must it absorb? Trace Mayer endows Bitcoin with infinite expansive capacity.

ビットコインは何をする必要がありますか? どのくらいの価値を吸収しなければなりませんか?Trace Mayerは 無限の拡張能力を持つビットコインに寄付をします。

By analogy, these institutional products [futures, ETFs] are like connecting a major metropolis’s water system (US$90.4T and US$2 quadrillion) via a nanoscopic shunt to a tiny blueberry ($150B) that is infinitely expandable. — Trace Mayer, November 2017

同様に、制度化された商品(先物、ETF)は、大都市の水システム(90.4億米ドルと2兆2000億米ドル)をナノスケールのシャントを介して無限に拡張可能な小さなブルーベリー($ 150B)に接続するようなものです。 – トレースメイヤー、2017年11月

If Bitcoin becomes the only unit of account, medium of exchange and store of value it will need to absorb a global glut of value.

This is what we have today —

ビットコインが唯一の会計単位であり、流通手段としての機能があり、価値貯蔵の役割を持てば、世界的な過剰価値を吸収する必要があります。

以下に現在世界に存在する資産を羅列します

$7.7T of gold
$73T value in global stock markets
$127T in money (coins, notes, checking, savings)
$215T in debt (and growing)
$217T global real estate
$1.2Q+ in derivatives
and more
(Q = quadrillion = 1,000,000,000,000,000)

●金 7.7兆ドル
●世界の株式市場 73兆ドル
●お金(貨幣、紙幣、小切手、貯蓄) 127兆ドル
●借入金 215兆ドル(増加中)
●不動産 217兆ドル
●デリバティブ商品 1.2クァドリリオンドル以上
●その他
(Q =クァドリリオン= 1,000,000,000,000,000)

Though not an exhaustive list, it gives us a general idea of the scale and scope of the market. This accounting will include derivatives and similar instruments though they may be significantly altered, scaled back or perhaps even entirely eliminated in an ideal implementation of hyperbitcoinization.

これらは網羅的なリストではありませんが、市場の規模と範囲の一般的な考え方を提供してします。 上記の計算には、ハイパービットコイニゼーションの理想的な実施において大幅に変更、縮小、または完全に排除することができるが、デリバティブ商品および類似の商品が含まれています。

In order to supplant fiat, Bitcoin must be at least equivalent value and play every part in our traditional currency system and satisfy money’s various roles. Hyperbitcoinization requires complete and total domination over every corner of the financial world. Bitcoin should be able to buy coffee and power the global economy.

In hyperbitcoinization, Bitcoin needs to be all money.

ビットコインを取り戻すためには、ビットコインが少なくとも同等の価値を持ち、従来の通貨システムにある役割をすべて果たし、通貨が持つさまざまな役割を果たす必要があります。 ハイパービットコイニゼーションは、金融界のあらゆる場所で完全な優位性を持つ必要があります。 ビットコインでコーヒーを買いうこともできれば、世界経済に力を発揮できることもできるはずです。

ハイパービットコイニゼーションにおいては、ビットコインのみがお金である必要があります。

Bitcoin Valuation

Bitcoin proponents talk about “abandoning” the use of “Bitcoin” as a commonly used unit of denomination. They reason as Bitcoin becomes a global currency its astronomical value will not be feasible for everyday transactions. Like any good form of money Bitcoin is divisible. In fact, by up to 100,000,000 satoshis. The satoshi will act as our base accounting unit. You will buy goods and services and be paid in satoshis.

ビットコインの評価

ビットコインの支持者は、一般的に使用されている単位「ビットコイン」の使用を「放棄」することについて話しています。 支持者たちはビットコインが世界的な通貨になるにつれて、その天文学的価値が日々の取引には適していないと考えています。 他のよくできたお金と同じように、ビットコインは分割可能です。 実際には、最大100,000,000サトシまで可能です。 サトシというのは基本会計単位として機能します。 サトシによって商品やサービスを購入し、あるいは支払いを受けます。

Let’s see if this is plausible.

There will be nearly 21 million coins once the last Bitcoin block is mined. It’s estimated 20% of current mined Bitcoins are forever lost. If this loss rate holds then the total accessible will be at most 16.8 million. The list of global value of all money totals about $1.8Q.

