【図解付き】今更聞けないトークンとは?仮想通貨との違いも徹底解説

カワグチカンキ
どうも!アゴのしゃくれだけはなんとか治らないか本気で悩んでるANGO(@ango_key)メンバーの、カワグチカンキです。

この記事にたどり着いたということは、

仮想通貨始めたけど、トークンって何なのこれ?

仮想通貨と何が違うの?

このような疑問をお持ちなんじゃないでしょうか?

特に取引所で有名なZaifでは沢山のトークンが取り扱われていてるので、気になってる人も多いのかと思います。

先に言っておくと、トークンは超ざっくり言ってしまえば仮想通貨の一部です。

ですが、仮想通貨と比べた時の役割の違いは結構あります。

なので今回はトークンとは何なのか、初心者の方でも分かるように丁寧に解説していきます。

一攫千金も狙えちゃったりするので、少しでも稼ぎに繋げたいと思ってる方は要チェックですよ〜!

そもそもトークンとは何なのか


トークンというのはIT用語で「これ以上は分解できない最小の単位のことを指します。

と言っても意味不明だと思うので簡単に説明するとトークンは、モノやサービスと交換することができる代替貨幣のようなものです。

いわゆるポイントカードと同じような役割を持ってます。

トークンは、個人や企業が簡単に発行できるモノで、ビットコインとは違って発行枚数を自由にいじることもできます。

そして、その企業や個人が展開したサービスでしか価値がありません。

要するに「株式」に近いモノですね、ただトークンをいっぱい持ってても株主になれたりするわけではないので「株式」と「ポイントカード」を足して2で割ったような感じです。

仮想通貨とはどう違うの?

定義を出すのであれば、

  • 仮想通貨:新規のブロックチェーン技術で利用される基軸通貨
  • トークン:既存のブロックチェーン技術を利用して発行されるモノ

といったところでしょうか。

はい、ですよね。笑

では、Zaifで扱ってるZaifトークンを例に説明します。

Zaifトークンは、実はNEMのブロックチェーン技術を利用してるトークンなんです。

NEMのクローンのように思ってもらえれば分かりやすいですね。

ただ厳密にはNEMとは違うので、ZaifトークンはZaif(テックビューロ社)のサービスでしか役に立ちません。

このようにオリジナルの仮想通貨(Zaifトークンで言えばNEM)があって、そのブロックチェーン技術を利用したものがトークンとなる。

というニュアンスで捉えてもらえればおっけーです。

モデルになる仮想通貨があるので、トークンは個人や企業で簡単に発行できるようになってるんですね。

億り人も夢じゃない!ザイフ(ZAIF)トークンとは?買い方や将来性も解説

2018.04.18

トークンや仮想通貨には2つのタイプがある?

トークンや仮想通貨には2つのタイプがあります。

これは特に覚えておかなきゃいけないってほどのことではないので、詳しく知りたいって人は以下を開いて読んでみてください。

トークン・仮想通貨の2種類のタイプとは?
アセットタイプ

開発元が供給量を決めることができる通貨のこと。

また、他の通貨をプラットフォームとしてその機能を利用している通貨のこと。

「株式」のような性質を持ったタイプで、今回紹介しているトークンと呼ばれるものは主にこちらに含まれます。

有名な仮想通貨だと、コインチェックで取り扱われていたAugerはこのタイプですね。

あとは最近流行ってきてる分散型アプリケーション(DApps)で使われる通貨などがそれにあたることが多いです。

主な通貨こちら↓

  • オーガー(Auger)
  • イオス(EOS)
  • トロン(TRON)
  • グノーシス(GNOSIS)
カレンシータイプ

決められた仕組みに基づいて供給量が増えていくようにあらかじめプログラミングされている通貨のこと。

また、その通貨自体がプラットフォームになっている通貨のこと。

みんなが仮想通貨って呼んでいるものはほとんどがカレンシータイプです。

主な通貨はこちら↓

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • リップル

仮想通貨に少し詳しい人は「リップルやイーサリアムは開発元が供給量を決めることができそうだけど、アセットタイプじゃないの?」

と思うかもしれないんですが、イーサリアムは「スマートコントラクトのプラットフォーム」であり、リップルは「リップルネットワークのプラットフォーム」であるのでカレンシータイプに分類されます。

もし、自分の気になる通貨がアセットタイプとカレンシータイプのどっちか知りたい人はこちらのサイトで絞り込みをかけることができるので検索してみてください。

トークンは何の為にあるの?

発行したトークンは仮想通貨で購入してもらうことができます。(「円」で購入できるトークンもありますけどね。)

なのでトークンを使う一番の目的は、トークンの特性(株式やポイントカードとしての役割)を活かして資金調達をすることです。

と言っても、なかなかイメージもできないと思うので具体的な例を出して説明していきますね。

では、サタヒコ君が「新しい事業を始めたい!」と思ったとしましょう。

サタヒコ君
そうだ!新しい事業として本屋を経営しよう!
クリピッピ
そしたら、まず本屋を建てるためには当然ですがお金が必要になってくるっぴね。
サタヒコ君
そうだね!じゃあ「サタヒコトークン」を発行してみんなに仮想通貨でこのトークンを買ってもらおう!
クリピッピ
サタヒコトークン・・・。

誰も買いそうに無いっぴ・・・。笑

サタヒコ君
そんなことないよ!

