【話題の激アツICO】COMSAとは?評判や買い方、NEMとの関係も解説

カノウコウスケ
どうも!ANGO(@ango_coin)の編集長、カノウコウスケ(@ango_kano)です。

仮想通貨に興味をもっている人は、”COMSA”というサービスを聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

最近何かと話題になっていますよね。

でも、「COMSAとは?」と聞かれてしっかり答えられる人は意外と少ないはず。

そもそも「ICOってなんだっけ?」という人もいるのではないでしょうか?

色々と仕組みがややこしいですもんね。

そこで今回は、話題のCOMSAに関してきちんと理解できるように、COMSAとは?からICOの基本知識、COMSAで出来ること、評判や買い方などを解説していきます。

気になっている人も多いであろう、NEM(ネム)との関係性も明らかにしていきますよ。

COMSAは画期的なサービスで、将来性はホント未知数です。知っておかなきゃチャンスを逃すかもしれません。

ぜひここでしっかり理解しておきましょう。

そもそもICO(クラウドセール)ってなに?

「ICO(Initial Coin Offering)」とは、ビットコインイーサリアムなどの仮想通貨を利用した資金調達の方法のことです。

クラウドセールプレセールなんて言ったりもします。クラウドファンディングのイメージをもってもらえれば大体間違いはないかと。

株式の新規公開の意味を表すIPO(Initial Public Offering)をモジって、ICOと呼ばれているわけですね。

少し具体的に仕組みを説明すると、まず企業などが上場に向けた資金調達のために「独自の仮想通貨(トークンってやつですね)」を発行します。

この「独自の仮想通貨」は、その企業が展開するサービスで利用できたり、きちんと取引所に上場すれば、仮想通貨取引所で現金化したりビットコインに交換できたりします。

企業側からすれば、投資家からビットコインやイーサリアムを投資してもらえるので、事業資金を集めることができることがメリット。

投資家側(あなた)すれば、公開前に独自の仮想通貨を得ることができるので、もしその独自仮想通貨がめっちゃ人気になって価値が上がれば、大きな利益を得ることができるというメリットがあります。

実際、ICOの成功事例として有名なのが、今はメジャーな仮想通貨となっている「イーサリアム」ですね。爆上げしたのでICOでイーサリアムに投資していた人はめちゃくちゃ儲かっています。羨ましい。

イーサリアムとは?誕生秘話〜仕組み・生活への影響まで徹底解説

2017.05.18

ただ、実際にはその独自仮想通貨を発行した企業が成功する可能性はとっても低いので、せっかく投資したのにゲットした独自仮想通貨の価値が0になる可能性がかなり高いです。

ICO calendarなどの情報サイトに、現在募集中のICO案件を確認できますが、極端にいうと99%は外れでしょう。(笑)


引用:tokenmarket.net

これはほんのごく一部です。見ればわかりますが案件は腐る程あります。この中から「当たり」を引くのは至難の技。

なので、まずICOとはめちゃくちゃハイリスクハイリターンな投資だということを理解しておきましょう。仮想通貨初心者にはおすすめできません。(笑)

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【初心者向け】仮想通貨ICOとは?わかりやすく徹底解説

2017.08.06

COMSAとは?

では、そんなICOブームの中登場した「COMSA」とはなんなのでしょうか?


引用:COMSA

COMSAとはなんなのか、一言で言えば、一般企業が簡単にICOを売り出せるようにしてくれるプラットフォームです。

公式文書(ホワイトペーバー)のPDFはこちらになります。

意味わからないですよね。(笑)大丈夫です。これから誰でも分かるように解説していきますので。

まず、COMSAは仮想通貨取引所であるZaifを運営している「テックビューロ社」が開発しました。

https://twitter.com/TakaoAsayama/status/900539935366590464

まだサービスは始まっていないのにも関わらず、情報公開初日に7000人以上の事前登録があったことでめちゃくちゃ話題になっています。

https://twitter.com/TakaoAsayama/status/893028452860702721

なんだか凄そうなのはわかったと思います。

では、COMSAとはなんなのか?を理解していくために、

  • COMSAで何ができるのか?
  • なぜ話題になっているのか?
  • 参加予定の企業
  • リスク、懸念材料
  • 現状、評判はどんな感じか?

を簡単に解説していきますね。

これで大かた理解できるはずです。

COMSAで何ができるの?

例えばあなたが会社の経営者だとして、資金調達のためにICOを売り出そうと考えているとします。

しかし、ICOを売り出そうと思ったらスマートコントラクトを構築したり、ブロックチェーンによる仮想通貨の連結などが必要です。

【猿でもわかる】ビットコイン、ブロックチェーンの仕組みとは?

