ビットコインっていくらから購入できるの?そんな疑問を調査してみた

カノウコウスケ
どうも!ANGO(@ango_coin)の編集長、カノウコウスケ(@ango_kano)です。

数年前まで1BTC=数万円を推移していたビットコインですが、2018年4月現在、約80万円ほどを推移しています。

認知度も高まり、投資する人もとても増えてきましたよね。

ビットコインはbitFlyerZaifなどのいわゆる仮想通貨取引所から購入することができますが、

「ビットコインっていくらから買えるんだろう…?」
「値段も上がってるし、大きな金額からしかかえないのかなぁ…」

なんて不安に思っている人も結構いるんじゃないでしょうか。きっとこの記事に辿りついたあなたもその人では?

安心してください。結論から言うとビットコインは「数百円程度」で購入可能なんです!誰でも買えちゃうってことですね。

ただ、取引所によって最低購入金額とかは微妙に変わってきます。

そこで今回はビットコインがいくらから購入できるのか?いくつか主要取引所を例に出して徹底調査してみました。

この記事を読めばあなたの不安は一瞬で解消!ビットコイン投資への一歩を安心して踏み出せます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

ビットコインの最小単位は?

まずビットコインの「最小単位」は「0.00000001BTC」です。

これを「1SATOSHI」と言います。「satoshi」という単位はビットコインの生みの親である「サトシナカモト」からつけられました。

今のレートでいうと(1BTC=約80万)、大体「0.008円」ですかね。

これがビットコインの最低取引単位と決められています。

ただ、じゃあ0.008円からビットコインを購入できるのか?と言うと、そうではなく、取引所によって最低購入額は変わってきます。

ビットコインはいくらから買えるの?

主要取引所がいくらからビットコインを購入できるのか?という簡単な比較表を作りました。

主要取引所最低取引額
coincheck(停止中)0.005BTC
bitFlyer0.001BTC
Zaif0.0001BTC
GMOコイン0.0001BTC
DMM Bitcoin0.001BTC

こんな感じです。

取引所ごとに微妙な差がありますが、今のレートだと高くでもコインチェックで4000円程度、Zaifだと80円とかから買えちゃいます。(笑)

ただ、同じ取引所でも、「販売所形式で購入する場合」、「取引所形式で購入する場合」、「クレジットカードで購入する場合」などによって最低購入金額は多少違いがあります。

仮想通貨(ビットコイン)の取引所と販売所の違いとは?どっちが良い?