うまく事業が展開できたら、トークンで本を買うなら30%OFFにするし、トークン持ってる人には限定で割引券も配布するから!

というように、トークンに価値付けをして資金調達をするんです。

そしてこの「トークンや仮想通貨で事業を立ち上げる際のお金を集める仕組み」が、俗にいうICOってやつです。

【初心者向け】仮想通貨ICOとは?わかりやすく徹底解説

2017.08.06

このようにトークンを使って資金調達をすることで新しい事業を展開することもできますが、トークンはもっと広い使い道があります。

なんなら本当に日常生活にまでトークンが使われるようになってくるかもしれません。

トークンの日常的な使い道
公共料金をトークンで支払う

例えば、インターネットの料金を支払う時で考えてみましょう。

このような公共料金を支払う時にトークンでの支払いをすると以下のようなことができます。

  • トークンで支払いをしたらポイント贈呈(ポイントではLANケーブル買えたりとか)
  • トークンを1万円分以上持ってる人には優待券を毎月プレゼント

このようなサービスを展開することで、

会社側→トークン(株式の代わり)が出回ることで企業価値が上がって嬉しい。

消費者側→単純に普通に支払うよりもお得で嬉しい。

って具合になります。

まさに株式とポイントカードのいいとこ取りをしたようなことが実現出来るんですね。

トークンは投票・抽選券にもなれる

トークンは発行した企業やそこのコミュニティでしか役に立ちません。

でも逆に言えば、コミュニティ限定で使うことで希少性を持たせられ、管理が簡単になったりします。

なので、例えば企業が新しく開発した商品を「トークンを抽選券にして限定何名にプレゼント」なんてことが出来たり、トークンはブロックチェーン技術を使っているので不正のない投票が行えたりするんですね。

トークンのメリット

先ほど説明した通り、トークンは「株式」のようなモノです。

なので、トークンを発行している会社の業績がよくなったり、何か大きな事業に成功したりしたら、株式と似た役割を持ったトークンの価値も上がります。

株式と比べてトークンの価値の上がり方はめちゃくちゃ激しいので、もしトークンを保有をしていたら「一攫千金」も夢じゃありません。

下のグラフは、海外取引所のBinanceが発行してるBNB(バイナンスコイン)というトークンの価格の推移です。

2017年7月に誕生し、そこから約半年間で250倍もの価値にまでなりました。


引用:coinmarketcap.com/

今、Zaifトークンも1円未満の価値なんですけど、もしZaifが会社の業績を上げて、さらに有名になったらZaifトークンの価値が20倍、30倍になる可能性だって全然あります。

なので、今のうちに買っておけば1年後あたりには「ムフフ・・・♡」なんてことにもなるかもしれません。笑

【徹底比較】仮想通貨の有名トークン11種類からおすすめTOP5をランキング

2018.02.15

公式サイトへ

株式と違い、トークンのサービスというものはまだ一般的になっていません。

ですがブロックチェーンを利用してることから、様々なコストを削減できるようになるので、大企業でもトークンを使ったサービスが盛り上がる可能性は大です。

また、トークンは発行元では常に価値を持ち続けるので、発行元が信用できる会社の場合はとてもローリスク・ハイリターンに期待できるメリットがあるんですね。

トークンのデメリット

もちろんトークンを保有するに至っても注意点・デメリットは存在します。

それはトークンの価値がなくなった時、すなわち「事業がうまくいかなかった時」ですね。

そこでしか意味のないモノなので、もし事業が失敗してその会社が倒産なんてしたら、トークンは全く価値の無いものになってしまいます。

倒産だけじゃなく、トークンで資金調達だけしてトンズラされた場合も同じようにそのトークンは無価値のものになります。

ビットコインやイーサリアムなどの有名な仮想通貨は世界中がその価値を担保しているので、相当なことがない限りは一気に価値がなくなることはないでしょう。

ですが、トークンの場合は一瞬で価値がなくなる可能性があります。

限られた場所でしか基本的には価値を持たないので、それなりのリスクはあるってところは覚えておいてください。

トークンの今後の展開は?

トークンを利用したサービスはどんどん流行っていってます。

現にICOなんかはめちゃ流行ってますからね。

それに日本の大手企業、SBI証券や三菱東京UFJ銀行なんかも独自トークンを作成しています。

その他にも個人でトークンを発行して行うビジネス「VALU」もちょこちょこ流行ってきていますし。

仮想通貨界隈では有名で、最近ICOのアドバイザーにもなったイケハヤさんはVALUでイケハヤトークンというものを作って1000万円ほど資金調達に成功したみたいです。

ブログやSNSで自分のファンを増やすことができたらこんなこともできますし、そのうちファンクラブのようなものはもしかしたらどんどんトークン化されていくかもしれません

ぶっちゃけトークンってこれから流行るの?

