最も安全なのは?仮想通貨取引所の安全性・セキュリティ比較ランキング

アライカズマ
どうも!ANGOメンバーの、アライカズマです。

2018年1月に起こったコインチェック事件などを受けて、

「セキュリティが高い仮想通貨の取引所ってどこなの?」
「安全な仮想通貨取引所を知りたい!」

なんて思っている人も多いんじゃないでしょうか??

仮想通貨に投資するなら、「安全に取引をしたい」という気持ちは大前提ですよね。

セキュリティが低い仮想通貨の取引所で取引をしていると、もしかしたらあなたの資産が失われてしまうかもしれませんよ。

そこで今回は、国内の仮想通貨取引所の中で、セキュリティが高い安全な取引所をランキングにしました!

ただランキングと言っても、安全性は「定量化できるポイントが少ない」ので、どこが1位か?を決めるのは物理的に不可能です。

そこでこの記事では順位ではなく「S.A.Bという3つの評価基準」でランク分けをしました。

「安全性・セキュリティを測る5つのポイント」をチェックして評価したので、安全な取引所が見つかります。

さっそく安全性ランキングを知りたい人は、以下のボタンで飛んじゃってください。

安全性・セキュリティの高さも踏まえて、国内の仮想通貨取引所おすすめランキングを紹介していますので、知りたい人は以下の記事でどうぞ。

仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキングTOP7【日本&認可済】

2018.09.11

安全性・セキュリティの高さを測る5つのポイント

仮想通貨取引所の安全性・セキュリティを測るポイントとしては、

  1. 会社の規模(資本金)・信頼性
  2. コールドウォレット
  3. マルチシグ
  4. 分別管理
  5. SSL暗号化

の5つになります。

これらの5つについて簡単に解説していきますね。

1. 会社の規模(資本金)・信頼性

会社の信頼性や規模に関しては、直接的にセキュリティに関わってきません。

しかし、会社の規模が大きいほうが、万が一のことがあったら、返金される可能性が高いといえるでしょう。

つまり、「会社の規模が大きい=信頼性が高い」となるので、会社の規模や信頼性もチェックするひとつのポイントですね。

2. コールドウォレット

コールドウォレットとは、インターネットに接続されていない状況で保管することです。

インターネットに接続されていない状態で管理するため、セキュリティが高まります。

2018年1月に起こった「コインチェック事件」では、ネムをホットウォレットで管理していたためにハッキングの被害にあったんですよね。

しかし、コールドウォレットでの管理も、国内の仮想通貨取引所は導入していますので、安心してください。

コールドウォレットについて詳しく知りたい人は、以下の記事をどうぞ。

コールドウォレットとは?特徴・メリット・活用法を網羅的に解説

2018.08.22

3. マルチシグ

マルチシグとは、仮想通貨にアクセスするために必要になる秘密鍵(パスワード)が複数存在するということです。

仮に、ひとつの秘密鍵(パスワード)が盗まれたとしても、ハッキングされる可能性が低くなるため、安全性がかなり高まります。

なので、マルチシグが導入されているかは必ずチェックしましょう。

マルチシグについて、詳しく知りたい人は以下の記事をどうぞ。

【図でわかる】マルチシグとは?メリット・活用例・対応ウォレットを紹介

2018.08.16

4. 分別管理

分別管理とは、顧客のお金と会社のお金を分けて管理することです。

仮に一緒に管理していると、万が一のことがあっても利用者のお金は返ってこない確率が上がるんですよね。

ただ、この分別管理に関しては、金融庁からの指導によって、国内の仮想通貨取引所すべてが導入していますので安心してください。

5.SSL暗号化

