お金はいらないと思う心理と幸せな生活を送るための5つの秘訣とは


アライカズマ
どうも!ANGO(@ango_coin)の、アライカズマです。

この記事にたどり着いたあなたは、

「お金なんていらない、それよりも幸せな生活を送りたい!」

と思っているのではないでしょうか?もしくは周りでお金はいらないと思っている人がいて、

「どうしてお金はいらないと思うのだろう」

と疑問に思っているのではないでしょうか?

最近は、お金はいらないと思っている人が多いと聞きます。生活に必須なお金をなぜいらないと思っているのか、その理由を解説していきます。そして、お金がなくても幸せな生活を送るための5つの秘訣を紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

お金がいらないと思う3つの理由

まず最初に、お金はいらないと思っている人に共通する3つの理由を説明していきます。なぜお金持ちになりたがらないのかというと、

  • モチベーションがない
  • 他のことをしたい
  • 人並みで十分

という感情を抱いているからです。

モチベーションがない

1つ目の理由は、お金持ちになりたいというモチベーションがないからです。

モチベーションが湧かない理由は人それぞれですが、よく聞かれる声としては

「身近にお金持ちがおらずお金持ちになったときの感情や生活のイメージが湧かない」
「お金をたくさん稼ぐ人の稼ぐ動機がわからない」
「単純に人よりもお金を稼ぐのが大変そう…」

などの理由が挙げられます。

年収1億円稼いだ時のイメージが湧かなければたしかに稼ぐモチベーションが上がらないですし、モチベーションを維持するのは難しいですよね。

他のことをしたい

2つ目の理由は、お金を稼ぐことよりももっと他のことをしていたいという思いが強いからです。

お金をたくさん稼ぐことや、お金持ちの方は忙しいイメージがありますよね。忙しくて仕事にほとんど時間を取られてしまうのではと思ってしまいます。

仕事をたくさんしてお金が貯まるのは良いことかもしれませんが、その結果家庭やプライベートの時間が取れないと本当に幸せなのか?と思う方が多いようです。お金を稼ぐこと以外の時間も十分に取って他の様々な経験をしたいと思うのも理解できます。

人並みで十分

3つ目のお金はいらないと思う理由は、収入は人並みで十分だと考えているからです。

人よりもお金を稼ごうと思う理由としては、

「人よりもお金を稼いで、人よりも良い経験をしたい」
「周りに凄いと思われたい、有名になりたい」
「社会をより良くしたい」

などの自己実現欲求や、承認欲求、社会貢献などが挙げられます。

しかしその一方で、人並みの収入で一般的な家庭を育んで生活したいと思う方もいます。2つ目の理由と被るところもありますが、人より多くの収入を稼ごうと思ったらもちろん人よりも仕事に充てる割合が増えます。そうすると、それ以外の割合が少なくなりますね。

人並みの収入で十分と考えている方は、ワークライフバランスを重視しているのではないでしょうか。

幸せな生活を送るための方法とは

それでは、ここからは幸せな生活を送るための5つの秘訣を紹介していきます。最初の断っておきますが、幸せの定義は人それぞれですのでここで紹介するものが正解という訳ではありませんし全てではありません。

お金をたくさん稼ぐことに幸せや充実感を抱く方もいます。ですので、ここで紹介するのは、お金がいらないと思っている方が幸せな生活を送るために大事なことです。

1. 自分自身の目標を達成する

1つ目は、人生の目標の設定してその目標に向けて努力し達成することです。必ずしも達成しなければいけないかというとそうでもなく、目標に向けて取り組むことが日々の生活に充実感を与えます。

目標というと大きなことを想像してしまいがちですが、小さなことでも構いません。例えば、「旅行が好きだから年1回家族で旅行に行く」とか「ツーリングのために好きなバイクを買う」とか良いですね。