むしろ、もう流行り始めていると言っても過言じゃないでしょうね。

海外取引所のBinanceKuCoinでは独自トークンを発行し、「独自トークンを使うのであれば仮想通貨を割安で買うことができる」なんていうサービスも展開しています。

割安になるだけではなく、「一定量以上のトークンを持ってればビットコインをプレゼント」なんてこともやってますし、まさにトークンの機能を最大限に活かしてます。

トークンを持ってるだけでビットコインがもらえるってのはたまらないですね。笑

Binance(バイナンス)の登録・口座開設完了から取引方法までを実演解説

2018.01.25

なのでいずれZaifやLiquidのようなトークンを取り扱ってる取引所も同じようなサービスを展開していくかもしれません。

信頼できる取引所のトークンであれば持っておくのは個人的に有りだと思うので、国内では大手であるこの2社のトークンには注目ですね。

特にLiquidは最近になってアプリの使いやすさが改善され、とても人気が出てきている取引所でもあります。

ユーザーが増えたらLiquidで発行している「QASHトークン」の価値も上昇していくと思うので、ワンチャン狙いたい方は買っておくといいでしょう。

Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)口座開設完了までの全5ステップを実演で解説!

2017.10.10

まとめ

いかがでしたか?

今回はトークンについて概要、使い道から保有する際の注意点、今後の展開について解説しました。

ブロックチェーンを利用して、作り自体は仮想通貨と変わりないですが、基本的にトークンは『資金調達の手段』として使われることが多いため、仮想通貨と比べると使い道が全然違いますね。

一攫千金も狙える一方でリスクを伴うトークンは投資する会社の情報も大切になってきます。

投資する際は安心できるかどうかしっかり調べて投資しましょう。

もし、この記事を呼んでトークンを購入してみようかなって思った人はこちらの記事を参考にどうぞ。

【徹底比較】仮想通貨の有名トークン11種類からおすすめTOP5をランキング

2018.02.15

無料で3000円分のビットコインプレゼント!

ビットポイントさんでお得なキャンペーンが始まりました。

11月30日までの期間限定にはなりますが、新規口座開設で「3000円相当のビットコイン」キャッシュバックです。

すでに口座開設をしてしまっている筆者は恩恵を受けられません。笑

詳しくは下記の記事でご紹介しています!

ビットポイント(BITPOINT)は評判・口コミ通り?使い倒したガチレビュー

2018.04.27

「マンガで身につく仮想通貨」連載中!

【第1話】マンガで身につく仮想通貨

2018.09.25

【第2話】マンガで身につく仮想通貨 〜仮想通貨ってなに?〜

2018.09.25

Zaifを買収したフィスコ仮想通貨取引所って?!

大手仮想通貨取引所「Zaif」が「フィスコ仮想通貨取引所」へ事業譲渡することが先日報道されました。

参照:Zaif 正式契約締結のお知らせ

大企業ということもあり、大手金融システムのセキュリティ体制を構築しているフィスコならではなの強固なセキュリティサービスに、ネムやモナコインが扱えるようになるスキームは大変熱い予感がしています!そんなフィスコを徹底調査しました。

フィスコ仮想通貨取引所の評判・口コミは?使ってみた結果をガチレビュー

2018.09.26

人気記事セレクション。

1. 仮想通貨取引所ランキングTop 31

2.仮想通貨初心者が最短で稼ぐための8ステップ

3. 爆発寸前?!僕の考える仮想通貨おすすめ銘柄Top5

4. 一攫千金?!ネムコインとは?

5. ホリエモン激推しの「イーサリアム」って?

知らない間に損してるかも?

突然ですがあなたが「今お使いの仮想通貨取引所」、どのように選びましたか?
  • なんとなく選んだ
  • CMをみて選んだ
  • Googleの広告から
  • 友達がそこを使っていたから
  • ネットで調べておすすめされていたから
もしあなたが選んだ理由にこのようなことが当てはまるのなら『損』をしているかもしれません。

国内取引所だけでも17社、海外を合わせると31社にも及びます。そんな中から自分に最適な取引所を選ぶのは労力がかかるものです。

そこで私たちANGO編集部で「本当にオススメできる仮想通貨取引所ランキング」と題して国内外取引所31社を徹底的に比較しました。

この記事を読めばきっとあなたにぴったりの取引所が見つかることでしょう!ぜひご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

カワグチ カンキ

ANGOメンバーのカンキです。前職は外食上場企業に勤め、社会の闇をさまよっていました。そんな中で仮想通貨に出会い心を奪われ、頭の中は毎日スケーラビリティ問題。思い切って仕事を辞め、現在はフルタイムビットコイナーです。(好きなのはイーサリアム) 「役立つ情報を分かりやすく」をモットーに記事書いてます。

コメントを残す