【初心者におすすめ】DMM Bitcoinのレバレッジ取引!特徴を解説

アライカズマ
どうも!ANGO(@ango_coin)の、アライカズマです。

この記事を見ているあなたは、

「仮想通貨のレバレッジ取引やってみようかな。DMM Bitcoinとかどうなんだろ?」
「DMM Bitcoinのレバレッジ取引っておすすめ?」

と思っているのではないでしょうか?

DMM Bitcoinのレバレッジ取引は取り扱い通貨が国内で一番多いです。

なので、アルトコインのレバレッジ取引をやりたい人にはおすすめの取引所

ただ、「手数料は安いの?スプレッドはどうなの?」という疑問もあると思います。

そこで今回は、DMM Bitcoinのレバレッジ取引の特徴、やり方、どんな人におすすめなのかを詳しく解説していきます。

そもそもレバレッジ取引とは

レバレッジ取引とは、小さな資金を担保にして大きな金額を動かすことができる取引です。

なので、普通の取引よりも多くの利益を得ることができます。

テコの原理のような感じですね。

ただ、注意しなければならないのは、負けた時の損失も大きくなるということ。

したがって、レバレッジ取引というのはハイリスクハイリターンな投資と言われています。

レバレッジ取引の特徴
資金効率がいい

レバレッジ取引はとても資金効率がいいですから、10万円の資金が1ヶ月で100万円まで増えるってこともあり得ます。

「たった1ヶ月の仮想通貨市場の動きの大きさが、4年間の株式市場の動きに匹敵する」

とも言われるぐらいに仮想通貨市場の動きは大きいですから、そこにレバレッジをかけた取引は、投資の中でも最もハイリスクでハイリターンな投資となります。

仮想通貨価格が下落しても利益が出せる

仮想通貨FXでは、現物取引と違って通貨を実際に保有するわけではありません。

買いや売りといったポジションに注文を入れます。

現物のコインを保有せずにポジションに注文を入れる形式になるので、「あとで買い戻す」という条件をつけて売りから注文ができます。

売り注文を出した場合は、仮想通貨価格が下落すると利益が生まれます。

ロスカットが存在する

ロスカットとは、取引所の定める一定の資金比率を下回った場合、取引所側によって強制的に決済が行われることです。

例えば、DMM Bitcoinのロスカット比率は80%と設定されています。

10万円の資金で取引を開始した場合、資金の80%、つまり80,000円を資金が下回ってしまうと強制的にロスカットされます。

このロスカットによって、ユーザーが急な価格変動によって元本以上の損失が極力生まれづらくするような仕組みとなっています。

【夢がある!?】ビットコインFXとは?魅力やリスクを徹底解説

2017.07.24

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のレバレッジ取引の特徴

それでは、DMM Bitcoinのレバレッジ取引について詳しくみていきましょう。

レバレッジ(倍率)5倍
ロスカット証拠金維持率の80%以下で発生
取引手数料無料
レバレッジ手数料建玉金額の0.04%/日

【稼ぎたい人必見】DMM Bitcoinのメリット/デメリット/評判を簡単解説!

2018.03.31

レバレッジは一律5倍となっています。

他の取引所では、10倍や25倍、100倍のところもあるので、レバレッジは低い方ですね。

また、レバレッジ手数料というものがあります。

レバレッジ手数料は、日をまたいで建玉を保有していた場合に発生します。

なので、その日のうちに決済をするデイトレードをすれば、手数料をかけることなく売買ができます。

続いて、DMM Bitcoinのレバレッジ取引のメリットを紹介していきます。

メリットは以下の2つです。

  • 取り扱い通貨が多い
  • 手数料もほぼ無料

それぞれ詳しくみていきましょう。

取り扱い通貨が多い

まず、最大のメリットは、DMM Bitcoinのレバレッジ取引は取り扱い通貨が国内で一番多いということです。

その数は7種類

他の取引所と比べてみると、下の表のようになっています。

取引所取り扱い通貨
DMM Bitcoinビットコイン
イーサリアム
リップル
ネム
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアムクラシック
GMOコインビットコイン
イーサリアム
リップル
ライトコイン
ビットコインキャッシュ
ビットバンクビットコイン
ビットポイントビットコイン
ビットフライヤービットコイン
Liquid by Quoineビットコイン
イーサリアム