SSL暗号化とは、インターネット上で通信を暗号化する技術のことです。

SSLを利用することによって、ユーザーが利用するブラウザとサーバー間の通信を暗号化し、第3者によるデータの改ざんなどを防ぐことができます。

悪意のある人から個人情報を守るために必要なセキュリティ対策になりますね。

セキュリティ・安全性の高さ比較一覧表

上記で解説した5つのポイントをもとに、安全性を評価した仮想通貨取引所を一覧表にしました。

表の項目としては、「会社の規模・会社の信頼性・コールドウォレット・マルチシグ・分別管理・SSL暗号化」という順で並んでいます。

全てを一覧表で確認したい人は、左にスライドして頂ければ確認頂けます。

各仮想通貨取引所の公式ページに飛びたい人は、取引所名をクリックして頂ければ公式ページに移動します。

総合評価 会社の規模(資本金) 会社の信頼性 コールドウォレット マルチシグ 分別管理 SSL暗号化
bitbank.cc S 11億3100万円 A+
BITPOINT S 44億3000万円 A+
bitFlyer S 41億238万円 A+
Liquid by Quoine
(QUOINEX)
A 約20億円 A+
GMOコイン A 17億5800万円 A
Bit Trade B 3億1580万円 A
DMM Bitcoin B 12億9000万円 A

仮想通貨取引所セキュリティ/安全性おすすめランキングTOP7

実施に評価した仮想通貨取引所7社を1社ずつ解説していきます。

各取引所の口コミや評判も載せていますので、よければ見てみてください。

【S】:bitbank.cc

取引所名 bitbank.cc
会社の規模(資本金)/信頼性 資本金11億3100万円/信頼性◎
コールドウォレット
マルチシグ
分別管理
SSL暗号化 A+

ビットバンクは、全ての取り扱い通貨がコールドウォレットに対応しています。

また、マルチシグにも対応しているため、セキュリティはかなり強固であるといって間違いないでしょう。

何よりもセキュリティ体制を公式ページで詳しく解説しているところも、会社の信頼性が高く、利用者としては嬉しいポイントですね。

ビットバンクの口コミ/評判

公式サイトへ

有識者がべた褒め!?Bitbank(ビットバンク)の安全性とセキュリティ体制

2018.04.21

【S】:BITPOINT

取引所名 BITPOINT
会社の規模(資本金)/信頼性 資本金44億3000万円/信頼性◎
コールドウォレット
マルチシグ
分別管理
SSL暗号化 A+

ビットポイントは、不正侵入に対する防御や、情報セキュリティポリシーの策定など、独自のセキュリティ強化をしています。

これらを簡単に説明すると、会社内部のPCなどのセキュリティ強化と情報漏洩の強化をしているってことなんですよ。

また、資本金が44億円と国内トップの取引所でもあり、会社の規模・信頼性も高い取引所なので、安心して取引ができるでしょう。

ビットポイントの口コミ/評判

公式サイトへ

安全性はどう?ビットポイントのセキュリティ対策を徹底解剖!

2018.08.24

【S】:bitFlyer

取引所名 bitFlyer
会社の規模(資本金)/信頼性 資本金41億238万円/信頼性◎
コールドウォレット
マルチシグ
分別管理
SSL暗号化 A+
新規口座解説停止中
ビットフライヤーは2018年9月現在、新規口座開設が停止中になります。

ビットフライヤーのセキュリティは、世界一と評価されています。

安全性のみで考えたときに、ビットフライヤーは頭一つ抜けてると言えますね。

ビットフライヤーの口コミ/評判

【A】:Liquid by Quoine(QUOINEX)

取引所名 Liquid by Quoine(QUOINEX)
会社の規模(資本金)/信頼性 資本金約20億円/信頼性◎
コールドウォレット
マルチシグ
分別管理
SSL暗号化 A+

