これでもう迷わない!目からウロコな証券会社の賢い選び方

[voice icon=”https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/ango-production/wp-content/uploads/2017/12/ANGO_wirter_hyo_300pix.jpg” name=”ヒョウ” type=”l”]どうも!好きな芸能人とか聞かれても可愛い人多すぎて全然決められないANGO(@ango_coin)のマネージャー、ヒョウです。[/voice]

最近、証券会社ってほんとたくさんありますよねー。

証券会社ありすぎ!どこを選べばいいかわからん!

となっている方も多いでしょう。

僕も昔は、「調べても結局どう選べばいいかわからんぜよ・・・」ってなってました。

  • 何を基準に、どこを見て選べばいいのか?
  • 口座をつくるメリットとデメリットはどんな感じなのか?

この辺が気になるところですよね。

なので今回はそこを重点的に僕の経験も踏まえて、証券会社の賢い選び方をご説明してきます!

これであなたも、証券会社選びがスマートにできるようになるでしょう!
それではどうぞ!

まずはじめに

cup-of-coffee-1280537_1280

先に言っておくと、ここを見て、こう選べば正解だよ!とは一概に言えないんです。

言えないんかーい。(笑)
とつっこまれそうです。(笑)

というのも、どんな目的で、なんの投資をやるかというのはみなさんそれぞれ違いますよね?
その違いで適した証券会社も変わってくるからなんです。

その辺の目的や、投資の種類に関して、「あんまり固まってないかもなー」という方はこちらの記事を参考にしてみてください。

関連記事のIDを正しく入力してください

何を基準に選ぶか

shutterstock_135651128

投資をやる目的や種類がある程度決まってきたら、次は早速比較です。
何を基準に比較するかと言うと、

  • 手数料
  • 使いやすさ

かなと個人的に思います。
それぞれ軽く触れていきましょう。

手数料はどれくらい違うか

投資の種類によってもちろん手数料は違うのですが、同じ種類でも各証券会社によって手数料が違ってきたりします。

例えば、株取引を行っている証券会社A.Bがあるとします。

100万円までの株取引手数料がA社では1000円とします。

ところが、B社ではそれが2000円だったりします。

A社とB社を差し引きすると、1回の取引で1000円も手数料が違ってきます。

これだけを見ると明らかにA社がオススメですよね。
しかしこれだけで判断してはいけません。

実はB社は、1日にどれだけ取引をしても手数料の上限が10000円という一律定額制というサービスを導入していました。

同じ回数をA社で取引すると、手数料が20000円になってしまいます。

この場合では、差し引きすると1日で手数料が10000円も違ってきます。

つまりここからわかることは、A社は一般的な投資家向け、B社は1日に何回も取引をするようなデイトレーダー向けであると言えます。

こういった感じで、自分の投資スタイルなどによって手数料の捉え方も変わってくるんです。

使いやすさはどうか

やっぱりこれは大事ですよね。
最近は、ほとんどの証券会社がスマホアプリに対応しているので、一昔前に比べるとかなーり使いやすくなりましたね

ただ、実はこの使いやすさに関しても人によって違いがでます。

というのも、注文方法の種類や、機能に関してもただ多ければいいってわけではありません。

「とりあえずお試しで売買してみたい!」という方には機能がありすぎてもごちゃごちゃしてしまって使いづらいですよね。

他にも、「投資スタイル的に相場を見ていられない時間もあるから、リスクを抑えたい!」という方は「逆指値注文」がある証券会社を選びたいですよね。

[aside type=”normal”]逆指し値注文とは?
逆指値注文簡単に言うと、ここまで上がったら(下がったら)取引を終わらせてほしいよーっと念のために事前に出しておける注文方法のことです。
これを使えば、急な相場の変動による大きな損失を追うことを回避することができます。[/aside]

こういった感じで、使いやすさに関しても人それぞれなんです。
自分にスタイルに合った証券会社を選びたいですよね。

で、僕はどうしているか

bank-note-209104_1280

僕ももちろん説明してきた通り、どの投資をするかで使う証券会社を変えています。

それぞれ投資商品に対してのおすすめ証券会社を紹介したいと思います。

株式投資をやるなら?

株式投資なら楽天証券をおすすめします。

[aside type=”normal”]ここがおすすめ!
・リーズナブルな手数料
・良質なトレーディングツールを使える
・ 楽天市場で使えるポイントが貯まる

[/aside]

手数料が他と比べてまあ安いです!
スクリーンショット 2016-05-14 21.53.11
こんな感じです!

あとはテクニカルチャートや、市況情報がリアルタイムで確認できる「マーケットスピード」というツールが使えます!
これは僕もよく使うのですが、めちゃくちゃ便利なのでおすすめです。

公式サイトはこちら

FXをやるなら?