なので、アルトコインのレバレッジ取引をするならDMM Bitcoinが一番ですね。

手数料もほぼ無料

2つ目のメリットは、さっきも言いましたが手数料が無料ということ。

ちなみにDMM Bitcoinは、取引手数料だけでなく、入金・出金・送金手数料も無料です。

ただ、日をまたいでしまうとレバレッジ手数料として0.04%の手数料が取られてしまいます。

なので、レバレッジ取引をやるならデイトレードをしましょう

と言っても、デイトレードで利益を出すのはかなり難しいです。

初心者がいきなりデイトレーダーのマネをしてもおそらく負け越すでしょう。

なのでレバレッジ取引は、投資経験があってデイトレードに自信がある人にだけおすすめです。

DMM Bitcoinのレバレッジ取引の注意点

「手数料は無料だけど、スプレッドはどうなの?」
「DMMのレバレッジ取引で気をつけることってあるの?」

そう思う人もいると思います。

なので次は、レバレッジ取引を始める前に知っておいてほしい注意点を説明していきます。

それがこの2つです。

  • スプレッドが広い
  • ロスカットが早い

スプレッドが広い

一つ目は、スプレッドが広いことです。

スプレッドとは、買値と売値の差。

仮想通貨取引所のスプレッドとは?取引所ごとに価格差が違う理由

2018.05.01

この差が広いと、その分割高での購入となるので利益を出しにくくなってしまいます。

つまり、お得に売買できないってことです。

せっかく手数料が無料なのにちょっと残念ですね…

先ほどの6社でレバレッジ取引のスプレッドを見てみるとこんな感じ。

DMM Bitcoin GMOコイン ビットフライヤー ビットバンク ビットポイント Liquid by Quoine
ビットコイン 0.30% 0.17% 0.001% 0.02% 0.29% 0.07%
イーサリアム 5.32% 3.0% 0.25%
リップル 5.76% 3.0% 0.22%
ライトコイン 6.38% 3.0%
ビットコインキャッシュ 6.27% 3.0% 0.70%
ネム 5.93%
イーサリアムクラシック 6.32%

※2018年10月24日時点。時間により、スプレッドは変わる場合があります。

他の取引所も取り扱っている通貨はどれも、DMMより低いスプレッドとなっています。

なので、ビットコインならビットフライヤー、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュだったらLiquid by Quoine、ライトコインならGMOコインの方がいいですね。

【国内6社】仮想通貨(ビットコイン)取引所のスプレッドを徹底比較

2018.09.27

ロスカットが早い

二つ目の注意点は、ロスカットが早いことです。

ロスカットがあると、損失を限定できるというメリットもあります。

しかし、このロスカットが早すぎると、買った後相場が少し下がっただけで強制決済されてしまいます。

なので、その後どれだけ価格が上がろうと利益を得られなくなります。

ただ、価格が上がるのか下がるのかはその時点では分かりませんし、もしかしたらさらに下がる可能性もあります。

それでも、DMM Bitcoinのロスカットはめちゃくちゃ早いようで、ツイッターでも「買った瞬間に決済された…」なんて声が多くありました。

あなたもDMM Bitcoinのレバレッジ取引をやるときには十分注意しましょう。

DMMでのレバレッジ取引のやり方

DMM Bitcoinのレバレッジ取引のメリットとデメリットを理解した上で、レバレッジ取引を始めたいという人もいるでしょう。

なのでここからはDMMでのレバレッジ取引のやり方を説明していきます。

まだ取引の準備ができていない人は、DMM Bitcoinの口座開設と入金方法について以下の記事を参考にしてください。

【DMM Bitcoin】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2018.03.03

新規注文の方法

まず、DMMのスマホアプリにログインしたら、「トレード」画面を選びます。

そこで、

① 左上の通貨ペアをクリックします

② 通貨ペアを選択できる画面が出てくるので、「レバレッジ」の方を選びます

③ レバレッジ取引ができる通貨ペアの中から、取引したい銘柄を選びます

銘柄が選択できたら最初の画面に戻ってきます。

次にやることは、

④ 「売る」か「買う」か選択します

⑤ 取引したい数量を指定します(スリッページは何もしなくて構いません)

ここまできたら最後は、

⑥ 「注文」を押して、注文を確定します

これだけです。

簡単ですよね!

続いて、決済注文の方法も見ていきましょう。

決済注文の方法

スマホアプリを開いたら、「トレード」画面を選択します。

そこで、

① 「ポジションサマリ」を選びます

② 右の画面になるので、「銘柄一括決済」か「買建玉一括決済」の好きな方を選びます(今回は売り建玉がなかったので、「売建玉一括決済」はできません)

※決済の種類
銘柄一括選択 → 全ての持っている銘柄を決済する
買建玉一括決済 → 買いで持っている建玉(ポジション)だけ決済する
売建玉一括決済 → 売りで持っている建玉(ボジション)だけ決済する

これで決済完了です。

決済も秒でできましたよね。

以下の記事では、PCサイトでのレバレッジ取引のやり方も解説しているので、よかったら見てみてください。

ガチで使った僕が教えるDMMbitcoin使い方とメリットデメリット

2018.06.01

DMM Bitcoinのレバレッジ取引の評判

アルトコインのレバレッジ取引は需要ある!

アルトコインのレバレッジ取引ができる国内取引所は希少ですからね。

ビットコインよりも価格の動きが激しいので、かなり需要もあると思います。

7種類14ペアのレバレッジ取引はすばら!