2017.05.08

そこで今回はユーザーの多い、

の2つの代表的な取引所の最低取引金額をもう少し具体的に調べてみました。

それぞれを詳しくみていきましょう。

bitFlyerの場合

スクリーンショット 2017-01-28 17.21.38
URL:https://bitflyer.jp/

ビットフライヤーの場合、まず購入方法が3種類あります。

  • 販売所
  • 取引所
  • クレジットカード

これらの違いに関してはこちらで紹介していますが、どの方法でもビットコインを購入することができます。

しかし、それぞれで購入最低額は変わってくるので、それを確認してみましょう。

取引所、販売所の場合

skitcht

これらの購入方法はどちらも取引最低額は「0.001BTC」です。

skitchtsg
引用:ビットフライヤー公式サイト

ちなみにbitFlyer LightningというのはビットコインのFXなのですが、これも同じく0.001BTCから始められるようです。

値段を入力するボタンは0.01までの単位しかありませんが、カーソルを合わせて直接数字を打ち込むことで「0.001BTC単位」を選択できます。

skitchtsg2

2018年4月現在、「1BTC=約80万円」なので、最低取引額は「0.001BTC=約800円」です。

つまり、ビットフライヤー取引所や販売所では日本円で、約800円程度からビットコインを購入することができます。

ただしもちろんビットコインの価格が変動すれば、最低取引額も変わってきますね。

クレジットカードの場合

クレジットカードの場合は最低取引額が変わってきます。

スクリーンショット 2017-04-05 17.37.58

クレジットカードでの購入の場合は、最低取引額は「単位がBTC基準ではなく」、「日本円で1000円から」になっています。

skitchtsg3
引用:ビットフライヤー公式サイト

つまりビットコインの価格がいくらに変動したとしても、「日本円で1000円分以上の数量からビットコインを買える」ということですね。

ただクレジットカードでビットコインを購入する場合、手数料が7~8%程度取られるので、あまりおすすめしません。

取引所や販売所で購入する場合の手数料は0.01%前後、もしくは無料です。

スクリーンショット 2017-04-05 18.05.01
引用:ビットフライヤー公式サイト

特別な理由がない限りは、取引所や販売所で購入したほうが良さそうです。

coincheckの場合

スクリーンショット 2017-01-29 20.53.15

コインチェックの場合もビットフライヤーと同じで、

  • 販売所
  • 取引所
  • クレジットカード

から購入できます。

それぞれの最低取引額を確認してみましょう。

取引所、販売所の場合

コインチェックの場合、公式サイトへで確認したところ、最低取引額に関しての記載がなかったので、自分で検証してみました。

まず、間違って購入しないように一度日本円残高を0の状態にしました。

そして販売所で、ビットフライヤーの最低取引額である0.001購入しようとすると、

skitchtsg4

ヒットしましたね。

取引最低額は「0.005BTC」でした。

念の為、0.005BTCで購入しようとすると、

skitchtsg5

日本円残高が足りませんと表示されたので、お金さえ入金していれば、「0.005BTC」から買えるということです。

今のレートでいうと、日本円で「約4000円」ですね。すっきり。

ちなみに、取引所の方から購入しようとすると、どれだけ小さい額を入力しても日本円残高が足りませんという表示しかでなかったので、取引所購入の方の正確な最低取引額は今のところ分からなかったです。

わかり次第記載したいと思います。

まあおそらく予想は販売所と同じ0.005BTCだとは思うのですが…。

クレジットカードの場合

クレジットカードの場合は先ほどと同じで、最低取引額は「単位がBTC基準ではなく」、「日本円基準」になっています。

コインチェックだと、クレジットカード最低取引額は「日本円で5000円から」になっていますね。

skitchbtctsg6

「5000円〜100万円」までの購入が可能なようです。

スクリーンショット 2017-04-05 19.21.36

ちなみにクレジットカードの手数料はこんな感じでした。

スクリーンショット 2017-04-05 19.26.04

一般公開はされていないのですね。

ビットコイン購入時に手数料が差し引かれるようなので、自分で計算する必要がありそうです。

価格変動に注意しよう

コインチェックとビットフライヤーそれぞれの最低取引額を紹介してきましたが、クレジットカードで購入する以外は、どちらともビットコインの価格(レート)によって、日本円基準の最低取引取引額は変わってくるので、そこは注意ですね。

例えばビットフライヤーの場合だったら、最低取引額は取引所、販売所ともに一律0.001BTCですが、

  • 「1BTC=12万円」の時の最低取引額→約120円
  • 「1BTC=5万円」の時の最低取引額→約50円

となります。

ビットコインは価格変動が大きいため、日本円基準での最低取引額は毎日変わりそうです。

まあ最低取引額で取引するなら数十円程度の差だからそんなに気にしなくてもいいですけど(笑)

大きな額を取引する人はもちろん価格変動に注意です!

ビットコインの安全性ってどうなの?5つの観点から徹底解明

2017.04.04

まとめ

いかがでしたか?

今回はビットコインがいくら買えるのかを解説してみました。

取引所によって違いはありましたが、どこも今のレートで数百円程度で買うことができましたね。

あなたも少額からスタートしてみてはいかがですか?

この記事の後によく読まれてます

【宇宙イチ簡単】ビットコインとは何か?仕組みからわかりやすく解説

2017.01.07

【初心者必見】ビットコインの買い方(購入方法)を簡単解説

2017.01.31

全16社から厳選!ビットコイン取引所おすすめ比較ランキングTOP5

2017.01.28

無料で3000円分のビットコインプレゼント!

ビットポイントさんでお得なキャンペーンが始まりました。

11月30日までの期間限定にはなりますが、新規口座開設で「3000円相当のビットコイン」キャッシュバックです。

すでに口座開設をしてしまっている筆者は恩恵を受けられません。笑

詳しくは下記の記事でご紹介しています!

ビットポイント(BITPOINT)は評判・口コミ通り?使い倒したガチレビュー

2018.04.27

「マンガで身につく仮想通貨」連載中!

【第1話】マンガで身につく仮想通貨

2018.09.25

【第2話】マンガで身につく仮想通貨 〜仮想通貨ってなに?〜

2018.09.25

Zaifを買収したフィスコ仮想通貨取引所って?!

大手仮想通貨取引所「Zaif」が「フィスコ仮想通貨取引所」へ事業譲渡することが先日報道されました。

参照:Zaif 正式契約締結のお知らせ

大企業ということもあり、大手金融システムのセキュリティ体制を構築しているフィスコならではなの強固なセキュリティサービスに、ネムやモナコインが扱えるようになるスキームは大変熱い予感がしています!そんなフィスコを徹底調査しました。

フィスコ仮想通貨取引所の評判・口コミは?使ってみた結果をガチレビュー

2018.09.26

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損してるかも?

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう!ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。