リキッドバイコインは、ホワイトリスト機能を搭載していて、登録したIPアドレスじゃないとアクセスできないシステムが導入されているんです。

また、外部専門家(ホワイトハッカー)による、年2回のシステムをチェックするなど、かなりセキュリティに力を入れている取引所なんですよね。

安全性はかなり高い取引所ととらえていいでしょう。

リキッドバイコインの口コミ/評判

公式サイトへ

リキッドバイコイン(Liquid by Quoine)は評判・口コミ通り?使い倒したガチレビュー

2018.05.31

【A】:GMOコイン

取引所名 GMOコイン
会社の規模(資本金)/信頼性 資資本金17億5800万円/信頼性◎
コールドウォレット
マルチシグ
分別管理
SSL暗号化 A

GMOコインは、外部の専門家と協力し、システム自体を24時間監視し、緊急時にもすぐに対応できる体制をとっています。

また、三井住友海上火災保険株式会社と連携し、サイバー対策攻撃への対策も行なっているんですよね。

独自のセキュリティ対策をとっているので、信頼性も高い取引所といえるでしょう。

GMOコインの口コミ/評判

公式サイトへ

実際どう?GMOコインの評判・口コミ・メリットデメリットを徹底調査

2018.03.05

【B】:BitTrade

取引所名 BitTrade
会社の規模(資本金)/信頼性 資本金3億1580万円/信頼性◯
コールドウォレット
マルチシグ
分別管理
SSL暗号化 A

ビットトレードは、FX老舗企業の「FXFT(FXフィナンシャルトレード)」が2016年9月12日に開設した、国内の仮想通貨取引所になります。

もともとはFX業者であったということで、セキュリティや安心感は高い取引所になりますね。

しかし、資本金が5100万円とちょっと少なく、会社の規模が小さい仮想通貨取引所です。

ビットトレードの口コミ/評判

公式サイトへ

【完全網羅】BitTrade(ビットトレード)の特徴・概要・評判・口コミ

2018.05.27

【B】:DMM Bitcoin

取引所名 DMM Bitcoin
会社の規模(資本金)/信頼性 資本金12億9000万円/信頼性◎
コールドウォレット
マルチシグ
分別管理
SSL暗号化 A

DMM Bitcoinは、会社の規模は大きく、信頼性の高い取引所になります。

しかし、管理体制がマルチシグに対応していないため、セキュリティはかなり弱ります。

1つの秘密鍵が盗まれてしまうと、ハッキングの危険性が上がるんですよね。

ビットバンクやビットポイントの取引所のほうが安全性が高い取引所であると言えます。

DMM Bitcoinの口コミ/評判

公式サイトへ

【稼ぎたい人必見】DMM Bitcoinのメリット/デメリット/評判を簡単解説!

2018.03.31

番外編:Zaif

取引所名 Zaif
会社の規模(資本金)/信頼性 資本金12億8,308万円/信頼性△
コールドウォレット
マルチシグ
分別管理
SSL暗号化 A

ザイフは、2018年9月14日に不正アクセスによるハッキングがあり、仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金されました。

そのハッキング事件が、2018年9月20日に発覚し、被害額は日本円で約67億円相当に及んでいます。

このハッキング事件を受けて、2018年9月20日現在は入出金が停止しています。

ザイフは、安全性に不安が残るセキュリティだと言えるでしょう。

ザイフの口コミ/評判

公式サイトへ

2年間使い倒した僕が暴露するZaif(ザイフ)の安全性・セキュリティ

2018.04.22

番外編:Coincheck

取引所名 Coincheck
会社の規模(資本金)/信頼性 資本金1億円/信頼性△
コールドウォレット
マルチシグ 不明
分別管理
SSL暗号化 A

コインチェックは、2018年1月末にネムが約580億円盗まれるという、ハッキング事件がありました。

その後、新規口座開設を停止中になっています。

現在のコインチェックのセキュリティ体制は明確にはわかりませんが、コールドウォレットや分別管理は行なっているようです。

正直セキュリティ対策に関して、公式ページでは詳しく解説していませんので、仮にサービスを再開したとしてもあんまりおすすめできない取引所になりますね。

コインチェックの口コミ/評判

あなたにできる仮想通貨を安全に管理する3つの方法

そもそも仮想通貨は、常にハッキングのリスクがあることを、はじめに理解しておきましょう。

そして、取引所には大量のお金が集中しているため、ハッカーに狙われやすいんですよね。

そこで、あなたにできる仮想通貨を安全に管理する方法を紹介してきますね。

【必須事項】最低限やっておくべき仮想通貨のセキュリティ対策7つ!

2018.01.26

取引所には大量の資金を入れないこと!