DMMはアルトコインのレバレッジ取引ができるという強みがあるので、他の取引所から流れてくるユーザーも多いようですね。

DMMは大手だから信用あるかも

やはり、大手の信頼は厚いです。

知らない会社の取引所よりも知名度のある会社の方が安心して取引できますもんね。

リップルのスプレッドが広すぎ…

リップルのスプレッドが12円はやばすぎですね。

レバレッジを効かせてハイリターンを狙うのもいいですが、その分ハイリスクになるということに注意しましょう。

ロスカット…喰らいました。

ロスカットになっている人も非常に多いです。

しかも、ポジションを持った瞬間にロスカット…なんて人もいます。

ロスカットにならないように気をつける必要がありそうですね。

全体的にアルトコインのレバレッジ取引ができることについては喜んでいるユーザーが多いようですね。

ただ、スプレッドやロスカットはやっぱりよくないという声もありました。

評判・口コミはどう?DMM Bitcoinはおすすめできない5つの理由

2018.09.25

DMM Bitcoinのレバレッジ取引はこんな人におすすめ

ここまで読んでくれているあなたはきっと、

「で、結局、DMM Bitcoinのレバレッジ取引はどうなん?」
「いいの?悪いの?どんな人にオススメ?」

と思っていることでしょう。

僕がDMM Bitcoinのレバレッジ取引をおすすめする人は、

  • アルトコインを豊富に使ってレバレッジ取引をしたい人

だけですね。

そうじゃない人は、スプレッドがもう少し低い取引所とか、レバレッジをもっとかけられる取引所とかを選んだほうがいいです。

ただ、DMM Bitcoinは大手の信頼や安心感がありますよね。

スプレッドという多少のリスクを払ってでも利益を出せる自信のある人はぜひDMMでレバレッジ取引をやってみましょう。

公式サイトへ

BITPOINTやビットフライヤー、GMOコインもあり

  • もっと大きなレバレッジをかけて取引したい人
  • スプレッドの低い取引所でレバレッジ取引をしたい人

などの人は、DMM Bitcoinではなく、他の取引所をおすすめします。

まず、「もっと大きなレバレッジをかけて取引したい人」におすすめなのは、ビットポイントです。

ビットポイントなら最大25倍のレバレッジをかけられます!

海外取引所では、100倍や200倍のレバレッジをかけられるところもありますが、国内取引所の方が安心もあり、使いやすいと思います。

公式サイトへ

そして、「スプレッドの低い取引所でレバレッジ取引をしたい人」におすすめなのは、ビットフライヤーGMOコインです。

ビットコインのレバレッジ取引をやるならビットフライヤーが一番!

取引量がめちゃくちゃ多いので、スプレッドはほぼゼロですよ。

※現在は、新規口座開設を停止しております。

公式サイトへ

そして、アルトコインでスプレッドの低いレバレッジ取引をやるならGMOコイン

DMM Bitcoin GMOコイン ビットフライヤー ビットバンク ビットポイント Liquid by Quoine
ビットコイン 0.30% 0.17% 0.001% 0.02% 0.29% 0.07%
イーサリアム 5.32% 3.0% 0.25%
リップル 5.76% 3.0%
ライトコイン 6.38% 3.0%
ビットコインキャッシュ 6.27% 3.0%
ネム 5.93%
イーサリアムクラシック 6.32%

※2018年10月24日時点。時間により、スプレッドは変わる場合があります。

DMM Bitcoinに比べてスプレッドが半分くらいしかないです。(それでもビットコインに比べたらものすごく高いですが…)

DMM Bitcoinのレバレッジ取引をやろうか迷っている人は、GMOコインも候補に入れてみてはどうでしょうか?

公式サイトへ

【国内外9社比較】仮想通貨・ビットコインFXおすすめ取引所ランキングBEST5

2017.08.07

まとめ

いかがでしたか?

今回は、DMM Bitcoinのレバレッジ取引について解説しました。

最後におさらいをすると、

【DMM Bitcoinのレバレッジ取引の特徴】

レバレッジ(倍率)5倍
ロスカット証拠金維持率の80%以下で発生
取引手数料無料
レバレッジ手数料建玉金額の0.04%/日

【メリット】

  • 取り扱い通貨が多い
  • 手数料もほぼ無料

【デメリット】

  • スプレッドが広い
  • ロスカットが早い

【DMM Bitcoinのレバレッジ取引がおすすめな人】

  • アルトコインを豊富に使ってレバレッジ取引をしたい人

です。

レバレッジ取引は、リスクがかなり高い取引ですので、しっかりと余裕資金でやるようにしましょうね。

仮想通貨の取引所選びに困っていませんか?

あなたはこんな事に悩んでいませんか?

  • これから仮想通貨を始めたいけど、どの取引所を選べばいいのか分からない…。
  • 少しでも安全な取引所を使いたい…。
  • お得にいろんな仮想通貨を買える取引所が知りたい…。
  • 今使っている取引所に少なからず不満がある…。
  • とにかく一番いい取引所を使いたい..!

仮想通貨取引所は国内だけで「16社」もあるので、選ぶのにはとても苦労します。かといって「有名だから」といった理由で安易に開設しても、

エンドウアツシ
有名どころ!と思って開設したら実はとんでもない金額の手数料でした…

コジマユウキ
ハッキングで取引できなくなって引き出せなくなりました…。
こういった実体験も少なくありません。そこで僕たちANGO編集部が全ての仮想通貨取引所を徹底比較し、ランキングにしました。これから仮想通貨を始めるあなたのお役に立てれば幸いです^^

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。

コメントを残す