これが妥当かどうかを見てみましょう。

ビットコインブロックを最後まで採掘すると、約2100万のコインが出てきます。 現在既に採掘されているビットコインsの20%は永久に失われていると推定されています。 この損失率が変わらない場合、アクセス可能なコインの合計は最大で1680万です。 世界に存在する全資産は約$ 1.8クァドリリオンです。

Some basic math:

Global value of all money= $1.8Q.
Divide by 16.8 million Bitcoins = $107,142,857
Round result = $100,000,000/Bitcoin
Next step:

100,000,000 satoshis per Bitcoin
$100,000,000/Bitcoin ÷ 100,000,000 satoshis per Bitcoin
= $1 per satoshi

基本的な計算式:

世界に存在する全資産= $ 1.8Q。
1680万のビットコインsで割ると 107,142,857ドル
約 100,000,000 ドル (1 ビットコイン当たり)

次のステップ:
100,000,000サトシ(1 ビットコイン当たり)
100,000,000 ドル (1 ビットコイン当たり)/ 100,000,000サトシ(1 ビットコイン当たり)
= 1ドル(1 サトシ当たり)

Each Bitcoin is $100,000,000 and each satoshi accounts for $1 of value in the age of hyperbitcoinization. Of course, this may be more or less depending on the actual total value that Bitcoin subsumes. And we have not accounted for changes in how we may value assets and Bitcoin’s future impact on practices such as fractional reserve banking. For this exercise I will defer discussion as much of this has yet to be determined.

ハイパービットコイニゼーションの時代には、 1ビットコインに$ 100,000,000の価値、つまり、1サトシ当たり$ 1の価値を有することになります。 もちろん、この値はビットコインが包含する実際の合計値によって前後します。 また、資産価値の評価方法における変化と、ビットコインが部分準備銀行制度などの慣行に及ぼす将来的な影響については考慮していません。 この計算式に関しては多くの部分が未確定であるため、議論を延期する予定です。

Let’s put this in perspective with today’s prices.

Current 200 DMA = $10,000/Bitcoin
Hyperbitcoin price = $100,000,000/Bitcoin
Current % of future value = 0.01%

では、現時点の価格で見てみましょう。

現時点で200 DMA の価格= $ 10,000 / ビットコイン
ハイパービットコイニゼーション時の価格= $ 100,000,000 / ビットコイン
将来価値に対する現在価値の割合= 0.01%

Bitcoin’s current price is a fraction of its potential should hyperbitcoinization become a reality. Even if we reduce the scope of Bitcoin’s market an order of magnitude to $10,000,000/Bitcoin (a Fundstrat price estimate) we are still in the 0.1% of future value range.

Does price trajectory support the immense increase in value?

ビットコインの現在の価格は、ハイパービットコイニゼーションが現実味を帯びるならば、その可能性の一部です。 ビットコインのマーケットの範囲を$ 10,000,000 / ビットコイン(Fundstratによる価格見積もり)まで引き下げたとしても、現時点での価格は将来の価値の0.1%に留まっています。

価格弾道は価値の大幅な増加を支えているのでしょうか?

Bitcoin Price Trend

Bitcoin’s price will not go up forever as at some point all economic value will be accounted for. First let’s determine when price reaches $100,000,000 per Bitcoin. I will use a model introduced in one of my earlier articles. It uses “top of the bubbles” and a non-linear regression curves to form a channel. We’ll use this as our guide.

ビットコインの価格動向

ビットコインの価格は、ある時点に到達するとすべての経済的価値が考慮されるようになるため、永遠に上がるということはありません。 まず、1ビットコインあたりの価格が100,000,000ドルに達する時点を決定していきましょう。私が以前書いた記事の1つで紹介したモデルを使用します。これは、「バブルの頂部」および非線形回帰曲線を使用してチャネルを形成します。 これをガイドとして使用します。

The orange line is a non-linear regression curve. The green curve is a trend line formed by the top of Bitcoin’s earlier bubbles. The recent price spike was a “minor” bubble and did not reach the top of the bubble curve.

オレンジ色の線は非線形回帰曲線です。 緑色の曲線は、ビットコインの過去のバブルを元に形成されたトレンドラインです。 最近の価格スパイクは「マイナー」バブルであり、バブルカーブの最大値を超えることはありませんでした。

The channel narrows as price approaches the $100,000,000 mark in 2030. I suspect Bitcoin’s price will oscillate within and around these boundaries, increasingly constrained as it approaches hyperbitcoinization.

