【徹底解説】仮想通貨ウォレットとは〜移行方法までを網羅的に解説

カノウコウスケ
どうも!ANGO(@ango_coin)の編集長、カノウコウスケ(@ango_kano)です。

「ビットコインウォレットって何ですか?」
「ウォレットってどれがいいのかわからないし、移すのめんどくさい・・・」
「そもそも、本当にウォレットに移さないといけないの?」

仮想通貨を始めたときの僕は、こんなことを思っていました。

この記事にたどり着いたあなたも、同じような疑問を抱いているのではないでしょうか?

万が一にでも、「ぼ、僕の仮想通貨が盗まれた…!」なんてことになったら最悪ですよね。

あなたの資産を安心安全に守るには【ウォレット】で管理する必要があります。

しかし、どんなウォレットがいいのか?は、仮想通貨経験や保有額、目的によって大きく変わります。

そこで今回は、

  • そもそもウォレットとは
  • ビットコインウォレットの種類
  • オススメウォレットの紹介
  • ウォレット利用時の注意点
  • ウォレットへの移行方法

について、徹底的かつ網羅的に、初心者の方でもわかりやすく理解できるよう簡単に解説していきます。

この記事を読み終えたときあなたは、自分の資産を安全に管理できるようになることでしょう。

ではどうぞ。

そもそもウォレットとは

「仮想通貨を購入したけど、しばらくそのまま取引所に放置している」

多くの人がそんな状態だと思います。きっとあなたもそうではないでしょうか?

しかし、少し仮想通貨に詳しくなると「購入した通貨はウォレットに移して管理した方がいいよ」といった情報を耳にしたこともあるはず。

そこでまずは「そもそもウォレットとは?」について説明していきます。

ウォレットとは、普段あなたが使っている「お財布」のようなものになります。

仮想通貨は、「インターネット上の仮想の通貨」になるため、常にハッキングのリスクにさらされています。

そんなリスクを回避して、あなたが保有している仮想通貨を「大切に保管」してくれる場所が、ウォレットになります。

ウォレットにはいろんな種類があり、それぞれで特徴が違いますが、まずは「ウォレットとは仮想通貨を保管する財布のようなもの」ということを覚えておきましょう。

ビットコインウォレットの種類

ビットコインウォレットには様々な種類がありますが、いくつかの分け方をすることができます。

まず一番大きく分けると、【コールドウォレット】【ホットウォレット】という2種類に分類できます。

コールドウォレットとは、インターネットに接続されていない状態で管理するタイプになり、セキュリティが高まります。

一方でホットウォレットとは、インターネットに接続されている状態で管理するタイプになるため、セキュリティは弱くなり、不正アクセスなどのハッキング攻撃を受ける可能性があります。

そしてこの2種類も、さらに以下の6つのタイプに分けることができます。

  • 取引所ウォレット
  • モバイルウォレット
  • ウェブウォレット
  • デスクトップウォレット(ソフトウェアウォレット)
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

それぞれの特徴を以下で説明していきます。

仮想通貨取引所ウォレット

こちらはホットウォレットに該当します。

代表的なのは、ビットポイントビットフライヤービットバンクになりますね。

【取引所ウォレット】を使うメリットは、登録や管理、操作が簡単といったところですね。

なぜなら購入した仮想通貨は、そのまま取引所のウォレット内で管理されているため、スマホなどの端末でログインして確認することができたり、決済や送金も簡単にできるからです。

