お金が足りないあなたに!短期/長期的に増やす方法とNG行動を紹介

「今すぐにお金が必要!」
「生活費が足りなくて困っている」

この記事を読んでいるあなたはそのような思いを抱えているのではないでしょうか?

なんとかしてお金を用意しなければいけないのにお金が足りないという時、どうしたら良いのか悩みますよね。

この記事では、そのようなお金が足りない!という方に向けて「今すぐにお金を得る方法」をご紹介していきます。

また、長期的にお金を稼いでいく方法についても記述しているので、ぜひ最後までご覧ください。

お金が足りない原因を知る

そもそも「どうしてお金が足りなくなるの?」という部分が分からなくて悩んでいる方もいるかと思います。

ですから、お金を手に入れる方法をお教えする前に、まずはお金が足りなくなる原因について説明していきます。

原因を知り、疑問が解消されることで、問題について冷静に対処できるようになります。

家計簿をつけて支出と収入をチェック

まずは家計簿をつけ、毎月の支出と収入を把握しましょう。

家計簿をつけるといっても、わざわざ家計簿を買う必要はなく、家計簿アプリをインストールして使えば全く問題ないです。

家計簿をつけることのメリットは、お金の出入りを正確に把握することで、管理がしやすくなることです。また、「家計を改善しよう!」という意識を持てるようになります。

家計簿をつける際は、特に支出については細かく、何にいくら払っているのかを記入するようにしましょう。

ここから、自分が多く払い過ぎているのはなんの費用なのかを見つけることができます。

収入に対して固定費が多い

支出は主に、変動費(流動費)と固定費に分けられます。

変動費(流動費)とは、支出のうち「毎月支払う額が変わるお金」のことです。食費や日用品の購入、美容や趣味にかけるお金などがこれに当てはまります。

固定費とは、「毎月払うことが決まっている」お金のことで、家賃や住宅ローン、光熱費、水道代、スマホ代などが挙げられます。

お金が足りない時は多くの場合、固定費が収入に対して多すぎているのです。

基本的には固定費を見直すことで大幅に支出を下げることができるのですが、その方法については後ほどご紹介します。

今すぐにお金を手に入れる方法

では、「今すぐにお金が欲しい!」という方に向けて、「今すぐにお金を手に入れる方法」について解説していきます。

これからご紹介する方法を実践することで、早くて1週間以内にまとまったお金を手にする事ができるでしょう。

不用品を売る

すぐにお金が欲しい時は、まず不用品を売りましょう。

使わなくなったゲームやパソコン、ブランド品などは、メルカリやラクマなどのフリマアプリを使って売ることができます。

この方法なら、早ければ数日のうちに売れて、お金を手に入れることができます。

長いこと使っていない物で、高く売れそうな物を探して売りましょう。

お金を稼ぐと同時に、断捨離をして家の中をすっきりさせることもできますよ。

公的な制度を使う

公的にお金を受け取る制度は、主に「生活保護制度」と「生活福祉資金貸付制度」があります。

生活保護制度とは、生活費を得ることが困難であると認められた人がお金を得ることができる制度のことです。

  • 怪我や病気により働くことが難しい
  • 年金を受け取っても尚、お金が足りない
  • 親族からの支援を十分に受けられてない

これらの条件に当てはまる方が生活保護を受けることができます。

生活福祉資金貸付制度は、収入が少なく生活に困っている世帯を対象に国から無利子でお金を借りることができる制度です。

  • 必要な資金を他から借り入れることが困難である「低所得者世帯」
  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方が属している「障害者世帯」
  • 65歳以上の方が属する「高齢者世帯」