取引所にあなたの全資産をつぎ込むことはリスクしかないので、絶対にやめましょう。

仮にあなたの資産が100万円あったとしたら、取引する20万円だけを取引所においておき、残りの80万円分はウォレットかあなたの銀行口座に入れておくことをおすすめします。

大金はウォレットで管理すること!

上記の説明と似てきますが、あなたが大金と思う金額は、必ずウォレットで管理するようにしましょう。

そのまま取引所に放置していたら、ハッカーの餌食になってしまいますよ。

大金で長期的に保有していくのであれば、間違いなくハードウェアウォレットがおすすめです。

ウォレットについて詳しく知りたい人は、以下の記事で解説していますのでどうぞ。

【徹底解説】仮想通貨ウォレットとは〜移行方法までを網羅的に解説

2017.02.02

二段階認証などは必ず設定

二段階認証とは、ログインIDとパスワード以外に、ログインするために必要なパスワードのようなものになります。

この二段階認証を設定しておくことによって、不正なアクセスを受ける可能性が減ります。

仮想通貨の取引所を開設した際には、必ず二段階認証を設定するようにしましょう。

過去に起こった仮想通貨事件とは?

事件名日付被害額
マウントゴックス事件2011年6月19日ビットコイン約75万BTC
(当時のレートで約480億円)
THE Dao事件2016年6月17日イーサリアム約360万ETH
(当時のレートで約43億円)
THE Bitfinex事件2016年8月3日ビットコイン約12万BTC
(当時のレートで約80億円)
Nice Hash事件2017年12月6日ビットコイン約4736BTC
(当時のレートで約67億円)
コインチェック事件2018年1月26日ネム約5億XEM
(当時のレートで約580億円)

仮想通貨の事件は、代表的なものでもこれだけの事件が起こっているんですよね。

記憶に新しいのは、2018年1月下旬に起こった「コインチェック事件」だと思います。

ネムのおよそ580億円が盗まれるという史上最大の事件でしたね。

「あのときあなたは仮想通貨って怖い!コインチェックってやばくね?」って思った人もいるのではないでしょうか?

コインチェックの管理体制が悪かったのは事実です。

しかし、正しく管理して入ればなんの問題もなかったんですよ。

なので、仮想通貨を始めたての人もしくは、これから始める人は、正しい管理方法を学んでから始めるようにしましょう。

過去の事件について詳しく知りたい人は以下の記事をどうぞ。

【随時更新】明日は我が身?仮想通貨・ビットコインの事件を総まとめ

2018.01.29

まとめ

いかがでしたか?

今回は、国内の仮想通貨取引所安全性ランキングTOP7を紹介しました。

あなたのお目当の仮想通貨取引所は見つかりましたか?

今回のランキングを改めて紹介すると、

となりました。

とにかく安全性を重視したい人は、このビットバンク、ビットポイント 、ビットフライヤーがおすすめですね。

また、安全性も考慮した上で、総合的なおすすめランキングを紹介していますので、よければどうぞ。

仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキングTOP7【日本&認可済】

2018.09.11

あなたにとって安心して仮想通貨の取引を始めることができる、仮想通貨取引所を見つけることができたら幸いです。

仮想通貨の取引所選びに困っていませんか?

あなたはこんな事に悩んでいませんか?

  • これから仮想通貨を始めたいけど、どの取引所を選べばいいのか分からない…。
  • 少しでも安全な取引所を使いたい…。
  • お得にいろんな仮想通貨を買える取引所が知りたい…。
  • 今使っている取引所に少なからず不満がある…。
  • とにかく一番いい取引所を使いたい..!

仮想通貨取引所は国内だけで「16社」もあるので、選ぶのにはとても苦労します。かといって「有名だから」といった理由で安易に開設しても、

エンドウアツシ
有名どころ!と思って開設したら実はとんでもない金額の手数料でした…

コジマユウキ
ハッキングで取引できなくなって引き出せなくなりました…。
こういった実体験も少なくありません。そこで僕たちANGO編集部が全ての仮想通貨取引所を徹底比較し、ランキングにしました。これから仮想通貨を始めるあなたのお役に立てれば幸いです^^

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。