意外と狙い目!?ネム(XEM)に関するホリエモンの発言まとめ

アライカズマ
どうも!ANGO(@ango_coin)の、アライカズマです。

きっとあなたは、

「ホリエモンってネムのことどう思ってんの?」
「ホリエモンってネム持ってるの?」

そう思ってこの記事に来たのではないでしょうか?

仮想通貨業界の有名人といったら、ホリエモンですもんね。

どれをオススメしてる?ホリエモンの仮想通貨に対しての発言まとめ

2018.03.19

そんなホリエモンがもしネムをおすすめしていたら、興味湧きますよね。

ホリエモンはツイッターで、ネムについてよく発言しています。

どんな発言をしているのか気になりませんか?笑

そこでこの記事では、ネムに関するホリエモンの発言をまとめて紹介していきます。

早速見ていきましょう。

ホリエモンのネムに関する発言まとめ


引用:toyokeizai.net

ホリエモンは、仮想通貨取引所Zaifのアドバイザーを務めています。

なので、ネムがZaifに上場した頃から、ネムに関してよく発言するようになりました。

直接的に、「おすすめだよ!」とは言っていませんが、意外と注目している通貨なのかもしれないですね。

ネムについておさらいしておきたい人はまず先に以下の記事を読んでおきましょう。

【一攫千金コイン!?】ネム(NEM)とは?特徴や今後の動きを徹底解説

2017.05.11

Catapult(カタパルト)の採用

仮想通貨取引所Zaifを運営しているテックビューロとNEMが提携して、カタパルトを採用したことをホリエモンがツイートしています。

カタパルトとは、一言で言うのは難しいのですが、複数の契約を一つにまとめて一斉に行うことです。

その仕組みは難しいですが、カタパルトが実装されれば、処理スピードが大幅に向上し、安全性も高まります。

つまり、一石二鳥な技術ってことです。笑

その技術にホリエモンも注目しているってことでしょうかね。

ついに実装!?NEM(ネム)のカタパルトとは?気になる内容、価格を調査

2018.02.07

ZaifでXEMの取り扱いを開始したことを発言

「NEMとXEMって何が違うの?」

そう思った人がいると思います。

ここで簡単に違いを説明すると、

  • NEM・・・2014年1月に発足した、次世代のブロックチェーンプロジェクト
  • XEM・・・そのNEMブロックチェーン上で発行される仮想通貨の名称

となります。

つまり、NEMの通貨がXEMってことです。(イーサリアムのイーサみたいな感じですね)

XEMは「ゼム」と呼ぶんですが、一般的にコイン名も「ネム」と言っている人が多いので、ここでもネムと呼んでいます。

正確には違うものなんだよということを知っておいてください。

そのネムをZaifで取り扱うようになったことをホリエモンがツイートしてくれていますね。

Zaifコイン積立でもXEMの取り扱いを開始したことを発言

ネムとZaifはかなり密接に関わっていますから、ホリエモンの発言も多いですね。

ただ、ホリエモンの考えをツイートするというより、告知が多い感じです。

このツイートも、Zaifの積立投資でネムの取り扱いを開始したことを言っています。

でも、少なからず注目している、そしてネムを広めたいからツイートしている?のではないでしょうか。

Zaifだけでなくネムの普及に力を入れている感じがしますね。

Zaif積立ってホントに稼げるの?ANGO代表ハナキに聞いてみた

2018.06.24

ネムを「トレカブ」トークンに!?

「トレカブ」とは、ブロックチェーン技術を利用した電子トレーディングカードのことです。

Zaifにて、2016年11月4日から仮想通貨として「トレカブ」トークンを発行したそうです。

【図解付き】今更聞けないトークンとは?仮想通貨との違いも徹底解説

2018.02.04

この「トレカブ」は、テレビ番組「採掘!ビットガールズ」と企画連動し、出演するタレント毎に「トレーディングカード」と「株」を組み合わせた「トレカブTM」という仮想通貨を発行するプロジェクトでした。

ちなみに、トークン発行の初日3日間で売上2,000万円を達成し、トレード初日の時価総額は5,000万円以上になったそうです。

参照:テックビューロがブロックチェーン技術を利用した電子トレーディングカード「トレカブ」販売の初日3日間で売上2,000万円を達成、トレード初日の時価総額は5,000万円以上に

そのトークンをホリエモンも購入していたんですね。笑

アポスティーユを公開・・・?