これら3つの世帯の、どれか一つに当てはまっていることが条件となります。

カードローンで現金を借りる

カードローンは個人で手軽に借入・返済ができるサービスです。

有名なものを挙げると、

  • 三菱UFJ銀行
  • 楽天銀行
  • プロミス
  • アイフル
  • 三井住友カード
  • セゾン

などがあります。

ネットで申し込みをするだけで利用ができ、利用限度額の範囲内ならATMから自由にお金を借りることができるのが大きなメリットです。

また金利が低いことも特徴で、中には一定期間無利息というキャンペーンを行なっている企業もあります。

このようにメリットが多数あり、今すぐにお金が必要な人にオススメの方法です。

しかしメリットだけではありません。

その手軽さから、ついつい利用する機会が増え、気づかないうちにどんどん利息が増えていき、返済ができなくなる恐れがあります。

ですから、カードローンの利用はあくまで最終手段として捉えましょう。他の方法で解決できそうであれば、まずそちらの方法を試してみてください。

もしカードローンを利用するとなった際は、よく考えて慎重にお金を借りるようにしましょう。

長期的にお金を増やしていく方法

ここからは、先ほどご紹介したような短期的な方法ではなく、長期にわたってお金を増やしていく方法についてご紹介してきます。

これからご紹介する内容を実践していけば、お金が足りないという状況を根本的に解決することができるでしょう。

節約をする

長期的にお金を増やしていくためにまずやるべきことは節約です。

節約をすれば、たとえ今までと同じ収入だったとしてもお金が増えていきます。

先ほども記述しましたが、節約をする上で最も重要なのが、固定費を下げることです。

すぐにできる固定費を下げる方法として、まずスマホの通信料金を見直しましょう。

スマホの通信料金は大手キャリアであれば結構高く、月額8000円ほどかかってしまいます。

しかし、格安SIMを利用することで最大5000円ほど節約できるようになります。月5000円ずつ節約できるのはかなり大きいですよね。

また、コンビニに行く回数を減らすことも重要な節約方法の一つです。

仕事帰りなどに特に欲しい物もないのに、ふらっとコンビニに寄る癖がある方もいるかもしれません。

コンビニは便利ではありますが、スーパーに比べて値段が高いため、よっぽど欲しいものがない限りはお金の無駄遣いになってしまいます。

ですから、つい寄ってしまう癖があるという方は、いつもと違うルートで帰るなどして、そもそもコンビニに入らないということを徹底しましょう。

その他にも、もし今住んでいる物件の家賃が高ければ、家賃の安いところに思い切って引っ越すのもありでしょう。

家賃の安い物件でも、住み慣れてしまえばあまり問題を感じなくなってきます。

それで月々の費用を、数万円単位で削減できるのであれば、十分検討する価値はあるのではないでしょうか。

給料を上げる

給料を上げる主な方法としては昇給か、より給料の高い企業への転職が考えられます。

しかし、現在働いている企業での大幅な昇給はなかなか難しいですよね。

こちらの図をみてみると、日本人の平均月収が年齢によってどのように変動していくのかが分かります。

全体の推移を見てみると年を重ねるごとに給料は上がり続けているものの、そのペースはかなり緩やかですね。

特に女性の場合、入社してから定年までの間でほとんど給料が変わっていないというのが現状です。

ですから、給料を増やすのであれば転職の決断をすることも考えた方が良いでしょう。

ただ転職は失敗のリスクもあるため、転職支援サービスを利用して転職先を見つけていくのがオススメです。

筆者がおすすめする転職支援サービスは「パソナキャリア」です。

パソナキャリアは、手厚いサポートが充実しているという点が大きな特徴です。親身になって相談に乗ってもらえるため、慣れない転職に不安を抱えている方でも、安心して転職活動を進めることができるでしょう。

副業を始める

給料を上げるのはなかなか難易度が高いという方もいると思います。そんな方は、副業を始めてみるのも収入を上げる方法の一つです。

今は副業ブームで、副業できる会社がどんどん増えています。この流れに乗って、副業を始めてみてはいかがでしょうか。

「そんなこと言っても、副業はリスクがあるから怖い」という方に、副業の中でもリスクが少ないものをいくつかご紹介していきます。

案件を受けて、 WEB上の記事を書くお仕事です。

文章を書くのが得意な人なら、すぐに稼ぐことができるようになります。未経験からでも割とすぐ稼げるようになることがメリットと言えるでしょう。

自身のホームページやブログに企業の広告を貼り、閲覧者がその広告の商品を購入した数に応じて報酬を得られるというものです。

始めるにはホームページやブログを開設する必要があります。

先ほどもご紹介したような「フリマアプリで不用品を売ってお金を得る」ということの延長と言えます。

不用品だけでなく自分で商品を仕入れて、売ることで継続的に稼ぎ続けることができます。

今副業の中でも注目を集めているのがYouTubeを使った副業です。

自分の持っている知識や特技を活かした動画を投稿し、再生回数などに応じた報酬を得ることができます。主な収入源は、広告収入や企業からの案件報酬となっています。

これらの副業は、少ない元手でリスクなく始めることができるため、やってみる価値は十分にあります。

投資やFXといった副業は大きく稼げるメリットがありますが、逆に大きな損失をしてしまうリスクがあるため、初心者にはおすすめしません。

お金がない時にやってはいけないこと

最後に、お金がない時に「絶対にやってはいけないこと」をご紹介します。

これらをやってしまうと、お金が足りない状況を抜け出せないだけでなく、さらに問題が大きくなるリスクがあります。

その場しのぎを続ける

ある程度のお金が手に入ると安心して、一旦お金を稼ぐことは忘れたくなるかもしれません。

しかし、それは一時的な対処であって、根本的にお金の問題を解決したわけではありません。

またすぐにお金を使い切って、その場しのぎのお金を用意して、と同じことの繰り返しになってしまいます。

このままではいつまで経っても、悪い状況を抜け出すことができません。

ですから、短期的にお金を増やすことができたら、次は長期的にお金を増やすことを目指すようにしなければならないのです。

先ほどご紹介したような、節約や副業を初めて、「お金が足りない!」という状況から抜け出しましょう。

ギャンブルをする

お金が無い、という状況に陥った時、ギャンブルで一発逆転を狙おうと考えてしまう方がいますが、これは絶対にやめましょう。

そもそもギャンブルは、店側が儲けられるように設定されているため、回数を重ねるほど確実に損するようになっています。

ギャンブルの中でも特に還元率が低いのは宝くじで、その還元率は46%と言われています。

つまり宝くじを1000円分買った時点で、すでに460円を失っていると考えて良いでしょう。

その他の還元率は、パチンコが約85%、競馬が約70%であると言われており、いずれにせよお金を稼げる見込みがないため、やめたほうが良いです。

あくまで娯楽の範囲で、お金の余裕があるときに行うようにしましょう。

お金を借りることに頼る

はじめのうちは、少額ですら重い責任を感じながら借りていたお金であっても、借金を繰り返すことで慣れてきてしまいます。

「また困ったら借りればいいや!」という考えになると借金が当たり前になってきてしまい、そうなるとなかなか抜け出せません。

また、友人などからお金を借りる行為は、信用に関わるので気を付けましょう。

相手に「自分は都合よく利用されているだけなのではないか」という印象を与えてしまう可能性もありますし、返済が遅れると次第に信用を失っていきます。

そうなると、いざという時助けてくれる人が周りからだんだんいなくなり、あなたの大切な友人も失ってしまうことになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事のポイントをまとめると以下になります。

  • まずは家計簿をつけて支出をチェック
  • いますぐお金が欲しい時は「不用品を売る」「公的機関を利用」「カードローン」
  • 長期的にお金を増やすには「副業」「節約」
  • ギャンブルには手を出さない

この記事を通して少しでも皆さんのお役に立つことができたら嬉しいです。

コメントを残す