2030年に価格が100,000,000ドルの値に近づくにつれて、チャンネルは狭くなります。ビットコインの価格はこれらの境界内およびその周りを上下し、ハイパービットコイニゼーションに近づくにつれてますます律速されると考えています。

Based on these curves the theoretical limit for Bitcoin’s price is just north of $500,000,000 where our two curves meet. But as discussed above, innovative technologies eventually reach saturation and we should expect Bitcoin to behave similarly. There will be a plateau in value. Using the above trend let’s build a graph incorporating Everett’s S-curve of adoption.

これらの曲線に基づくと、ビットコインの価格の理論上の制限は、2つの曲線が合致するところのちょうど上に位置する500,000,000ドルの位置になります。 しかし、上記で議論したように、革新的な技術は最終的に飽和に達するものであり、ビットコインも同様の動きを見せるはずです。 価値はプラトーとなります。 上記の傾向を使用して、Everettの普及のS字曲線を組み込んだグラフを作成しましょう。

Hypothetical S-Curve for hyperbitcoinization. As of June 2018 $10K 200 DMA to $100M per Bitcoin. The graph is not intended to depict or predict prices along the path to the plateau.

ハイパービットコイニゼーションに対する仮説的S字曲線。 2018年6月現在の200日足の移動平均線10Kドルから1ビットコインあたり100Mドルまでの推移を示しています。このグラフは、プラトーに向けた価格の変化を描写または予測するためのものではありません。

Of course as we learned above, adoption will not follow a textbook S-curve. But this linear price chart shows Bitcoin has not even begun its ascent. Bitcoin’s price is still within horizontal part of the curve. Even if we adjust our final price by an order or two magnitude today’s price is on the flat part of the curve before the tipping point.

もちろん、上記で学んだように、教科書にあるS字曲線通りに普及が進んでいくことはありません。しかし、この線形価格チャートは、ビットコインが上昇すら始めていないことを示しています。 ビットコインの価格は依然として曲線の水平部分内にあるのです。 最終価格を1桁または2桁で調整したとしても、今日の価格は転換点前の曲線の平坦部分に位置しています。

Hypothetical S-Curve for hyperbitcoinization (lite). As of June 2018, $10K 200 DMA to $10M per Bitcoin. Hyperbitcoinization occurs about 3 years or so ealier than the $100M model. The graph is not intended to depict or predict prices along the path to the plateau.

ハイパービットコイニゼーションに対する仮説的S字曲線(ライト版)。 2018年6月現在の200日足の移動平均線10Kドルから1ビットコインあたり10Mドルまでの推移を示しています。ハイパービットコイニゼーションは最終値100Mドルのグラフに比較すると、3年長くかかります。このグラフは、プラトーに向けた価格の変化を描写または予測するためのものではありません。

Bitcoin’s path to peak price will more likely be composed of successive smaller overlapping S-curves and we can surmise that it won’t plateau exactly as shown. Moreover at these scales minor changes of the curves delimiting the path to hyperbitcoinization will result in valuation changes on the order of millions of dollars and could push price stability out several years.

ビットコインのピーク価格への道のりは、連続かつ小さくオーバーラップするS字曲線で構成されている可能性が高く、図のように正確には平らにならないと推測することができます。 さらに、これらの尺度では、ハイパービットコイニゼーションまでの経路を定める曲線のマイナーな変化が、数百万ドルの単位での評価変化をもたらし、価格安定性に至るまで数年間の早まる可能性がある。

Nevertheless we have a range of $10M to $100M (fractional percentages of current price) that may be achieved within a 20 year span.

Twenty years may not seem like enough time but as Parabolic Trav and Prateek Goorha stated:

それにもかかわらず、20年以内に達成可能だと考えられる10百万ドルから1億ドル(現在の価格に対する割合)の幅での見込みを出しています。

Parabolic Trav氏とPrateek Goorha氏が述べているように、20年では不十分だという意見もあります。

“Bitcoin is network money for a network economy”

Exponential rates of growth are difficult to comprehend due to our propensity to forecast the future using linear time frames. Yet in a short time computers and the internet have become integral parts of our lives and key economic drivers. The current long term price trend and continued exponential growth support Bitcoin’s case to supplant present value carried by all money in the world.