一方で、「取引所ウォレット」を使うデメリットは、管理を自分ですることができない(取引所に全て任せることになる)ということです。

つまり、取引所が何らかの理由でサービスを停止した場合や、ハッキングを受けた場合は、ウォレット内にある自分の資産は凍結されてしまいます。

凍結するとどうなるのかというと、自分が保有している仮想通貨を決済することはもちろん、何もできなくなり最悪なくなってしまいます。

基本的に現在では、セキュリティを強化するために、コールドウォレットで保管している取引所がほとんどです。

マウントゴックス事件やコインチェック事件など、過去に大きなハッキングを受けた事例もあるので、取引所も保管方法にはかなり力を入れてきているんです。

なぜ取引所がハッキングなどの攻撃を受けやすいのかというと、取引所には多くの資産が集まっているからなんです。

モバイルウォレット


出典元:https://copay.io/ja/

こちらはホットウォレットに該当します。

代表的なものは、GincoCopayなどですね。
※Gincoはスマホアプリになるので、スマホからしかインストールできません。

【モバイルウォレット】(クライアントウォレットとも言います)とは、スマートフォンのアプリで管理するタイプのものです。

モバイルウォレットのメリットは、利便性がよく、とにかく使いやすいことです。

デメリットとしては、セキュリティ面が弱い(ただ、取引所よりハッキング攻撃を受けにくいです)、スマホの紛失や盗難の危険性もあるといった点になります。

「スマホ紛失って。絶対無くさないなんて保証できないよー・・・」という方もいるかと思いますが、安心してください。

紛失や盗難に関しては、しっかりバックアップをとっておけば、問題ありません!

ウェブウォレット


出典元:https://www.bitgo.com/info/

こちらも、ホットウォレットに該当します。

代表的なものは、Bitcoin Coreがあります。

【ウェブウォレット】とは、サイトに登録しちゃえば、メールアドレスとパスワードだけで簡単に登録できるタイプのものです。

メリットとしては、アカウントの管理が簡単で、いつでもどこでも好きな端末で操作をすることができます。

逆にデメリットは、サイトに何かしらの不具合などが発生したときには、自分の資産が全て凍結されてしまうといったリスクがあります。

他にも、対応通貨が少ないといったデメリットもあるんです。

こちらのウォレットを選ぶときは、「あなたが保有している仮想通貨は対応しているのか?」をしっかりチェックしておきましょう!

※ちなみに、取引所ウォレットもウェブウォレットの一種になりますが、上記で紹介してるような「非取引所のウェブウォレットサービス」もあるので、別で紹介しました。

デスクトップウォレット(ソフトウェアウォレット)


出典元:https://www.myetherwallet.com/

こちらは、自分の管理次第でホットウォレットかコールドウォレットになります。

代表的なものは、「Blockchain Wallet」や「MyEtherWallet」があります。

【デスクトップウォレット】とは、自分のPC内にソフトをダウンロードして、管理するタイプのウォレットになります。

そのため、自分のPCをオンライン状態にしたら、ホットウォレットになりますし、オフラインにしたらコールドウォレットになるということです。

今までのウォレットは、「取引所」「サービスを提供している会社」が管理をしていますが、このデスクトップウォレットは、自分のPC内で管理することになるため、管理は全て自分で行うことになります。

冒頭でも説明しましたが、オフラインはセキュリティが高くなりますし、オンラインだとセキュリティは弱まります。

なので、自分でセキュリティの設定を工夫する必要があるウォレットになるということですね。

ハードウェアウォレット


出典元:https://hardwarewallet-japan.com/

こちらは、コールドウォレットに該当します。

代表的なものは「TREZOR」や「Ledger Nano S」があります。

【ハードウェアウォレット】は、他のウォレットと少し異なってきます。

それは、機器自体にウォレットの機能はついていないのと、「ハードウェアウォレット」を購入する必要があるので、有料になるということです。

「え!?それじゃあどうやって保管するの?」と思っちゃいますよね。

このハードウェアウォレットは、仮想通貨のアドレスへアクセスするために必要な、あなただけの暗証番号のようなもの(秘密鍵)が入っているんです。

つまり、ビットコイン本体が入っているのではなく、ビットコインにアクセスするために、必要な番号が入っているってことになります。

ハードウェアウォレットのメリットは、USBのようなタイプのものになり、常にオフラインで管理することができるため、セキュリティが最強というところです。

ただ、ハードウェアウォレットを購入する時は大事な注意点があります!