「ん、アポスティーユって何・・・?」

そう思いますよね。

アポスティーユとは、ブロックチェーンを使った公証のサービスです。

簡単に言うと、ブロックチェーン上で証明書の発行や、監査、所有権の登記ができて、それを世間に証明できるってことです。

そして、その証明書の所有権を自由に第三者に移譲することも可能としています。

アポスティーユの用途としては、

1. 土地やアート、写真、宝石、特許、音楽、自動車といったようなあらゆる所有権の登記。
2. 議事録や契約書、メール、ツイート、音声記録、ログ、タイムカードなどのタイムスタンプ記録。
3. 売り上げデータや会計データなど、後に監査が必要となる情報の記録。

引用:テックビューロとNEMが、所有権が移転可能な世界初のブロックチェーン証明書発行ツール『アポスティーユ』を無償公開

などがあります。

もっと詳しく知りたい人は以下の記事を見てみてください。

【知っ得!?】ネム(NEM)の意外と知らない3つの特徴と将来性

2018.01.11

キャズムは完全に超えた!?

2018年1月にコインチェックから多額のネムが盗まれるという大事件がありましたね。

【随時更新】明日は我が身?仮想通貨・ビットコインの事件を総まとめ

2018.01.29

あなたも聞いたことくらいはあるでしょう。

その時にホリエモンが発言した内容は、「NEMだけで26万アカウントもあったってことが凄いよね。」ってことです。

確かに、26万人もアカウントを持っていたなんて驚きました。

しかも、王道のビットコインではなく、ネムですからね。

仮想通貨はもう黎明期(れいめいき)を超えて、成長期に入っていると言えますね。

コインチェックでの事件があり、ネムや仮想通貨にマイナスなイメージをもつ人がいると思います。

しかし、ネムや仮想通貨自体の技術が悪かったわけではありません。

今後は、といっても数年後かもしれませんが、また仮想通貨が盛り上がりを見せる時がきっと来るでしょう。

ホリエモンはネムを保有してるの?

もちろん正確な情報は分かりませんが、今年に出版されたホリエモンの著書「これからを稼ごう」の中で、ネムを保有していることを書いています。

ただ、積極投資をしているわけではないようです。

人からもらっていたり、もらったビットコインをネムや他のアルトコインに替えていたりしているみたいです。

なので、ホリエモンが持っているからといって、そのコインに将来性があると思わないで欲しいです。

でも、少なからず投資する仮想通貨の参考になるとは思います。

【書評、感想】ホリエモンの新著「これからを稼ごう」を読んでみて

2018.07.12

ネムを購入するなら

それでは最後に、

「ネムを買ってみたいな。」

という人に、ネムを買うのにおすすめな取引所を紹介します。

ネムの購入におすすめな取引所は、Zaifです。

ホリエモンも何度もツイートしていた、あのZaifです。

コインチェックが現在停止中なので、Zaif以外の国内取引所では、ネムを取り扱っているところがありません。

ただ、Zaifでは、取引板でネムの売買ができるのでお得に購入できます。

少し使いにくいなと感じるところもありますが、慣れれば問題ないでしょう。

公式サイトへ

【ザイフ】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.11.16

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ネムに関するホリエモンの発言をまとめてみました。

ホリエモンはネムに積極的に投資をしているわけではないようですね。

でも、少なからず保有しているみたいなので、自分もちょっとは買ってみようかなという気になっちゃいますよね。

NEMは、カタパルトやアポスティーユなど様々な新しい技術を採用している通貨です。

もしかしたら、ビットコインやイーサリアムよりも優れたコインになるかもしれないですね。

ホリエモンは他の仮想通貨に関してもよくツイートしているので、その発言を見たい人は以下の記事をどうぞ。

やはり将来性アリ!?ホリエモンのビットコインに関する発言まとめ

2018.09.11

やっぱ買うべき!?イーサリアムに関するホリエモンの発言まとめ

2018.09.12

価格予想が的中!?リップルに関するホリエモンの発言まとめ

2018.09.13

注目の通貨!?モナコインに関するホリエモンの発言をまとめてみた

2018.09.14

仮想通貨の取引所選びに困っていませんか?

あなたはこんな事に悩んでいませんか?

 

  • これから仮想通貨を始めたいけど、どの取引所を選べばいいのか分からない…。
  • 少しでも安全な取引所を使いたい…。
  • お得にいろんな仮想通貨を買える取引所が知りたい…。
  • 今使っている取引所に少なからず不満がある…。
  • とにかく一番いい取引所を使いたい..!

 

仮想通貨取引所は国内だけで「16社」もあるので、選ぶのにはとても苦労します。かといって「有名だから」といった理由で安易に開設しても、

 

エンドウアツシ
有名どころ!と思って開設したら実はとんでもない金額の手数料でした…
コジマユウキ
ハッキングで取引できなくなって引き出せなくなりました…。

こういった実体験も少なくありません。そこで僕たちANGO編集部が全ての仮想通貨取引所を徹底比較し、ランキングにしました。これから仮想通貨を始めるあなたのお役に立てれば幸いです^^

 

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。

コメントを残す