“ビットコインはネットワーク経済のためのネットワークマネーである”

将来の予測値の算出には線形時間枠を使用する傾向があるため、指数関数的な成長率を把握することは困難です。 しかし、コンピュータとインターネットは、短期間のうちに私たちの生活に不可欠なものとなり、経済の主要な駆動力となっています。 現在の長期的な価格動向と指数関数的な成長は、全世界の通貨に取って代わるかもしれないビットコインのケースをサポートします。

Hyperbitcoinization

Bitcoin Pragmatists may counter that Bitcoin — as money — will become part of a mosaic of digital and “paper” currencies (most paper currencies are just computer ledger entries). In certain locales and businesses it may become the dominant currency, will satisfy limited (but valuable) use cases such as remittances, wealth transfer, off shore banking and interbank settlement. It may evolve to power a token economy but will not entirely supplant fiat.

ハイパービットコイニゼーション

ビットコインの実用主義者たちは通貨としてのビットコインがデジタルと紙の通貨(ほとんどの紙通貨は単にコンピュータ台帳への記入)のモザイクの一部になると反対するかもしれません。 特定の地域や企業では支配的な通貨になる可能性があり、送金、譲渡、オフショア銀行取引、銀行間決済などの限られた(ただし貴重な)ユースケースを満たします。 そして、トークン経済の強化のために進化するかもしれませんが、完全に法定通貨に取って代わられることはないでしょう。

The pragmatist’s view leaves room for fiat which opens the path to Bitcoin fractional reserve banking, deepening government decree and resulting monetary shenanigans.

実用主義者の視点は、法定通貨の生き残りの可能性を残すことは、ビットコインに対して部分準備銀行制度への道を開き、政令を深化させ、結果として金銭的な詐欺行為を招く恐れがあるとしています。

Bitcoin Maximalists will argue this is a missed opportunity.

I don’t believe we shall ever have a good money again before we take the thing out of the hands of government, that is, we can’t take it violently out of the hands of government, all we can do is by some sly roundabout way introduce something that they can’t stop — Friedrich Hayek, 1984 (video here)

ビットコイン の過激主義者 はこれに対して機会損失であると主張します。

私は政府の手に委ねることなしに良いお金を稼ぐことはできないと考えています。つまり政府の手に渡れば、暴力的な行動をとることはできないということです。 私たちにできるのは、何らかの迂遠的な方法で政府が止めることのできないものを紹介するということのみです- Friedrich Hayek(1984年)(動画の閲覧はこちら

Centrally controlled money supply begets a centrally planned economy. With money out of the hands of controlling entities we have a chance to return to a sound monetary policy and stop gifting enormous debt to future generations.

中央管理されたマネーサプライは、中枢機関で計画された経済を生み出します。 管理者である事業体から資金を得ることが、健全な金融政策に戻るきっかけとなり、将来の世代に巨額の債務を残さずに済むのです。

Maximalists would be ecstatic to see Bitcoin achieve manifest destiny and complete the journey to hyperbitcoinization. The end of the fiat economy would herald a new economic paradigm espoused in part by Austrian free market economists. Money would no longer be controlled by the whims of central banks.

過激主義者はビットコインが運命を達成し、ハイパービットコイニゼーションへの旅を完了するのを熱狂的に追いかけていくでしょう。 法定通貨による経済の終焉は、オーストリアの自由市場経済学者によって支持された新たな経済パラダイムの象徴となるでしょう。通貨が中央銀行の気まぐれに支配されることはもうないといえるでしょう。

No more fractional reserve banking.
No more government induced boom and bust cycles with quantitative easing, bail-ins, and runaway inflation.
No more forced high time preference (immediate gratification).
Eradication of government abuse and confiscation of money through inflationary policies.

  • 部分準備銀行制度の終わり
  • 量的緩和、ベイル・イン、急激なインフレなど政府介入による好不況の循環の終焉。
  • 強制的な時間選好の高さ(即時の満足度)が不要に。
  • インフレ政策による政府の権力の乱用と金銭の没収の根絶。

The global economy would be bound by an immutable, decentralized, verifiable and consensus powered form of digital money. One sound standard through which all business is transacted. Bitcoin becomes the dominant currency by social decree. Although social decree is voluntary, as more people agree to place value in Bitcoin network effects transform it into an indestructbile and unavoidable form of communicating value.