それは、「正規店から購入する」ということです。

なぜなら、正規店で購入しなければ、ハードウェアウォレット本体に細工がされていて、接続したときにあなたの仮想通貨が盗まれてしまう危険性があるのです。

とっても怖いので、「Amazonやオークションで安く購入しよう!」とかは、絶対にやめましょう。

ハードウェアウォレット について詳しく知りたいという方は以下の記事をどうぞ。

【おすすめ紹介】ハードウェアウォレットとは?仕組みや使い方も解説

2018.03.21

ペーパーウォレット


出典元:bitaddress.org

こちらもコールドウォレットに該当します。

代表的なものは、「bitaddress.org」になります。

【ペーパーウォレット】は文字通り、紙に印刷してビットコインアドレスを保管するウォレットです。

ビットコインは実態が存在するものでなく、アドレス(32文字の数字)で管理されています。

そのアドレスを、ペーパーに印刷して保管する方法になりますね。

ペーパーウォレットのメリットは、インターネットに接続されていない状況で管理できるため、セキュリティはかなり高くなるということです。

しかしデメリットとしては、紙で管理するため失くしてしまったり、燃やしてしまうと、当然あなたのビットコインも失ってしまいます。

ビットコインアドレスについて詳しくは、以下の記事をどうぞ。

【今更きけない】ビットコインアドレスって?知っておかないとヤバイこと

2017.09.21

ウォレットで管理しないとどんな危険があるの?

「仮想通貨はデータ上で、全ての取引データをみんなで管理しているし、改ざんできないなら安全じゃないの?」と思っている方もいらっしゃるのではないですか?

確かに、仮想通貨自体は分散的でみんなで管理されているため、改ざんも不可能な仕組みになっています。

しかし管理の方法によっては、ハッキングの危険に晒(さら)されてしまいます。

特に、購入した仮想通貨を取引所に置いておくことは、危険性が高まります。

なぜなら、冒頭にも言いましたが、取引所には多くの「お金」や「仮想通貨」が集中しているため、ハッカーに狙われやすいのです。

もちろん、取引所もセキュリティは高めていますが、それでも取引所に放置しておくことは「お金を自宅の金庫ではなく、リビングなどに置いておくようなもの」なんです。

「んー、でも今まで本当にハッキングとかあったの?」と思う方もいらっしゃると思いますので、具体的に過去でどんな事件があったのか、ピックアップして説明していきます。

過去の仮想通貨事件

事件名日付被害額
マウントゴックス事件2011年6月19日ビットコイン約75万BTC
(当時のレートで約480億円)
THE Dao事件2016年6月17日イーサリアム約360万ETH
(当時のレートで約43億円)
THE Bitfinex事件2016年8月3日ビットコイン約12万BTC
(当時のレートで約80億円)
Nice Hash事件2017年12月6日ビットコイン約4736BTC
(当時のレートで約67億円)
コインチェック事件2018年1月26日ネム約5億XEM
(当時のレートで約580億円)

過去に、これだけのハッキングにより仮想通貨が盗まれる被害がありました。

特に最近で話題性があったのは、2018年1月のコインチェック事件です。

この事件の概要は、仮想通貨【ネム(NEM)】がハッキング攻撃を受けて、【約580億円】の被害額となり連日ニュースで取り上げられるなど、史上最大の事件となりましたね。

この事件で「仮想通貨こわっ!」と思った人も多くいたはず。

しかし、注目するべきことは「なぜ、こんな被害になってしまったのか?」ってことではないでしょうか?