2017.01.14

…できますか?(笑)無理ですよね?あなたが仮想通貨界にとっても精通した技術者であればできるでしょうが、そうでなければ厳しいですよね。

つまり、今まではICOを売り出すハードルが結構高かったわけでです。テック系の企業しか無理って感じでした。

そこでCOMSAの登場です。もうなんとなくCOMSAがやろうとしていることがイメージできますよね。

テック系じゃない、いわゆるふつーの企業でも簡単にICOによる資金調達ができるようにしようとしてくれているのがCOMSAなんですね。

そしてもちろん、COMSA自身も独自トークンを発行します。これを「CMS」と呼びます。

僕たち投資家ができることはこのCMSを購入したり、今後COMSAに登録していく企業が発行する独自トークンを購入したりとか=ICO投資ですね。

ちなみにこのCMSをプレセールとして購入できるのは公式サイトによると、「2017年10月2日14:00〜2017年11月6日14:00」までとなっていて、今は事前登録ができるという状態。

CMSに大きな期待を抱いている多くの投資家がすでに登録をしているみたいですね。(ICOは基本オススメしませんが、僕も一応しています笑)

事前登録はこちらからできるので、興味がある人はとりあえず登録だけでもしておくのはありですかね。

なんでこんなに話題になっているの?

もちろん、とっても革命的なサービスだからってのもあるんですが、そもそも2017年に入ってICOという市場自体がめちゃくちゃ大規模になってきているので、そりゃ注目されるわけです。


引用:coindesk

うなぎのぼりですね。

さらに、テックビューロ社が中心となって設立された「ICO協議会」のメンバーもとっても豪華。

公式サイトにメンバーが載っているので興味がある人はみてみてください。

参加予定の企業は?

現在、COMSAを利用してICOを売り出すことが確定している企業は、

  • 株式会社プレミアムウォーターホールディングス(東証二部:2588)
  • 株式会社CAMPFIRE – 日本最大のクラウドファンディングサービス

の2社となっています。

アツいですねー。

ちなみにプレミアムウォーターホールディングスはCOMSAでICOするという期待感から、8月に二日連続ストップ高になっています(笑)

参考:プレミアムウォーターが一時2日連続ストップ高、ICOによる資金調達を材料視

ICO及びCOMSAが市場にとんでもない影響を与えていることは事実ですね。

リスクは?

「なんかとりあえず凄そうなのはわかったけど、投資する側のリスクはどんな感じ?」

投資しようと思うのであれば、一番きになるのはやはりリスクですよね。

訳のわからないICOよりは信用できると言っても、もちろんCMSもその他COMSAで発行されるトークンもICOはICO。

うまくいかなければ価格は暴落。大損こく可能性はもちろんあります。

例えば、

  • うまくプラットフォームが機能しなかった
  • テックビューロ自体に何かしら問題が起きる
  • COMSAに参加予定の企業の業績不振

などなど、リスクはたくさんあります。

あとは、ビットコインやイーサリアムの価格変動がCOMSAにも大きな影響を及ぼす可能性があるでしょう。(いい意味でも悪い意味でも)逆もしかりですけどね。

あとで詳しく説明しますが、COMSAは「ビットコイン」「イーサリアム」「ネム」という仮想通貨を利用するので、それらの価格変動は要チェックです。

【徹底比較】僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄ランキングTop11〜2018年最新版〜

2017.08.25

個人的に期待はとてもしていますし、僕も投資する予定ですが、基本的にICO投資はドブにお金を捨てる感覚でやるべきであるのはCOMSAも例外ではないと考えておいた方がよろしいですね。余裕資金であればいいでしょう。

評判はどんな感じ?

まだサービスが始まっているわけではないのですが、現状多くの人が期待を寄せているのは事実です。

事前登録の人数がそれを物語っているんじゃないでしょうか。

https://twitter.com/TakaoAsayama/status/903248189846806529

ホリエモンやイケハヤも。

こんな記事も→コロプラ元副社長の千葉氏、テックビューロのICOに投資 – 日本経済新聞

いろんな意見はありますが、評判はいいと言えるでしょうね。

COMSAトークンの買い方は?