世界経済は、変更不能で、分散化され、検証可能でコンセンサスに富んだデジタルマネーで結ばれています。すべてのビジネスで取引される1つの健全な基準を持っています。 ビットコインは社会からの要望によって他を圧倒する通貨になります。社会からの命令というのは自主的なものではありますが、ビットコインのネットワーク効果に価値があることに同意する人が増えるにつれて、それは不変的で避けられないコミュニケーションの方法に変わります。

With Bitcoin you own your money. Personal ownership of money may thoroughly transform our modern world. We will go from a centralized economy manipulated by the few to one based on sound money principles — protecting the present, preserving the past and preparing for the future. Education, agriculture, medicine, and industry will be radically transformed once short sighted policies which benefit the few are abandoned for those with longer time horizons providing greater and lasting benefits for everyone. Incessant government machinations devaluing our money, work and lives will come to an end.

ビットコインでは自分自身で自分のお金を所有することになります。お金に対して個人的な所有権を持つことは、現代世界を完全に変える可能性を秘めています。少数の人々によって操作される中央集権的な経済から、現在を保護し、過去を保存し、未来に準備するという健全な資金の原則に基づく経済へと移行します。少数の人にのみ利益をもたらす短期的な視野による政策が、全体に継続的な利益をもたらす長期的時間範囲を持ったものによって廃止されると、教育、農業、医学、および産業は、根本的に変わるでしょう。私たちのお金、仕事、人生を低く評価する政府の策略は終わりになるでしょう。

Hyperbitcoinization is not necessarily a fantasy. 20 years ago we could not imagine how the internet would impact our world. Bitcoin will not be a panacea for all of our ills but I am fairly sure it will drive a monumental shift in our relationship with money and reframe our roles as citizens as part of a borderless global economy.

ハイパービットコイニゼーションは夢物語ではありません。 20年前には、インターネットが世界にどう影響を与えるか想像できませんでした。 ビットコインはすべての問題を解決する万能薬にはなりませんが、国境を越えた世界経済の一環として、お金との関係に大きな変化をもたらし、市民としての役割を再構築させるものになると確信しています。

Follow me here on Medium and Twitter.

Mediumやツイッターからフォローしてください

Bitcoin has seen unprecedented price appreciation against a background of volatility. This is not investment advice. Perform your own due diligence.

Disclosure: the author has positions in Bitcoin (all of its forks), Litecoin, Goldcoin, Dash, Monero, Decred and others.

ビットコインは予想変動率の背景からすると前例のない価格上昇を見せてきました。 本文は投資アドバイスではありません。 ご自身の責任の下で判断いただきますようお願い申し上げます。
企業内容開示:著者はビットコイン、Litecoin、Goldcoin、Dash、Monero、Decredなどでポジションを持っています。

無料で3000円分のビットコインプレゼント!

ビットポイントさんでお得なキャンペーンが始まりました。

9月30日までの期間限定にはなりますが、新規口座開設で「3000円相当のビットコイン」キャッシュバックです。

すでに口座開設をしてしまっている筆者は恩恵を受けられません。笑

詳しくは下記の記事でご紹介しています!

ビットポイント(BITPOINT)は評判・口コミ通り?使い倒したガチレビュー

2018.04.27

仮想通貨投資入門の決定版です

「仮想通貨ってなんなの?危なくないの?」
「仮想通貨って何がすごいの?」
「仮想通貨って投資としてどうなの?」
こういったメディアを運営しているからか、多くの友人や知り合いからこのような声をよくいただきます。

これだけ多くの情報があるにも関わらず、このような質問が絶えない理由は何か?ずっと考えていました。

その答えは一つ。「仮想通貨初心者にとって必要な情報が体系的にまとめられた記事が存在しない」からです。

それを解決するべく「仮想通貨投資入門ガイド全50ステップ」という記事を作りました。ぜひご覧ください!

【初心者向け】仮想通貨投資入門ガイド全50ステップ

2018.05.17

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損してるかも?

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう!ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

カワグチ カンキ

ANGOメンバーのカンキです。前職は外食上場企業に勤め、社会の闇をさまよっていました。そんな中で仮想通貨に出会い心を奪われ、頭の中は毎日スケーラビリティ問題。思い切って仕事を辞め、現在はフルタイムビットコイナーです。(好きなのはイーサリアム) 「役立つ情報を分かりやすく」をモットーに記事書いてます。

コメントを残す