知ってる方も多くいると思いますがこの事件は、コインチェックのセキュリティの甘さにありました。

ネムをオンライン上で管理していたことが原因となって、ハッキング攻撃を受けたんですね。

いわゆるネムは何も悪くないということです。

取引所にそのまま放置しておくと、常にハッキングのリスクと隣り合わせにあるのは、理解いただけたのではないでしょうか。

これらの事件について、もっと詳しく知りたいという方は、以下の記事をどうぞ。

【随時更新】明日は我が身?仮想通貨・ビットコインの事件を総まとめ

2018.01.29

「じゃあどのウォレットが一番いいの?」と疑問に思う人もいらっしゃると思うので、ここからは「目的別おすすめウォレット」を紹介していきます。

目的別オススメウォレット紹介

「なんとなくこれでいいかなー」と決めるのは、やめておきましょう。

なんども言いますが、ウォレットによって扱っている通貨の違いがあったり、利便性や使いやすさなどが大きく変わってきます。

そこで、「どんな人はどんなウォレットがいいのか?」を通貨別、目的別に分けてオススメのウォレットを紹介していきます。

主要通貨ごとのオススメ

通貨名ソフトウェアウォレットハードウェアウォレット
ビットコイン(BTC)breadwallet
TREZOR
イーサリアム(ETH)MyEtherWalletTREZOR
リップル(XRP)Toast WalletLedger Nano S
ライトコイン(LTC)LoafWalletTREZOR
ネム(XEM)Nano WalletLedger Nano S
ビットコインキャッシュ(BCH)breadwallet
TREZOR
リスク(LSK)Lisk nano wallet-

厳選した主要通過7種類の中で、オススメの「ハードウェアウォレット」と、「ソフトウェアウォレット」で紹介しています。

なぜこの2種類で紹介をするのかというと、利便性を重視する人は「ソフトウェアウォレット」セキュリティを重視する人は「ハードウェアウォレット」だからです。

自分の保有している通貨や目的に応じて、最適なウォレットを選びましょう。

長期保有の人にオススメ!

これは間違いなくハードウェアウォレットの中でも、【TREZOR】がオススメですね。


出典元:https://trezor.io/

なぜなら、常にインターネットに接続されているわけではなく、正規店でしっかり購入すれば、セキュリティが最強だからです。

さらに、対応通貨も豊富で、設定方法も簡単と初心者にとっても使い勝手がいいんです。

しかし、上記でもお伝えしましたが、Amazonやメルカリなどで購入すると販売元がちゃんとしているかわかりません。

「買った商品にウイルスが仕掛けられていて盗まれちゃった」みたいなケースもあるので、必ず正規店で購入するようにしましょう。

少額で簡単に保有したい人にオススメ!

「そんな多額の金額を保有するわけでもないし、わざわざハードウォレットにするのめんどくさいな・・・」という方もいらっしゃると思います。

そんな方は、「モバイルウォレット」がいいですね。

なぜなら、アプリで管理することができるため、手軽に操作できたりするからです。

モバイルウォレットの中でも個人的にオススメしたいのは、【GINCO】です。


出典元:https://ginco.io/

この「GINCO」はとにかく使いやすくて、取り扱い通貨も【13種類】と豊富です。

さらにウォレットは、外国語表記のものが多いですが、「GINCO」は日本語で利用できるといったところも、利用者にとっては嬉しいですね。

※Gincoはスマホアプリになるので、スマホからしかインストールできません。

初心者で仮想通貨始めたばかりの人にオススメ!


出典元:bitbank.cc 公式サイト

「まだ仮想通貨を始めたばっかだし、そこまでしなくても・・・」と思っている方も多くいることでしょう。

そんな方は、「セキュリティの高い取引所」で保管するのもアリですね。

他のウォレットに比べるとセキュリティは弱くなりますが、利便性を考えると管理するのはとっても簡単だからです。

しかし、セキュリティの高い取引所で管理するということは、管理を取引所に任せることになるので、ハッキングや凍結されても自己責任になります。

ではセキュリティの高い取引所とはどこなのかというと、

上記2社のセキュリティは非常に高いので、とってもオススメです。

ウォレット利用時の注意点

ウォレットを利用すれば「絶対に安全だ!」ってことはありませんので、ウォレットを利用する上で、注意すべきポイントをチェックしておきましょう。

大きく分けると、

  • 分散して管理すること
  • ウォレットアドレスを間違えないこと

他にも些細な注意点はありますが、ここではこのふたつに絞って説明します。

なぜ分散して管理することが重要なのかというと、シンプルにウォレットに移しても盗まれることがあるからです。

かなり可能性は低くなりますが、100%ではないんですね..。

そこで万が一のことを考え、全資産(仮想通貨)をひとつのウォレットに入れるのではなく、いくつかのウォレットに分散して管理することにより、安全性も高まるということです。