FXなら断然、DMM.com証券を推します!

[aside type=”normal”]ここがおすすめ!
・年間取引高がFX業者の中でNo.1
・業界最狭水準スプレッド
・取引するほどポイントが貯まる制度

[/aside]

字の通り、取引高が業界No.1と多くのファンにも支持されていて絶大な人気を誇ります!

スプレッドとは、為替レートに存在する「買値と売値の差」のことです。
実質、このスプレッドが証券会社に支払う手数料になります。

つまり、手数料が業界でも最安水準ということです。これは嬉しいですよね。

それと、取引すればするほど貯まるポイントは現金にかえることもできます!
これも嬉しい限りですよね。

公式サイトはこちら

先物取引をやるなら?

先物なら松井証券ですかね。

[aside type=”normal”]ここがおすすめ!
・ネット証券では一番の歴史がある
・チャートがとにかくみやすい

[/aside]

ネット証券の中では一番歴史が深く、信頼の置ける大手と言えるでしょう。

チャートもとにかく見やすく、ノンストレスで取引を行うことができます!

公式サイトはこちら

ってな感じで、その取引を得意としている証券会社を使います。

ちなみに以下の記事で僕が証券会社を超辛口に徹底比較してみたので、ぜひ参考にしてみてください。
関連記事のIDを正しく入力してください

証券口座をたくさん開くメリットとデメリットは?

enviroment
そんで今現在、僕は全部で9社の証券口座を持っています。

多くない?(笑)そんな使うの?

という声が聞こえてきますが、ここから証券口座を多く持っている理由をお話していきます。

メリットは大きくわけて3つあります。

  • 目的や用途によって柔軟に使い分けられる
  • 口座を持っているだけで、有益な情報が手に入る
  • リーマン・ショックなどの金融危機や地震などの自然災害のときのような、システム上のピンチに対応できる

他にもありますが、特にってのはこれくらいですね。
それぞれ説明していきます。

柔軟な使い分けができる

上でも説明していますが、スタイルや目的によって適している証券会社が違うんです。

このタイミングでこの投資をやりたいときはこれ!

といったように、証券口座の数だけ、自分の手札が多いことになりますので、選択肢が増えます。

もちろん、相場の動きに柔軟に対応できるので、勝率も上がりますよね

有益な情報が無料でたくさん収集できる

例えば、口座開設をしていれば、無料でオンラインセミナーを受けられることがあります。

証券会社によっては、口座を持っていれば資産設計アドバイスツールや株式リスク分析ツールなどが無料で受けられるものがあります。

あとは口座を持っているだけで、メールマガジンを受け取ることもできます

その内容は勉強になることもかなり多く、無駄に勉強するよりよっぽど使える知識が身につくでしょう。

突然のピンチに対応できる

これはあまりイメージがわかない方もいると思います。

どういうことかというと、例えば、リーマン・ショックなどの大きな金融危機や、突然の大震災などが発生するとみんな焦りますよね。

すぐに利益を確定したいだったり、損を小さくしたいといった気持ちが働いて、いつもより注文が殺到してしまいます。

そうすると、システムがダウンしてしまって、口座にログインできなくなるという事態になってしまうことがごくまれにですがあるんです。

僕も実際に経験したことがあります。

いやー、あの時は命拾いした。

そんなときに、口座を一つしか持っていなくて、自分の資産が集中していると、被害をもろにくらってしまう恐れがあります。

卵はひとつのかごに盛るな / 参照

という格言にもある通り、口座を多く持っておいて資産を分散しておくことが基本ですね。

口座をたくさん開くデメリットは、まじで一つもない

いや、考えたんですど、証券口座を多く持っていることに関してのデメリットってまじでないです(笑)

持ってるだけで費用がかかるわけではないし、アプリなので物理的な負担もないです。

投資スタイルによって柔軟に変えられるし、情報収集できて、リスクも抑えられる。

うん、デメリットない。笑

以下の記事にも詳しく書いてあります。
関連記事のIDを正しく入力してください

なのでまずは開いてみたらいいと思います!

例えばFXの口座開設に関してはこの記事で解説しています!

関連記事のIDを正しく入力してください

最後に

いかがでしたか?

証券会社の選び方を説明してきました。

あなたの投資スタイルや目的なども含めて、あなたにピッタリの証券会社を選んでみてください!

まず開いてみて、軽くお試ししてみてください!

それでは!

この記事のあとによく読まれています

関連記事のIDを正しく入力してください関連記事のIDを正しく入力してください関連記事のIDを正しく入力してください