COMSAトークンであるCMSは先行プレセールは9月20日に行われましたが、これは日本円で約1100万円以上からしか購入できないという一般の人には手が出しづらい価格で(というかほとんどこれは企業向け?)、通常のプレセールは「10月2日〜11月6日」の間で行われます。


引用:COMSA

それまでにとりあえずやっておくべきことは、とりあえず事前登録、あとはZaifのアカウント開設ですね。

COMSAトークンの取り扱いはまずはZaifで行われることになりますからね。

あとは、CMSトークンを購入するにはビットコインやイーサリアム、そしてネムコインあたりが必要になるので保有しておく必要があります。

さらに、「zaifトークン」でもCMSトークンを購入できるようになりました。

zaifトークンでCMSトークンを購入すると特典がつくようなので、本気で狙いに行く人はzaifトークンを保有しておいた方がよろしいでしょう。
参考:COMSAトークンセールにおけるZaif利用者特典の予定とその概要

当たり前ですが、zaifトークンはZaifで購入できますよ。

その他のICO購入方法は以下の記事を参考に。

【初心者必見】仮想通貨ICOの購入、参加方法を解説してみた

2017.08.18

NEMとの関係性

COMSAでは、ビットコインとイーサリアム、そしてネムコインのブロックチェーンを利用して独自トークンを発行しています。


引用:COMSA

ビットコインやイーサリアムはICOでは鉄板。もはや基軸通貨みたいなものなので分かるのですが、ネムコインは珍しいですよね。

中には聞いたことがない人もいるんではないでしょうか。

詳しい説明は省きますが、ネムは今後「カタパルト」と呼ばれる大型アップデートを控えていて、とても期待されている仮想通貨です。

【一攫千金コイン!?】ネム(NEM)とは?特徴や今後の動きを徹底解説

2017.05.11

さらにCOMSAがネムコインを利用するということなので、COMSAが成功すればビットコインやイーサリアムはもちろんネムコインの価格も暴騰するかもしれませんね。結局COMSAってどうなの?

「で、結局COMSAってどうなの?トークン購入した方がいい?」

最後はここですよね。

個人的将来性は確かにやばいと思います。

ただ、あくまでICOはハイリスクハイリターン。無理に購入する必要はないと思います。

ビットコインやイーサリアム、ネムなど将来性のある仮想通貨を購入した方が無難なのかなーって感じですね。

【徹底比較】僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄ランキングTop11〜2018年最新版〜

2017.08.25

ICOよりもすでに上場している仮想通貨の方がリスクは少ないですし。

【コインチェック】口座開設から入金、ビットコイン購入方法まとめ

2017.07.05

まずはビットコインに投資、そのあとアルトコインに投資、で、まだ余裕資金が残っているのであれば最後にCOMSAトークンを購入。という流れが一番いいと思います。

僕は一応その流れでCOMSAトークンを購入しようと思っています。

「どうしても大きな値上がりを狙いたい!一攫千金大好き!」という方は、無視してCOMSA一択でもいいですが、個人的にはその手法はオススメしません。(笑)

まあ、価値観は人それぞれなので、最後はあなたの自由です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は話題のICOプラットフォームであるCOMSAに関して解説しました。

ハイリスクハイリターンではありますが、将来性が半端ないサービスですね。

余裕資金がある人はチャレンジしてみてもいいでしょう。

もしかしたら…もしかするかもしれませんからね。

無料で3000円分のビットコインプレゼント!

ビットポイントさんでお得なキャンペーンが始まりました。

11月30日までの期間限定にはなりますが、新規口座開設で「3000円相当のビットコイン」キャッシュバックです。

すでに口座開設をしてしまっている筆者は恩恵を受けられません。笑

詳しくは下記の記事でご紹介しています!

ビットポイント(BITPOINT)は評判・口コミ通り?使い倒したガチレビュー

2018.04.27

「マンガで身につく仮想通貨」連載中!

【第1話】マンガで身につく仮想通貨

2018.09.25

【第2話】マンガで身につく仮想通貨 〜仮想通貨ってなに?〜

2018.09.25

Zaifを買収したフィスコ仮想通貨取引所って?!

大手仮想通貨取引所「Zaif」が「フィスコ仮想通貨取引所」へ事業譲渡することが先日報道されました。

参照:Zaif 正式契約締結のお知らせ

大企業ということもあり、大手金融システムのセキュリティ体制を構築しているフィスコならではなの強固なセキュリティサービスに、ネムやモナコインが扱えるようになるスキームは大変熱い予感がしています!そんなフィスコを徹底調査しました。

フィスコ仮想通貨取引所の評判・口コミは?使ってみた結果をガチレビュー

2018.09.26

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損してるかも?

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう!ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

カノウコウスケ

『ANGO』編集長のカノウコウスケです。20歳から投資を始めるが、センスの無さに打ちひしがれる。大学卒業後は学生時代から働いていた企業で営業マンとして働く。が、しばらくしてキャリアに悩み、「なんとなくかっこいい」という理由でIT業界に参入することを決める。タイピング練習からスタート。(笑)その後、メディアと仮想通貨の可能性に衝撃をうけ、とことんハマる。現在はANGOの編集長を務め、仮想通貨の素晴らしさを伝えるために奔走中。よろしくお願いします。