また「ウォレットに送金する際のアドレスを間違えた!」なんて際には、あなたのビットコインがなくなってしまいます。

なので送金する際には、必ずアドレスを間違えないように確認をして、慎重に行いましょう。

それ以外にも日常生活で無くしたりすると、これも当然のごとく一生戻ってこなくなるので、大切に保管しましょう。

私も愛用!個人的にオススメウォレット

ここまで、各種ウォレットをオススメしてきました。

「ぶっちゃけどれが一番いいの?」って思っちゃいますよね。

僕も、仮想通貨始めたての頃は「いろいろ調べるけど何が一番いいんだよ!」とひたすらネットサーフィンしてました。笑

そこでとにかく調べあげり、実際に使ってみた経験から、僕の一押しウォレットを紹介しちゃいます。

結論から言うと、「GINCO」です。


出典元:Ginco 公式サイト

なぜなら、今までの過去の事件からセキュリティ対策などをして、安全性が強化されているからです。(絶対安全ってわけではないですよ。)

さらに、スマホアプリですべて管理ができることや、取り扱い通貨が【13種類】と豊富である、そしてなんといっても使いやすいんです。

初心者の方にとっては、気軽にいつでもどこでも使えるので、とってもオススメです!

「GINCO」をまだ持ってないという方は、まず、インストールしましょう!

※Gincoはスマホアプリになるので、スマホからしかインストールできません。

GINCOへの移行方法

Gincoへの移行方法まで教えちゃいます。

なぜなら、仮想通貨の送金をミスるとあなたのビットコインを失ってしまうからです。

今回は、取引所からGINCOへの移行方法で解説します。

まず、「GINCO」を開きましょう。

①GINCOへ送金したいコインを選択
②アドレスをコピーをクリック

僕の場合は、アドレスをコピーをしました。

取引所にログインをして、送金したいコインのアドレス(さっきコピーしもの)をペーストします。

そして、送金したいコインの数量を選択して完了させれば、秒速でウォレットに移行されます。

以上で、仮想通貨の送金は完了です!

まとめ

いかがでしたか?

とても長い記事になりましたが、ビットコインウォレットについて理解できたのではないでしょうか?

今回の内容を大きくまとめると、

  • ウォレットとは、お財布のようなものである
  • ウォレットには、「コールドウォレット」と「ホットウォレット」の2種類がある
  • ウォレットに移行しないと、ハッキング攻撃のリスクがある
  • 通貨別や目的別でオススメのウォレットは異なる
  • 初心者の人は、GINCOがオススメ

って感じです。

ウォレットは、あなたの資産を守る上で重要な役割を担ってもらえます。

過去の事件のように「取引所に放置して盗まれちゃった」などがないように、大切に管理することをオススメします。

少額しか購入していない方は、セキュリティの高い取引所などで保管するという方法もありですね。

仮想通貨の管理は全て自己責任になりますので、そこはしっかり押さえておきましょう。

この記事を読んであなたが、今後ビットコインやその他のコインを正しい方法で管理できるようになってもらえたら幸いです。

無料で3000円分のビットコインプレゼント!

ビットポイントさんでお得なキャンペーンが始まりました。

9月30日までの期間限定にはなりますが、新規口座開設で「3000円相当のビットコイン」キャッシュバックです。

すでに口座開設をしてしまっている筆者は恩恵を受けられません。笑

詳しくは下記の記事でご紹介しています!

ビットポイント(BITPOINT)は評判・口コミ通り?使い倒したガチレビュー

2018.04.27

仮想通貨投資入門の決定版です

「仮想通貨ってなんなの?危なくないの?」
「仮想通貨って何がすごいの?」
「仮想通貨って投資としてどうなの?」
こういったメディアを運営しているからか、多くの友人や知り合いからこのような声をよくいただきます。

これだけ多くの情報があるにも関わらず、このような質問が絶えない理由は何か?ずっと考えていました。

その答えは一つ。「仮想通貨初心者にとって必要な情報が体系的にまとめられた記事が存在しない」からです。

それを解決するべく「仮想通貨投資入門ガイド全50ステップ」という記事を作りました。ぜひご覧ください!

【初心者向け】仮想通貨投資入門ガイド全50ステップ

2018.05.17

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損してるかも?

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう!ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。