目標がなくなんとなく生活を送るよりは、仕事やプライベートなどの目標を持って生活を送る方が楽しい人生になりそうですよね。

2. 家計をコントロールする

2つ目は、収入と支出をしっかりと把握して家計をコントロールすることです。これは、お金はいらないと思っている方だけでなく、全ての方に共通することになります。

お金を貯める方程式をご存知でしょうか?お金は、「(収入 ー 支出)× 運用」で貯めることができます。

ここで注目するのは、(収入 ー 支出)のところです。支出が収入を上回ってしまうと当然お金は貯まりませんよね。お金はいらないと思っていても生活するためには最低限のお金が必要です。

支出が収入を上回らないように、しっかりと家計をコントロールすることが大切になります。

3. 生活の質を下げる

3つ目は、生活の質を下げることです。2つ目の続きになりますが、最低限のお金で生活すれば十分だと思うのならば、家計をコントロールするだけでなく生活の質を下げてみましょう。

お金は収入を増やすより節約する方が簡単です。節約は今日からすぐ実践できますよね。

また、支出には「消費」「浪費」「投資」という3つがあります。この中で「浪費」はムダ使いですので、明らかにいらない出費です。この浪費をできる限り無くしていけるようにすれば、収入が多くなくても家計をコントロールできて幸せな生活を送ることができるでしょう。

4. お金以外のものを稼ぐ

4つ目は、スキルや信用などお金以外のものを稼ぐことです。お金というのは信用を目に見えるもの形にしたものです。したがって、信用がある方にお金は集まります。

今はインフルエンサーやユーチューバーなど個人が自分の得意なことで活躍できる時代になってきていますよね。彼らは、信用を稼いでその対価としてお金をもらっています。ですので、お金はいらないと思っている方でも人間関係を大事にして信用を稼ぐことは大切です。

また、人の時間はみな平等に1日24時間ですよね。お金を稼ぐ時間の代わりに自分の好きなことやスキルを磨く時間に当てるというのも1つの手です。時間は有限ですので、有益に使いましょう。

お金はいらないと思っている方は、お金以外の価値を大事にしている方だと思います。ぜひお金以外のものを稼いでみてください。

5. 貯金から運用する

最後5つ目は、貯金している資産から運用に回してみることです。

お金はいらないと思っている方は、バリバリ仕事をしたくないと思っている方が多いと思います。仕事よりも家庭やプライベートの時間を大切にしたい方ですよね。

そんな方でも、生活するには最低限のお金はかかりますし、超高齢化社会の現在では老後に年金だけで生活するのが厳しくなってきています。

「それでも仕事はしたくない…」と思っているなら、お金でお金を増やしてみましょう。幸せな生活を送る方法の2つ目でお金を貯める方程式を紹介しましたが、お金を貯めるには資産を運用する方法もあります。

最近は投資の種類も株式投資や不動産、投資信託、FX、仮想通貨など様々なものがあります。お金はいらないと思っている方には、自分の時間を使わずにお金を増やしていくという考えも大切になります。

まとめ

いかがでしたか?今回は、お金はいらないと思う3つの理由とお金がなくても幸せな生活を送るための5つの秘訣をご紹介しました。

幸せな生活を送るには、たくさんお金を稼ぐことが全てではありません。もちろん、お金があればできることもあります。しかし、お金がなくても今回紹介した5つの秘訣が実践できれば十分幸せな生活を送ることができます

世の中にはお金はいらないと思っている方が多くいます。あなたもその中の1人ならば、お金を稼ぐ以外のことで幸せな生活を送れるように、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

アライカズマ

『ANGO』ライターのアライカズマです。バリバリの理系。大学入学を機に上京し、20歳の時に「将来お金持ちになりたい」という思いから投資を始める。が、投資家心理のわなに陥り、何度も追証に。さらに、大学の研究でも挫折して留年...(笑)その後、「PC1台で仕事がしたい!」という目標をもち、Webマーケティングに興味を抱く。現在はANGOのライターとしてWebマーケティングの基礎を学びながら、仮想通貨の魅力をより多くの人に伝えられるよう日々奮闘中です。よろしくお願いします。

コメントを残す